忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14
ぶん殴る(龍如)か、ぶった斬る(鬼武者)かしたくなってね。
あるでしょう?そういう時って。

迷った末にぶん殴る方を選択。
1と2を久し振りにプレイ。というかゲームをする事自体が久し振り(笑

このまま止まっちゃうんじゃね?ってぐらい怖いぐらいのロード多さと読み込みの遅さ。
まあそんな事はどうでもいいさ。
殴りまくって飛び蹴り(一番無駄技だが一番大好きな技(笑)しまくって
あっと言う間にクリア!
で!一時の欲求が満たされたと同時に
案の定、その後のアニキ達にすんげーーーー会いたくなってしまってね。
買うのを我慢し過ぎてすっかり忘れてた欲求を思い出しちゃったのよね・・・。

PS4はFF7の頃に購入決定してるもんだから今更PS3・・・。
きっと今のPS3シリーズもいずれ4に移植されるんだろう。だから今更PS3・・・。

ってなんかもーうだうだ考える事がストレス!やりたいのは今!!それに今は安い!(比較的
という事で買ってしまいました(ノ∀`)

最初に届いたのはPS3本体とHDMIケーブルだけ(笑
んで、一番新しいモデルって結構コンパクトなのね。
早速初期設定とかアップロードやらなんやら。
そして本体の音が静かな事に感動を覚える。
いや、もっと静かなモデルがあるらしいから、煩いよ!って人もいるかもしれないけど、
いかんせん私が持っていたPS2は37000なのでこれまたファンがチョーーーー煩いモデル。
それと比べりゃなんだって天と地です。

で、まだソフトが到着しないので
仕方なくFF7(PS)を入れてみる。2の互換はないけど1はあるのね。不思議。
PSの画像を滑らかにするって設定でやってみたら、
クラウドやらバレットやら全員が溶けたアイスのようで気持ち悪い状態に;;
でも設定戻すの面倒で気持ち悪いまま(笑)プレイを進めてみる。
10年以上ぶりだけど、初っ端からやっぱり面白くてついつい・・・・
ってアニキが先(`ロ´;)!と、 とりあえず15分ぐらいでやめ、大人しく待つことにする。
それ以上続けてしまうとアニキ達に会うのが来月になってしまうのでね(ノ∀`)

というのが2週間前。
今は手元に龍如見参と3。何事も順番にやらないとね、と見参を始めたのでした。
久々の衝動買い、とっても幸せよ(´-`)

拍手

PR
CSI:Crime Scene Investigation Season5 14-19
第14話 もの言わぬ反撃者 Unbearable
キャンドハンティングとかマジで神経疑う。

レンジャー隊員にジェーン・リンチ(Jane Lynch)
動物園を解雇された男にマイケル・レイモンド=ジェイムズ(Michael Raymond-James )
飼育員:ジョン・ウェルナー(Jon Wellner)
そう!飼育員でゲスト!ヘンリーがこんなところに!
で、ヘンリーとしての初登場は今期の23話から(´-`)

第15話 王様の秘密 King Baby
大人用オムツ、と聞くと身近な現実って感じだけどね。本来は。
でもお楽しみの為の、となるとすげー卑猥感が出るという・・。

今回はチーム合同で捜査。キャサリンは蔑ろにされた!と超不機嫌。
でもカメラデータ盗まれたり、と失態犯してほどよい感じに(ノ∀`)
いやー、人間関係って難しいねえ。
で、エクリー、いい感じにしっかり仕事こなしてますな。うんうん。

死んだ男のライバル役でアンソニー・ジョン・デニソン(Anthony John Denison)が出ていたよ。

第16話 潰された誇り Big Middle

死体を獣や虫が食ってく様はエグすぎる・・・。
太った人達の件については。
任意で署に来た彼女達の前で、あの警官達の言動はあまりに人を馬鹿にしすぎ。
というかドラマとはいえ警官にあんな事言わせるのは最低すぎだろう・・・。

『私が主任なのが気に入らないの?』
気に入らないんじゃなくてそういうのがマジで面倒なんです、と言いたげなニックが(ノ∀`)
それからホッジは『話に無駄が無い。どした?』とサラに変な心配のされ方をしていたよ(´-`)
で。100K超え人形の下敷き実験。グレッグ、マジでお疲れ様・・・。

第17話 制御不能 Compulsion
珍しくキャヴァリエ刑事とニックが衝突。
長男が犯人と決めて攻めるキャヴァリエ、
子供の犯行を信じたくなくて証拠集めに精を出したニック。
結局当初通り長男が犯人、キャバリエが正しかったという事で。
実際最初の段階である程度証拠は揃っていたし、自白も取れてたんだから
結果からするとニックの行為は予算の無駄、とされてしまうんだろうな・・・。
志の違い、とはいえ現実は厳しい・・。

スティーブン・ボールドウィン(Stephen Baldwin)
がゲスト。
確かこの頃って干されてた頃じゃなかったっけか。
低迷期の俳優って必ずといっていいほど表情が冴えないのよね。
まさにそんな顔してる(ノ∀`)

で、声は咲野俊介が担当。
ゲストや脇キャラで彼の声が聞こえると、必ずどんなに短くてもホッジが登場する法則(笑
個人的見所はエーカーズとグレッグのプチ張り込みw
和む~(´∇`)

第18話 生かされて Spark of Life
火傷ってほんと痛々しい。
それが特殊メイクと分かっていても、まともに画面見れなかったよ・・・。

ティム・ディケイ(Tim DeKay)がゲスト。
まあ、ゲストで犯人が分かっちゃうのは仕方ないとしても
もうちょっと粘って欲しかったなあ。
時間が来たらあっけなくベラベラと自白が始まる・・1話完結の宿命(ノ∀`)

第19話 冷たい街 4x4
こういう巻き戻し系ね。同じ年にマイアミ4-5(2005/10)でもやってたけど
やっぱリジェネシス(2004)が一番よ。
あーなんか最初から見たくなったー!どっかで再放送してくれー!

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season5 9-13
第9話 CSIチーム解散 Mea Culpa
パワハラ!言いがかり万歳!エクリー感じ悪いねえ!
という訳で邦題通りの結末。
チームが元通りになるのはも少し先の話。我慢我慢。
エクリーが穏やかになるのは数年後。我慢我慢。

第10話 子供たちの戦場 No Humans Involved
チームが分散したり昼と夜と時間が違っても
事件解決の展開はいつも通りなので何の違和感も無く。
ただ、主任となって一歩引いた立場で見なきゃいけなくなたキャサリンが寂しいね。
グリッソムは、いつでもどこでもグリッソムだな(ノ∀`)
そしてサラの過去、親の事がチラリと。

事件の方はどっちも最悪。
誤認逮捕された上に刑務所でのゴタゴタに巻き込まれて死亡とか。
預けた先の親戚が育児放棄で子供餓死させるとか。
子供については放棄した女が無責任馬鹿すぎて胸糞悪いわ。

一時預けられた里親役にラスティ・シュウィマー(Rusty Schwimmer)がゲスト。
単に悪い里親ってんじゃなくて、強面だけどしっかりした人、って役でよかったー。
なんか彼女の『オバサン』な雰囲気が好きなんだよなー。

第11話 ホームズ最後の夜 Who Shot Sherlock?
シャーロキアンネタで来ましたか。
しかし・・・自分の息抜きの場所がなくなるから、って理由で殺人とかどうなのよ。
でも刑務所だったら親の介護等の生活苦からは開放されるんだな・・・。

バスカヴィル家の犬。
後半のちょっとだけしかホームズ出てこないんだけど原作は結構好きだなー。

そういえばグレッグの最終試験合格。おめでとうございます。
でもそれより今回はニックとウォリックとキャサリンのトリオが楽しすぎた(笑

第12話 裏切り者に蛇の祈りを Snakes
実際に起きた事件を歌詞にして歌うのはいいけど
生々しく表現されたものなんて聴きたくないわ・・・。

んで!マイケル・ペーニャ(Michael Peña)!君も出てたか!
彼は殆ど映画でしか見かけないからドラマで見かけるのは新鮮だわー。
お陰で最初から犯人と決め込んで観ちゃったけどね。で、実際その通りでだったね(ノ∀`)

電話セールスについては。
ドラマや映画で見る限り、アメリカのセールスって怖い・・・。

第13話 人形の牢獄 Nesting Dolls
タールに覆われた2体の遺体。グリッソムの目が輝いてますよ。
そして頭蓋骨壊して逃走(笑

サラの辛い過去話。
辛いのは分かるんだけど、大人対応が出来ず周りに当り散らすのがなあ・・。
キャサリンへの態度も酷ぎる。エクリーに対しても。
でもサラに甘いグリッソム、人手不足のCSI、という事で。
いやでも謝りなさいよ・・。

被害者の夫:ジェリコ・イヴァネク(Zeljko Ivanek)
被害者の恋人:ルイス・フェレイラ(Louis Ferreira)
美容室の男:ミーシャ・コリンズ(Misha Collins)
ジェリコさんはいつもの神経質な嫌な男役、って感じ。
んでもってミーシャさんは疲れた感じの役が本当によく合うね(笑

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season5 5-8
第5話 掟破り Swap Meet
あ、と思うゲストが結構出てたなー。
何より清掃会社の人としてルイット・テイラー・ヴィンス(Pruitt Taylor Vince)が。
ニックとウォリックとトリオで面白かった(`∇´)!

で、何で家賃払ってなくて『ほっといてよ!』とか雑な受け答えできるかね。
スワッピングパーティの件も自業自得。そら娘もおかしくなるわ。

キャサリンが昼番主任を希望。
実力は問題ないと思うんだけど、グリッソムの前での態度を見てると
こんなヒステリックな人が上司になるとか絶対ヤメテと思ってしまう・・。

第6話 青の衝撃 What's Eating Gilbert Grissom?
大量の蛆の上にコケる。心から避けたい状況(`ロ´;)
蛆は消化しながら最高50℃の熱を発生させるんですってよ・・。
10日かからず成虫になるっつうから恐ろしい・・。

しかし。
警備の人がいるのにビニールかぶって窒息死するまで気づかないってどうなの。
明らかに不自然な音がするだろ。気づかないなんておかしいよ。

エログッズ店の店員:コリー・ストール(Corey Stoll)
被害者の同級生の友人:サマー・グロー(Summer Glau)
疑われた教授:デイヴィッド・リー・スミス(David Lee Smith)
そう、マイアミのリックがこんな所でゲストしていたよ。

第7話 狼少女 Formalities
嘔吐、嘔吐、嘔吐。ほんっっとゲロ映すの好きだよね。
お話の方は嘘誘拐を繰り返す狼少年ならぬ狼少女ね。
確かにこんなんじゃ信じられねえわな。娘より父親に同情しちゃったよ。

狼少女というか娘:ケイト・マーラー(Kate Mara)
↑のパパ:ジョン・テニー(Jon Tenney)
最初に殺された娘のパパ:ジョナサン・バンクス(Jonathan Banks)
パーティ客というか売人もどき:セス・ガベル(Seth Gabel)

で。局長補佐。エクリー昇進おめでとうございますw
スピーチの件、グリッソムは大人げなさすぎ(ノ∀`)
それからソフィア初登場。
そうか、昼版主任候補、つまりキャサリンとはライバル的な登場だったんだな。
でもってこんな煩いキャラだったっけ?色々忘れてるなあ。

第8話 第三の性 Ch-Ch-Changes
違法手術、患者死亡、放置。
あの倉庫の現場はちょっと衝撃的よ・・。

それと、ケイト・ウォルシュに微妙な厚化粧。
分かり易くする為だろうけど違った意味で不自然を感じたなぁ。

『スピード違反・無免許・盗難車かもしれないのに見逃したのか?』
『問題ですかぁ( ゚д゚)?』
大問題だろ。なんだこの警官。
ともあれ100話目だそうで。登場人物は多かったけど特別な感じはしなかったかな。

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season5 1-4
第1話 ラスベガス狂気の夜 Viva Las Vegas
色々起こりすぎ。原題、邦題、どちらも頷ける。
現場グレッグの適正テスト。見落とし多々、現場のトイレ使うわ色々酷すぎ(ノ∀`)
でも後任を見つけたから、ってグリッソムから次のチャンスを貰ったけど
その後任は仕事の多さにブチ切れてあっという間に辞めちゃった。
さてどうするグレッグ(笑
辞めちゃったよ~:レイコ・エイルスワース(Reiko Aylesworth)

エリア51。CIAが正式に存在を認めたのが2013。
ヒラリーさんが大統領になれば詳細を調査して公開できる可能性が。
ひっぱりますなあ(笑

サラは長期休暇をとって気分が戻ったのかそうでないのか実際不明。
キャサリンはクラブ経営の彼氏と切れました。ま、仕方が無い。

第2話 凶暴な躾け Down the Drain
爆発物が多々置いてある家、危険だからって即爆破で片付けるってすげえ。
で、子は親を選べない、という事で。
この問題だらけの息子、どうみても親の責任だなあ。

水が少ないベガス。だからって下水道で水遊びってちょっと;;
で、そんなきったねー所から出てきたウォレックとキャリン。
あの少女マンガ(ぷ)なシーン、当時は『え!ウォリック年増好き!?』と吃驚したもんです(すいません
そういえばサラもそうだな(笑

第3話 天使の生き血 Harvest
病、当人・家族の心身負担。どんな結果でも重い・・・。

母親vs母親。
キャサリンぐうの音も出ないほどやり込められて
反抗期リンゼイにやった事が見せしめ的に被害者の遺体を見せるというね。
キャサリン・・・母親失格だよ・・・。

元小児性犯罪者の容疑者役でD.B.ウッドサイド(D.B. Woodside)がゲスト。
彼は変わらないね。どこで見かけてもキリっとしてます(笑

グレッグの後任候補2人目、ミア。結局は今シーズンのみだけど13回登場。
アイシャ・タイラー(Aisha Tyler)

射撃テストに落ちたニック。再テストでウォリックの記録を抜いて高得点で合格。
この二人のやり取りってやっぱ好きだなあ・・・。

第4話 鏡よ鏡 Crow's Feet
アダ・・じゃなくてシロアリ駆除業者、最終的に犯人。
なんとA.J.バックリー(A.J. Buckley)だった!出てたのか!
で、この翌年(2005)にNYでアダムとして登場。これが足がかりだったのかもね(´-`)

今回のみのラボ要員ゲストはデイヴィッド・アンダース(David Anders)
出てたんだなあ・・。

で、老化は病。痛いとこつきます(ノ∀`)

拍手

CSI:NY Season1 20-23
第20話 需要と供給 Supply and Demand
薬とお金持ちのバカ娘と売人と。
巻き添えで殺されてしまった同室の学生とその家族が本当に気の毒・・。
チーム、特にマックとステラが犯人達をにとことんやり込めてくれた事が唯一の救い。
その過程は見ていて気持ちよかったぐらい。

第21話 疑惑の任務 On the Job
あの状況で刑事を名乗ったとしても
ダニーの位置からでは距離もあるし人々の音や声で聞こえないよなぁ。
で。内務監査だかなんやでダニーは過去に痛い目にあった事があるらしいけども。
ともあれこんな状況下でマックの事を信じ切れてないのがまた痛い。
一応今回の件はうやむやでも解決した、って事になったけど
やっぱ観てる方はもやもやが残る・・。

ホークスは今日もジョーク満載で楽しい人だったけどね。
でも『手を貸そう』って遺体の手を振るのはどうかと;;;
いやでも大好きなんですけどね(ノ∀`)

それとチャドは今回でおしまい。
結構好きな俳優さんなのでもう少し残って欲しかったなあ。

第22話 クローザー The Closer
ヤンキースとレッドソックスは色々あったらしいので、 熱くなるのは判るんだけど。
ポップコーンとかやってる事が稚拙すぎてかなり引いたわ。
んで被害者の殺された理由ってのがはしゃぎすぎ、という。
たかが勝利のキス、でも人によっては深刻なもの。色々難しい。
んで、殺すつもりじゃなかったかもしれないが時速94マイル。151km。そら死ぬわ・・・。
そんで彼女の方は彼の怒りに思いっきり油注いじゃって
怒った彼から逃げ出した結果、交通事故死。いやはや・・・。

それからマックの方は冤罪発見。
結末までは見せていないけどいい結果になると良いなあ。

で、ホークスは今日も楽しそうでした(´-`)

無実を訴えた囚人:マイケル・クラーク・ダンカン(Michael Clarke Duncan)
今回の犯人:アマウリー・ノラスコ(Amaury Nolasco)
監督は18話に続きエミリオ・エステベス(Emilio Estevez)

第23話 この目に映るもの What You See Is What You See
現場にいたのがマックなのでね。目撃証言は当然ながらバッチリ。
で、マックのすぐに終わっちゃう恋はともかく(笑)一歩進んだって事が大事なのよね。
でもダニーの件はすっきりさせないまま微妙な所で今回はおしまい。

で。情報屋はどこの組織の雇われだったんだ?
この手のドラマはぼーっと見てると色々取りこぼしちゃう。
でももう一度見る気にはなれないのよね。ま、いっか(ノ∀`)

ゲストは前回に引き続き今回も登場の地方検事にラファエル・スバージ(Raphael Sbarge)
情報屋:ギャレット・ディラハント(Garret Dillahunt)
お二方とも、本当にあちこちでみかけますな。

◆◆◆
というわけでシーズン1はおしまい。もう本国放送は12年、WOWでも10年前なんだね。
かなり懐かしい思いをさせてもらったなー。
そして当時見ていて一番衝撃だったのは最終話のホークスの移動願い。
ホークスファンからしてみれば、あれは立派なクリフハンガーです(笑
で、その後の彼を思うと、やっぱ検視官のままでいて欲しかったなあ、と。
でもそうしたら出番は限られるしシドというキャラは登場しなかったわけだし。
ホークス移動願いの件、今見ると心中複雑だわ・・。

拍手

アントン君が・・・・。
まだたったの27歳、あまりにもあまりにもあまりにも早すぎる・・・。

TAKEN(2002)からのファンで、日本で観れるものは少なからず観てきた。
語りたい事は沢山あるはずなんだけど自身ショックすぎてうまく言葉にならないよ。
 
控えめだけど個性的で独特の雰囲気を持った彼の事、
もう過去形でしか語る事ができないなんて、
どんなおっさんになるか心から楽しみにしていたのに、
それももう叶わないなんて。
  
ご冥福をお祈りします。
なんて彼に使いたくなかったよ・・。でも、心から。

拍手

↓Calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
↓Profile
HN⇒Carni
Movie⇒ドクターストレンジ大変楽しかった!

Drama⇒最近どのドラマも平熱気味。数はたくさん見てるんだけどね・・。

Game⇒アサシンクリードが楽しすぎ(`∇´)

Book⇒特捜部Qドハマリ中。

MUSIC⇒Freshgod ApocalypseのKingが凄すぎて(ノ∀`)
  
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]