忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
CSI:Miami Season4 20-25
第20話 地獄で愛して Free Fall
桟橋のカップル再登場してたんだな・・・。
最期までイカれてたなあ。
でも大概映画やドラマでは橋の上から飛び込んでも生きてるもんだけどね。
きっちり殺しちゃうあたり、白黒はっきりさせるマイアミらしいわ。
ヤツらには嫌悪しか沸かないので同情もまったくないけどね。
唯一褒めるべきはついでに麻薬カルテルのボスやっつけてたぐらいよ。

で。エリカ、ちょっと反省する、の回でもあった。
でもやっぱり何があってもエリカはエリカよ(笑

第21話 偶然のSOS Dead Air
そうそう、デルコとナタリアの最後ってほんと後味悪かったんだよな。
ナタリアもだが、間に入っちゃったウルフがなんとも気の毒で(ノ∀`)
 
第22話 クルーズ船の底から Open Water
グラスのフチに頭皮。つまりフケ。って落ちすぎだろ。
鮫の胃の中に衣類の切れ端より不自然だわー。
娘の動機や手口も船長の動機も今回は色々雑だったなー。

ジェームズ・レナー(James Remar)シェリリン・フェン(Sherilyn Fenn)が出ていたよ。
でもって海!といえばビーチボーイズ。モルグでパタンで音楽終了、中々印象的だったな。
そしてホレイショ、そうかマリソルに促される感じなプロポーズだったのね。
 
第23話 二人の旅立ち Shock
結婚おめでとう!と言いたい所だが・・・(´;ω;`)

第24話 止まった時間 前編 Rampage
デルコのストーカーの件、すっかり忘れてたぜ・・。
メモ・フィエロ、初登場。今後のシーズンである意味大活躍。

今後のホレイショの回想シーンで何度も使われるマリソルが撃たれるシーン。
それ以外にも病院でのマリソルとホレイショ、知らせを聞いたデルコ、
どれをとっても悲しい(´;ω;`)
 
第25話 止まった時間 後編 One Of Our Own
そうだ・・・思い出したよ。リアズって飛行機撃ち落とそうとしてたんだっけ・・。アホだ・・。
そんな彼を追って・・次シーズン初回はブラジルで大暴れしてくるんだっけね。
それと、メモ。この時点では、まさか後々刺青増やして再登場するとは思わなかったよな。
シーズン9のvsメモはドキドキもんだったわ。

今見返すと、ナタリアスパイ告白って、タイミングが不自然だよな。
言うに言えなくてもやっとし続け結局一番おかしなタイミングで公表する事に。
いや・・・・案外こっちのがリアルか?いやでもやっぱ不自然だよなあ(´□`;)
それと、エリオットがラボを陥れる側じゃなくってなにより。
でなきゃカリーの男選びのセンスが気の毒すぎる事になってしまうもんね(笑
ともあれスパイの件は一件落着。暫くナタリアへの風当たりは強いがそんなのすぐなーなーよ(笑

それと、時々見かけていたジェサップ。冒頭で爆死。結構好きだったんだけどな・・。
それからラボのアーロンも今シーズンが最後。彼はこのまま自然消滅・・。
そしてどっちもファーストネームが同じという事に今気が付いた・・。
アーロン・ジェサップ:ジョエル・ウエスト(Joel West)
アーロン・ピーターズ:アルマンド・ヴァルデス・ケネディ(Armando Valdes-Kennedy)

拍手

PR
CSI:Miami Season4 15-19
第15話 壊れた男 Skeletons

この回のホレイショ、特に後半特にかっけーのよね~!
里親からの虐待話は色んなドラマで見かけるけど、
その中でもぐぐっと気持ちを持っていかれるのはやっぱホレイショ効果もあるよなー。
最後は虐待親父に暴力を使わず言葉と眼力、威圧感でやり込めるって素敵過ぎる。
というわけでNYも絡んだエピのエンディングなお話でした~(´∇`)

それに引き換えナタリア出来ちゃったかもでドキドキデルコはなんつーかもう(ノ∀`)

第16話 ロリータポルノ爆弾 Deviant
とってもマイアミクオリティな邦題。
でも内容は至って深刻。
性犯罪者情報。
情報はありがたいが、情報を得る側にとっては善し悪し。
カリーの言い分もウルフの言い分もどちらもわかる。
うんと後のエピでも同じ題材扱ってたよな。
今回は本人よりも家族の苦しみがとっても痛かった・・・。

アレックスは張り紙をしたという事でちょっと上司ともめてたけど無事収まった。
やっぱホレイショ達と一緒が一番よ(`∇´)!
そして引き続いているスパイの件がもやもやと。
 
第17話 独りぼっちの過去 Collision
暴力夫はクズ以外のなんでもない。火事場泥棒女もクズ。
現場を見られた!っておっかけて車両事故おこして死体を押し付け逃げた男もクズ。
で。一番同情されるべき殺された妻自身も宝石泥棒って・・・気持ちのやり場が(ノ∀`)

ナタリアのDVに関する布石。
もうすぐひと悶着ありますよ臭ぷんぷん。ほんと判りやすい(笑
 で?あれ?ホレイショ父って妻殺しだったの?
父から虐待⇒父が母殺し⇒弟と施設か養子かって感じ?
ホレイショ一家って悲惨だっつー記憶はあったが具体的な事は忘れてたよ(´□`;)

第18話 実験殺人 Double Jeopardy
例え無罪となっても別の観点から犯罪を立証し、更に共犯者も見つけて再逮捕。
今回は疑いの無い証拠もばっちり。
そら湖の遺体発見は簡単に見つかりすぎとか都合いい事沢山あったけどな?
殺してお終い、ってんじゃないのが本当に気持ちいいわ!
事件解決はこうでなくっちゃな!

第19話 セレブの覗き穴 Driven
ホレイショ、マリソルにぐいぐい行ってます。うんうん(´∇`)
カリーとウルフの姉弟な空気もいい感じ。和むわ・・。
ウルフも初登場の頃と比べて角も取れてカリーやデルコといい感じよね。
後輩じゃなくて弟って感じで。まあ、遠慮がないからムカつく時は超ムカつくんだけど(笑

拍手

CSI:Miami Season4 10-14
第10話 運命の女(ひと) Shattered
サブタイトルと邦題、まったく違うがどちら的を得てるのがなんか笑えた(笑

ホレイショ、マリソルとご対面だぜー。でもその後を思うと泣ける(´;ω;`)
リックも嫌なヤツだがやはりその後を思うと・・・(´;ω;`)
それを言ったらレベッカだって、ダンの最後も・・・(´;ω;`)
マイアミってこんなんばっかだ、としみじみ思う・・・・・・。

賞金稼ぎの人、別に慌てる必要もないのに
停めてた車の脇に銃を捨てていくっていくらなんでも迂闊すぎないか?

で、あのクズすぎ銃器ラボ住人、やっといなくなった!やっぱカリーが適任よ!ああスッキリ!
デルコはマリソルの事が公になって最近のモヤモヤも晴れてスッキリ!
でもウルフの目の件がモヤっと(ノ∀`) 

第11話 消せない感触 Payback
冤罪。
捜査ミスではなく、当時の技術のせい。
当事者にはそんな事は関係ない。そら怒るだろう。訴えたくもなるだろう。
でも下着ドロに変わりは無い。しかもあの態度。まったく同情できねえ。
結局被害者の友人が本当の犯人。被害者が男を殺す、という物悲しい結果に・・・。
 
そして医療ミスの件。
頭はしっかりしていても体が思うように動かない。
この医師の状況に同情はできるが職業が職業だけに何かが起こってしまってからでは遅い。
こちらも辛い結果だったなあ。

その問題の医師役にジョン・ハム(Jon Hamm)
下着ドロの弁護士役はピーター・ジェイコブソン(Peter Jacobson)がゲスト。

で、ナタリアとデルコ、そういえばこんな事もあったっけねー(笑

第12話 ターゲットはお前だ The Score
はっはー。ホレイショ完全にマリソルに落ちましたなw
色々手を尽くしすぎです(笑

ナンパ術。
自分が女を落とすのは結構、妹が対象となるのは許さねえという矛盾。バカだねほんと・・。
その妹役にケイト・レヴァリング(Kate Levering)がゲストしていたよ。
 
第13話 コードネームの正体 Silencer
ローラ・レイトン(Laura Leighton)がゲストしてたんだな。
老けすぎててWOW放送ん時は全然気付けなかったよ( ̄□ ̄;)
メルローズ・プレイス。未だ心残りのドラマだわ・・・。
 
第14話 影からの逃亡者 Fade Out
ボニー&クライド気取りの安っぽいなりきりカップル、
彼らをドラマチックにさせず首吊死体に全部持ってかせる、ってのがいい(不謹慎だけどな

サルーチ。そういえば今後この名前がちらほら出てくんだっけ。
それから共犯なのに証拠がなくて釈放されたムっかつく若造ね。
この手のタイプは後年同じような事やらかして別件でつかまりそうな感じ・・・。

ウルフの件ね。まあ具合が悪いと思ったらさっさと病院行っとけっつう事よ。

拍手

CSI:Miami Season4 6-9
第6話 容疑者ホレイショ・ケイン Under Suspicion

 ホレイショ絡み(恋人)死亡者第1号か。(彼女で終わりじゃないのが悲しい(涙
『今から俺は民間人だ』といいながらも現場に絡みまくるホレイショ。流石だわ。
そらラトナー判事もツッコミ易いわな(早く成敗されろ

メンバーの方は、まだまだよそよそしいナタリア、クソガキ度絶好調のウルフ。
デルコは麻薬絡み、伏線出てきましたな。

それと、そうか、イエリーナってあれ世間では失踪って事になってんだな。
で、ホレイショが(文字通り)始末したのか疑惑。トリップあんた何言って(笑
 
第7話 NYからの使者 Felony Flight
 カメラが上からパーンしてホレイショが下からモコっと登場。
ほんとホレイショの登場や去り方って独特だよな。大半が笑っちゃうんだけど(゚∀゚)
にしても墜落事故現場に駆けつけただけ、探し人と同じ寮に居合わせただけ
こんな理由で殺された若者達・・・本当に気の毒すぎる。

そうそう、デヴィッド・アンダースがゲストしてたんだよな。
んで、ジェームズ・バッジ・デールもゲスト。どちらの件も結末はNY2-7へ続く。

NYのクロスエピ。の割にはマックだけだし出番も少ないし
結局犯人はNYに、ってんでストーリー的にはあまり来たかいがなかったような(ノ∀`)
ファン的にはHと並んでる所を楽しめ、ってとこなんでしょうけどw

続きはNYの2-7へ。「甘えてんじゃねえ」ってのがNY結末の感想。
マイアミの件も解決してホレイショは少年にご報告できたよ。

 第8話 別れても憎い人 Nailed
そうだよーこれだよウルフのこのエピだよー。
マイアミファンが必ず話に出すといっても過言ではないエピだよー(笑
目がでかいだけにそこにネイルガンとかほんともーなんつーか痛いー(`ロ´;)!!

つーわけで初めて観た当時はこのインパクトでそれ以外の事はすっぱり忘れてたけど、
マジ最悪な女(元妻)の話だったんだな。
元夫を陥れるために息子を挑発してまで自分を殺させるとか。クズすぎる・・。

で、NYのご報告有り、デルコの件、マリソル初登場という布石も置きつつ。
んでも今回は険悪平行線だったデルコとウルフに
ほんのちょっと友情芽生えてよかったね、ってのが一番かしらね。
 
第9話 名前のない奴ら Urban Hellraisers
ゲームのシナリオ通りに、リアル殺人ゲーム。現実と仮想の区別の付かないバカ共。
ゲーム好きとして、この手の題材はいつ見ても悲しいわ・・・。
でもゲーム内容にも問題あるよな。
そういえば昔、普通のAVGだと思って始めて蓋を開けて吃驚ってのあったよ。
通りがかりのモブに話しかけようと思ったら理由も無くいきなり相手を殴り倒してね。
何が起こったの?ってポカーンよ。で、そういうゲームか、と速攻ゲームを捨てたけどね。
タイトルは忘れたけどシリーズ沢山出てる有名なゲームよ・・・。

ゲーム開発者であり首謀者。フィリップ・ウィンチェスター(Philip Winchester)がゲスト。
筋肉もりもりになる前ですかね。体がちっちゃかった(笑

それと、デルコ。冒頭、美人さんにでれでれしすぎです(´∇`)

拍手

CSI:Miami Season4 1-5
第1話 新たなる闘い From The Grave

ホレイショがマジ懺悔しているよ。色々あったものね・・・。
そして棺の中からマシンガンをぶっ放す男。偶々現場に居合わせるホレイショ。
で、長いお付き合いとなるマラノーチェ。うん!マイアミですな!

ナタリア初登場はこの回だったかー。ダンも初登場。バレイラ復帰の回でもあり。
リックはNYの伏線を持ち帰り。色々てんこ盛りな初回だったねー。

正義の為に人を殺める事も。そういう宿命ね。
懺悔に始まり懺悔に終わる。見せ方が、なんつーかマイアミだなあ(分かって(笑

第2話 海に散った家族 Blood In The Water

冒頭から胡散臭さ満載。
妻以外、夫も息子も娘も全員詐欺師、つまり他人。
彼女は夫を殺された事も知らずにコイツらと家族になったわけで。
この現実って相当キッツイよ;;確実に人間不信になる;;

そしてホレイショの家族はチームの皆なのでした(´∇`)

第3話 無防備な18才 Prey
NY絡み伏線再びw
あーでもこれ結末NYだっけ。しまったストレス(ノ∀`)

サラ発見時にちょろっと流れていたのはオペラ、ラクメの花の二重唱。
byJahna、でいいのかしら。このインド色の強いバージョンのは見つからないわ・・。
 
第4話 獄中48時間の真実 48 Hours To Life
自分がやった、と言っちゃった(言わせられた)結果、獄中で最悪な事に。
冤罪は証明されたから良かったけど、心の傷が、と思うと切なすぎ。
うーん、でも確かに取調べ中のトリップは怖かったけど
弁護士呼べーー!って言えばこんな事にはならなかったような気も。
いやでもやっぱりトリップがもうちょっと、こう、ね・・。

で、やたらと目が印象的だったトビー役はロバート・リチャード(Robert Ri'chard)
最終的に犯人だった夫にブレット・カレン(Brett Cullen)
やっぱ素敵よね~。役はクソヤローだったけど(´∇`)♪
 
第5話 ペントハウススィートの情事 Three-Way
薄ら寒い女の約束、自分本位な夫、頑丈すぎるプール係、ちゃらい支配人。
そんなアホ連中は置いといて。
エレベーターに並んでる3人、検視に行かずホレイショに注意されて(´・ω・`)な3人。
和みポイント満載なこのエピ、久しぶりに見てもやっぱ楽しかったw
デルコとウルフ、仲悪ぃねえwそれとエリカやっぱウゼーなあw
っつかホレイショの出番は冒頭と3人を注意した時だけ。少な!

拍手

CSI:Miami Season3 19-24
第19話 モンスターの復讐 Sex & Taxes
ザック・エフロン出とりました。この頃はまだ10代後半?
彼はもっと背が伸びると思ってたんだけど、結局伸びませんでしたなあ。
で、ラボ要員でウィリー・ガーソンも出ていたよ。
今回と5-4にゲスト。

で、ウルフが悪い(笑

第20話 エピローグの幕開け Killer Date
デート⇒ヤってもヤられても何があっても自己責任。
実際そうかもしれないがなんとも難しい所だわ・・。

容疑者か、被害者か。ヴァレイラの過去の登録ミスが発覚。
警察署内でもこの違いで捜査員が見ていいものと駄目なもの、
きっちり分かれているらしい。
なのでウルフがその場にいた事で更に面倒なことに。厳しいんだなあ・・。
でもおかげでトリップのPC入力見れたけどね。これは和んだ(´-`)

デルコのバッジの件。
リックに気が緩んでるのはスピードルの件とか言われてしまってたね。
最後はカウンセリングのドアをくぐってたよ。
今回が節目かはともかく、今後益々不幸に見舞われる事を思うとなんか切ないわ。

で、レイが生きてると判明。やっと動き出しましたな。

第21話 汚れなき秘密 Recoil
トリップ。当て逃げっつーより当てられ逃げ。自分で当てといてあの態度はねえよ(笑

ウルフ、デルコの次はカリーを怒らせ(ノ∀`)
ホレイショについては何も確実に仕留めなくても・・・。
一番気の毒なのは娘。いい里親が見つかる事を祈るとしか。

しかしアメドラの刑事モノ(特に一話完結型)は銃撃戦では当たらないのに
こういう時は百発百中よね(´□`;)

第22話 闘いの火蓋 Vengeance
高校や大学の人気者。
ドラマでは人間的にクズとして描かれる事が多いけど、ほんと何で?
この手の人物(女だとチアガとかね)が登場するといつも思うわ。
アメリカの学生時代の人気者=クズばっか。と他国の人に思われてしまうよ?(笑

それと、レイの件色々と進んでおります。

ゲストのランス・レディック(Lance Reddick)
この人はどの作品でも変わらない(老けない)なあ。素敵w
同窓生の方にリチャード・スパイドJr.(Richard Speight Jr.)が。
BOBとスパナチュで大好きなんだけどね、いかんせん彼に出くわす機会は少ない・・・。

第23話 殺人鬼養成講座 Whacked
ヴァレイラの件、まだまだ尾を引いております。
スピードルの過去の事件もやり直しです。
冤罪ではなく更に犯人が見つかった、って結果で何よりよ。

ミーガン・フォローズがちょっとだけゲスト。 しかし・・この頃まだ30代後半でしょう?
ほんと白人(特に女性)の老け速度って恐怖すら感じるわ。手なんかもうおばあちゃん(ノ∀`)

死刑じゃなくてピーナツアレルギーを利用して自殺を選んだわけだけど、
棺の中を覗くホレイショの・・・笑顔こえー(´□`;)
で、エリック(ロバーツ)さん、相変わらず悪い役ですなー(笑

第24話 去りゆく者たち 10-7
出たエリカ。最初っからうぜーーwwウルフもなーーww
ほんと、エリカっていつでもウザいのよね(゚∀゚)!

レイの件はとりあえずひと段落。
今回演じたのはディーン・ウィンターズ(Dean Winters)
でも5-1で再登場した時は別の俳優に変わっとります(笑
レイ絡みといえばこの人も。 ヘイゲン・・・。
流石のカリーもその場に居ただけにショックは大きい・・・。

というわけで今シーズンの〆はかなりしんみりとした感じ・・・。
そうそう、ラボ要員のタイラー、今回がさりげなく最後。
Season1-19からトータル30話。歴代のマイアミラボ要員で一番地味なキャラだったねw
ブライアン・ポス(Brian Poth)

拍手

CSI:Miami Season3 13-18
第13話 分かれ道 Cop Killer
見学者の彼、パニクってからの行動がおかしすぎ。
そんな考えを起こす奴は所詮そのレベルって事ですな。 殺人まで起こすとは・・・。
で、娘も娘なら母親も母親だな、という。

で、ホレイショとレイチェルはここまで(笑

第14話 妻たちの危険な情事 One Night Stand
偽札・不倫・殺人・爆破。マイアミ万歳。
最近デルコの影が薄いのは新キャラウルフを印象付ける為なんだろうな、とか。
というわけでウルフ成長中(笑

第15話 猛獣の正体 Identity
何かの粘液。蛇って。どっちにせようぇえええ(`ロ´;)
というわけでクラーヴォ再登場w
何でホレイショが親子鑑定をしようと思ったかはよく分からないけどね。
息子じゃなかったと判明直後にあっさり息子を見限ったってのは
きっとずっと違和感を感じていたって事なんだろうなあ。

カード詐欺、立件できないって事であっさり釈放。
じゃあカードを偽造した事は別にいいわけ?忙しいから?どんだけゆるいのよ・・。
ともあれ殺人事件に巻き込まれて結局詐欺自白して逮捕されたけどね。
巻き込まれた件については彼女自身がクズすぎて同情もできなかったわ。

ところでCSI系で時々見かける毛髪等の証拠発見ね。今回は車。
ここまで掃除しないアメリカンって不潔なの?と思ってしまう・・・。

第16話 エバグレーズ炎上 Nothing to Lose
これって本国では90分だっけ? 今回はDLifeで正見60分弱ってとこかしら。
WOWん時はどれぐらいだったんだろう。流石に思い出せないわ(ノ∀`)

ともあれ内容はてんこもり。ゲストもよく見かける人達がたくさん出てたなー。
リアルタイム放送時はともかく、
今観返すとマイケル(バーンノーティス)が潜入操作しているようにしか見えません(笑
しかもマイアミだしね。ちょっと別の所でテンションあがったわw
同時にアレックスをあんな目にあわせたの、お前だったのかよってのもあったけどね・・。

スージー再登場。
書類の書き方が分からなくって・・・。
ってあんな書類持ってったらホレイショが助けないわけありません。
イェリーナの気持ちよりも姪の命のほうが大切です。
というわけで異母兄妹初対面となるわけで。

ところでアルコール度数、95ってどんななの・・・。

第17話 終わりへの伏線 Money Plane
津波、炎上、そして今回は飛行機の墜落。マイアミ絶好調(ノ∀`)
レーザーで地上500mの操縦士の目を焼くって凄ぇよ。

ヘイゲンとカリー。エリオットに罪は無い。
カリーにも無いっちゃ無いんだけど、ヘイゲンの今後を思うとさ・・・。
邦題がまた的を射ていて( ノД`)

第18話 配達された殺意 Game Over
2-24でスピードルが対応した事件の彼女、再登場。
んで、この手のプライベードビデオ。未だに撮るやつの気持ちが分からない・・。

百合の花。うちの庭にも咲くんだけど、匂いが強烈でねえ・・・。
ともあれ花の誤配は最悪だがそれだけで
相手の言い分も聞かずにスケボで脳震盪起こすほどブン殴るか?
結果同僚に殺人の機会をあげちゃってね。
勘違いの嫉妬で感電死・・・。これもどうよ・・・。
今回ゲスト、本業さんのトニー・ホーク、散々な役でしたな(ノ∀`)

ゲームのテスター。
一見楽しそうだけど、職業にしちゃうとやっぱりストレスになっちゃうよなあ・・。

拍手

↓Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
↓Profile
HN⇒Carni
Movie⇒ドクターストレンジ大変楽しかった!

Drama⇒最近どのドラマも平熱気味。数はたくさん見てるんだけどね・・。

Game⇒アサシンクリードが楽しすぎ(`∇´)

Book⇒特捜部Qドハマリ中。

MUSIC⇒Freshgod ApocalypseのKingが凄すぎて(ノ∀`)
  
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]