忍者ブログ
海外ドラマと映画、音楽にゲームやら。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
CSI:Miami Season9-1 Fallen

大人の事情で降板するのは知ってたけど!!!
突然決まったってのも知ってたけど!!!
いくらなんでもちょっとーーー(`ロ´;)!!!!


・・・(/□≦、)

さて新シーズン初回という事で。
物語は前回の後編。
事件は色々あってなんとか片付いたけど、ホレイショがやたらと怒りまくってた印象が強い(笑
でもマイアミの中でも見ごたえのあるエピだったと思うわ。
またこういう2話編成でミステリ色が強いの、やってほしいわー。

あとね。今私の地元ではシーズン2と7の再放送をずっとやってるんだけどね。
なので半年振りの最新シーズンとは言っても久しぶりという感じはしなかったんだけど
が、だからこそ、俳優の老けぐあいがすげー気になったという(ノ∀`)

前シーズン激太り、後半痩せてきて今シーズン初回はやつれてさえ見えたウルフ。
それよりも気になったのはエミリー・プロクターのインタビュー映像。
思った以上に老け込んでしまっていたー;;;のをを;;;
なんか色々切ないわ(´;ω;`)

ともかく!全22話、楽しんでくぞー!

ジェシー・カルドーザ:エディ・シブリアン(Eddie Cibrian)

拍手

PR
CSI:Miami Season8-24 All Fall Down

今回は犯行予告があって、謎解きがあってと本来NYの得意とする分野だったねー。
マイアミでこの手のものが見れたのは嬉しいな。続きが楽しみ。
それと今回の吃驚。遠隔操作で銃殺。これ放送しちゃいけないような・・(´□`;)

最終回という事で。
今シーズンはデルコが抜けて、新メンバーが加わり、デルコ戻って、トリロジーもあって、
と、こう考えるとずいぶん盛り沢山だった気がするな。

とか穏やかに語ってみたけどな。
苦しくなって咳き込んで、周りを見たら人がばたばた倒れ、終いに自分もブラックアウト。
建物の中に入ってみたら同僚全員、恋人までもが意識不明。
前者はウルフ、後者はデルコ。そして私の心中はデルコと一緒。
 
だ、誰かーー(`ロ´;)!!

それでは半年後にお会いしましょうw(ヲーーーイ!

拍手

CSI:Miami Season8-23 Time Bomb

『目的地に到着しました』 おし!ウルフんち!じゃなくてー(´□`;)!

リックかー・・・・・・・。
そっかー・・・・・・・・。
すんげ~~嫌なヤツだったけど、このドラマにはずっと居て欲しかった。ひとつの刺激剤として。
確かに嫌なヤツでも仕事はちゃんとやっていたし、だからあの態度も我慢できた。
立場上ホレイショとは仲良しさんになれなくても、認め合ってたはず。
チームと全然違う立場、嫌われ者の立場、でも仕事はやってる。はず、たったのに・・・。
このシナリオはあんまりだよ。そして古株が1人消えたよ・・・がっかりよ・・・。
デイヴィッド・リー・スミス(David Lee Smith)

そしてレベッカ・ネビンス。
たま~にしか出てこない、でも彼女も古株のサブサブサブキャスト、だけども。
まさかこんな・・・嗚呼・・古株が更にもう1人・・・・(/□≦、)
クリスティーナ・チャン(Christina Chang)

マイクをつけていたこと。
「皆には知る権利がある」
いや・・・あのタイミングであの場所でそれはどうかと思う;;
盗聴されてた方はそらもー頭にくるだろうけど、でもこれも仕事ですから。
が、そこでぺらっと明かしてしまうデルコもどうかと思う;;;

まぁ、ウルフやジェシーだったら「任務」として割り切って出来そうだけど、
他のメンバーは性格上こういった裏仕事には向いていないって事だな(ノ∀`)
実際、息巻くウォルターに「そんな事はないと思うけど?」と言えるウルフは役目を理解してるから。
自身も昔似たような事やってたしね。
でも自宅で特にデルコに怒鳴っちゃったのは怒り任せなので仕方が無い(笑

デルコとウルフ。デルコとカリー。
色々怒鳴りあってはいたけど、この3人の付き合いの長さを改めて実感する事は出来たな。
うん。解決後の彼らを見て余計に安心したわ。

今回の吃驚。
触っただけのものからバクテリアを拾ってDNA鑑定。すげえな・・・。

次回、「皆殺しのメッセージ」だそうで。もっとまともなタイトルつけられないんかね・・。
そしてウルフがまた面白い事になってたよ・・・(_ _|||)

拍手

CSI:Miami Seasom8-22 Mommie Deadest

結婚記念日に妻が殺される。
悲惨だね、なんてそれどころじゃない最悪な方向に進んだ結末で気分どんよりよ。

躾と虐待はまったく別物。
しかも次男は既に殺されてたっちうね。
ライターオイルだぞ?
悪気はなかった(はず)、と娘は言ってたけども、あれじゃ常識すらねえ。異常よ。
いや、悪気が無い、と言わせるぐらい恐ろしい母親だったって事だよな。
ほんと心が痛いばかりだわ。子供にこんな思いさせちゃいけないよ。絶対。
実行犯は長男だったけど、責任は両親だよな。母親は当然、父親も当然。
もー・・あたたかく育てられないなら生んじゃいかんよ・・・。

ダイヤモンド事件。
同僚の通帳の残高。
押収した麻薬の量も合わない。
預金高で疑われたウォルターの嫌疑は晴れたんだよね?それだけは良かったけども。
真相をつかんだかもしれないデルコ、その呼び出しに応じた検事、で、車爆破。
ちょっとー?ちょっと~~~~????
なんでカリーが居たのかとかもう全部すっとばしてちょっと~~~?

で。次回予告も凄かったけども邦題が「木っ端微塵」ってヤメテよ;;;
マイアミだと本当に何もかも木っ端微塵になりそうで怖いんですけど(`ロ´;)!!

今回の吃驚。
欠けたピクセルが埋まる。そして音声まで埋める事できちゃうのね・・・。

拍手

CSI:Miami Season8-21 Meltdown

久し振りにジェイク登場。
潜入捜査進行中。今は強盗団所属という事で。いやはや・・・。

デルコ戻ってきた?と思ったら内部調査で結局の所は検事局からの使者。
ホレイショ了承とはいえ、仲間の所に盗聴器持参で行く、っていやだよなあ。
一番最初に気がついたナタリアも心境は複雑。
してる側だったからこそのデルコへの心配、ナタリアらしいよ。
で、補聴器が意外な所で役立つ事が判ったというね(笑

デルコとカリーとジェイク。
やー。結局デルコとカリーがハッピーだったのでよしとしますわw
実際ジェイクは職務が大変すぎてそれどころじゃないよな・・・。

で。ラボの保管庫から盗まれたダイヤの行方は謎のまま。
ううむ・・・大事にならなければいいけども・・・。

今回の吃驚。
黄金のバイク。なるほど!と、思わずぽんと手を打ったわ(笑
ほんと色々考えるなあ・・・。

最後に。
ダイヤの台座がゴールド、というのはやっぱ許せねえ!プラチナだろ!!(超個人的意見(笑

拍手

CSI:Miami Season8-20 Backfire

え?ゴーストが天国からささやいちゃってる感じ?ミディアムな感じ?
なんてな。
いやいや。をいをい。霊どころかカリーまで生霊ですか笑

今回の邦題、カリーの早すぎる復帰、直後のウルフとのラボのシーン。
ウルフとのシーンが判り易くてすぐ予想はついたけどさ。
やーでもいいの?と思いながら楽しませてもらったよ(笑
で、やたらと風を感じるウォルター・・・どうか彼がほんとに変なものを見ませんように!

で、カリーの傍にはちゃんとデルコ。うんうん(´∇`)

しかえしババアの気持ち。
「ババア判るよ!でもやりすぎはダメだ!一線を越えちゃダメだババア!あああ!」
と、手に汗握って観ていた私(笑
何故なら私は完全に昼夜逆転生活なのでね。彼女の言ってること、とっても気持ちが判るのよ。

寝入り端に道路工事。配管工事。選挙運動。運動会の花火。
そして、寝入り端に鶯。
あげればいくらだってネタがあるわ・・・。
道路工事や水道工事はまだいい。自分の好きな曲の音量を上げればどうにかなる。
好きな音楽だけは大音量だろうが眠れるのでね(笑
が、実は一番困るのは鶯。明け方5時とかなんだよ。音楽大音量なんて無理。
家族にも近所にも迷惑になってしまうからね。
このブログでも鶯に文句言ってる記事が数件あるはず(笑
とにかく明け方寝入り端の鶯、最強なのよマジで!!!!!
まあ・・なんだ。もうすぐその季節がくるなあ、と・・・。

そういえば、今シーズン初っ端からふくふくしていたウルフ。
今頃になって少しスマートになってきたねー。顎らへん。ファンとスタッフに怒られたんでしょうな(笑
いや、うちのブログのアクセス解析見るとね、
今シーズン始まってからず~っと検索ワードに「ウルフ」「太った」系が粗毎日入ってるのよね。
やー、俳優さんって、ことに人気キャラともなると、大変ですなあ(*´艸`)ククク

拍手

CSI:Miami Season8-19 Spring Breakdown

砂浜に首から下を埋められた男。
プールサイドのオブジェに刺さった男。
洗濯機の中の女。

終身刑と引き換えにする価値はあったか。
あったんだろうな。
その一時だけは。
本当は一番の被害者のはずな彼女。
一生檻の中で自分がやった事を考えて生きていくんだよ。
どんなにクズだろうが、殺人は殺人。他人の命を奪う権利なんか無いのよ・・。
牢の中の彼女、最後に見せた苦しそうな表情が見ていて辛かったわ・・。

このバカ3人がやった事も動物以下だが
このバカ3人を無罪にしたやつらも許せないよな。マジで。
彼女を殺人犯にしちまったやつらに対してムカっ腹立ってしょうがなかったわ(-"-)

というわけで現場は3箇所ってんで総出で大忙し。
ホレイショとウォルター。
ウルフとジェシー。
カリーとトリップ。
トラヴァースもベントンも。ノーマン先生大人気。
うし、今回は全員集合だ!ってナタリア何処行ったー(`ロ´;)!!

それと。

「薄毛( ゚∀゚)σ」
「俺に言うな(`ロ´。)!!」
「*・゜(*´∇`).:*・゜」

和みをありがとな、ウルフ。しかもトラヴァース付きってのがポイント高いわ(何の(笑
っつかねーなんだろねーもうねー、トリップ大好きw

拍手

CSI:Miami Season8-18 Dishonor

父親が話を進めた縁談が破談に。
父親は娘に恥をかかされた、ってガソリン持って・・・。
相手の男どころか娘にぶっ掛けるって;;;娘相手に何すんのよ;;;;
でも、実際やりそうだ、と思わせるようなこの父親の信念、言動、表情、マジで怖かった・・・。

その、一連に気がついた母親がとった行動。母親だからこそ。
でも夫とここまで頑張ってきた、という歴史もあったろうよ。
でも、ここで夫を帰せば娘はどうなることか。なんか・・・なんか、辛ぇえ!
ラストの母と娘のハグシーンがもー・・・なんかもー・・・。

正しいこと。
カイルがホレイショに隠し事をせずに、冷静に判断できていた事が嬉しかったよ。
そしてペルシャ語読めるのねー。うんうん。そして手癖足癖悪し。そして短気。うんうん。
唯一ホレイショを振り回せる事のできる人物としていい具合に成長中だ(笑
で、カイルの行動って一々楽しいんだけど、いい加減吹替の声が子供っぽすぎよね?

で。順調に育っている・・・が。
息子が軍人、となると家族は落ち着かないよね。
そしてホレイショ、カイルの前ではふっつ~~~~~のお父さんに見えるのがまた楽しいw
ともかく無事に帰還するんだぞー(;´Д`)!

それと、存在は薄かったけど、婚約者の彼。マヤと男知らない男とのキスシーンを目撃。
普通にいい人だったので、普通に同情してしまったよ・・。

グリッド捜索。現場を格子状に分けて・・・って泣きたくなる作業よね、ほんと(ノ∀`)<fight!!

そして何故か見かける度に気になってしまうジェフ・コーバー(Jeff Kober)ね。
うん、ちょっと危なめな隣人やってた彼です。何故か毎回「あ・・」と思ってしまう。
「あ」と思うだけで別に何って訳じゃないんだけどね?(笑

で、最後に流れたのはスノウ・パトロール(Snow Patrol)Give Me Strength
こちらのベスト版 に収録。

拍手

CSI:Miami Season8-17 Getting Axed

PT予算カット・・・そんな事言いながらおめでとう言われても(ノ∀`)

エレベーター。
私も毎日乗ってるけど、実際いつ何が起こるか判らないよね。
まぁ・・・斧が頭に刺さった女性と出くわすなんて事はそうそう無いと思うけど・・・。

しかし・・・この殺された彼女ってのは・・一応皆の為に小煩く、って事だったけど
ヘルペスの薬、は明らかに違うよね。これ最低よ(笑
だからって砒素仕込むってのもどうかと思うけどな・・。

で、なんか今回はコネタが色々多かった気がするよ。
「脚立・・・(´;ω;`)」
「こんな家が欲しい・・・」
「彼女できた?トラヴァース?」
ウルフとカリーが腕組んで現場に入るシーンとか、とか、とか。
今回こまごまツッコミながら観ていたよ(笑

仕上げはラストシーン、3バ・・・いや、愉快な3人組にトリップも加わって、
正直なんか、ありがとうってなもんよ(*´艸`)プププ

ゲスト。
エレベーターに閉じ込められた:マシュー・ジョン・アームストロング(Matthew John Armstrong)
息子がいるふりしてた:ブライアン・カレン(Bryan Callen)
天井裏に住んでた:アダム・ワイリー(Adam Wylie)
マシュさんは髭があった方が好きだなあ。
ブライアンさんはなんかちょくちょく見かけるよな。端っこで。アダムさんは・・・キモかった(ノ∀`)

そうそう、ヒヤシンス(紫)の花言葉は、悲哀・私は悲しい、だそうよ。

拍手

CSI:Miami Season8-16 L.A.

OPに流れたのはRob ZombieVirgin Witchでございます。
ってまさか監督までやってたとは。クレジットで吃驚よ。しかも奥様まで。ビリー・ギボンズまで!
しかし変わんないねー。ビリーさん見るとなんか和んじゃう(笑

で、私にしてみればロブ・ゾンビは映像の人より断然音楽の人なのでね。監督作品は今回初めてよ。
OPシーンがきっと彼の「特色」なんだろうね。
雰囲気はマイアミ、ってよりはベガスの雰囲気に近いなーと思ったよ。
ま、後半はいつものマイアミとあまり変わらなかったけどね。
ジェシー絡みの重要なエピだから仕方ないっちゃ仕方ないけども
だったら1話単品のエピで頭っからあの雰囲気貫けばよかったのにね(マイアミらしくなくなるから(笑
あと、今回は使われた曲数が多かったよな。たけど統一性がなかったねw

ジェシーの件。
片付いた、という事でいいのかな。まぁ彼も色々やりすぎてたけども。
L.A.で重要証拠紛失の汚名を着せられてたんだねえ・・・。
更に弁護士が証拠捏造までやってたというね。
でも・・この一件は確かに落着かもしれないけど
何このすっきりしない感!!(`Д´)キーッ
完全な悪徳弁護士!野放しじゃないのよ!!!!憎らしいったらないわーーーーーー!!!!

憎らしく演じきってくれた彼らを紹介しときましょうね!うますぎよ!!嗚呼憎い!!
弁護士:マルコム・マクダウェル(Malcolm McDowell)
犯人:ポール・ブラックソーン(Paul Blackthorne)

それと、デルコゲスト出演有でホレイショとL.A旅行を楽し・・じゃなくてお仕事。
そういえばこの2人って意外と遠出するよなー。
ともあれ。今回ジェシーの事もあるけどそれだけじゃなくて色々見るところが多かった。
映画・ドラマ鑑賞の楽しみの一つ、「あ!」って思うところが多かった、というかね(笑
なのでもっと色々思うところがあったけど、結局面白かったからいいや(´-`)

拍手

↓Calendar
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
↓Profile
Carniと申します。
Movie
⇒ソー・バトルロワイヤル大変満足!

Drama
⇒最近どのドラマも平熱気味。数はたくさん見てるんだけどね・・。

Game
⇒龍如極2早く遊びたーい(`∇´)

Book
⇒特捜部Qドハマリ中。

MUSIC
⇒Redの6作目!Goneループ中♪♪
  
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]