忍者ブログ
海外ドラマと映画、音楽にゲームやら。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
CSI:Crime Scene Investigation CSI: Immortality

もー。
いくら容疑者が複数いようがその中にダグ・ハッチンソン(Doug Hutchison)がいたら
彼が犯人に決まってんじゃんかなあ??もー( ̄△ ̄)
あとグリッソムを逮捕した海上警備隊の役にマイケル・ビーチ(Michael Beach)が。
久し振りだったけど、彼は変わらないねえ。ハゲちゃった事以外は(ノ∀`)

ピクセルがどうとうか、耳が見えたのなら何故耳紋を検証しない・・・?
まあ血痕のDNAが違って一時容疑者から外れてたんだろうけどね。
ってか俳優都合で犯人判っちゃったのでなんかもうね、ここらはいいわ・・。

んでほんまもんの最終回はヘザー絡み。
近況はキャサリンはFBI(サラが主任降りれば戻りたいとか我侭な事言ってたよ(笑
グリッソムは海洋なんちゃら、ブラスはキャサリンのカジノで警備(警備主任あたり?
あとはフィンは殉職、キャサリンの娘のリンゼイはベガスCSI、ラッセルはFBIサイバーへ。
サラはベガス主任に昇進、グリッソムとよりを戻してハッピーエンド。
恋愛エピでもあるせいか、サラは今まで登場したエピの中でも一番美人さんだったと思うよ。

グレッグ、モーガン、エクリー、ホッジス、ヘンリー、ミッチ、あと常連誰か出たか?
まあいいや!ニックがいないからね!(家中さんは出てたけどね!
やっぱ私のCSI最終回は15-18よ!お疲れ!(軽w

拍手

PR
CSI:Crime Scene Investigation Season15 17-18
第17話 サソリの巣窟 Under My Skin
ニックの友人でもあるサンディエゴCSI主任の娘達が誘拐される。
しかも長女は遺体となって発見。辛すぎる・・・。
犯人が誘拐した理由は自分がストーキングしている女に似ていたから。
ストーカーだからな。勝手な思い込み・勘違い野郎のする事なのでね。
程度が低いのも頷けるけどクズすぎてもうね・・。

ってまたCSI関係者・・・とゲンナリしたい所だけど
そのサンディエゴの主任役がブレット・カレン(Brett Cullen)だったのでね!
素直にゲストありがと!ほんといつ見ても渋くて素敵よねー(´∇`)

第18話 別れの夜 The End Game
あんな映像だけで、植物の揺れからあそこまで人の会話を復元できるものなのか。マジか。

ドラマ本編のラスボス。双子の件。
ショウはフィンを庇って死亡。
ここで助かったと思わせといて結局フィンは自宅で襲われ意識不明の重体。
でも犯人は捕まった。終わった。ほんとに終了。

先にサイバー2を観ちゃっていたからね。 その時のラッセルの言動から
今シーズンはフィンに何かあると思ってずっと観てたから 正直『ここでなのね』という程度。
好きなキャラでもなかったしな(冷たくてゴメンよ
これがニックやサラだったら大騒ぎしたけどね・・。

そうだ、サンディエゴの所でニックのお手伝いをしていたニックの未来の部下の黒人男性。
声がウォリックだったのは吹替ファンに対する日本スタッフの粋な計らいよね。
今回吹替えと字幕と迷って結局吹替えを取ったんだけど、
ほんと、吹替にしてよかった。ほっこりした(´∇`)

ラストもね、途中レギュラーでもほぼ最初からいいるグレッグ、
出戻りだけどいない時のが断然少ないサラ、 全シーズン通したニックの3人の会話、
そして本当のラストシーンはニックがラボを去る形で終了となった。
ニックはベガスを去ってしまうけど、それでもいい終わり方だったな。

正直主任がラッセルになった頃から興味ががっくり落ちたCSIだけども
最後まで完走できたのはニックがいたから。
まだ1話、SP版が残っているけどそっちはニックは出ていないから
SPはこれから観るけど私にとってのCSIはコレが本当の最後。
シーズン15だから15年。足掛け何年かけて観たかはもう判らないわ(ノ∀`)

ともあれ本当に本当にお疲れ様だよ。
全335話(SP入れたら336)、何のかんの楽しい時間をありがとう!

ニック・ストークス:ジョージ・イーズ (George Eads) /家中宏
サラ・サイドル:ジョージャ・フォックス (Jorja Fox) /浅野まゆみ
グレッグ・サンダース:エリック・スマンダ (Eric Szmanda) / 村治学

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season15 12-16
第12話 記憶の森 Dead Woods
父親による一家心中でひとり生き残った娘。
何年もたってから、ちょっとした事がきっかけで事件の記憶が少し甦り。
結果、真犯人が見つかり、一家心中ではない事が判った。

見つかったのは勿論良かったけど、それまで何年も父親を恨み続けてたという事実。
今回の事が無ければ一生父親を恨み続けたって事だよな。
警察の仕事ってほんと責任重大だ・・。

サラの過去話は相変わらず重いよな。この事知ってるのってグリッソムだけだっけ?
ともあれグレッグともこういう話が出来るようになったんだなあ。
そして今シーズンはいつもの突っ走りがない。サラも丸くなった・・。

第13話 放たれた双子 The Greater Good
なるほどショウは娘を人質に取られてましたか。
そんな彼を殺さず生き残らせたのはいいね。今後の捜査に少しは役立ってくれるのかしら。

ラッセルの娘が囮捜査に参加。エクリーとモーガンの時よりは違和感なかったけどさ。
双子が彼女に執着してたのは単に片割れが惚れてたってだけの事なのね・・・。
ともあれマヤもショウの娘も怪我もなく保護されてよかったよ。
そんで双子の片割れは殺され、もう一人は逃亡。もう一息だな。

第14話 殺人鬼人気No.1 Merchants of Menace
殺人鬼グッズ販売ね。時々題材になるよな。
嗚呼・・・ハスケルTシャツとか犯人の骨を使った刃物とかもう感覚がおかしいよ。
被害者の事なんてまったく頭に無いからこんな無神経になれるんだろうけどさ。
今回の遺族の事件なんかあまりに気の毒すぎる。
子供の頃に目の前で姉を殺され、その犯人の信者に父親と彼氏を殺されたわけだよ。
けったくそ悪いわ・・・・マジで・・・。

第15話 スーパーヒーローの死 Hero to Zero
人助けも自警団もいいさ。 ただ何故あの衣装・・ってサラとまったく同じ意見だわ(ノ∀`)
でも実際いるんだよなあ・・・。

第16話 光る女 The Last Ride
お。またニックに髭が生え始めたぞw
んでね。ベガス、マフィアとくりゃあグレッグよね。嬉しそうだったw
反してマフィアにもクラシックカーにもまったく興味の無い私。
このエピは銀色の女がいた、って印象しか残らないんだろうな。
殺された彼女も同情出来ない感じだったしね・・。

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season15 8-11
第8話 生きた人形 Rubbery Homicide
ラバードールな。行為どうこうよりも作品が不気味すぎるよ!
日本人が作ればこんな悲惨な出来にはならないだろうな。
まあアホみたいな値段になるだろうけど(ノ∀`)

で、グレッグはすぐに『警官』とバレた事にショック。
確かに昔は警官の『け』の字もなかったもんなあ。というかただの分析官だったけど(笑
実際彼は見た目も中身も一番変わった(成長した)と思うよ。しみじみ。

第9話 容疑者は2000人 Let's Make a Deal
ニックは髭をスッキリ。
ほんと彼はシーズン中に髪伸ばしたり切ったり髭そったり、色々変えるの好きだよね(´∇`)
でも今シーズンの髭は結構気に入ってたからちょっと残念な気もする。

さて事件の方は重い。
軽犯罪で捕まり、起訴されない事も決まっていて、ただ書類申請が遅れていて、
お陰で子供の頃に自分をレイプした男と遭遇、どうにもならない感情で相手を殺してしまう。
そんな犯人の感情が理解出来てしまうニック。
そういえば昔そんなエピソードもあったよな・・・。 あれも重かった・・・。
事件は解決したものの、とっても悲しい気分になってしまったよ(´;ω;`)

通報された理由が家に子供だけを置いて妻を迎えに行ったから。
それ日本に導入したら一気に犯罪者だらけになっちゃうわ。
環境の違い、日本はそれだけ平和って事なんだけどね。
しかし難儀な国だねえ・・。

第10話 カモりカモられ Dead Rails
土の中から手。 ここでも言う!メルローズプレイス!!

ビリヤードでも台にイカサマ仕込んだりする奴いるんだな。ちょっと吃驚りよ。
んでホッジはビリヤードも旨いらしい?隠し玉いくつ持ってんだ?w
ともあれホッジスとモーガンはひと騒動以降は本当にいい感じに友人関係が続いてるのよね。
ほんと嬉しい事だわ。二人がきゃっきゃしてるととっても和む~(´∇`)

第11話 ムササビ人間 Angle of Attack
痴情の縺れはいつもの事だが態々最先端のウィングスーツを使って遺体を飛ばすとか。
話の流れで理由は判らなくもないがいくらなんでもなあ(´□`;)
で、最初の被害者よ。随分遠くまで飛んだもんだ・・・じゃないだろう;;
とばっちりすぎる;;;;死亡理由が色々気の毒すぎる;;;;;;;;

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season15 5-7
第5話 戦場の女子会 Girls Gone Wilder
第2回、女子会。もう不吉な予感しかしない・・・。
でもって案の定。今回は乱射事件ですよ。怖いよなあ。
っつかサラは前回の感染騒動に続き、だよ。流石にきつかろう(´;ω;`)
女子会の続きでウサ晴らしして欲しいけど、そう簡単じゃないよな・・。

で、事件の方は、結局皆『仕事をしただけ』なんだよな。
あの弁護士はムカつくけどね、でも彼女も自分の仕事をしただけなのよね。ムカつくけど。
今回ここまで大事になったのは脅迫を受けていたのに報告しなかったからってもあるけど
この手の脅迫だらけの生活送ってればそれも頷けるけどね。ムカつくけど( ゜Д゜)

ともあれ、チームは女子会も男子会も禁止だな(ノ∀`)

第6話 葬られた双子 The Twin Paradox
ギグ・ハーバーキラー改めCSIキラーか?
元刑事の探偵が実は双子と繋がってましたってとこで終わったけども。
演じているのがマーク・バレー(Mark Valley)だったからか想定内だった(笑
あとは敵か味方か、だな。

で、毎回思う。何故殺しちまうのか。
ドラマ都合と言われればそれまでなんだけどね。
本当に切羽詰ってれば銃社会だし判らなくもないんだけど
あんな近距離にいて、しかも狙われてるのは自分じゃないんだぞ?
銃を落とす方向で狙えばいいでしょうに。いくらでも方法あったでしょうに。
実際銃を向けられていたグレッグは『もっと何か出来たかも』と落ち込み
射殺した方のフィンはケロっとしているという。
なんつーかもう、フィンを好きになる要素がまったくないわ・・。

そうそう、ラッセルの相談役としてCSIサイバーからエイヴリーがゲスト。
相談役、というよりは友人という感じ。
こういったツテもあってサイバーseason2で彼はFBIに行ったんだなあ。
まあ、あまりのつまらなさに打ち切り納得なシリーズだったけど・・・。
で、エイヴリーの吹替は本家ゲストと本編と違う。
こっちの声の方が幾分マシだな。マシなだけ、だけど。
パトリシアの声好きなのよ~。日本の声優であーゆう声出せる人はいないのかしら・・・。

第7話 ポイズンガール Road to Recovery
酒を自由に持ち込める患者、それを放置しているっておかしいだろ。
他の飲酒治療をしている患者と接触できる状態にある、っておかしいだろ。
前に過剰摂取で患者が死亡したから評判を悪くしたくない、って隠蔽工作の更に隠蔽工作とか。
残った経営者の片割れも『彼女は自覚が無かった』とか何言ってんだ??
それを管理・指導するのがお前らの仕事だろ。
いや今回はマジで何なのこの人達???って感じだったわ。
殺人は罪だけど、彼の場合は法廷で無罪になりそうよね。っつかなるよなこれは。
リハビリ施設の経営者が悪い!以上!!

あ!エイカーズ久し振り!ファイナルでも会えて嬉しいわ!
それとグレッグ・グランバーグ(Greg Grunberg)が切羽詰った殺人犯としてゲスト。
彼は太りもしないが痩せもしないなあ。

あれ・・ギグ~の続きは・・?

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season15 2-4
第2話 100万ドルの失敗 Buzz Kill
医療用マリファナってのはよく聞くけど、こうやって普通に売ってるんだなあ。
この手の店が出れば最初の頃は麻薬絡みのギャングは大騒ぎだろうけど
実際今ってどうなんだろう?ネバダとか合法にしている州の麻薬犯罪は減ったのかしら?

マリファナのデータベースってのも中々凄いね。同じハッパから更に絞り込めるとか。
前回のドローン撮影の3D現場撮影とか、ほんと日々進化だなあ。
ともあれ結果は店主の妻が犯人とな。
貧乏でもなく夫も子供もいて不幸な家庭という訳でもなく。
しかも共犯者も殺して金を独り占めしようとか。
彼女がどうしてここまでやる程の動機あった? そこらの描写が殆ど無いからね。
ほんとどうかしてるわ、としか・・。

そうだ!気の毒な夫役でリチャード・スパイト・Jr(Richard Speight Jr)がゲストしていたよ!

第3話 ミクロの殺人鬼 Bad Blood
最初に現場に入る捜査官、知らずに入って病原体に感染とか。
この可能性は遭遇確率は低くても、この先もずっとある事なんだな。怖いなあ。
ともあれね、最後まで隔離されてたものの、発症に至る事無く無事に開放されてよかったよ。
サラが倒れたのは致し方ない。あの環境じゃね;;
それとグレッグのお祖母ちゃん、ご存命で何より(´∇`)
で、最後にやっと開放されたグレッグの『腹減った!』に妙に人間的リアルを感じた(笑

今回は無菌室に入った唯一の人間の痕跡から微生物鑑定。
比較対象がある場合のみだけど、それでも個人を限定できちゃうんだな・・。
ヘンリーgj!っつかやっと登場だよー。遅いよ~!

第4話 バーニングマン The Book of Shadows
焼死・・いつみても恐ろしい・・・・。

ウィッカ(Wicca)という自然宗教。検索かけたら案の定情報があちこちに。
実際信じるかどうかはともかく、こういうの好きな人は好きそうだよなー。
で、息子の病気を治したい!と藁にもすがるってのは判るんだけどね・・・。

今回の唯一の救いは、ラッセルも言ってたけど
変わってしまった幼馴染の彼女が、大人になった事。
人に話した(CSIに判ってしまった)って事だけでも、
実際最悪で嫌な事だけど少しは開放されたのかな、と。
事情は違えど辛い事を乗り越えないといけない二人、お互い支えあえるといいなあ。

用務員というか儀式責任者というか。スキップ・サダス(Skipp Sudduth)がゲスト。
うーむ。やっぱ吹替えが楠見尚己氏じゃないとしっくりこないよ・・・。
他に犯人であった女教師にミンディ・クリスト(Myndy Crist)
息子役にネイサン・ギャンブル(Nathan Gamble)、幼馴染にベラ・ソーン(Bella Thorne)
このネイサン君は一応本家2回目。あとダークナイトでゴードンの息子の一人を演ってたらしい。
本家8-6(FBI失踪者を追えクロスエピ)のブログ書いた時点では覚えていたらしいが
今はすっかり忘れてしまったよ(ノ∀`)

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season15-1 The CSI Effect

ギグ・ハーバー・キラー。
その昔、ラッセルが状況証拠だけで逮捕した犯人だそうな。
真犯人が浮上、という事は収監されている男は冤罪?
というわけでファイナルシーズンはこの事件が中心になりそうだなー。

殺人を犯した後にご丁寧に鑑識まで済ませているっつー。
しかも血痕でふたご座の星座を作ったり、とかなりマメな犯人。
単純に真犯人が現れた、ってだけでなく。
25年前に逮捕された男は実は双子で 双子の片割れは外にいるわけだし、人物もなんか怪しい。
でも今回の事件での証拠からすると、やはり犯人は別にいる、とさしている。
いいですな。どう展開していくのかちょっと楽しみ。

さあファイナルシーズンよ。
WOW初回録画から何年ほったらかしてんだよ(笑
新キャラが登場するたびにCSIテンション下がってったのが原因なんだけどね。
でも冗談抜きで録画関係の量が半端なくなってしまったので・・・。

正直冒頭フィンのシーンから始まって、のっけで興味削がれた(ノ∀`)
でもフィンはどうでもいいけどニックやグレッグ、サラ、古参を見届けなければ。
それだけです。事件が面白そうなのが唯一の救い。

Dlifeで再放送を見続けているけどこっちはいつ観ても楽しいのよね。
やっぱ連ドラはキャラだよなー。ラッセルとフィンが登場するとゲンナリ。
ブラスの件なんか署を去ってエリーの傍にいる、って一文だけで終わり。ゲンナリ。
いや・・・初回で愚痴ってどうすんのよ(ノ∀`)

で。 テーブルの下、きったねえなあ。汚さの常識を超えてるわ・・・。
なんなのアメリカ人って・・・。

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season6 21-24
第21話 悪魔のブライズメイド Rashomama
結婚しました車の後ろ、母親の遺体を引き摺って出発!って一生のトラウマよ。

ダイナーで休憩するグレッグとニックとサラ。
証拠品を載せた車両をまるっと盗まれちゃってさあ大変(ノ∀`)
お陰でいつもと違って色々と面白趣向で表現していて楽しくはあったんだけど
ニックが貸したジャケットから移った痕跡ってあれいくらなんでも判り易すぎじゃ??

結果犯人だったブライズメイド達。
メグ(SPN)とアダリンド(Grimm)が紛れ込んでたよ!そら死人の一人は出るでしょうよ(笑
さらにアマンダ・サイフリッド(Amanda Seyfried)もその中に。案外豪華なメンツだったという。
で、今回のレイ・ワイズは完全にミスリード素材。なんてことはない役だった・・。

第22話 ラスベガスドリーム Time of Your Death
グリッソムとサラがやたらとアイコンタクトしてましたな。

所謂とばっちりキムさんにウィル・ユン・リー(Will Yun Lee)
カーチェイス男にケネス・ジョンソン(Kenneth Johnson)
そして夢のシナリオの結果、殺された男にカイル・ハワード(Kyle Howard)
そのカイルさんで思い出した。
ロイヤルペインズのファイナルはいつ放送してくれるんだろうか・・・。

第23話 ブラス警部の運命 Bang-Bang
第24話 サヨナラはまだ・・・ Way to Go
ブラスが撃たれて重態。
病室で目が覚めた時、警部のファンが集まってる、とグリッソム。
その中にエリーは居ないんだな。今後を物語ってるね。
ここでどうにかしてたらもっと違う結果になっていたのかねえ、
と、エリーについては登場するたびに思うんだけど、結局どうにもならないのよねえ・・。

南北戦争なりきりさん達。
どこのジャンルでも現実と区別が付かなくなって勘違いしちゃってる人とかいそうよね。
っつかスズメバチスタイルとか怖ぇえよ。

で、サラとかよ!!という所で今シーズンはおしまい。
当時はファンも皆吃驚、勿論私も吃驚したもんだけどね。
先を見るとまあなんというか、結末がまたわびしいっつーかなんつうか(ノ∀`)

◆◆◆
さてシーズン6も最終回という事で。
シーズン5からテクニカルコンサルタントとして参加していたミッチェル、
6-2からは警官としても登場。最終シーズンまで登場している数少ないサブキャラに(´-`)
そうだ、ヘンリー。声優さんが馴染みの声に変わるのは次シーズン?

そういえばCSIのブログ記事、本家ファイナル以外は一巡したなあ。
うむ・・・ファイナルは一向に観る気が起こらず、長い間録画放置状態。
別れが寂しいとかじゃなくって本気で興味が沸かないからという(ノ∀`)
でも流石にいい加減重い腰をあげるかね・・。HDD容量ももったいないし(そんな理由・・

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season6 17-20
第17話 ウォッチャー I Like to Watch
犯罪ドキュメンタリー撮影に協力しながらドラマは進行。
実際このCSIドラマのお陰で犯罪手口のレベルが上がったって昔何かで言ってたなあ。
にしてもインタビュアーは無遠慮すぎだよな??
ドラマ観てる側に判り易くする為とはいえ奴らの言動色々不快すぎ!

そうそう、レイプ被害者役でタラジ(Taraji P. Henson)がゲストしていたよ。
彼女は年を取らないらしい(笑

第18話 IQ177 The Unusual Suspect
何度観てもムカつくガキ・・・いやエピだな。そして彼女は8-7で痛い目を見る・・。

で。キングのキャリー。
時間軸で展開する映画も面白いが、結果から事実が解明されていく原作もかなり面白い。
両方お勧めよ。あ、映画は76年版ね。

第19話 迷宮の扉 Spellbound
死体発見者のアンナとローリー。
1-22から再登場らしいが記憶が薄ぼんやり。そういえばそんなの居たような・・(ノ∀`)
それとグレッグのお祖母ちゃんは霊媒師とな。そういえばそんな設定あったような・・(ノ∀`)

事件の方は色々あってコールドケースも絡みつつじわじわ進む。
最終的に妻殺の逮捕は出来なくても別件の殺しで逮捕出来た、と。結果オーライって事で。
まあ野放しよりはマシだわな。

で、占い師は殺されたのは確かに気の毒だけど
簡単に人をゆする女、同情しろという方が難しい・・。

第20話 クレイジーストリート Poppin' Tags
ラッパー関係はリアルでも怖いニュースを時々聞くけど
本エピの‘$’は声優の雰囲気も手伝って面白ラッパーに仕上がってましたな(´-`)
そして事件の原因となった女の子の役でカテリーナ・グレアム(Kat Graham)がゲスト。

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season6 11-16
第11話 誰も知らない存在 Werewolves
全身多毛症。 『見世物にするなんて・・』とグリッソムが嘆いた後で
ホッジスとアーチーとヘンリー、 思いっきり見世物として楽しんじゃってるんですけど。
アーチーなんか写真まで。 流石に今回の3人は非常識すぎ。どん引きよ・・。

第12話 哀しいライバル Daddy's Little Girl
娘に対抗意識を燃やしすぎる母親って悲しすぎるわ。 なんか惨めだ・・。
それから釈放されたケリーの結末。 父親の遺産がない!秘書が横領した!って殺人犯すとか。
バレて逮捕される直前に自殺計って逮捕直後に死亡。残念すぎる人生だな。
にしても録音の女性の声、結局秘書って事だったけど、
グリッソムは何でそれに対して調査を進めなかったんだろうな?そこが疑問。
ともあれ結局ニック生き埋め事件の関係者は全員死亡って事で終了ね。

第13話 ラストショー Kiss-Kiss, Bye-Bye
有終の美を飾る為、自殺幇助を引き受けたジェンセンさんね。5-7以来の再登場。
彼の娘が生きていたら大事な友人の為でも手を貸さなかったんじゃないかな、
とか そんな事を考えてしまったよ。悲しさより寂しさを感じてしまった(´;ω;`)

第14話 しくじった男 Killer
『俺はどこでしくじったのかな』 『人を殺した』
ひとつの失敗で崩れていく様って見ていて物悲しい。グリッソムの返しはごもっともすぎる。
でもちゃんと思い直して自首した、って最後はよかったよ。
ゲストのウィリアム・サドラーも良い味だしてた。

第15話 怒りの鞭 Pirates of the Third Reich
人体実験とか怖い怖い怖い;;;;;;;
でも絶対こゆこと今でもひっそりやってる人いると思う・・って怖い怖い怖いー;;;;

レディー・ヘザー3回目。
今後の登場エピも含めて彼女の一番印象に残るエピは?と聞かれてすぐ浮かぶのがこれ。
とっても悲しいラストシーンではあるけど鞭って・・・。

第16話 壁の鼓動 Up in Smoke
娘が失踪、犯人は判っているが証拠がないから家宅捜査ができず、捜査も進まず。
被害者の父親が勤務先の病院から身元不明の焼死体盗み、加害者宅の煙突に投げ込んだ。
という事で別件として家宅捜査ができ、結果的に娘の遺体を発見、犯人逮捕。

身元不明の焼死体に加害者の息子の身分証を置いたのは
子供を失った気持ちを味あわせたかったって事だけど
あの父親、自分がやばいと思ったとたんに息子に罪なすりつけるような男。
そこらへんは本当に一瞬しか感じなかったんだろうけど
実際息子は生きてるので嘘も証明されて逮捕、
親子関係の修復は無理でしょう。息子に一生憎まれて行くことになったわけね。
っつか息子が気の毒すぎる・・。

なによりキャサリンが最後に被害者の父親に
こんなことをさせるような事になってしまって申し訳なかったと謝ったのが印象的だったな。

拍手

↓Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
↓New ∑(゚ロ゚〃)
↓Profile
Carniと申します。
Movie
⇒ソー・バトルロワイヤル大変満足!

Drama
⇒最近どのドラマも平熱気味。数はたくさん見てるんだけどね・・。

Game
⇒龍如極2早く遊びたーい(`∇´)

Book
⇒特捜部Qドハマリ中。

MUSIC
⇒Redの6作目!Goneループ中♪♪
  
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]