忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1953]  [1952]  [1951]  [1950]  [1949]  [1948]  [1947]  [1946]  [1945]  [1944]  [1942
CSI:Miami Season2 11- 15
第11話 造られた女 Complications
事件の方は結局は旦那といる時に転んで頭を撃ったのが原因。
結果美容クリニックの不正を暴きだした、という所。なんか悲しい・・。

美容に多少の金をかけるのは女の務めと自己満足だと思うけど(女として大事w
でも整形はやっぱり抵抗あるなー。
そしてバレイラみたいにコンピュータの方にお金をかける、ってのもなんか判る(笑

それから後にイザコザを起こすアレックスの同僚検死官が出てきましたな。
ストレスは判るがいちいち感じの悪い男だ・・。

第12話 全てを見ていた男 Witness To Murder
全てを見ていた障害者の男。最後は被害者に。
余りにも悲しすぎるラストだよ・・・。
そんな犯人の共犯者役にブラッド・バイアー。ほんと悪役が多いね(ノ∀`)

浮気の件についてはもうね。
浮気どうこうよりも娘の遺体を盗んで事件を隠蔽とかもう意味不明。
( ゚д゚)ポカーンですよ。

第13話 満月の惨劇 Blood Moon
この親にしてこの子あり。
復讐した相手が自分の母親を拷問した男であり、父親と。 重すぎるよ・・。

もう一方、脅しで向けた銃がつまずいた拍子に発砲、結局無罪となった女。
いやしかし男を殺した事になんの罪悪感もないってのはどうよ。
炭酸ばっか飲んでるとこういう人間になるぞ、って事かしら(違うから
で、そんな炭酸女(笑)にエミリー・バーグル。

第14話 骨に刻まれた凶器 Slow Burn
ワンコは悪くないわ!殺処分という事にならなくてほんとよかった(/□≦、)
でも犬を大事にしながらハンティングを楽しむ矛盾。命を奪う境界が判らないな・・。

冒頭の野焼きのシーンはやっぱり怖かったー。
デルコの機転でアレックス共々助かったけどさ。あんな目には絶対に遭いたくない。

ゲストのダグ・ハッチンソン(Doug Hutchison)
うまい人だな、といつも思うんだけど、いつだって嫌な役。
まあ、彼に穏やかな役をやらせるのは勿体無いから判るけど(笑

第15話 偶然のゴースト Stalkerazzi
俳優のカミングアウト。
最近はそんなに珍しい事ではないけど、作品に影響が出てしまう人もいる。
有名・無名問わずタイミングってのは難しいんだろうなあ。
で、通報したカメラマン役にサイラス・ウィアー・ミッチェルが出ていたよ(´∇`)ワカイ!

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]