忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
今回はミレニアムタワーから一千億円が撒かれました。
ラスボスバトルでデジャヴ(見参・・・)
っつかゴム弾て。
相変わらずだな神室町は。

そんな事より大吾何やってんの?
大変なのは判るけど、稼ぎ頭の兄さん売るとかどうなのよ??
真島の兄さんの雰囲気から一応納得しての事なんだろうけど・・・・うーーーーーん。
一応最後はちゃんと戻ってきてたけど・・・うーーーーーーーーーーーん。
兄さんいいように使われすぎ。っつか兄さん大人しすぎ!!!
すっげーーーーー兄さん不足。
結局これが総評だわ(ノ∀`)

4人の主人公。
私としては最初の3人は4代目に会う為の作業になっちゃうのかな、なんて始めたんだけど
でもそこは流石、それぞれ面白く作られていて素直に楽しむ事ができたよ。
ただ、私にとっては兄貴までの前座だけどなw

秋山。
顔の作り込みを見ても製作者側がかなり力を入れたキャラってのはわかる。
でも私的にはこの手のキャラは脇にいてくれる分にはとても頼もしいけど
主人公として自分が動かすのはなんか違うなあ、という感じ。
何より彼の反則的な足技、あれなんなの?ちょっとねえ?
敵キャラが以前よりも更にバウンドするようになったせいで
隅っこに追い込んだらマジで最強キャラよ。簡単キャラよ。バトルがつまんなかった・・。
でも花ちゃんはかわいい。そして秋山も花ちゃんも歌うますぎ(笑

冴島。
ストーリー的にはメインの主人公よね。極道側の。
そしてゴム弾の犠牲者。まあ殺そうとした事は事実だからな・・・。
んで?伝説を継ぐもの、ってのは彼の事なのかい?(一番オッサンが継ぐものってのも・・。
 
彼の重たいバトルスタイルは正直苦手。IF7の対秋山戦はほんと苦戦した( ノД`)
でもまあ弾き返しのお陰でどうにかなったけど。格闘場も無事いけました。
 
谷村。
警察側の主人公。バトルも大取。
俳優が実在の顔のままご出演。主人公で、となるど好みが分かれるところだよなあ。
そんな事よりスタート地点のあの場所!きったなくて狭くてごちゃごちゃしてて大嫌い!
2周目する気になれない理由のひとつがあの場所!狭いの大嫌いー!
でもってバトルに面白みがない。
でも捌き系は常々兄貴に欲しいと思っている技なので正直羨ましかったわ・・。
 
桐生。
極秘刑務所が沖縄にあったせいで強引に神室町騒動に巻き込まれてました(ノ∀`)
でもバトルの大取が兄貴じゃなかったせいか、終わった!!!感が薄かったな・・。

技の数が段違い。当たり前っちゃ当たり前なんだけど、
それにしても違いすぎて安堵しながらも笑ってしまいました(ノ∀`)
4から始める人っていないと思うけど、もしいたら『何故彼だけ??』ってなる事請け合い。

兄貴がこの手に戻って来た(笑)時はなんつーかね。
安定というか、開放された感がすっげーの。やっと思い通りに動かせる人きたー!って。
何はともあれやっぱ落ち着く・・・。
 
真島。
主人公じゃないけど語る。
今回は冴島の登場で兄さんの過去話がちらほら。
眼の事とか関西弁が似非だったとか(笑)そこら辺掘り下げてくれたのは嬉しかったけど
というか昔も彼は良いように使われちゃってますな;;;
今後の展開はどうなるのかしら。
どこぞのレビューで5は真島ファンに試練、って見かけたのでいろんな意味で心配だわ・・。

拍手

PR

CSI:NY Season2 6-8
第6話 青い血 Youngblood
自分は若い娘と結婚していても自分の娘が年上オヤジと付き合うのは嫌。
まあ、人間そんなもんよね(ノ∀`)

駐車場係りに対する娘の対応は大人目線だと最低な人種にうつるけど
この年頃で勘違い男に対する対応としてはこんなもんだわな。
なんせ勘違いした上に逆恨みで殺人犯すような男だし・・。
っつか内ポケットから箸って・・・。

ホークス達側の被害者の幼馴染役にジョーダン・ブレッジス(Jordan Bridges)がゲスト。
彼は今も変わらないなあ。なんか彼の顔って和む(笑

で、ステラの電話の件って何だっけ。覚えてない・・。

第7話 再びの地、NY Manhattan Manhunt
マイアミ4-7の続き。
ホレイショとステラが並ぶといかにも『刑事です』って感じ。迫力です(ノ∀`)
ともあれ無事に犯人逮捕、そしてフロリダには死刑制度がある。
実際にそうなるかは別として、これって最高の脅しだよな。

それからNYに絡む脱獄の方。
今度は人質と人質宅に遊びに来ていた妹の友人達全員射殺。
結局マイアミと合わせ、数日で12人も殺害って・・・。
NYで裁かれて、マイアミでも裁かれて、マイアミで死刑になるんだろうな。
動機があまりにも甘えてんじゃねえよって感じで同情の余地もない。

で、マックは何で地下鉄に一人で行ったんだろうな。
いつもバディなのにほんと不自然。組んでたらその場で逮捕できたでしょ。
こればっかはあそこでダリアスを逃がす為のご都合脚本としか・・。
そして制服とリュックの繊維。やたらめったら引っ掛ける子だね。
CSIにはとっても便利な子だ・・・というか脚本もっと練ろうよ(ノ∀`)

NYでホレイショに召喚状。この件はまた別件。まだ続く。
そうそう、ダリアスに関わった精神科医、リック・ホフマン(Rick Hoffman)だったんだね。
ほんと面白い顔だなあ(失礼(笑

第8話 悪い賭け Bad Beat
ダニー、ホークス、アダムのトリオにリンジーも加わって
全員頭傾けてセイウチ(笑)ビデオの鑑賞。和みますなあ(´-`)

うむ。アダム初登場。今シーズンは最後まで完走する新キャラ続々だねー。

拍手

CSI:NY Season2 1-5
第1話 灼熱の街 Summer in the City
CSIルーキー、うっきうきホークスを堪能するエピであり。
エイデンの今後の複線に涙するエピであり・・・。 嗚呼・・・。

第2話 過ちのグランド・セントラル Grand Murder at Central Station
証拠捏造はしなかったけど、しかけたという事実。
エイデンはクビになってしまったけど、それより彼女の結末を思うと・・・orz

ホークスは相変わらず飛ばしてますな。
ジェニファーのおしり保険に(゚∀゚)!とか、ほんと表情豊か。 見ていて楽しいなあ。
っつかダニーの影がマジで薄い。こんなに存在感なかったっけ(゚-゚;)?

それとポール・ウェズレイがちょい役でゲスト。
マイアミだけじゃなくてこっちにも出てたんだね。

第3話 ズーヨーク Zoo York
フラックは猫アレルギー。いや猫科アレルギー。そして虎に罪は無い。
ともあれ、虎の歯型もいいけど手形!やっぱでかいねえ。握手したい~!

そしてリンジー初登場。
もっと後の登場かと思ってたけど、ほんとにエイデンの即交代要員だったんだな。
そしてNYでの初仕事はダニーと組んでたんだね。
新入りリンジーが気になって仕方ないダニー。運命的ですなw

結局事件は解決したけど行方不明者が一人増えた。
『覚悟しておけよヴェネッティ』と言っても結局再登場しないんだなあ。

スルファフェナゾール・ナフトール・スルホン酸。 スナック菓子のチーズの粉、だそうよ・・。 

第4話 企業戦士 Corporate Warriors
あの狭さであのガタイのデカさで天井に駆け上がる?ワイヤーなしで?
カンフー映画の見すぎなんじゃないの・・・? そんな事件でしたな。
にしても、どうしてドラマで見かける中国や日本の美術品のコレクター達だけど
部屋の様子に品がないんだろうね。 製作者に空間の美意識ってないのかしら・・。

ホークスとフラック。
そつなくやってるホークスにフラックがちょいジェラシーって感じ? た、楽しい(笑
で、ホークスの変わりに来ていた検視官、ツァオさんは今回でおしまい。
結構個性的で良かったのに。残念。ああそうか、もうシドが登場する頃だっけ?
ツァオ:ロン・ユアン(Ron Yuan)

第5話 ダンス & フィッシュ Dancing with the Fishes
おお・・・やはりシド初登場か・・・。
このシド眼鏡、私も老眼かけるようになったらコレにしたいなあと。
ある意味憧れの眼鏡(笑

ダニーとホークス初コンビ。
このコンビは余計なおしゃべりが和むのよね。小学生がワイワイやってるみたいな。
NYでは一番好きなコンビだなー(´-`)

そして取調中のリンジーを見守るマックとステラ。
なんかこう、チームって家族構成が出来上がってるよね、ってのをひしひしと。

そしてメカジキが凶器。すげえよ・・・。

拍手

亜門さん。
1の時は小牧爺の修行をどうしても最後まで達成する事ができず。
2の時はキャバ嬢10人面倒臭え!とサブストーリー全クリ放棄。
見参はゲーム久し振りモチベで遊郭頑張ったのに闘技場条件にまさかの的当、やむなく放棄。
で、3。 闘技場は問題なくクリア(やっぱ格闘条件はバトルじゃなきゃいかんよ
んが、キャバつくクリアで力尽き(マジ面倒臭ぇシロモノ
お陰でキャバ嬢10人もやる気になれず こりゃもう駄目だわ、
とボーリングとビリヤードも一緒に放棄。
・・・私は一生亜門に会えないのかもしれない(ノ∀`)

バトル。
兄貴が勝手に方向修正してくれるようになったお陰で とてつもなく楽なバトルに。
一番吃驚したのはダウンした人を起こせるようになった事。
そんな事知らずに真島の兄さんとの初戦、
兄さんがひっくり返った時に『早く起きてー』と独り言を言いながら
何の気なしに○押したら ほんとに起こせて、心底吃驚。( ゚д゚)ポカーン状態に。
マジで兄さんに反撃されるまで動けなかったっつの(笑

ヒートアクションについては、酒の有無で変わるってのは面白かったけど
ドロップキックコマンドに絡めるのは勘弁して欲しかったわ・・。
うちの兄貴はいっつも酔ってるのが普通なのでね。
ああまたポールダンスの極み( ̄□ ̄;)!と何度予定を狂わされた事か・・。
見参でドロップキックがなかったから(これは仕方ないけどね
今回飛びまくるぞ!って思ってたからちょいストレスよ。
なので後半はずっとしらふを通してしまったよ・・。

ドロップキックの何が好きって?
スーツ着たいい年したオヤジが飛んでんのが変人っぽくてたまんないのよねw
本来多用する技ではないけど、どうしてもバトルの流れに組み込んでしまってます(ノ∀`)
闘技場でも飛びまくってぶっ倒しまくって、お陰で簡単に闘技場の人気者ですw

ヒートアクションは8割やった所でストーリーを終わらせたくなってしまったのでね。
こっちは2週目で制覇しよう、と決めたので次頑張ります。
次こそ、ペンチの極み(爪)とボーリングの極みを!
あ・・・闘技場全クリアイテム貰うの忘れて本編クリアしちゃった・・・。

ミニゲームとか。
シューティングは遥の為にやって最初にLv30まで。それ以上やりこむ気力なし。
UFOキャッチャーはうこっぴよがまさかでかぴよの下敷きになってるとは。
でも見つけたらこっちのもの。掘り出して全クリア。
ダーツやビリヤードには興味なし。これはリアルで遊ぶものよ。
ゴルフは打ちっぱなしよりは楽しいよね。でもその程度。 
クイズ系は興味なし。カジノも興味はまったくないがこいこいは大得意。これだけクリア。
見参に引き続き残してくれたお陰で金銭面で序盤は大助かり。
だって2であんなに持ってたのに今回の所持金3万円て(ノ∀`)
ともあれ、私は博徒になれてもギャンブラーにはなれないらしい・・。

武器改造。見参ん時は楽しかったけど(改造とはちと違うけどさ)今回はなんかね。
だって現代の兄貴に武器はいらねえでしょ。バケモノですから(笑
でも拳銃は拾ったのを試して・・・新宿の街中で銃を乱射する兄貴を見て・・・。
すげえ光景だったわ・・・。そんな彼は見たくありません。
敵で銃や刀を持った人は沢山出てきたけど、そんな時は小牧技が大活躍。
やー、あれ便利な技だよねー。なのでやっぱ現代の兄貴に武器はいらんのです。
装備する気のないものに興味が沸かず、つまり散財する事がなく
結局所持金は歩く銀行ちょい手前まで溜まってしまった。
2週目はクリアボーナスで開始直後にこのトロフィーが貰える状態という・・。

天啓。これ大好き。
見参の天啓が来なかった時の無言の哀愁の背中もよかったけど
今回の『違うなあ?』って首傾げてるのもとっても和ませて貰ったよ(´∇`)
でもブログやったり映画出演したり・・・彼、表に出すぎじゃ?

さあ手元には龍如4とOF THE ENDがある。
本当はOF~がやりたくってしかたない。龍司に会いたくって仕方ない。
でもやっぱり順番は守らねば。
 
っとその前に3のクリア後あれこれをやるとしますかねw

拍手

とにかく最初の沖縄のおままごとが辛かった・・・。
早く神室町に戻りたくって仕方なかったよ(ノ∀`)
幸せにやってる兄貴もいいんだけどね。アロハ似合ってなくて吃驚したけどね(ノ∀`)
それより子供相手のあーだこーだ 、沖縄パートはほんっっっとうにだるかったー。

幹夫、てっきり死んじゃったと思ってたから、最後元気に登場したのは良かったけど
やっぱり力也を殺す事なかったんじゃないかなあ・・。

東城会。
今回六代目は流石に不憫としか。でもちょっと貫禄ついてて嬉しかったぞw
んで、なんで峰君殺しちゃうかね。
確かに生き残らせると色々面倒が残るから一番楽な結末だけどね。
でも私的にはこんな事も乗り越えて六代目と一緒に頑張って欲しかったな・・・。
うーん、経営は苦しいまま、って事なのよね。今後どう立て直すのかしら。
っつか柏木さんまで殺すなよぅ(´;ω;`)

新キャラで一番好きだったのは神田だな。宮迫すばらしい演技。素敵。マジで。
浜崎はもったいぶった割りに出番が微妙だったな。
最後に桐生の兄貴にドスっとやってたけどそんなんじゃ死なないのは明白だし驚く事もなく。
でもこういう最後ならば再登場はしそうだなあ。
 
ヒットマン。見参でのお尋ね者を現代にも、って
さすがにちょっと強引設定な気もしたけどまあいっか、って感じ。バトルは楽しいしな。
そんで荒瀬がラスボス。うーん。こっちもまた登場すんのかなあ。

サブストーリー。
シリーズ通しての続編がちらほらあるのは嬉しい。
特に美月ちゃんと秋元ね。見参で遥がいなかったのが本当に残念だったので
今回また一緒に見届ける事ができて嬉しかったわw
アルプス殺人事件については・・・神宮司がすっげーやりたくなった・・・。
そうね、なんというか、全体的に桐生さんがすっかり説教オヤジになっちゃた感が(ノ∀`)

それから伊達さん!見参でいなかったから再会は単純に嬉しい。
そして恋に落ちてたw
でもやっぱり一番は兄貴と真島の兄さん。それと遥が楽しそうならそれで満足よ(´∇`)
 
遥の信頼度。この表現どうなのかしらね。
こんだけ苦難を乗り越えてきての今なのに、また底辺から上げるって・・・。
この上げ方の方法からしても信頼度ってより満足度の方がしっくりくるわ。
まあSまで頑張ったけどね、それ以上は無理よ。限界。
 
その遥だけど、順調に美人さんに育ってますなw
前は桐生さんが走るとついてこれない遥が後ろの方でコケてた事が多々あったので
最初は少し歩こう、って実際歩いてみたら手をつないできて吃驚した。
そしてプレイしてる私のが照れくさくなって慌てて兄貴走らせちまったよ(青二才かw
兄貴のカラオケの合いの手も信頼度の為に頑張ったけど、何かむず痒くてねえ(´□`;)
ま、つまり二人は幸せ一杯でなにより、って事なんだけどね(´-`)

そうそう、兄貴は見参の時、顔の下膨れがすげー気になったけど
今回はこれでもか!ってぐらいシャープなお顔立ち。っつかこれが正しいんだけどさ?
きっと皆判ってたんだね(ノ∀`)

街並みについては、ほんとリアルだよね。
特に昼間のコンクリの雰囲気がもう、ほんとね、凄いよねえ。
ただ、本来勝手知ったる、となるはずが
道幅や距離が微妙にが変わってしまって正直十字路いると方向感覚が;;
私どっちから来た????って今回本当に左下MAPから目が離せなかったよ・・。
目印にしていた松屋が本当に地味になっちゃって参ったよ。
でも以前は通り抜けできなかった所が行けるようになっていたり移動はしやすかったかな。
で、3でこれでしょ?5とかどうなってんのかしら・・。先の進化が楽しみよ。

拍手

CSI:Miami Season4 10-14
第10話 運命の女(ひと) Shattered
サブタイトルと邦題、まったく違うがどちら的を得てるのがなんか笑えた(笑

ホレイショ、マリソルとご対面だぜー。でもその後を思うと泣ける(´;ω;`)
リックも嫌なヤツだがやはりその後を思うと・・・(´;ω;`)
それを言ったらレベッカだって、ダンの最後も・・・(´;ω;`)
マイアミってこんなんばっかだ、としみじみ思う・・・・・・。

賞金稼ぎの人、別に慌てる必要もないのに
停めてた車の脇に銃を捨てていくっていくらなんでも迂闊すぎないか?

で、あのクズすぎ銃器ラボ住人、やっといなくなった!やっぱカリーが適任よ!ああスッキリ!
デルコはマリソルの事が公になって最近のモヤモヤも晴れてスッキリ!
でもウルフの目の件がモヤっと(ノ∀`) 

第11話 消せない感触 Payback
冤罪。
捜査ミスではなく、当時の技術のせい。
当事者にはそんな事は関係ない。そら怒るだろう。訴えたくもなるだろう。
でも下着ドロに変わりは無い。しかもあの態度。まったく同情できねえ。
結局被害者の友人が本当の犯人。被害者が男を殺す、という物悲しい結果に・・・。
 
そして医療ミスの件。
頭はしっかりしていても体が思うように動かない。
この医師の状況に同情はできるが職業が職業だけに何かが起こってしまってからでは遅い。
こちらも辛い結果だったなあ。

その問題の医師役にジョン・ハム(Jon Hamm)
下着ドロの弁護士役はピーター・ジェイコブソン(Peter Jacobson)がゲスト。

で、ナタリアとデルコ、そういえばこんな事もあったっけねー(笑

第12話 ターゲットはお前だ The Score
はっはー。ホレイショ完全にマリソルに落ちましたなw
色々手を尽くしすぎです(笑

ナンパ術。
自分が女を落とすのは結構、妹が対象となるのは許さねえという矛盾。バカだねほんと・・。
その妹役にケイト・レヴァリング(Kate Levering)がゲストしていたよ。
 
第13話 コードネームの正体 Silencer
ローラ・レイトン(Laura Leighton)がゲストしてたんだな。
老けすぎててWOW放送ん時は全然気付けなかったよ( ̄□ ̄;)
メルローズ・プレイス。未だ心残りのドラマだわ・・・。
 
第14話 影からの逃亡者 Fade Out
ボニー&クライド気取りの安っぽいなりきりカップル、
彼らをドラマチックにさせず首吊死体に全部持ってかせる、ってのがいい(不謹慎だけどな

サルーチ。そういえば今後この名前がちらほら出てくんだっけ。
それから共犯なのに証拠がなくて釈放されたムっかつく若造ね。
この手のタイプは後年同じような事やらかして別件でつかまりそうな感じ・・・。

ウルフの件ね。まあ具合が悪いと思ったらさっさと病院行っとけっつう事よ。

拍手

CSI:Crime Scene Investigation Season5 24-25 Grave Danger: Part 1-Part 2

脚本・監督・タランティーノっつーんで放送当時かなり話題になってたね。
WOWでも結構宣伝やってて興味津々で観た記憶がある。
土台がちゃんとあるキャラクター達を使ってどこまでタランティーノ?って期待しつつ。

相変わらず音楽を小道具に使ったり
検視官コンビに検視される自分を静かに眺めているシーンがあったり (第四解剖室を思い出すわ
確かに彼の色はあるけど想定内ってな感じで・・・。
最後どうすんのかしらってそこに期待がいくわけよね。

仕掛けられた爆弾を爆発させない為に、
ニックの体重と引き換えに土入れてニックを引っ張りあげる。
で、彼らがやった事はニックのベルトにロープにひっかけて文字通り力技、人力で。
皆でぼーん引っ張って同時に爆発ばーん。

土は爆発させない為に用意したはず・・・。
まあショベルカーでざっくりすくった土、体重量とか細かい事は気にすんなって感じ?
科学って?緻密さって何?的な大雑把な解決法!よ!タランティーノ!(ノ∀`)
っというのが当時の感想で、今回見直して・・・やっぱり思う事は同じだった(笑

メインキャラの日常会話に時間を取ったりサブキャラにもちゃんとスポットを当てているし
グリッソムがニックの遺言を読唇術で読み取るシーンはグッと来るもんあったし 
押さえる所はちゃんと押さえてる。
彼が本当にCSIが好きなんだろうなーってのは伝わった。
そもそもファンじゃなきゃ仕事引き受けないよね(笑
で、一番のお疲れ様はやっぱりニック(ノ∀`)

さて本編、これがシーズン最終回。
全シリーズを通してCSI本家で頭に浮かぶ台詞って何?と問われて最初に思いつくのは
 『部下たちを私に返してくれ』
という今シーズンの〆台詞であるグリッソムの呟き。
この騒動で疲れきったグリッソムが本音をね、しみじみと言うのよ。
返してやってよエクリー、とこちらもしみじみ思ったものよ(´;ω;`)

今回に限らず、脂に乗ってる頃って
後になって見返してもやっぱり面白いよね。そんな感じのシーズンだね。

拍手

↓Calendar
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
↓Profile
HN⇒Carni
Movie⇒ドクターストレンジ大変楽しかった!

Drama⇒最近どのドラマも平熱気味。数はたくさん見てるんだけどね・・。

Game⇒アサシンクリードが楽しすぎ(`∇´)

Book⇒特捜部Qドハマリ中。

MUSIC⇒Freshgod ApocalypseのKingが凄すぎて(ノ∀`)
  
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]