忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15
CSI:Crime Scene Investigation Season5 5-8
第5話 掟破り Swap Meet
あ、と思うゲストが結構出てたなー。
何より清掃会社の人としてルイット・テイラー・ヴィンス(Pruitt Taylor Vince)が。
ニックとウォリックとトリオで面白かった(`∇´)!

で、何で家賃払ってなくて『ほっといてよ!』とか雑な受け答えできるかね。
スワッピングパーティの件も自業自得。そら娘もおかしくなるわ。

キャサリンが昼番主任を希望。
実力は問題ないと思うんだけど、グリッソムの前での態度を見てると
こんなヒステリックな人が上司になるとか絶対ヤメテと思ってしまう・・。

第6話 青の衝撃 What's Eating Gilbert Grissom?
大量の蛆の上にコケる。心から避けたい状況(`ロ´;)
蛆は消化しながら最高50℃の熱を発生させるんですってよ・・。
10日かからず成虫になるっつうから恐ろしい・・。

しかし。
警備の人がいるのにビニールかぶって窒息死するまで気づかないってどうなの。
明らかに不自然な音がするだろ。気づかないなんておかしいよ。

エログッズ店の店員:コリー・ストール(Corey Stoll)
被害者の同級生の友人:サマー・グロー(Summer Glau)
疑われた教授:デイヴィッド・リー・スミス(David Lee Smith)
そう、マイアミのリックがこんな所でゲストしていたよ。

第7話 狼少女 Formalities
嘔吐、嘔吐、嘔吐。ほんっっとゲロ映すの好きだよね。
お話の方は嘘誘拐を繰り返す狼少年ならぬ狼少女ね。
確かにこんなんじゃ信じられねえわな。娘より父親に同情しちゃったよ。

狼少女というか娘:ケイト・マーラー(Kate Mara)
↑のパパ:ジョン・テニー(Jon Tenney)
最初に殺された娘のパパ:ジョナサン・バンクス(Jonathan Banks)
パーティ客というか売人もどき:セス・ガベル(Seth Gabel)

で。局長補佐。エクリー昇進おめでとうございますw
スピーチの件、グリッソムは大人げなさすぎ(ノ∀`)
それからソフィア初登場。
そうか、昼版主任候補、つまりキャサリンとはライバル的な登場だったんだな。
でもってこんな煩いキャラだったっけ?色々忘れてるなあ。

第8話 第三の性 Ch-Ch-Changes
違法手術、患者死亡、放置。
あの倉庫の現場はちょっと衝撃的よ・・。

それと、ケイト・ウォルシュに微妙な厚化粧。
分かり易くする為だろうけど違った意味で不自然を感じたなぁ。

『スピード違反・無免許・盗難車かもしれないのに見逃したのか?』
『問題ですかぁ( ゚д゚)?』
大問題だろ。なんだこの警官。
ともあれ100話目だそうで。登場人物は多かったけど特別な感じはしなかったかな。

拍手

PR
CSI:Crime Scene Investigation Season5 1-4
第1話 ラスベガス狂気の夜 Viva Las Vegas
色々起こりすぎ。原題、邦題、どちらも頷ける。
現場グレッグの適正テスト。見落とし多々、現場のトイレ使うわ色々酷すぎ(ノ∀`)
でも後任を見つけたから、ってグリッソムから次のチャンスを貰ったけど
その後任は仕事の多さにブチ切れてあっという間に辞めちゃった。
さてどうするグレッグ(笑
辞めちゃったよ~:レイコ・エイルスワース(Reiko Aylesworth)

エリア51。CIAが正式に存在を認めたのが2013。
ヒラリーさんが大統領になれば詳細を調査して公開できる可能性が。
ひっぱりますなあ(笑

サラは長期休暇をとって気分が戻ったのかそうでないのか実際不明。
キャサリンはクラブ経営の彼氏と切れました。ま、仕方が無い。

第2話 凶暴な躾け Down the Drain
爆発物が多々置いてある家、危険だからって即爆破で片付けるってすげえ。
で、子は親を選べない、という事で。
この問題だらけの息子、どうみても親の責任だなあ。

水が少ないベガス。だからって下水道で水遊びってちょっと;;
で、そんなきったねー所から出てきたウォレックとキャリン。
あの少女マンガ(ぷ)なシーン、当時は『え!ウォリック年増好き!?』と吃驚したもんです(すいません
そういえばサラもそうだな(笑

第3話 天使の生き血 Harvest
病、当人・家族の心身負担。どんな結果でも重い・・・。

母親vs母親。
キャサリンぐうの音も出ないほどやり込められて
反抗期リンゼイにやった事が見せしめ的に被害者の遺体を見せるというね。
キャサリン・・・母親失格だよ・・・。

元小児性犯罪者の容疑者役でD.B.ウッドサイド(D.B. Woodside)がゲスト。
彼は変わらないね。どこで見かけてもキリっとしてます(笑

グレッグの後任候補2人目、ミア。結局は今シーズンのみだけど13回登場。
アイシャ・タイラー(Aisha Tyler)

射撃テストに落ちたニック。再テストでウォリックの記録を抜いて高得点で合格。
この二人のやり取りってやっぱ好きだなあ・・・。

第4話 鏡よ鏡 Crow's Feet
アダ・・じゃなくてシロアリ駆除業者、最終的に犯人。
なんとA.J.バックリー(A.J. Buckley)だった!出てたのか!
で、この翌年(2005)にNYでアダムとして登場。これが足がかりだったのかもね(´-`)

今回のみのラボ要員ゲストはデイヴィッド・アンダース(David Anders)
出てたんだなあ・・。

で、老化は病。痛いとこつきます(ノ∀`)

拍手

CSI:NY Season1 20-23
第20話 需要と供給 Supply and Demand
薬とお金持ちのバカ娘と売人と。
巻き添えで殺されてしまった同室の学生とその家族が本当に気の毒・・。
チーム、特にマックとステラが犯人達をにとことんやり込めてくれた事が唯一の救い。
その過程は見ていて気持ちよかったぐらい。

第21話 疑惑の任務 On the Job
あの状況で刑事を名乗ったとしても
ダニーの位置からでは距離もあるし人々の音や声で聞こえないよなぁ。
で。内務監査だかなんやでダニーは過去に痛い目にあった事があるらしいけども。
ともあれこんな状況下でマックの事を信じ切れてないのがまた痛い。
一応今回の件はうやむやでも解決した、って事になったけど
やっぱ観てる方はもやもやが残る・・。

ホークスは今日もジョーク満載で楽しい人だったけどね。
でも『手を貸そう』って遺体の手を振るのはどうかと;;;
いやでも大好きなんですけどね(ノ∀`)

それとチャドは今回でおしまい。
結構好きな俳優さんなのでもう少し残って欲しかったなあ。

第22話 クローザー The Closer
ヤンキースとレッドソックスは色々あったらしいので、 熱くなるのは判るんだけど。
ポップコーンとかやってる事が稚拙すぎてかなり引いたわ。
んで被害者の殺された理由ってのがはしゃぎすぎ、という。
たかが勝利のキス、でも人によっては深刻なもの。色々難しい。
んで、殺すつもりじゃなかったかもしれないが時速94マイル。151km。そら死ぬわ・・・。
そんで彼女の方は彼の怒りに思いっきり油注いじゃって
怒った彼から逃げ出した結果、交通事故死。いやはや・・・。

それからマックの方は冤罪発見。
結末までは見せていないけどいい結果になると良いなあ。

で、ホークスは今日も楽しそうでした(´-`)

無実を訴えた囚人:マイケル・クラーク・ダンカン(Michael Clarke Duncan)
今回の犯人:アマウリー・ノラスコ(Amaury Nolasco)
監督は18話に続きエミリオ・エステベス(Emilio Estevez)

第23話 この目に映るもの What You See Is What You See
現場にいたのがマックなのでね。目撃証言は当然ながらバッチリ。
で、マックのすぐに終わっちゃう恋はともかく(笑)一歩進んだって事が大事なのよね。
でもダニーの件はすっきりさせないまま微妙な所で今回はおしまい。

で。情報屋はどこの組織の雇われだったんだ?
この手のドラマはぼーっと見てると色々取りこぼしちゃう。
でももう一度見る気にはなれないのよね。ま、いっか(ノ∀`)

ゲストは前回に引き続き今回も登場の地方検事にラファエル・スバージ(Raphael Sbarge)
情報屋:ギャレット・ディラハント(Garret Dillahunt)
お二方とも、本当にあちこちでみかけますな。

◆◆◆
というわけでシーズン1はおしまい。もう本国放送は12年、WOWでも10年前なんだね。
かなり懐かしい思いをさせてもらったなー。
そして当時見ていて一番衝撃だったのは最終話のホークスの移動願い。
ホークスファンからしてみれば、あれは立派なクリフハンガーです(笑
で、その後の彼を思うと、やっぱ検視官のままでいて欲しかったなあ、と。
でもそうしたら出番は限られるしシドというキャラは登場しなかったわけだし。
ホークス移動願いの件、今見ると心中複雑だわ・・。

拍手

アントン君が・・・・。
まだたったの27歳、あまりにもあまりにもあまりにも早すぎる・・・。

TAKEN(2002)からのファンで、日本で観れるものは少なからず観てきた。
語りたい事は沢山あるはずなんだけど自身ショックすぎてうまく言葉にならないよ。
 
控えめだけど個性的で独特の雰囲気を持った彼の事、
もう過去形でしか語る事ができないなんて、
どんなおっさんになるか心から楽しみにしていたのに、
それももう叶わないなんて。
  
ご冥福をお祈りします。
なんて彼に使いたくなかったよ・・。でも、心から。

拍手

CSI:NY Season1 16-19
第16話 口止め Hush
コンテナとコンテナの間で圧死。
『ホークスにヘラ持ってくるように言え』 って
マックのジョークに合わせてほんとにヘラ持ってくるなんて素敵過ぎです。
ともあれ。完全に潰されると人間も他の動物も同じだな・・・。
っつかここのパワハラ環境最悪すぎる。

SMについてはあの場で全員ハイとかアホかと。
ま、エイデンとダニーのやり取りは楽しかったけどね(´-`)

感じの悪い現場責任者:マーク・シェパード(Mark Sheppard)
感じの悪い分署刑事:キム・コーツ(Kim Coates)
今シーズンのみラボ要員:チャド・リンドバーグ(Chad Lindberg)

第17話 転落 The Fall
妻に隠れて、甘いもの欲しさに隠し場所を探って転落。
同情したいがあまりに人間的に酷すぎてなんとも・・・。

熟練の警官が息子かわいさに証拠隠蔽。
フラックには大先輩であり元相棒もであり。つらい所だね・・。
で!検事役でクラーク・グレッグ(Clark Gregg)が出ていたよ!
嫌な検事じゃなくて急かす検事、って役柄でよかった。彼の悪役は見たくないの(笑

第18話 狙われた委員会 The Dove Commission
エミリオ・エステベスが監督だそうで。22話もそうらしいね(〃゚艸゚)フフフ 
 
いい年した男、しかも内務調査官が女寝取られたってのを理由に
態々パーティ中に警察の銃器(小型ヘリ)使って相手を殺すとかどうなの?
事件現場は大げさな事になったけど結局の所の事件レベルが低すぎる・・。

ダニーの方は子供の頃のトラウマ、白タク絡みで鬱な感じ。
でも子供の頃に父親と白タクに乗ってこっぴどく殴られた、って事だけど
確かにトラウマにはなりそうだけど、一体どうしたら運転手が客を殴るという状況に?
そっちのが気になったわ・・・。

第19話 罪の重さ Crime and Misdemeanor
『金の問題じゃない、休みが欲しかったんだ!』ってさ。
銅像パフォーマーって大変だなとは思うけど、だったら休めばいいだけ。
死体を自分の代わりに立たせといたってのは結局金の問題じゃ?それとも場所取り?
ともあれ死体損壊な男にサイラス・ウィアー・ミッチェル(Silas Weir Mitchell)が出ていたよ(´-`)

もう一方の復讐殺人。復讐相手に本当に好きな相手が出来るまで(10年も)待って相手を殺す。
すんげー怖い。その間は友人としてずっとそういう目で見ながら側に居たんでしょ?
マジで怖すぎる・・・。

そうそう、ホークスはロシア娘にナンパされたそうです。
したんじゃなくて、された、ってのがイイ(゚∀゚)!

拍手

CSI:Miami Season4 6-9
第6話 容疑者ホレイショ・ケイン Under Suspicion

 ホレイショ絡み(恋人)死亡者第1号か。(彼女で終わりじゃないのが悲しい(涙
『今から俺は民間人だ』といいながらも現場に絡みまくるホレイショ。流石だわ。
そらラトナー判事もツッコミ易いわな(早く成敗されろ

メンバーの方は、まだまだよそよそしいナタリア、クソガキ度絶好調のウルフ。
デルコは麻薬絡み、伏線出てきましたな。

それと、そうか、イエリーナってあれ世間では失踪って事になってんだな。
で、ホレイショが(文字通り)始末したのか疑惑。トリップあんた何言って(笑
 
第7話 NYからの使者 Felony Flight
 カメラが上からパーンしてホレイショが下からモコっと登場。
ほんとホレイショの登場や去り方って独特だよな。大半が笑っちゃうんだけど(゚∀゚)
にしても墜落事故現場に駆けつけただけ、探し人と同じ寮に居合わせただけ
こんな理由で殺された若者達・・・本当に気の毒すぎる。

そうそう、デヴィッド・アンダースがゲストしてたんだよな。
んで、ジェームズ・バッジ・デールもゲスト。どちらの件も結末はNY2-7へ続く。

NYのクロスエピ。の割にはマックだけだし出番も少ないし
結局犯人はNYに、ってんでストーリー的にはあまり来たかいがなかったような(ノ∀`)
ファン的にはHと並んでる所を楽しめ、ってとこなんでしょうけどw

続きはNYの2-7へ。「甘えてんじゃねえ」ってのがNY結末の感想。
マイアミの件も解決してホレイショは少年にご報告できたよ。

 第8話 別れても憎い人 Nailed
そうだよーこれだよウルフのこのエピだよー。
マイアミファンが必ず話に出すといっても過言ではないエピだよー(笑
目がでかいだけにそこにネイルガンとかほんともーなんつーか痛いー(`ロ´;)!!

つーわけで初めて観た当時はこのインパクトでそれ以外の事はすっぱり忘れてたけど、
マジ最悪な女(元妻)の話だったんだな。
元夫を陥れるために息子を挑発してまで自分を殺させるとか。クズすぎる・・。

で、NYのご報告有り、デルコの件、マリソル初登場という布石も置きつつ。
んでも今回は険悪平行線だったデルコとウルフに
ほんのちょっと友情芽生えてよかったね、ってのが一番かしらね。
 
第9話 名前のない奴ら Urban Hellraisers
ゲームのシナリオ通りに、リアル殺人ゲーム。現実と仮想の区別の付かないバカ共。
ゲーム好きとして、この手の題材はいつ見ても悲しいわ・・・。
でもゲーム内容にも問題あるよな。
そういえば昔、普通のAVGだと思って始めて蓋を開けて吃驚ってのあったよ。
通りがかりのモブに話しかけようと思ったら理由も無くいきなり相手を殴り倒してね。
何が起こったの?ってポカーンよ。で、そういうゲームか、と速攻ゲームを捨てたけどね。
タイトルは忘れたけどシリーズ沢山出てる有名なゲームよ・・・。

ゲーム開発者であり首謀者。フィリップ・ウィンチェスター(Philip Winchester)がゲスト。
筋肉もりもりになる前ですかね。体がちっちゃかった(笑

それと、デルコ。冒頭、美人さんにでれでれしすぎです(´∇`)

拍手

CSI:Miami Season4 1-5
第1話 新たなる闘い From The Grave

ホレイショがマジ懺悔しているよ。色々あったものね・・・。
そして棺の中からマシンガンをぶっ放す男。偶々現場に居合わせるホレイショ。
で、長いお付き合いとなるマラノーチェ。うん!マイアミですな!

ナタリア初登場はこの回だったかー。ダンも初登場。バレイラ復帰の回でもあり。
リックはNYの伏線を持ち帰り。色々てんこ盛りな初回だったねー。

正義の為に人を殺める事も。そういう宿命ね。
懺悔に始まり懺悔に終わる。見せ方が、なんつーかマイアミだなあ(分かって(笑

第2話 海に散った家族 Blood In The Water

冒頭から胡散臭さ満載。
妻以外、夫も息子も娘も全員詐欺師、つまり他人。
彼女は夫を殺された事も知らずにコイツらと家族になったわけで。
この現実って相当キッツイよ;;確実に人間不信になる;;

そしてホレイショの家族はチームの皆なのでした(´∇`)

第3話 無防備な18才 Prey
NY絡み伏線再びw
あーでもこれ結末NYだっけ。しまったストレス(ノ∀`)

サラ発見時にちょろっと流れていたのはオペラ、ラクメの花の二重唱。
byJahna、でいいのかしら。このインド色の強いバージョンのは見つからないわ・・。
 
第4話 獄中48時間の真実 48 Hours To Life
自分がやった、と言っちゃった(言わせられた)結果、獄中で最悪な事に。
冤罪は証明されたから良かったけど、心の傷が、と思うと切なすぎ。
うーん、でも確かに取調べ中のトリップは怖かったけど
弁護士呼べーー!って言えばこんな事にはならなかったような気も。
いやでもやっぱりトリップがもうちょっと、こう、ね・・。

で、やたらと目が印象的だったトビー役はロバート・リチャード(Robert Ri'chard)
最終的に犯人だった夫にブレット・カレン(Brett Cullen)
やっぱ素敵よね~。役はクソヤローだったけど(´∇`)♪
 
第5話 ペントハウススィートの情事 Three-Way
薄ら寒い女の約束、自分本位な夫、頑丈すぎるプール係、ちゃらい支配人。
そんなアホ連中は置いといて。
エレベーターに並んでる3人、検視に行かずホレイショに注意されて(´・ω・`)な3人。
和みポイント満載なこのエピ、久しぶりに見てもやっぱ楽しかったw
デルコとウルフ、仲悪ぃねえwそれとエリカやっぱウゼーなあw
っつかホレイショの出番は冒頭と3人を注意した時だけ。少な!

拍手

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]