忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
CSI:Crime Scene Investigation Season4 1-7
第1話 終末の淵まで Assume Nothing
うっかり捜査内容を昔の友人に漏らしてしまったニック。
その情報を広めちゃったお喋りアホ友人!ジョッシュ・フォロウェイだったー!
吹替えチャラすぎて気持ち悪かった~~~(´□`;)!!(あくまで吹替えがよ?
で、グリッソムはさくっと耳治ってましたよかったねbb

第2話 狂気の仕置き人 All for Our Country
1話の後編。っつか!感じの悪い張り込み刑事その1!
ジェリー・ディーン・モーガンじゃないの!
この不貞腐れっぷりがとっても新鮮ー!(今では無縁な雰囲気(笑

で、脳は蒸しあがるとライム色になってゼリー状になるんですって。
それからグリッソムが銃を撃つ、例え射撃練習でもちょっと新鮮だったな。
こんなシーンあったんだね。んで中々の腕前という・・・。

第3話 喪失 傷だらけの屍 Homebodies
レイプ。未解決(犯人は判っていたが証拠揃わず逮捕に至らず)な上に
(恐らく自由になった犯人に口封じで)被害者は最後には殺されてしまった。
そして話は終わる。 後味が悪すぎる。
確か続きはないんだよな、これ。最悪な気分だわ・・・。

第4話 灼かれて眠れ Feeling the Heat
日本でも車内で子供が、って悲しすぎるケースが頻発した時期あったなあ・・・。
っつか愛情持って蒸殺しかよ。検査結果は待てよ。 あきらめの早すぎる親ってどうよ・・・。

第5話 心優しき獣たち Fur and Loathing
動物を轢いたんじゃなくて着ぐるみを着た人。
笑っちゃいけないんだけど、思わず無言のグリッソムにやはり笑ってしまう・・・。
で。コヨーテに間違えられたアライグマ(着ぐるみ
笑うに笑えない。byブラス。

第6話 埋められた秘密 Jackpot
誰が誰を好きになったっていいじゃない・・。っつか残酷すぎ。
で、グリッソム。書類仕事から逃げるの巻、とも言う(ノ∀`)

第7話 猶予24時間 Invisible Evidence
手順ミスで証拠が無効に!
お陰で冤罪回避出来て良かったよほんと・・・。
こうやってチームが言い争ったり協力し合ったりってエピはやっぱ好きだな。
で、嫌われ者(笑)のホッジの吹替え口調はこのあたりからおかしくなり始めたんだな・・・。

拍手

PR
 CSI:Crime Scene Investigation Season3 7-12
 第7話 ラスベガスの掟 Fight Night
①スポーツマンの風上にも置けねえ。
②ギャングの抗争は永遠。
③夫のプレゼントを質に入れるだけの人よりはマシ・・?
そんな感じですかな。で、私は虫より鳥のが好きだ・・・。

第8話 復讐する血痕 Snuff
久しぶりに8mm(1999)観ようかな・・という気分に。
っつかさ?熱い電球を触る時って指を舐めたり・・・する????
いやそんな事より蟻よ。あの蟻のインパクトったらないよ;;

第9話 流血のストリート Blood Lust
嘘も方便が裏目、で子供が殺人。 勘違いの英雄気取り、で殺人。
どちらも後味が悪い事件。 そしてCSIとしての役目は果たしたグリッソム。
その後はちゃんと刑事が引き継ぐ。という とても綺麗にまとまったエピ。
でも最後に流れたレディオヘッドのEverything in its right place、
このシーンには雰囲気に合っていると思うけど、
でもやっぱりミディアムに直結してしまう(ノ∀`)

第10話 翼の折れたイカロス High and Low
空の件。マナーは守りましょう・・・。
ご近所問題の件。これってどこでもあるよなー。

うちの近所でも有名人いるもん。被害者は多数。ご近所一帯。
枝切られたり車傷つけられたりミラー折られたり。ゴミ投げ込んだり。
ご近所のあちこちでそれやらかして、もう完全な病気のヤツがいてね。
でも気が付くのは奥様達で、相手は男、皆怖がって何も言えない悪循環。

うちもやられたのよね。枝きりバサミで葡萄を切られたの。
それの現場をたまたま私が目撃したもんだから、怒鳴ってやろうと思ったら
ぶちきれた母(でも冷静なのよね)に制され、その母がヤツんちに怒鳴り込み。
でも相手は当然関与を否定。でも母の勢いが相当恐ろしかったのか・・・。
結局それ以来うちだけパッタリその手のいたずらが無くなったという(お前じゃん・・
いやー・・・ご近所問題って大変よね(ノ∀`)

第11話 殺しのレシピ Recipe for Murder
ホッジ初登場。
この頃は普通にイヤミに喋ってるんだよなあ。
後々どんどん変な喋り方(声優)になってくけど、初期のが断然好き。
面白声でどうこうより、普通に変な事言ってる方がより面白いと思うんだけどね。

で、ウォリック祖母の言葉。異常なものは正常な人をも異常にする。
これはマジよ。

第12話 捨てられた目 Got Murder?
知らない間に娘に親子以上の感情を持たれ、想像妊娠まで。
更に出戻り妻まで殺されて、とまあなんとも悲惨な・・。
しかも全部知らないうちに起きていたというね。父親が気の毒すぎる・・。
ほんと印象的なエピだよな。

で。あんなゴミの山からたった3人、数時間で証拠発見。ドラマですなあ(笑

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season3 18-23 
第18話 機械じかけの殺意 Precious Metal
死蠟、と聞くと八つ墓村を思い出す・・・。
で、グレッグは現場出たいな~宣言(*´艸`)フフフ

第19話 見知らぬ観客 A Night at the Movies
ヒッチコックのね。面白かった記憶はある。でもラストシーンが思い出せない(ノ∀`)
今見たら初モノ感覚でもう一度楽しめるかも(笑
で、フィルム・ノワール。このジャンル、イマイチ境界がよく判らないのよね。

リアリティーショー好きのバカ共は被害者も結果加害者も
どっちにも同情できないわ。バカ過ぎて。

第20話 残酷な笑い Last Laugh
スタンドアップコメディって面白いのは面白いんだけどシニカル系は正直微妙。
さて毒物混入。4万本のペットボトルの検査。
今回の件に限らず、被害者も無差別だし企業にも大ダメージ。ほんと最悪な手法だよな。
保険金殺人については夫はバカ野郎以外の何者でもない。
でもタオル掛けの検証でウンウン頑張るサラとニック、何度観ても和む(´∇`)

コピ・ルアク。ジャコウネコ云々のね。
珈琲好きとしては非常に興味がある。
でも手を出さないのは高価だからとか以前の問題なのよね、やっぱり(ノ∀`)

第21話 黒衣のジュリエット Forever
自殺を止めない冷酷な母親、ダイヤ密輸に利用された馬。
なんかもー・・・。

第22話 傷だらけのCSI Play with Fire
お疲れキャサリンのお陰で爆破事故、グレッグ入院する羽目に。。
色々ありすぎた上にこの忙しさだもん、しかたないよなあ、とは思うけど
それじゃ済まされない職場。グレッグに自身で報告したのは潔いけど、
上司に逆切れ気味なのは如何なものかと。無給でも休みが必要だよ・・・。
ついでに言うとサラもね(ノ∀`)

去年の映画俳優の件は以前もやっと終わったエピの事(3-2)の続報。
有罪!ざまぁ!!!てなもんです。これは素直に喜ばしい!

ゲストにマックス・マーティニ。
それより今回はサンチェス(クローザー)、レイモンド・クルスが出ていたよ!
最近彼を見つけるとちょっと嬉しいのよね(`∇´)!

第23話 封印された過去 Inside the Box
今シーズン最終話。
キャサリンとサムの親子関係が確定。
グリッソムはやっと手術を受ける決意を。
で。ロックウッド刑事。
大好きだったんだけど、去り際が思い出せない・・・と思っていたが・・・。
そうか・・・銀行で・・・殉職だった・・・・・・思い出したくなかった(/□≦、)

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season3 13-17 
第13話 グリッソムとの対立 Random Acts of Violence
ゲスト!ファスコ(PoI)を発見(ノ≧∇)ノ
お肌の具合は若いけど全然変わらないね!

さてウォリックが感情に流されまくりの回。
「君を担当から外す。別件を任命する」「断る!」
シリアスなシーンだけど、この流れ毎度笑っちゃうんだよなあ。断るって(笑
そして恩師は結果的にウォリックが仕向けてしまった為に暴行で逮捕。
ウォリックはなんのお咎めもなし。本人のいい薬にはなったけど、辛い皮肉だわ・・。

ニックの方は今回『親友』ではなくアーチーを連れて外へ。
つまり適材適所。この流れほんと和むわー(´∇`)

第14話 狙われた部屋 One Hit Wonder
良かれと思って・・・でこの結末。
でも本人の心の重荷が無くなったのでね。結果はオーライだと思うけどさ。
しかし無意味な暴力。後味悪いなあ・・。
レイプ野郎もマジ消えろ!

第15話 永遠の別れ Lady Heather's Box
レディー・ヘザー。初めて一夜を共にして・・・翌朝破局(ノ∀`)
ゲスト関係は腐乱死体の腐乱前がイアン・アンソニー・デイル。
10-16では下着フェチの男として登場してたなぁ・・・(`L_` )
それと、エディ絡みのバンドのボーカルってアビー(NCIS)だったのね。
んで、スタジオにはシンクレア(Numbers)もいたよ。

お話の方はエディの結末がもやっとしたまま。
ラストのキャサリン、悲しいと悔しいと両方の泣きだよな。

第16話 一攫千金の亡者達 Lucky Strike
脳天に棒。ただひたすらこの印象だけが残るエピだわ・・・。

第17話 憎しみのパズル Crash and Burn
自殺した老婆の孫にクリストファー・ゴーラム。
学費欲しさに両親殺害(父親は未遂)を図った息子にジョナサン・タッカー。
そうか。君らだったのね。しかしどちらも後味の悪い話だ・・・。

保険については会社によってはマジで対応酷ぇからな。
身近でも聞いてるだけで頭に来るような話は多々あった。
そのせいか、この手の話を聞くとなんか腹立って来る(-"-)

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season3 1-6 
第1話 ギャンブラーの切り札 Revenge is Best Served Cold
顔面べろーんとか。ほんと嫌なもん見せてくれるよ(ノ∀`)
カーマインがゲスト。この時点(04)でもかなり若いけど、
最近観たラブオブザ~(99)からったの5年、急に老けたね・・。
で、同ゲスト、イアン・サマーホルダー。
彼は現在と比べてもあまり変わらないな。この差はなんだ・・。

で、今回の事件、死因はチョコの食べすぎ。怖!

第2話 科学捜査班の失敗 The Accused is Entitled
全員緩みすぎなのも悪いけど、法廷のやりとりは何度観ても腹立たしい!
んで、ここまでやるなら有罪判決・刑が決まるまで見せろ!っての!
んもう!続きはLaw & Ordeで!(嘘

第3話 脳の暴走 Let the Seller Beware
部下の足にカビ菌。立派なパワハラだよグリッソム(ノ∀`)
そして惜しみなく服脱いじゃうニックを観ると、
もう10K痩せてくれないかな(S14)と思う・・。

第4話 遺伝子への憎しみ A Little Murder
小さい人の遺伝。本当に悲しい事件だわ・・・。
でもキャサリンの方、鼻の中に粉で解決。 っつか毎日風呂に入ろうよ?
というか犯人が綺麗好きだったら迷宮入りだったって事よね(´□`;)?

それから両手を広げると粗身長。この知識、結構使わせて貰ってるわw
あとエイカーズ巡査登場。でもクレジットでは名無し・・。
で、後に登場するエイカーズとは別人。

第5話 父と子と精霊と Abra Cadaver
何度観ても、やっぱりマジシャンの件は謎だらけだわ。
ゾーイの行方は?あちこちで出た血液はトリック(捜査妨害)だろ?
それと何で息子殺す必要あったのさ?ほんと訳わからん。
最後に鍵口から出してたけど、彼の話は続きナシ。なんつーかもう・・。

ロックスターの件。後先考えないバカな母親。
これぐらいの状況で簡単に殺人で事を片付けようとするような女。
母の子を思う気持ちが、とかすんげーとってつけたよう。浅はかすぎ。
どっちの事件も脚本酷すぎよ。

ガ。漢字にも正式名も出したくない程大嫌い~~~~。
昔妹夫妻が住んでた山奥のマンション、
大雨の後とかアイツが何匹もマンション通路で死んでいて、
普段10秒で行けるドアに辿り着くのにえらい時間かかってしまった事が;;
んもー!!あの光景思い出しちまったじゃんか!寒いー!なんか腕まで痛い~~!

第6話 死刑執行停止 The Execution of Catherine Willows
2つの事件が1つに、と私が好きなパターン。
本星と思っていた方が模倣班、とか。
入り組んだ内容、しかも続き(5-6)有り、と中々優秀なエピ。
何よりキャサリンの件、間違いがなくてよかったよ。

豚は綺麗好き。当時養豚場に勤めていた友人に聞いたっけよ。
友人に言わせると『豚の基準で綺麗好き』という事らしい。なるほど(笑

今回初登場のラボのジャッキー。5-19迄、計14回の登場。
キャラは好きだけど、声優が全然合っていないと毎度思う・・。
それからリック(マイアミ)もこっちに出てたんだなー。髭の有無で大分印象変わるね。
ベリック(PB)も出ていたよ。

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season2 17-23
第17話 六番目のチャクラ Felonius Monk
このエピも含め、やっぱり初期は印象に残るシーンが多いなあ。
デヴィッドのパパさんって空軍大佐だったんだな・・・。
でwコーサックが出ていたよ~w(リゾーリ&アイルズ)

第18話 暴走バス 24人の運命 Chasing the Bus
何気にグレッグ初現場なエピなのよね。
ニックの後をとことこついてくのはいつ観ても和む・・。
事件は会社への仕返しがどうのこうので腹立たしい事この上ない(-"-)
でもネジとか前輪痕を後輪で消したとかパンクとか。
解決していく過程は相変わらず面白いよな。

第19話 覗き穴の殺人者 Stalker
ストーカー:ダグ・ハッチンソン(Doug Hutchison)
霊能者:リーランド・オーサー(Leland Orser)
ニックファンには外せないエピよ。見所満載w
でも何度も観るうちに、今ではニックよりも霊能者の不憫さに目がいくようになったわ・・。
にしてもダグさんはこういう役、やっぱ旨いよなあ・・・。

第20話 猫屋敷の老婆 Cats in the Cradle
CSIにおける、嫌悪しか沸かないクソガキその1という感じかしらね。
でも実際子供って精神が未熟な分、怖いぐらいの嘘を平気でつくんだよなあ。
にしてもこのガキはかなりのレベルだけどな( ̄△ ̄)
もう一方の妻に自身の殺害未遂をなすりつけられそうになった夫の件も酷い話だよ。
ま、こっちはザマーミロ!な結末ですっきりしたけどw

第21話 最も残忍な殺害方法 Anatomy of a Lye
放置しなければ無罪だったのに。
ほんとよね。 酒さえ飲んでなけりゃ正しい判断が出来たんだろうに・・。
ニックは山登り。ちゃんとお付き合いしているロックウッド刑事、和みますなあ(´∇`)
んでもやっぱこのエピの見所はチョイ役ゲストのザカリーよね(*´艸`)

第22話 ベガス-マイアミ合同捜査 Cross Jurisdictions
キャラ立ちまくりのマイアミメンバー。やっぱこのエピ好きだわー。
そういえばDlifeでマイアミ1から放送始まるな。
きっとまた観てしまう自分が見えたわ・・(だからファイナル観なさいよ・・

第23話 哀しい宿命 The Hunger Artist
カメラ近い近いちかーーい!と何度観ても言ってしまう・・。
そう、口からネズミの件ですよ・・。

◆◆◆
今期から登場のロックウッド刑事。ジェフリー・D・サムズ(Jeffrey D. Sams)
こっからシーズン3までたった9回しか登場していないんだけど、
ここらを何度も観ている私にとっては今でもお馴染み(笑
で、やっぱりグレッグはラボのがいい(ノ∀`)

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Seaon2 9-16
第9話 裏切りの逃亡者 And Then There Were None
タミーの件、解決。逃亡の結末、こんな最期だったんだな。
マイケル・カドリッツがゲストしてたって事以外すっかり忘れてたよ。
そういえば別役(9-11)でもゲストしてましたな。

第10話 いとしきエリー 我が娘 Ellie
グリッソム代理のウォリック。今回に限って厄介な事件が起こりすぎ(ノ∀`)
実はダニエル・デイ・キム(Daniel Dae Kim)の顔を覚えたのってこのエピなのよ。
以降、ゲストでも連ドラでも印象的というかオイシイ役所が多いのが嬉しいね(´∇`)
因みに警部娘役、ニッキー・エイコックス(Nicki Aycox)を憶えたのはスパナチュ。

第11話 女が男を殺す理由 Organ Grinder
ゲストのマーシャ・クロス。デスパを観なかった私。
なので未だにメルローズ・プレイスのキンバリーのイメージなのよね・・。
ともあれ、他のドラマゲストでも悪女役しか観た事がない(笑

第12話 閉ざされた人々 You've Got Male
独身を平気と思っていても、同じような環境で不幸を迎えた相手を見ると
ふと『私大丈夫?』って一瞬考えてしまうものよね。
でも電話してご飯付き合ってくれる友人がいるかいないかの違いは大きい。
サラはいるようで何より(´∇`)

第13話 第4の殺人 衝撃の結末 Identity Crisis
何度て見返しても、私の中で「CSI(Miami・NY含む)歴代長期戦の殺人犯」の中では
ミランダーの件が一番文句なしなんだなあ、としみじみ。
ま、他が酷すぎるってのもあるけどな・・・。
でもってまさか、うんと後(10-2)になって息子でもうひと悶着あるとは思わなかったけど(笑
ミランダー/メイスン:マット・オトゥール(Matt O'Toole)

第14話 ちぎれた指 The Finger
茶番な誘拐に巻き込まれたキャサリン。
というかヘリウム声のあの吹替えなんかムカつくw
で、最後は逃亡成功、と思わせてスピード違反であっさり逮捕。
間の抜けた逮捕だけど、こういったウッカリが逆にリアルさを感じる・・。

第15話 残酷な悪戯 Burden of Proof
そう、そう、これ、これよ!
献体にこんな使い道があるなんて!と当時すっげーショック受けたっけよ。
以降、何度このエピ観てもやはり毎回同じ気持ちが沸き起こる。
だってうちのばーちゃん献体登録してるからさ・・・。

事件は父親が娘にどうのこうのな変体野郎でな。
サラがキレてグリッソムまごまご、キャサリンビシっと指摘で大団円、とめでたしめでたしw

第16話 儚い人生 Primum Non Nocere
ヴェラが出ていたよ~w(コールドケース)
で、正直ヤりまくりの女や薬中の女どもはどうでもいい。
ウォリックとニックのラストシーン、いいね~ぇ(´∇`)

拍手

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]