忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
CSI:Crime Scene Investigation Season14 8-11
第8話 閉所のオアシス Helpless
イエガー再登場に加えてスー・・じゃなくて
シェリー・ストリングフィールド(Sherry Stringfield)もゲスト。

巨大ハムスターボール。
甥姪どもが面白いといっていたのでちょっと興味のあるシロモノではある。
それよりデイビッドが車に積んで走ってる所を見たかったよ(笑

狭い所が好きとかは別に人それぞれだけど
『私配達されたい』とか妻に言われたら困るよな;;;
一般貨物として運ばれたとなるとコンベアや荷の上げ降ろしに振動、
窒息死に至るまでにも散々だったろうに・・・。

第9話 とり憑かれた部屋 Check in and Check Out
同じ部屋で繰り返される殺人事件。
最初っからオーナーは怪しげだったけど
そこに辿りつくまでの過程、結末、目が離せなかったなあ。
幻覚のせいで妻を殺してしまった夫、ほんと心が痛かったわ…。

ゆるちてくれる?
ゆるちゅ。
最後のね。吹き替え限定だろうけどね。
ええ。おかげさまで心和みましたとも!

第10話 恐怖の女子会 Girls Gone Wild
そういえば男子会んときも散々な事になってたよなー。
どうやら彼らはプライベートで集合しない方がいいらしい(ノ∀`)

第11話 サンタクロースを探して The Lost Reindeer
ダッシュ(トナカイ)かわいすぎ!
でも血染めです。最悪です。
クリスマスに母親が殺されて、後のクリスマスには父親が殺人を犯して、と。
この子はもうクリスマスを心から楽しむ事はないんだろうな・・。

グレッグ作業中に流れていたクリスマスの定番曲のひとつ、Carol Of The Bells
今時アレンジverはBen GidsjoyがMixしたものらしい。
Youtubeで少し長いバージョン聴けたけど、メディア販売はしていないみたいね。
これ欲しいなあ。

それと、シークレットサンタ面白いよね。
モーガンとホッジスはほんといい関係を築けているよな(´∇`)

拍手

PR
CSI:Crime Scene Investigation Season14 6-7
第6話 ベガスの流儀 Passed Pawns
早番のショーン・イエガー。
早番と遅番のいざこざはエクリーとグリッソムでもうお腹一杯なのに・・・。
で、当然のように時間外でも食い込んでくるモーガン。
この調子ならシフト違いの人間ぐらい全員把握してそうなもんだけど、初対面らしい(笑
というわけでマシュー・デイビス(Matthew Davis)がゲストしていたよ。

パス・ポーン=進路をふさがれていないポーン。
でも結局やりたい事やって全員どん詰まりという・・・。
ともあれこの件で罪が無かったのは兄弟だけか?

その兄貴、どっかで見た事あるけど誰だ!ともやもや。
そうだ!Gleeに居た!という事であーすっきりw
マックス・アドラー(Max Adler)

で、今回一番テンションが上がったのが『マイアミのマラノーチェ』という・・・(笑
で、ラッセル夫婦は微妙。

第7話 捜査官の鉄則 Under a Cloud
さて今回はグレッグの過去の事件で冤罪発生。
グレッグが証拠偽造とかありえねえ。で、当然無実だったけどね。
調査に当たったフィンとも最後は穏やかでよかったよ。

でも原因となった当時新人の警察官。
犯罪途中じゃあるまいし、人の鼻血を指で押さえて
手についた血をそのまま普通にふらついてるとかありえないんですけど。
別に潔癖症じゃなくても普通に気持ち悪いと思うんだけど、どんだけ無神経なのよ;;

何より今回はヘンリーとホッジコンビの出番が多くて嬉しかったよ~。。
やっぱ二人揃ってると和むわー(´-`)
それからサラ得意げ(笑)だったモバイルラボ。マジで高そう。
実際この機具を持っているCSIってのは少ないんだろうな。

そういえば『当時の』DNA分析官、ウェンディ。懐かしい名前が出てきたね。
彼女は元気にしているのかしら(´-`)

今回ゲスト、グレッグの調査担当の一人にリー・トンプソン(Lea Thompson)
順調に年を重ねて順調におばあちゃん顔になって来ております(笑
FBI捜査官にデレク・ウェブスター(Derek Webster)
デレクさんはほんとあちこちのドラマで見かけるなあ。

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season14 3-5
第3話 炎のコロニー Torch Song
経営ままならないとか。
今回のバンド限定じゃなく最近のバンド(音楽)に対する不満とか。
で、ライブ中に自分の店放火。
・・・まったく理解できないわ。

で、消防の捜査官。
あれは昔気質じゃなくて無能と言うのよ。

第4話 復讐のフルコース Last Supper
妹を殺したレイプ犯を調理して、ってのも酷い話だが
番組のキャストに食べさせるってどうなのよー(´□`;)

で、デイヴィッドが言ってた日本の調理人の話。
マジ?と思って調べてみたらマジだった;;;ちょ;;;;;

さて。今回のHimselfはウルフギャング・パック(Wolfgang Puck)
本当に有名なシェフらしいねー。
リアリティ番組って色々なジャンルがあって、
偶に見るけどそれぞれ独特の熱があって見始めると案外面白い。
ま、私はハマるジャンルじゃないけどね。

そういえばトランプ氏って某リアリティ番組の印象が強いのよね。
あの調子で大統領になっちゃう?とか思って彼の行動を見ると恐怖を感じてしまう(笑
って話それたわね。

第5話 14年間の十字架 Frame By Frame
14年前の未解決事件。
逮捕されないまま、でも逮捕されていたら冤罪だったわけだから
そこらへんはそれで良かったのかもしれないけど
疑われていた側は当時記憶が曖昧なおかげで
ずっと殺した、と思わされてたわけで。
見つかった彼女、虐待の話も本当なのか嘘なのか、ほんと分からないわ・・・。

ゲストにジェイソン・プリーストリー。
以前は特徴のある顔だな、と思ってたんだけど
今回キャスト調べるまで『どっかで見た事あるけど誰?』状態だったよ。
何かどこにでもいそうな顔になってしまったなー。

で、300回、おめでとうございます。
回想劇にキャサリンゲスト、最後に過去フィルムで皆さんゲスト。
ってニックまで過去フィルム・・・(´;ω;`)

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season14 1-2
第1話 葬送の時 The Devil and D.B. Russell
13-22からの続き。
とりあえずおさらいで前回を見直してから鑑賞スタート。
完全に内容忘れてたので録画とっといてよかった(笑

何でCSIが潜入捜査?
ホッジの疑問ももっともですな。
出しゃばった上に拉致られて(オプションで後のトラウマ)
いい加減ウンザリな鉄板展開はさておき。

ブラスの娘、エリー。まさかここまで落ちるとは・・・。
モーガンを撃ったのも吃驚だったけど、まさか母親殺すとかさ。
これは衝撃の結末だったな・・・。
この件は流石にブラス警部も尾を引きそう。

でも正直この手の込んだ事件、
あの兄弟とエリーがやった、って言われても
そういう事ができるような器に見えなかったんですけど(´□`;)

それから前回に引き続き、やたら存在感のあった記者。
どうやら今シーズンにもう一度出てくるみたいね。
どうか負の方向に行きませんように・・。
ジェームス・カリス(James Callis)

第2話 裏切り者の涙 Take the Money and Run
カジノってあんな大金をポーカーテーブルでそのまま換金するものなの?

んでね。赤ん坊の為とか涙ぐまれても
何人も人殺して知らぬ存ぜぬ巻き込まれたとか演技した奴に同情できるわけありません。

それからw今シーズンもちゃんと登場してくれたよエイカーズ!
今回ブラス警部のとばっちりで怒鳴られるわ追い出されるわで散々だったけど
警部もニックの前にちゃんと謝ってくれたみたいでよかったわ(´-`)
で、やはりエリーの件、尾を引いとります・・・。

ラッセルクサリヘビ(Daboia russelii)
恐っっ( ̄□ ̄;)!

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season13 20-22
第20話 イーグルの翼 Fearless
マシュー・デル・ネグロがゲストしていたよ。
ここの所リゾーリ&~以外遭遇していなかったから嬉しかったなー。
あのアホ役もあれはあれですっげー好きなんだけどね(笑

それと、火渡り。
あれって気持ちの問題じゃなくて正しい方法ってあったんだな。
といっても、つまり『さっさと渡る!』って事だけどなw

さてホッジ・・そろそろ目を覚ます頃だぞ・・・。

第21話 死霊の囁き Ghosts of the Past
私は心霊関係否定派ではないし、それ関係の映画やドラマも大好きだけどさ。
グレッグ祖母が霊能者云々はシーズン6でチラッと言ってたらしいけど(覚えてない(ノ∀`)
ジョークであれば全然するっと、逆に楽しく流せるのに
マジ方向で、しかもチーム側で霊が見えるかもとかやられると気分がドン引く不思議。
まあ、つまりこのドラマにそれを求めていって事なんだけどね。
なのでヘンリー&ホッジの科学者コンビの方がとっても楽しかったわ。

第22話 地獄の9つの円 Skin in the Game
いやだからどうしてCSIがこんな重大なオトリ捜査やるのさ・・・。
親子だからオトリ捜査に反対、ってより親子だから断れなかったって感じがしたなあ・・。
普段出てくる刑事さん達がまったく出てこないのも不自然すぎる。これじゃまるでNYよ。
で、案の定オトリ捜査失敗、モーガン拉致られてクリフハンガー。
正直観終わった直後の感想は微妙・・。

で、今回はダンテの神曲に基づいた殺人とな。
これは読んだ事も聴いた(フランツ・リスト)事もないからなあ。
聖書は何度か読んだから意味が通じなくはないんだけど、どうもね。
いずれ読もうとは思っているんだけどね。
気持ちだけはいつでもあるのよ。気持ちだけはね(ノ∀`)

ゲストはブラック・サバスがHimselfで。事件に絡まれなくてよかったよ(´∇`)
それと、エリック・ロバーツもゲストしていたけど、この人ドラマだとやっぱ濃いですなー。

◆◆◆
今期を振り返ると、モーガンの活躍が目立ち、ニックの取調べが毎回怖かった(笑
ホッジスの婚約問題は来期へ持ち越し、ヘンリーレギュラー昇格は嬉しかったけど
そのせいなのかアーチーとマンディは欠席。二人は14も出ていないし
ボビーみたいにこのまま自然消滅しちゃうのかしら(´;ω;`)

今の時点で14でブラスが降板、15ではついにニックが。
・・・・・・・・・。

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season13 18-19
第18話 アンダーグラウンド Sheltered
娘を心配するあまり二人で地下シェルターで生活。
え・・って思ってしまうような状況だけど、
完全な監禁というわけではなく、別段不便な生活を送っているわけでもない。
何より父と娘の関係が良好だったのでね。
事件きっかけではあったけど、お日様生活に戻る事になってよかったよ。

事件の方は、まあこの展開はドラマでは珍しくないけどね。
息子が同性愛者、簡単に受け入れられる事ではないんだろうけど
うちの子に限って!あいつ(恋人)のせいだ!とか
短絡的な答えを出す前に息子とちゃんと話し合いなさいよ、ほんと。
まあ今回はその恋人の態度にも問題あったんだろうけどさ・・。
でもそれもきっと売り言葉に買い言葉って可能性も大いにあるし
やっぱちゃんと冷静に話し合おうよ・・・。 
 
ワンコのサム、再登場。ニックと一緒にお仕事できて何より(´∇`)
でも最近ニックの取調べ、怖いわ・・・。

パパ役にはニール・マクドノー(Neal McDonough)、 悪役でなくて良かったわ。
その弁護士役はケイト・ダンソン(Kate Danson)、つまりテッド・ダンソンの娘さん。
顔というより骨格がそっくり(笑

第19話 普通じゃない愛情 Backfire
ゲップで焼死とか;;;モグラ駆除剤怖ぇえ;;;
にしてもホッジスと教授が関わったあのバイク(11-11)繋がりが再登場するとはね。
「いつか彼女に関わる男は死ぬと証明してみせる・・」
頑張れホッジw

もう一方の事件。自分の子供と孫は違う、っての。
これは私の両親もよく言っている事だし十分理解できる。
でもそれは孫も愛している事が前提だからね。
どうしてこうも残酷になれるのかしら・・・。

で。ケイティがまた魘されるようになったらしい。
でもすぐに駆けつける事が出来ないラッセル。
ちょっとここの所ラッセルんち関係に不穏な空気が流れてきてるのが気になるわ・・。

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season13 16-17
第16話 ポーカーフェイス Last Woman Standing
今回はベガスにぴったり、ポーカーに関係した事件で謎解きも中々、素直に楽しめたよ。
しかし態々ポーカーフェイスにする為の整形とかする人いるとはねー。
ほんと整形も色んな用途がありますなあ。

それと、エクリーは正式に保安官に。
仕事が忙しくなってまたモーガンを傷つけるかも?と心配していたみたいだけど
もうちゃんと話し合える親子だもの、そんな心配は無用よ。
なによりエクリーがモーガンといる時とってもいい表情なのが物語ってる。
見てるこっちも心が和むわ(´∇`)

第17話 15年後の女王 Dead of the Class
珍しい。今回はデイヴィットが主人公。
彼がホッジと事件以外の事を長々話すシーンがあったり、
ラボを彼がウロウロ(笑)したりと中々新鮮なエピだった。

美人さんな奥様も初お目見え、出産も無事に済んでハッピーでなによりー。
二人のお見舞いにアルとライオンのぬいぐるみ持参のホッジ、微笑ましい光景だったわ(´∇`)

さてデイビッドの出身高校の98年卒の同窓会で殺人事件。
事件そのものは悲劇だけど、殺された元クイーンってのがどうもねえ。
ゴシップ好きはともかく精神科医の旦那から同窓生のカルテ盗み、
その内容をビンゴするとか、30過ぎて何やってんだ?てなもんよ。
結局亡くなった理由は事故みたいなもんだったけど、
遅かれ早かれだったんじゃないの?と思ってしまったよ。余りにクズすぎて。

私自身は同窓会、参加しない派です。 この間は中学の同窓会をシカトしたところ。
後日連絡取りたいってよ?と現在も友好ある友人にお知らせ受けてもシカトです。
lineがどうのメールがどうの、そんな面倒な事してまで疎遠な友達に興味ありませんw
今傍にいてくれる人達だけで十分幸せよ(´∇`)

拍手

↓Calendar
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
↓Profile
HN⇒Carni
Movie⇒ドクターストレンジ大変楽しかった!

Drama⇒最近どのドラマも平熱気味。数はたくさん見てるんだけどね・・。

Game⇒アサシンクリードが楽しすぎ(`∇´)

Book⇒特捜部Qドハマリ中。

MUSIC⇒Freshgod ApocalypseのKingが凄すぎて(ノ∀`)
  
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]