忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
Numb3rs (Numbers) Season6 12-14
第12話 死の商人 Arm in Arms
どこまでも貫通する銃。
時々他のドラマで見かける防弾チョッキを貫通する銃より威力が凄い感じ。
あんなもん街中でぶっ放された日にゃあ・・怖すぎるだろ・・。
というか結果はどうあれFBIが武器商人と取引した事に吃驚。
本当にグレーゾーンなんだな・・・。

チャーリーとアミタは結婚式の日取りがいつまでたっても決まらず。
結局両親と同じ日という事になったわけで。
そういえば私の妹の結婚記念日も両親と一緒だったな。
こっちとしては記念日が覚えやすくてかえってよかったけど(笑

さてドンはロビンにプロポーズしてあっさり断られたよ。
まあ確かにあれじゃあ断られるわ。一時に流されてなんとなく、って感じだったもんなあ。
それでいい人もいるけど『ドン』はあれじゃだダメでしょ。
そんなプロポーズにロビンは大人対応。元カノ、リズの助言が役に立ったかはともかく(笑
とりあえずドンの気持ちに整理がついてちゃんとした時がくるまで待ってくれるらしい。
そんときイエスって言うから、とかまったくいい女だね(´-`)                

今回はプラズマの専門家、バーンホフ(6-7)再登場。
武器商人としてジェームズ・レマー(James Remar)ジョン・セダ(Jon Seda)がゲスト。

第13話 歪んだ復讐 Devil Girl
ラズロ教授って存在そのものが和むー。再登場嬉しー。
まさかバイカーだとは思わなかったけど(笑
で、ドンが仲間になる事はないだろうな(ノ∀`)

そういえばコルビーとニッキーは犯人追跡中に車ごと横転。
速攻復帰で頑張ってたけど、事故の後遺症は大抵後日。しかも結構尾を引くんだよね・・。
って最後に出てきたヒッピーみたいのってあれラリー??何がどした??お帰りなさいなの??

第14話 セレブの本性 And the Winner Is...
やけにデイヴィッドにつっかかる嫌な女だなあ、と思ってたら気があったのね(笑
ドンは過去の事件の証拠品の時計を・・・修理できるってすげえな!
それからチャーリー曰く、もう大丈夫なラリー。
確かに帰ってきたけどこれからどうすんだろうな?
それと、ディレクター役にリック・ホフマン(Rick Hoffman)がゲストしていたよ。

さあ、残すは2話!

拍手

PR
Numb3rs (Numbers) Season6 8-11
第8話 エジャートン逮捕 Ultimatum
刑務所関係者がもう感じ悪いったないよ。
まあ実際犯人一味だったし、ありがちなパターンだけど最後は逮捕されてスッキリ解決。
何よりエジャートンだしね?なんも心配いりませんてw

第9話 最強の詐欺師 Con Job
5-12のバスジャックの犯人、バックリー再登場。
してやられたFBI。まんまと逃げられちゃいました。
でもまあいっか、と思わせるのは俳優のお陰だろうね。

バックリーを演じたのはフィッシャー・スティーヴンス(Fisher Stevens)
何やっても憎めない俳優っているけど、私にとって彼はそんな中の一人。
彼主演で私のお気に入りの映画、ショートサーキット2。心から心和める作品でマジお勧め。
つか久し振りに観たくなった・・・これBD出てるのかしら・・。

第10話 ベトナムの傷跡 Old Soldires
日本には3億円事件ってのがあるからな。
当時の事は知らなくてもドラマやらなんやらで定期的に話題になり続けている。
もし事件に関する何かが見つかった、とかニュースになったら私でもテンション上がる。
だから大昔に盗まれた金が見つかった事で彼らが嬉しそうにしてたのなんか判る。
自分たちの代で解決できるかも!ってそらテンション上がるわな(´-`)
更にベトナム戦争の事も絡み、今回3回目の登場、ロジャーまで絡んで
今回はぐっと入り込んで最後まで観れてしまった。
ベトナムに行ってたロジャー、ヒッピーのパパ、正反対すぎて最初微妙な空気だったけど
最後はちゃんと和解していたし何よりよほんと。

今回の犯人は、結局父親の恨みを晴らす為、真実を知る為。
得た答えは『父親は最低のクズ野郎』だった、という事。
ちょっと気の毒だなと一瞬思ったけど、彼も彼でその為に人を簡単に殺してるわけよね。
結局血筋かよ、と・・・。

で、一番気になったのはデイヴィッドのスーツの件だったり(笑
アミタ・・そのスーツ・・・マジで?w

第11話 ミリオネアの確率 Scratch
自身も高額当選者であり、その講習やってる人が実は破産しかけていて更に宝くじ強盗まで。
そら息子もヤサぐれるわ。

宝くじ当たらないかなー。
や、2年連続1月の宝くじで1200円当たったけどね。そういうのでなく(ノ∀`)

拍手

1ミリも??1ミリもダメなのアルタイルさん??

というわけで、以前から気になっていたやつで
最近映画化もされたし、いい機会と思って手を出してみました。
この無印含めPS3でシリーズ7(8)本遊べるしねw

まず電源を入れて『この作品は異なる信仰・信条の(ry)チームで作りました』的メッセージが出て
外国って大変だなあ、でもってそういう話なのね、と。
それで普通に大昔のアサシンの話だと思っていたら
アニムスとかいう機械につながれて過去の記憶が云々とかSFちっくで吃驚。
因みに現代版のストーリーは今回殆ど動かない。今後のシリーズでどう展開するのかしらね。

さてアルタイルさんになって操作始めたのはいいんだけど
不自然通り越して逆にそれが自然と壁を登っていく彼に驚きつつ恐怖を覚えつつ(笑
究極のボルダリング&パルクールよ。彼の指の力ってどんだけ凄いのよ。
それでも自分の操作で彼がするする登っていく、画面とこっちの感覚のリンクが気持ちいい。

で。序盤のチュートリアル的な壁登り。ジャンプしながら移動しながら落っこちながら。
たかが壁のぼり、最初はいまいち操作が伴わなくて一箇所で10分位かかってしまってね;;
私このゲーム向いていないのかも・・・と心折れそうになったよ(ノ∀`)
それでも人間って慣れるものなのよね。なんとか操作をモノに出来たようで。
終盤同じ所をトライしたら数秒で行けるようになってた。人って成長するのねw

操作に慣れてくると判るんだけどジャンプや移動の微調整がちょっと微妙。
今現在2をやってるけどこちらは格段に操作性が上がっているので
ナンバリングを逆行するのはお勧めできません。全部やるつもりなら必ず1からやりましょうw

基本ステルス系なゲームなので尾行したりスリをしたり盗聴したりはいいんだけど
一番の敵は物乞いと酔っ払いというか浮浪者的なちょっとイっちゃってる人々。
盗聴していても彼らの声や音で本文が聞こえやしない。ゲップ音とかほんっっと不快なだけ。
ま、この手の雑音は2で改善されたのでいいけどね。マジで音消したくなったぐらいよ・・。
っつかマジで黙らせる為にぐーぱんちしちゃったよ・・(そして尾行失敗(ノ∀`)

で、1ミリも??あんだけの身体能力ありながら1ミリも泳げないのかアルタイルさん??
もー水辺の辺りは本当に苦労したよ;;;あせって落ちる、やり直し、の繰り返し。
酔っ払いにどつかれて水中落下で死亡したことも・・・・。

結果ここの暗殺は最終的に街中まで追っかけてって白昼堂々と大勢の敵に囲まれてバトル。
バトル系は得意分野だから囲まれても困りはしないけど
ステルスってなんだ、ってなもんです。私のアルタイルさんはダメ隠密です(ノ∀`)
しかしカウンター攻撃、あれバランス無視の反則的な強さよね?
まあ格ゲーではないから多くは言わないけどさ。

ラスボスは弱い。そしてストーリーはいきなり終わる。
この潔すぎるラストは( ゚д゚)ポカーン状態になる事請け合い。
過去パートはいいけど現代パートはそらもうバッサリ。
私はすぐ次をプレイできたからいいけど、
リアルタイムでこれ1本、と買った人は逆にストレス溜まるエンディングじゃないかしら。

旗集め。コレ何?と中途半端に取ってしまったので
後になってMAPチェックとかもう無理。テンプル騎士団も同じく。コンプ放棄。

ともあれ、キャラクターの雰囲気は洋ゲー好きなので自然に受け入れられたし
吹替えも海外ドラマや映画でお馴染みの声ばかりで拒否反応も出ず
MAPじゃなくて空を見上げて鷹目印に進んでいったり、塔からの景色もいいし
慣れないコソコソとしたプレイも含め結構というか十分楽しませてもらった。
中古品でワンコイン、なんか恐縮です(笑

何よりまだ続編がたくさんあるのが嬉しいわ(´∇`)
お陰でPS4の購入はかなり先になりそうねw

拍手

Numb3rs (Numbers) Season6 6-7
第6話 テクノロジーの暴走 Dreamland
ペンタゴン4課の・・何一つ自身を説明出来ない職業のフロイト、
プラズマ物理学の専門家・バーンホフ博士、
旧軍事施設の管理者も含め、 変な人だらけなエピだったな。ま、UFO絡みって大体そうよね。
で、普段変人役で見かける事の多い今回のゲスト、サイラス・ウィアー・ミッチェルが
案外普通な役だったという、これもひとつの不思議(笑

ただのドローン、ってだけならラジコンの進化版ぐらいにしか思わないけど
そこに『軍事用』ってつくと一変して恐ろしいイメージに。歴史も長いしね・・。

今回はデイヴィッドがの今後の進路についてドンにご相談。
ドンは最後に自身について『もう現場は無理かもな』なんて言ってたよ。

そして今回一番気になったのはチャーリーの職場の自室の壁に飾ってあるソロバン(笑
一度あのデカイやつで計算してみたい。といっても足し引きぐらいしか出来ないけどw

第7話 ハッカー vs ハッカー Shadow Markets
めでたくホワイトハッカーになりました、ってオチはいいけど
自身のせいで唯一の肉親である伯母を亡くしたのは心の傷なんて簡単な言葉じゃ言い表せないね。
間違いなく自分が調子に乗っちゃったせいなんだから。

バーチャルでも脳はリアルとして認識している、ってのはゲームをやる身としてはよく判るわ。
単純な事だけど、私自身ゲーム内で高いところから飛び降りたりする時、
自身は安全だと判ってやっていても背筋に何か走るもの(笑
でもってゲームのジャンルは様々。
色々と麻痺しちゃった人が色々と勘違いを起こすんだろうな。リアルで。

話題のパパの上司、どうやら狙いはアミタというオチ。お疲れさん(ノ∀`)
ドンは新車でバイクを購入。パパ曰く、まだ迷いがあるらしい、との事。
一人旅に出そう、って事かしら。
実際違う環境に身を置くと気持ちの整理がしやすいからね。
うむ、やはりドンは旅に出た方がいいな。

拍手

Numb3rs (Numbers) Season6 3-5
第4話 殺人のシナリオ Where Credit's Due
アダム・ゴールドバーグ(Adam Goldberg)がゲストだよ!それだけでテンション上がったよw
このいつだって胡散臭い感じ、大好きよ(´∇`)

パパは就職の為にCADのPC操作を勉強中。
再就職は無理か、と思わせといて結局そのソフト会社にアドバイザーとして就職することに。
でも投資に失敗したのもあるけどこの年で再就職が必要って・・・。
基本親とは暮らさない国だからここらの心情ってのは色々あるんだろうなあ。

CADといえば。
昔勉強する機会はあったんだけど、自分のやりたい事じゃないから結局やらなかったのよね。
やってたら今みたいなのんびりした生活は送れてなかったろうな・・・。

で、ラリーは行く先を散々迷った末・・・どうやら素敵な場所を見つけたらしい。
こういう偶然で見つけたものって一生モノに出会えた感じがしていいよな。
ちょっとじーんときた。

第5話 つくられた少女 Hydra
クローンもの。今となってはこの題材はもうね。

子供は何人?
ケーキ理論持ち出して話し合いとか、『君らおかしいよ・・』と呟くラズロ教授に同意(笑
クローン学者なのかな?ともあれラズロ教授いい感じだったねえ。
このドラマに出てくる教授や博士は皆個性的で見ていて和むよー。

反対に自身の重い古傷を語る事になって落ち込み気味のリズ。
ついで言うとうちの母は男の子を2回流産、私は実は3人目の子なのよね。
私や妹が生まれたり実生活の苦難で気を紛らす事ができたらしいけども
独り身だと、勿論性格や環境もあるけど時々思い出しては辛くなってしまうんだろうな。
そして母親が子供を殺す事がありえなくはない世の中がまた悲しい・・・。

ドンは未だ自身の現状にうだうだと。
でも民間業者の勧誘はきっぱり断って、でもまだやっぱりすっきりしない。
ま、実際そう簡単に割り切れる事ではないからな。

製薬会社の警備主任:キース・デイヴィッド(Keith David)
ラズロ教授:トニー・ヘイル(Tony Hale)

拍手

Numb3rs (Numbers) Season6 1-3
第1話 予告された暗殺 Hangman
ドンの場合は貫禄の一言で片付いちゃうんだけど
チャーリーの場合は太るタイプに見えなかったから丸くなる度に太った、と思ってしまう(ノ∀`)
前にナンバーズ以外の作品で彼を見た時、太った彼に吃驚したもんだけど、
このドラマの時にすでにここまで達していたのね・・。

で、なんでチャーリーとアミタ、プロポーズの後に避けあってんの?
ってなるほど結婚のご報告をする為の事前準備というかね?
・・・って二人の行動が不自然すぎでフいたw そら父も兄も親友も気付くって!ww
ともあれ順番通り、アミタのご両親に許可を得て、エップス家にも無事ご報告。 よかったね。
最終回は二人の結婚式かしら?ありがちすぎ?

第2話 特殊チームの闇 Friendly Fire
グレッグ・ヘンリー(Gregg Henry)がゲスト。
今回こそは善人役か!と期待したけどやっぱり悪役・・・。

なんだかまたしても人生に迷っているドンとラリー。
ラリーは自分の中で決着が付いたみたいだったけど
ドンの方は自分の今までの生き方、職務、命について色々考えているところに今回の事件。
昔なじみの裏切り、隠蔽、殺人。壁に飾られた殉職者の写真を見てまた考える。
いつも以上に心配な感じ・・。

今回唯一の救いはいつも通りの3人。
金曜相手連れてこなかった奴が奢り!!ってニッキー、デイヴィッド、コルビー。
結局パートナーであるお互いを相手に見立てたデイヴィッドとコルビーが勝利。
旨いとこ持ってったねwっつかこれが無きゃマジで重すぎるエピだったよ・・・。

第3話 ロシアンルーレット 7 Men Out
ロシアンルーレット自体が違法じゃないってのは判らないでもないけど
(昔ロシアンたこ焼でワサビ爆弾食らった事を思い出したよ・・)
実弾でやってても??死人が何人も出てても??自己責任だから??うーん・・。

パパは投資に失敗したらしい。 ラリーはいつも以上にうだうだうだうだ。
確かにラリーの今の環境でシンプルに生きる、ってのは難しいのかもね。
人間って欲が出ちゃうから・・・ってラリー、前に出家した事が何の役にも立ってない(ノ∀`)

コルビーは事件で出合った彼女といい感じ? っつかドナじゃんか!(Suit)
サラ・ラファティ(Sarah Rafferty)

拍手

過去、日本を吹替えを避けてきたけども、もう避けられないのね。
なぜPS3でインターナショナル出さないのよ・・・。

っつかね、案の定ね、キャラクターに感情移入がまったく出来ず(ノ∀`)
なんで日本語吹替えって『アニメ!』って感じになっちゃうんだろうな。
比較的受け入れられたのはライトニングとサッズぐらい。
マイッタねw
っつか7リメイクが心から心配になってきた・・・。

で、いざ開始してみるとこれがまた
『あれ私日本語吹替えでやってんのよね?なんで言葉が入ってこないの?』
ってぐらい専門用語というか13内用語連発で(´□`;)?状態よ。
FFシリーズでのっけから疎外感を感じたのは初めてよ(笑
マイッタねw
っつかマジでいい加減にしなさいよって感じだったなあ。
あとね。ロール?つまりジョブだろう?ジョブはジョブでいいじゃねえか!

バトルは好きなタイプのものだったんだけど
いかんせん12ん時がかなり細かく自分設定に出来たのでね。
それと比べるとオプティマ設定も少ないから伴ってロールも変更しないといけないしで
面倒な縛りがウザかったなあ。
召還獣はトランスフォームで萎えた(ノ∀`)

クリア後にロールレベルのMAXが上がってボス直前からLV上げできるのはいいけど
最強状態でラスボスに挑めないってどうよ・・・。
で、続きあるらしいけどもういいです。とりあえず私の中で13はこれでオシマイ。
コンプも2ndプレイもゴメンです。
でもまあ、500円の価値はあったかなw

さあ次は前々から気になってたアサシンクリード!
ステルス系にまったく向いていない私がクリアできるのかしらw

拍手

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]