忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
CSI:Crime Scene Investigation Season6 21-24
第21話 悪魔のブライズメイド Rashomama
結婚しました車の後ろ、母親の遺体を引き摺って出発!って一生のトラウマよ。

ダイナーで休憩するグレッグとニックとサラ。
証拠品を載せた車両をまるっと盗まれちゃってさあ大変(ノ∀`)
お陰でいつもと違って色々と面白趣向で表現していて楽しくはあったんだけど
ニックが貸したジャケットから移った痕跡ってあれいくらなんでも判り易すぎじゃ??

結果犯人だったブライズメイド達。
メグ(SPN)とアダリンド(Grimm)が紛れ込んでたよ!そら死人の一人は出るでしょうよ(笑
さらにアマンダ・サイフリッド(Amanda Seyfried)もその中に。案外豪華なメンツだったという。
で、今回のレイ・ワイズは完全にミスリード素材。なんてことはない役だった・・。

第22話 ラスベガスドリーム Time of Your Death
グリッソムとサラがやたらとアイコンタクトしてましたな。

所謂とばっちりキムさんにウィル・ユン・リー(Will Yun Lee)
カーチェイス男にケネス・ジョンソン(Kenneth Johnson)
そして夢のシナリオの結果、殺された男にカイル・ハワード(Kyle Howard)
そのカイルさんで思い出した。
ロイヤルペインズのファイナルはいつ放送してくれるんだろうか・・・。

第23話 ブラス警部の運命 Bang-Bang
第24話 サヨナラはまだ・・・ Way to Go
ブラスが撃たれて重態。
病室で目が覚めた時、警部のファンが集まってる、とグリッソム。
その中にエリーは居ないんだな。今後を物語ってるね。
ここでどうにかしてたらもっと違う結果になっていたのかねえ、
と、エリーについては登場するたびに思うんだけど、結局どうにもならないのよねえ・・。

南北戦争なりきりさん達。
どこのジャンルでも現実と区別が付かなくなって勘違いしちゃってる人とかいそうよね。
っつかスズメバチスタイルとか怖ぇえよ。

で、サラとかよ!!という所で今シーズンはおしまい。
当時はファンも皆吃驚、勿論私も吃驚したもんだけどね。
先を見るとまあなんというか、結末がまたわびしいっつーかなんつうか(ノ∀`)

◆◆◆
さてシーズン6も最終回という事で。
シーズン5からテクニカルコンサルタントとして参加していたミッチェル、
6-2からは警官としても登場。最終シーズンまで登場している数少ないサブキャラに(´-`)
そうだ、ヘンリー。声優さんが馴染みの声に変わるのは次シーズン?

そういえばCSIのブログ記事、本家ファイナル以外は一巡したなあ。
うむ・・・ファイナルは一向に観る気が起こらず、長い間録画放置状態。
別れが寂しいとかじゃなくって本気で興味が沸かないからという(ノ∀`)
でも流石にいい加減重い腰をあげるかね・・。HDD容量ももったいないし(そんな理由・・

拍手

PR
CSI:Crime Scene Investigation Season6 17-20
第17話 ウォッチャー I Like to Watch
犯罪ドキュメンタリー撮影に協力しながらドラマは進行。
実際このCSIドラマのお陰で犯罪手口のレベルが上がったって昔何かで言ってたなあ。
にしてもインタビュアーは無遠慮すぎだよな??
ドラマ観てる側に判り易くする為とはいえ奴らの言動色々不快すぎ!

そうそう、レイプ被害者役でタラジ(Taraji P. Henson)がゲストしていたよ。
彼女は年を取らないらしい(笑

第18話 IQ177 The Unusual Suspect
何度観てもムカつくガキ・・・いやエピだな。そして彼女は8-7で痛い目を見る・・。

で。キングのキャリー。
時間軸で展開する映画も面白いが、結果から事実が解明されていく原作もかなり面白い。
両方お勧めよ。あ、映画は76年版ね。

第19話 迷宮の扉 Spellbound
死体発見者のアンナとローリー。
1-22から再登場らしいが記憶が薄ぼんやり。そういえばそんなの居たような・・(ノ∀`)
それとグレッグのお祖母ちゃんは霊媒師とな。そういえばそんな設定あったような・・(ノ∀`)

事件の方は色々あってコールドケースも絡みつつじわじわ進む。
最終的に妻殺の逮捕は出来なくても別件の殺しで逮捕出来た、と。結果オーライって事で。
まあ野放しよりはマシだわな。

で、占い師は殺されたのは確かに気の毒だけど
簡単に人をゆする女、同情しろという方が難しい・・。

第20話 クレイジーストリート Poppin' Tags
ラッパー関係はリアルでも怖いニュースを時々聞くけど
本エピの‘$’は声優の雰囲気も手伝って面白ラッパーに仕上がってましたな(´-`)
そして事件の原因となった女の子の役でカテリーナ・グレアム(Kat Graham)がゲスト。

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season6 11-16
第11話 誰も知らない存在 Werewolves
全身多毛症。 『見世物にするなんて・・』とグリッソムが嘆いた後で
ホッジスとアーチーとヘンリー、 思いっきり見世物として楽しんじゃってるんですけど。
アーチーなんか写真まで。 流石に今回の3人は非常識すぎ。どん引きよ・・。

第12話 哀しいライバル Daddy's Little Girl
娘に対抗意識を燃やしすぎる母親って悲しすぎるわ。 なんか惨めだ・・。
それから釈放されたケリーの結末。 父親の遺産がない!秘書が横領した!って殺人犯すとか。
バレて逮捕される直前に自殺計って逮捕直後に死亡。残念すぎる人生だな。
にしても録音の女性の声、結局秘書って事だったけど、
グリッソムは何でそれに対して調査を進めなかったんだろうな?そこが疑問。
ともあれ結局ニック生き埋め事件の関係者は全員死亡って事で終了ね。

第13話 ラストショー Kiss-Kiss, Bye-Bye
有終の美を飾る為、自殺幇助を引き受けたジェンセンさんね。5-7以来の再登場。
彼の娘が生きていたら大事な友人の為でも手を貸さなかったんじゃないかな、
とか そんな事を考えてしまったよ。悲しさより寂しさを感じてしまった(´;ω;`)

第14話 しくじった男 Killer
『俺はどこでしくじったのかな』 『人を殺した』
ひとつの失敗で崩れていく様って見ていて物悲しい。グリッソムの返しはごもっともすぎる。
でもちゃんと思い直して自首した、って最後はよかったよ。
ゲストのウィリアム・サドラーも良い味だしてた。

第15話 怒りの鞭 Pirates of the Third Reich
人体実験とか怖い怖い怖い;;;;;;;
でも絶対こゆこと今でもひっそりやってる人いると思う・・って怖い怖い怖いー;;;;

レディー・ヘザー3回目。
今後の登場エピも含めて彼女の一番印象に残るエピは?と聞かれてすぐ浮かぶのがこれ。
とっても悲しいラストシーンではあるけど鞭って・・・。

第16話 壁の鼓動 Up in Smoke
娘が失踪、犯人は判っているが証拠がないから家宅捜査ができず、捜査も進まず。
被害者の父親が勤務先の病院から身元不明の焼死体盗み、加害者宅の煙突に投げ込んだ。
という事で別件として家宅捜査ができ、結果的に娘の遺体を発見、犯人逮捕。

身元不明の焼死体に加害者の息子の身分証を置いたのは
子供を失った気持ちを味あわせたかったって事だけど
あの父親、自分がやばいと思ったとたんに息子に罪なすりつけるような男。
そこらへんは本当に一瞬しか感じなかったんだろうけど
実際息子は生きてるので嘘も証明されて逮捕、
親子関係の修復は無理でしょう。息子に一生憎まれて行くことになったわけね。
っつか息子が気の毒すぎる・・。

なによりキャサリンが最後に被害者の父親に
こんなことをさせるような事になってしまって申し訳なかったと謝ったのが印象的だったな。

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season6 6-10
第6話 神の子 Secrets and Flies
夫は要らないけど子供は欲しい、子供ができないから受精卵を他人に託す。
この二人の事は理解できる。
子供ができず夫も失った娘の為にその託して生まれた子欲しさに相手を殺す。
恐ろしい感情だなあ・・。

蝿の検証。
偽装を暴けたのはお見事だけど、同じ条件なら絶対11日なの?絶対?
それからグリッソムに電話が繋がらないから、って使いっ走りのソフィア。
普通に考えれば同じ現場にいるキャサリンに電話して繋いでもらえばいいだけだろ。
今回出番はそれだけ。もう無理やり出番を作ったとしか(ノ∀`)

そうそうウェンディ初登場。いきなり馴れ馴れしいキャラだったのね(笑
って事はミアは5-25が最後だったんだな。するっと消えたなあ。
それからマッキーン副保安官も初登場。・・・・ついに登場しちゃったね・・。

第7話 銃弾のカオス: 前編 A Bullet Runs Through It: Part 1
第8話 銃弾のカオス: 後編 A Bullet Runs Through It: Part 2
やっぱり前後編とじっくり時間をとったエピソードは進行に無理がないし惹きこまれる。
映画でよくある銃撃戦、後処理は本当に大変なのよってのがよく伝わった。

どういう状況で誰が誰に何処にどう撃ったのか。
警官が味方の発砲が原因で殉職。3人は除外、ソフィアなのかブラスなのか。
現場検証や人間模様、見えてくる答え。見ごたえがあった。
なにより最後の殉職警官の妻とブラスのハグシーンはほんと泣けたよ(´;ω;`)

さてニックの髭。髭詐欺師。ウォリックは旨いこと言う(笑
それとエクリーにとってマッキーンとの会談は歯医者より酷く、肛門科よりマシなんだそうよ。
まあ、どっちにしたって良くはないということね。
個人的に嬉しかったのはキャバリエとヴァルタンが同じエピに登場。
それだけでテンション上がっちゃったよ。
なんか本家の刑事連中って皆渋くて私好みなのよねw
それから銃撃戦関連なのでボビーも登場シーンが多くて嬉しかったわ(´-`)

第9話 サバイバルライフ Dog Eat Dog
PS3のコントローラー直しながら見てたらいつのまにか終わってた・・。
とりあえずホットドッグ。小林さんの事でしょうなあ。

ワンコの親権。
昔、私(現飼い主)と妹(元飼い主)で冗談でこの夫婦と同じ事をしたのを思い出した。
彼は数メートル先まで元気に走って来て・・・途中で止まってその場をウロウロ。
最後には困ったように座り込んでしまったっけよ。
この事を思い出す度に悪い事したなあ、と思う(ノ∀`)

第10話 王女メディアの息子 Still Life
邦題、王女メディアって何さ??ってんで思わずwikiっちゃったよ。
なるほどギリシャ神話の登場人物なのね。

本編の方は息子が誘拐、警察もマスコミも騒いですぐ発見。
でもその息子にはちゃんと普通に親がいて。
どゆこと??って感じで最後まで面白くはあったんだけど、結末はやっぱり重い。
他人に取られるぐらいなら!って感情は分かるんだけどね。
だったら殺す、殺した後は別の子供を自分の子供と思い込んで暮らす。
心の病みが深すぎる・・。

ニックの髭は無事無くなりましたw
と喜んだのもつかの間、生き埋め犯人の娘、再登場。
釈放されて穏やかにニックに挨拶してたけどね。それだけで終わるわけがないわな。

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season6  1-5
第1話 CSIチーム再開 Bodies in Motion
ウォリック結婚。理由はニックのあの事件がきっかけで。これは当時吃驚したっけなー。
で、キャサリンの態度に違和感も覚えたんだよなー。
今見てもキャサリンの態度って不自然。 この二人で恋愛の何かを感じた事がなかったからね。
『どうして言ってくれなかったの!?』ってアメリカドラマのそれなのか?
と思いたいがそういう雰囲気でもないよなあこれ・・。

ニックは虫のトラウマ。 あんな事があった後だからな。
でも敏感になっているにしては鈍感すぎ。
腕に乗っかった時点で暴れるよ私なら。しかもゴ○とかありえない;;
まあニックは本来は虫が好きなはずだからなあ・・。

で、ウォルター・ゴードン事件のカセットテープ。
ニック監禁事件の犯人よね。まだ続きあったのね・・忘れてるわ・・・。

それからソフィア。
本当は刑事になりたかったとか後付(笑)設定盛り込んで刑事として出戻り。
サラとグレッグの事件の方は車のトランクで死体が腐乱して液状になって
どろどろのぐちゃぐちゃのねばねばの。 ほんと好きだねえ、こういうの・・・。

第2話 夢の途中 Room Service
冒頭・〆の曲はGary JulesMad World
それとサイラス・ウィアー・ミッチェル(Silas Weir Mitchell)がゲストしていたよ。
なんかつるつるだったけど、やっぱ彼は無精髭があった方がいいなあ。

第3話 天国への階段 Bite Me
犯人は娘。 でもそれをかばった父親は証拠が無くどうしようもできず。
こう、一筋縄で終わってないのが本家らしくていいね。

不倫相手の同僚役でシーマス・デヴァー(Seamus Dever)がゲスト。
キャッスルでの印象が強いから人の悪い役ってなんか変な感じ・・。
でもってヘンリーの声がまだ違う・・・。

第4話 奇跡の星 Shooting Stars
夜中に物音がして庭に出たら大勢の薄汚れた人。逃げた後に1体の遺体。ホラーだ・・。
よく分からない地下施設、12個のベッドに11体の遺体。やっぱホラーだ・・・。
って宇宙人カルトかよ( ゚д゚)!!!! って感じだったねw

で、ウォリック妻初登場。

第5話 生きる定め Gum Drops
今回はニックの為のエピよ。
子供がらみな上に生きて助けを待ってるかも?って思いっきり自分と重ねちゃうような・・。
ほんとね、ニックの為にも女の子が見つかってよかったよ。
麻薬絡みのクズ共はもう救いようがねえな。

ナンシー・ドルーのシリーズ、薄いのが並んでたけど
私が小学生の時に読んだのはどれも分厚い小説だった気が・・・。
流石に内容はもう覚えてないんだけどね。短編で色々あんのかなあ。
大人目線で読んでも面白いのかしら。ちょっと読み直してみたくなったよ。

で、ニックは第三の目が開いているらしいぞw

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season5 24-25 Grave Danger: Part 1-Part 2

脚本・監督・タランティーノっつーんで放送当時かなり話題になってたね。
WOWでも結構宣伝やってて興味津々で観た記憶がある。
土台がちゃんとあるキャラクター達を使ってどこまでタランティーノ?って期待しつつ。

相変わらず音楽を小道具に使ったり
検視官コンビに検視される自分を静かに眺めているシーンがあったり (第四解剖室を思い出すわ
確かに彼の色はあるけど想定内ってな感じで・・・。
最後どうすんのかしらってそこに期待がいくわけよね。

仕掛けられた爆弾を爆発させない為に、
ニックの体重と引き換えに土入れてニックを引っ張りあげる。
で、彼らがやった事はニックのベルトにロープにひっかけて文字通り力技、人力で。
皆でぼーん引っ張って同時に爆発ばーん。

土は爆発させない為に用意したはず・・・。
まあショベルカーでざっくりすくった土、体重量とか細かい事は気にすんなって感じ?
科学って?緻密さって何?的な大雑把な解決法!よ!タランティーノ!(ノ∀`)
っというのが当時の感想で、今回見直して・・・やっぱり思う事は同じだった(笑

メインキャラの日常会話に時間を取ったりサブキャラにもちゃんとスポットを当てているし
グリッソムがニックの遺言を読唇術で読み取るシーンはグッと来るもんあったし 
押さえる所はちゃんと押さえてる。
彼が本当にCSIが好きなんだろうなーってのは伝わった。
そもそもファンじゃなきゃ仕事引き受けないよね(笑
で、一番のお疲れ様はやっぱりニック(ノ∀`)

さて本編、これがシーズン最終回。
全シリーズを通してCSI本家で頭に浮かぶ台詞って何?と問われて最初に思いつくのは
 『部下たちを私に返してくれ』
という今シーズンの〆台詞であるグリッソムの呟き。
この騒動で疲れきったグリッソムが本音をね、しみじみと言うのよ。
返してやってよエクリー、とこちらもしみじみ思ったものよ(´;ω;`)

今回に限らず、脂に乗ってる頃って
後になって見返してもやっぱり面白いよね。そんな感じのシーズンだね。

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season5 20-23
第20話 汚れたエリー Hollywood Brass
今回はブラスがLAに出張。ベガスからはウォリックとニックとアルだけ登場。
ブラスの事が色々掘り下げられたエピで、エリーは2-10以来の登場。
俳優はニッキー・エイコックスからティール・レッドマン(Teal Redmann)に交代。
薬中男にマイケル・ケネス・ウィリアムズ(Michael Kenneth Williams)がゲスト。

ブラスの娘、エリー。
当時ここまで落ちたか、思ったもんだけど、
これより更に下(14-22)があるとは誰も思わなかったろうなあ。
彼女の結末はほんと悲惨。警部が気の毒だわ・・・。

第21話 禁断の味 Committed
近親相姦。
医療刑務所に収監された息子を追い医療スタッフとしてまで入り込んで息子に干渉する母親。
恐ろしすぎる。マジでゾッとする・・。
『息子といられなければ半年と持たないだろう』『死んだ方が息子の為』
グリッソムとサラの最後の会話が重い・・。

医療スタッフにジョン・ウェルタス(Jon Huertas)が。キャッスル以外で初めて発見w
それからクリスチャン・クレメンソン(Christian Clemenson)もいた。
ジェームズ・バッジデール(James Badge Dale)も出ていたよ。
バッジデール君、精神に障害のある役ばかり見ている気がする・・・。

第22話 主任失格 Weeping Willows
バーの男、容疑者役にアラン・ローゼンバーグ(Alan Rosenberg)がゲスト。
堕ちた弁護士/ニック・フォーリンで生理的に嫌いな顔だと毎度思って見ている俳優さん(。_。;)
そんで今回の役が役だけに更に気持ち悪さ倍増;;;;
いやほんと、参りました( ノД`)

なので、今回キャサリンの軽率な行動がグリッソム達から批判されてたけど
その事自体よりも、もっと相手を選ぼうよ!って気持ちのが強かったわ。
ほんと、気持ち悪かったんだよー(´;ω;`)

第23話 死体たちの運命 Iced
今日は皆さん大忙し。
人手不足でエクリーまで借り出され、ヴァルタンと共に現場へ。
通報者のご老人とのやり取り、遺体の紛失、グリッソムに茶化され、遺体の再登場、
エクリーのパートはヴァルタン、アル、デイヴィッドとの事も含めて面白かったなー。
和んだ(´∇`)

もうすぐ死ぬのが分かっていた友人が実際に病死。
最後に皆でパーティを、と遺体を盗んで彼をパーティに参加させ、
そのオメデタい格好のままベンチで放置(発見されやすいようにだよね
警察が自分の所に来る事も、檻に入る事も
『友人の為だからしかたない』ってちゃんと覚悟してたのがね。
やり方はどうなのよってとこだけど、友情は感じたなあ。

嗅覚に優れている人って劣勢遺伝が多いの?
どうやらホッジがそうらしい。でも胃の内容物を嗅がされるってちょっと;;

ともあれ、サラ・グレッグコンビの大学の事件、キャサリンチームのミステリーサークル
3本立てで飽きる事なく最後までするっと楽しめたよ。満足(`∇´)!
 
ミステリーサークル、今回はヘリが原因。
私は基本人為的なものと思ってるけど、 でも本当にマジどうやって?ってのあるよなあ。

で!ヘンリー初登場!って声違っっ!!!!!!声って大事(`ロ´;)!!!

拍手

↓Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
↓Profile
HN⇒Carni
Movie⇒ドクターストレンジ大変楽しかった!

Drama⇒最近どのドラマも平熱気味。数はたくさん見てるんだけどね・・。

Game⇒アサシンクリードが楽しすぎ(`∇´)

Book⇒特捜部Qドハマリ中。

MUSIC⇒Freshgod ApocalypseのKingが凄すぎて(ノ∀`)
  
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]