忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16
CSI:NY Season1 8-11
第8話 三世代で終わりに… Three Generations Are Enough
社会不適合者は三世代まで。 理屈は分かるけどなんだか切ないなあ・・・。

ちゃぶ台返し。
フラックとステラ。見事なひっくり返りようで素直に笑ってしまった(笑
それからラボ要員、ソーニャ・ヴァルゲル(Sonya Walger)がゲスト。
って単発じゃなくてシーズン1~2で10話も出てたのね!全然印象に残ってなかった(ノ∀`) 

んで、職場だけでも同じファーストネームが数十人って凄ぇよなあ。
そういえば5-8ではマックがたくさん、ってエピあったね(´∇`)
でもあちこちで自分の名前が呼ばれるってどんな感じなんだろうなー。
まあ同じ場所に全員揃う事はないだろうけどさ(笑

第9話 想い出のブルー Officer Blue
騎馬警官が撃たれ、驚いた馬が暴走、車に撥ねられる。
馬は生きてたので良かったけどね。でも人間優先で結局殺されたけどね。
・・・・・・。
つい最近車に撥ねられたと思われる鹿が道路で死んでいるのを見たばかりなのでね。
ちょっとトラウマだわ・・・。

エリー・ファニング(Elle Fanning)がゲスト。
当時6歳か?可愛いなあ。いまも可愛いけど(´-`)
で、チコレッラさんについてはほんともーまたガラの悪い役で(ノ∀`)

第10話 母の闇 Night, Mother
スリの学校ってなんだよ。南米っていったい・・・。
にしても・・今回の証拠は色々無理を感じたよ(ノ∀`)

で、ベリサイズ。移植方コンタクトレンズ。
2004年頃認可予定、って記事があったよ。つくづくタイムリーなドラマだねえ。
因みに私の祖母と母はレーシックやってるけどね。
だから生活に支障がないのは分かるんだけど、でもやはり目の手術、怖い(。_。;)
それと夢遊病。 大人の夢遊病って完治するものなのかしら・・・。

第11話 3つの偶然 Tri-Borough
マックとステラはレールの上の感電死。 ダニーとカイリは贋作絡み。
エイデンとフラックは建設現場。皆さん大忙しですな!っつかカイリって誰( ̄□ ̄;)!
この後も数回登場するらしい。NYの女刑事ってエンジェル以外まったく覚えてないわー(笑 
 
ドデシルベンゼンスルホン酸四ナトリウムエチレンジアミン四酢酸ベンジソザイアゾリノン・・・
あ、合ってるか?;; 聞き間違ってたらごめんなさいね;;
とにかくこの成分から仮設トイレに繋がってだな。
結局原因は飛行中の飛行機から落ちたもの、が当たって死亡。 
そんで飛行機から物が落ちて事故に繋がるってのは決して珍しい事じゃないってのに驚き。
こえー。でもフラックとエイデンのやりとりはとっても楽しかった(`∇´)!

パルクール。
ドラマの奴らはいまいちパっとしなかったけど 凄いのはほんと凄いよね。
文字通りぽかーんと見入ってしまう(笑
フランス映画のアルティメット、また観たくなってしまったー。

拍手

PR
CSI:NY Season1 3-7
第3話 アメリカン・ドリーマーズ American Dreamers
コンピュータで処理された現在の彼、と本物の彼。
似ているのは髭だけとしか思えないんですけど・・・。

18年の音信不通。
上京して落ちぶれて、更正していたけど その間に犯した殺人がバレて逮捕に至り。
両親が必死に探し続けた結果がこれ。
それでも行方不明よりはいいんだろうけど、ご両親の表情がとても切ないわ(´;ω;`)
そして殺された男の身元は結局分からず。これも現実・・。

で。珈琲好きとしてはアイリッシュコーヒーってすっげー興味があるんだけどね。
下戸としては葛藤に見舞われる(笑
飲んでみたい、でも、飲んでみたい、でも、飲(ry
なんか悔しくなってきた(ノ∀`)

第4話 グランド・マスター Grand Master
ふくとかふぐとか。どっちでもいいです。
で、女体盛り。 当時アメリカでも話題になったから取り扱ったんだろうけど。
エロはともかく食べるとなると口に運ぶ前に吐いちゃうね。 気持ち悪!!!

第5話 1マイルに1人 A Man a Mile
弟にウンザリしたのでちょっとしたお仕置き。
結果弟が死んでも淡々と事後処理。逮捕されても悔やんだ様子はない。
弟の世話で心底疲れきっていた、もうどうでもいいという感じ。
これは単純な問題じゃないよな。考えさせられる・・。

ゲスト。兄貴役にジョセフ・シコラ。
以前は良く見かけたけど最近みかけないなあ。連ドラにでも出てるのかしらね。

第6話 外れた男 Outside Man
四肢切断願望症(身体完全同一性障害)
ごっこ遊びならまだ平和なもんだけど、深刻な場合ってどうなるの?
願望通り切断できない場合って薬で症状が治まるものなの?
このエピは10年以上前のだから、今は切断してくれるの? なんか疑問がいっぱい。

ダニーの方。
恋人が引っ越しそうだからって彼女の職場全員殺そうとするか??
原因の弟殺すってんならまだ理解できるけど、なんでこっち??
理解不能。開いた口が塞がりません。

第7話 雨のチャイナタウン Rain
ヒスイの猿。ステラは猿に馴染みがないのかしら。
私には猿にしか見えなかったよ。やっぱこれはお国柄かね?

拍手

本家やマイアミの再放送は何度もみているけど
何故かNYの再放送には遭遇する事がなく、WOWファーストラン以来。
NYはシーズン後半はストーリーの劣化ぶりが酷いけど
初期はほんと面白いので是非最初から観直したかったのよね。
なのできっちり1話から観直せる機会があって嬉しいわ(´-`)

CSI:NY Season1 1-2
第1話 まばたき Blink

初回、こんなに重い話だったんだな・・。トム・ソーンの声なき目撃者を思い出したわ。
それと、まだ何も無いに等しいグラウンド・ゼロに時の流れを感じる・・。

ひっさしぶり視点でいくと。
マックはこれから少しずつ膨らんで(笑)行くわけだけど
この作品以前の頃は華奢ぎみだったので、この頃ぐらいが丁度いいなあ。
ま、一時膨らんだゲイリーさん、現在(2016)は元に戻ってるけどね。
そしてマックの声、中村秀利さんはもう亡くなってしまったなあ、とか ちょっとしんみり・・・。

NYで一番好きなキャラは一貫してホークスなんだけど、
検死官時代が良かった、と言う人は結構多い。
私もそのクチなんだけど、CSI捜査官になった事で出番が増えたので心中は複雑(笑
それと、本人の声に聞き慣れていたせいか
彼担当の楠さんの話し方が思った以上に渋くて違和感を覚えまくってしまったよ(ノ∀`)
でもいい声だ(笑

ステラもいる、エイデンもいる。 何よりダニーに余計な設定がない(そこ?(笑
やっぱこの頃好きだわー。

第2話 夜の獣たち Creatures of the Night
ネズミ、居すぎ(ノ∀`)
でもゾっとするのはネズミの数より裏路地の汚さ(。_。;)
私がNYに抱く『汚い!』という印象の原因の殆どはこのドラマのせいな気がする・・・。

レイプ犯としてゲスト(嫌な紹介でゴメンよ)の フレデリック・コラー(Fred Koehler)
見た目は普通っぽいけど案外個性があって善人も悪役もこなす。
主演ってガラじゃないけどちょいちょい見かけるよな。
どのゲストでもちゃんと印象に残る役の多い俳優さん。

で、ホークス。 ネズミの解剖は自分の仕事じゃありません、ときっちり断ったとかw
やっぱ好きだーw

拍手

Numb3rs (Numbers) Season4-4 Thirteen

12(13)使徒が云々、殉教が云々。
て事は殉教しなかったヨハネ(ジョン)って名前が犯人なんだろうなーとか。
ゲストにシャリフ・アトキンス、って事はこの事件の真犯人じゃないなーとか。
使徒の英語読みってやっぱしっくりこないなーとか。
  
で、あっさり逃亡されちゃったけど、どうやら彼はもう一度出てくるらしいね。
流石に以降の展開は予測できません。楽しみにしとこう。 

今回の犯人は一体何をしたかったのか。
三位一体を完成させてどうしたかったのか、いや、何が起こると思ったのか。
今回のストーリーは行動の謎解きばかりに必死で
犯人自身についてはえらい雑だったよなー。
結局殺人そのものの経過は分かっても、心理や意図は分からなかったよ(´□`;)

数秘術。宗教学と哲学。
チャーリーって数学で表現できないものに関心のある人達への態度悪いよな。
戯言術とか言っちゃって、協力者に失礼極まりない!なんつーかもうガキすぎる(ノ∀`)
でも本のタイトル、出版社押しの『友達つくりは簡単』ってのはどうだろう(笑
絶対部屋に置いときたくないんですけど(笑
これについては『友人関係ダイナミクスの数理解析』ってチャーリーの意見に賛成。
こっちの方が断然興味をそそると思うんだけどね。

それからコルビーの件は完全に一件落着ね。通常運転よ(´-`)
あとほんとにレイレイの講義に参加しているらしいパパ。
親子の交流はともあれ、流石に今回は間が悪すぎよ~空気読もうよ~(ノ∀`)

最後に。
モーツァルトのレクイエム。私自身、愛している曲のひとつ。
ドラマや映画で本当に良く使われるけどさ。
この手の話で使われるのはほんとーに嫌(実際多いのがまた悲しい・・
今回一番の苦痛はこれ( ノД`)

拍手

Numb3rs (Numbers) Season4 1-3
第1話 コルビーの疑惑 Trust Metric
さあ続き。続き。コルビーの件よ。
結局味方側だった、ってのが分かってよかったけどさ。
デイヴィッドはコルビーといい感じに親睦が深まってきていただけに
結果はどうあれ色々複雑だよなー。

にしてもさ?何この登場人物の無精髭率の高さは??
っつかコルビーはかっこ良かったけどチャーリー何か汚いよ~~(´□`;)
そしてこの頃から太りだしたのか・・・。

太ったといえば今回の意外なゲスト、ヴァル・キルマー。
彼が痩せてた頃は・・・いやもう何も言うまい(´;ω;`)

で、ラリーは寺院で穏やかに過ごしていたけど
借り出されたり押しかけられたり、とそうもいかないらしい(笑
で、メーガンは大丈夫なのかしら・・・。

ところで注射器を見ただけで塩化カリウムって分かるものなの?

第2話 ハリウッド的殺人事件 Hollywood Homicide
浴槽の水。肩までか胸までか腰までか。漬かり方は人それぞれ。
風呂の水の量で明確な人の大きさは計算できないんじゃ?
それから友情と数学。いやはや・・・。

それからデイヴィッド。
コルビーに隠し事されていた事より悪人だと信じてしまった事のが尾を引いてるらしい。
早く通常運転に戻らないかなー・・。

っつかね、この邦題でイラっとしてしまうのはね、
同タイトルの映画があんまりにもつまんなかったからだろうな( ゚д゚)!

第3話 スピードの代償 Velocity
母親が態々ベビーカーから数メートル離れたのがあまりに不自然でね。
てっきりそっちの方が今回の事件かと思ってしまったよ(ノ∀`)

で、トーキョードリフト!って所ですかね。
ともあれ車を好きに改造するのもレースするのも自由だけどさ。
公共の場、一般道。これよ。
無関係者のを巻き込んだ事故が起こらない方がおかしい。
公式レース、専用コースですら見物人巻き込んで事故ってるぐらいだからね。
一般道とか映画の中だけにしとけよマジで。

そうそう、チャーリーがちょっと小奇麗になってたw
それから機械工学博士、レイレイ(笑
クリス・バウアーがゲスト。こういうほのぼのとした役、嬉しいわ(´-`)

あ、あとさ?コルビーの毛鉤だけどさ?デイビッドがコソっとやってたけどさ?
腹いせで盗んだのを返したの?それとも頑張って見つけてあげたの?
後者と思いたいけどどっちともとれるよ( ̄□ ̄;)?

拍手

スーツ /Suits Season1-4
ハーヴィーやらドナやらジェシカのパートは本当に楽しい。
ルイスもなんだかんだで憎めない奴。
だがマイクとレイチェルのパートが何故もこんなにつまらないのか・・・。

エレメンタリー3 /Elementary
1でどうにも吹替に馴染めず。2で字幕、ジョニー・リー・ミラーの声が好みでなく。
というわけで3で吹替えに出戻り。1ほど違和感を感じなかったのは慣れかしら(笑
ともあれこっちのホームズと仲間たち、いい具合ですな。
最終話はイライラさせられっぱなしだったけどね。
でもあの最後の放心状態のシャーロック、あれ大丈夫なのか(゚-゚;)?
次はなんだかパパが出てくるっぽいなあ。どうなるのかしら・・。

リゾーリ&アイルズ5 /Rizzoli & Isles
フロスト・・・・・・悲しすぎる(´;ω;`)

インテリジェンス /Intelligence
中々良いとこ取りのずるいキャラだがなんだか生かしきれていないような
とか思ってみてたんだけど、1で打ち切りなんですってね。
なんかそれはそれで納得のような、なんだかもやっと(ノ∀`)

アンダー・ザ・ドーム /Under the Dome Season1-3
見事に違う方向に行きましたな!
ま、初回から原作とは違うんだね、って状態だったのでそういうものとして楽しんだよ。
とくにキャサリンが出てきた時には話が滅茶苦茶で
どうやって終わるんだ、と毎回大笑いしながら見ておりましたw
おかしな方向に進んだけども、個人的にはドラマのビッグジムは好きだったので
しっかり生き残ってくれたのは嬉しかったよw
(原作の親子はクズすぎで大っ嫌いよ!)

キャッスル /Castle Season1-3
皆さん優秀で何事もあっという間に答えがでるので
たまにはこういう気軽に見れる刑事モノもいいですな。
今週から4も続けてやってくれるみたいで嬉しいわ(´∇`)

ブラックリスト /The Blacklist Season1-2
このドラマは主人公にイラっとしながら観る感じですかね。
ジェイムズ・スペイダーが好きなのでそっちの気持ちのが強いので許容範囲だけどね。
でも、面白いんだけど長く続けるドラマではないよな。
中途半端にならないようしっかり納得のいく結末にたどり着く事を祈るばかり。

ザ・フォロイング3 /The Following
終わった・・・。これぞストレスの集大成。そして苦痛からの開放(私が(笑
振り返ると2がいらなかったな。いや3も微妙だったけどね。
まずこの内容で全45話もいらなかったろ。半分でも多いぐらい。
せめてもっと早い段階でハーディvsキャロル(幻覚)にしてくれれば
ハーディが打ち勝とうが負けようがもうちょっと満足感があったと思うんだけどね。
っつか結局キャロルの思いは成就しちゃってるってのがもうなんつうか(ノ∀`)

■■■
もっと他にも観た気がするけどとりあえずいったん終わっとこう。

拍手

CSI:Miami Season3 19-24
第19話 モンスターの復讐 Sex & Taxes
ザック・エフロン出とりました。この頃はまだ10代後半?
彼はもっと背が伸びると思ってたんだけど、結局伸びませんでしたなあ。
で、ラボ要員でウィリー・ガーソンも出ていたよ。
今回と5-4にゲスト。

で、ウルフが悪い(笑

第20話 エピローグの幕開け Killer Date
デート⇒ヤってもヤられても何があっても自己責任。
実際そうかもしれないがなんとも難しい所だわ・・。

容疑者か、被害者か。ヴァレイラの過去の登録ミスが発覚。
警察署内でもこの違いで捜査員が見ていいものと駄目なもの、
きっちり分かれているらしい。
なのでウルフがその場にいた事で更に面倒なことに。厳しいんだなあ・・。
でもおかげでトリップのPC入力見れたけどね。これは和んだ(´-`)

デルコのバッジの件。
リックに気が緩んでるのはスピードルの件とか言われてしまってたね。
最後はカウンセリングのドアをくぐってたよ。
今回が節目かはともかく、今後益々不幸に見舞われる事を思うとなんか切ないわ。

で、レイが生きてると判明。やっと動き出しましたな。

第21話 汚れなき秘密 Recoil
トリップ。当て逃げっつーより当てられ逃げ。自分で当てといてあの態度はねえよ(笑

ウルフ、デルコの次はカリーを怒らせ(ノ∀`)
ホレイショについては何も確実に仕留めなくても・・・。
一番気の毒なのは娘。いい里親が見つかる事を祈るとしか。

しかしアメドラの刑事モノ(特に一話完結型)は銃撃戦では当たらないのに
こういう時は百発百中よね(´□`;)

第22話 闘いの火蓋 Vengeance
高校や大学の人気者。
ドラマでは人間的にクズとして描かれる事が多いけど、ほんと何で?
この手の人物(女だとチアガとかね)が登場するといつも思うわ。
アメリカの学生時代の人気者=クズばっか。と他国の人に思われてしまうよ?(笑

それと、レイの件色々と進んでおります。

ゲストのランス・レディック(Lance Reddick)
この人はどの作品でも変わらない(老けない)なあ。素敵w
同窓生の方にリチャード・スパイドJr.(Richard Speight Jr.)が。
BOBとスパナチュで大好きなんだけどね、いかんせん彼に出くわす機会は少ない・・・。

第23話 殺人鬼養成講座 Whacked
ヴァレイラの件、まだまだ尾を引いております。
スピードルの過去の事件もやり直しです。
冤罪ではなく更に犯人が見つかった、って結果で何よりよ。

ミーガン・フォローズがちょっとだけゲスト。 しかし・・この頃まだ30代後半でしょう?
ほんと白人(特に女性)の老け速度って恐怖すら感じるわ。手なんかもうおばあちゃん(ノ∀`)

死刑じゃなくてピーナツアレルギーを利用して自殺を選んだわけだけど、
棺の中を覗くホレイショの・・・笑顔こえー(´□`;)
で、エリック(ロバーツ)さん、相変わらず悪い役ですなー(笑

第24話 去りゆく者たち 10-7
出たエリカ。最初っからうぜーーwwウルフもなーーww
ほんと、エリカっていつでもウザいのよね(゚∀゚)!

レイの件はとりあえずひと段落。
今回演じたのはディーン・ウィンターズ(Dean Winters)
でも5-1で再登場した時は別の俳優に変わっとります(笑
レイ絡みといえばこの人も。 ヘイゲン・・・。
流石のカリーもその場に居ただけにショックは大きい・・・。

というわけで今シーズンの〆はかなりしんみりとした感じ・・・。
そうそう、ラボ要員のタイラー、今回がさりげなく最後。
Season1-19からトータル30話。歴代のマイアミラボ要員で一番地味なキャラだったねw
ブライアン・ポス(Brian Poth)

拍手

↓Calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30 31
↓Profile
HN⇒Carni
Movie⇒ドクターストレンジ大変楽しかった!

Drama⇒最近どのドラマも平熱気味。数はたくさん見てるんだけどね・・。

Game⇒アサシンクリードが楽しすぎ(`∇´)

Book⇒特捜部Qドハマリ中。

MUSIC⇒Freshgod ApocalypseのKingが凄すぎて(ノ∀`)
  
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]