忍者ブログ
海外ドラマと映画、音楽にゲームやら。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
Criminal Minds Season5-10 The Slave of Duty

エミリーありがとな。
余りにも身勝手すぎるのでね。
いや、この手の犯罪は全て身勝手から来ているものだけどさ。
なんかもーいつも以上にいらいらしながら観てたのでね。
最後のエミリーの脅しで気持ちが少し晴れたよ。
刑務所から一生出てくんな!ってかんじよ(`Д´)!

ヘイリーのお葬式で始まった今回。
何か葬式多いねえ、と思って・・・ドラマじゃなくてリアルでか、となんだか溜息出ちゃったわ。
何年も見る事のなかった両親の喪服姿、今年は既に3回目ってどういう事よ・・。
不幸って続くんだよね。何故か。とかぼんやり考えてたらシーンが終わってた(ノД`)

ホッチの復帰は心配していなかったけど、モーガンの立場の方が気になっててね。
勿論ホッチ復帰となればモーガンは元の席に戻るでしょ、とは思ったけど。ドラマなので(笑
でもリアルだったら実際リーダーの素質がある事は判明されたし、
万年人手不足な部署、新チーム作って絶対そっちに移動・リーダー就任だよねーとか。
なんか余計なお世話な事を考えてしまった(ノ∀`)

『心の傷は過去のもの。未来まで左右させてはいけない』
冒頭と最後に色んな著名人の言葉を入れるのはドラマの特徴のひとつだけど、
今回はそれよりロッシ自身の言葉が心に残ったよ。
助かった被害者女性は勿論、ホッチにも言える言葉。
個人的にもとてもいい言葉、いい考え方だな、と思ったよ。

拍手

PR
Criminal Minds Season5-9 100

余りにも重すぎて辛すぎて悲しすぎてコメント浮かばねえよ・・・・・・。

いや・・・その・・・・通算100話おめでとうございます・・・・・・・・・・・・・。

拍手

Criminal Minds Season5-8 Outfoxe

軍人家族。
夫が出兵中に残された家族全員惨殺。数回。

なんだろう。
言ってる事もやってる事も話の流れとしては理解できても
結局何に葛藤していたのか、
何でその気を静めるのに一家惨殺までする必要があったのかがよく判からなかった・・。
鏡に映った自分への切れっぷりからすると急にスイッチが入るような印象を得たんだけど、
でも実際はちゃんとサイトで情報を拾って、選んで、とか。切れてんのか冷静なのかようわからん。

冒頭のリードが受けていた講義は中々興味深かったけど、
それが解決の糸口ってのもちょっとあざとすぎた気もしたなあ。
うーん・・鏡の自分に対して叫んでいた事に字幕がついていたらもう少し理解できたのかしら・・。
あんだけ悲痛に叫ばれても何言ってんだかさっぱり判らないんだもの;;

カール・アーノルド。1-7で登場したシリアルキラー。
あの胸糞悪いエピだな。思い出しちまったじゃんか(_ _|||)
しかし・・初対面なのに連続殺人犯からフルネームで呼ばれる、って恐ろしいよな・・。
今回一番頑張ったのはエミリーよ・・・。

で、話題の崇拝者。
何やらウォーミングアップ中だそうで・・ってホイエットだとぅ(`ロ´;)!?

拍手

Criminal Minds Season5-7 The Performer

自分のかかえるミュージシャンを成功させるために話題を。
ファンを利用して殺人を。
ふざけんなだわ。まじで。
しかもJJスコップでがつんやりやがって!(がつんやり返されてたけどねw

今回は事件よりも方向性を見失っているミュージシャンの方が見ていて辛かったなあ。
こういう葛藤に悩まされている人って沢山沢山いると思うんだ。

でもキャラモノから普通に、ってのはよくあるけど、
普通からキャラモノに、ってのは珍しいよな。一度限りのイベント系は置いといて。
思うに。廃れたとしても、心からそのバンドを愛するファンってのは少なからず残るもの。
そんなファンからしてみたら音どころかキャラ変えまでされたら吃驚っつか愕然っつか。
とか余計な事考えちゃったわよ(ノ∀`)
私だって、例えばジョン(Bon Jovi。※廃れてません。進行形で大人気。あくまで例えよ)が
ミッキーマウスの格好して今後はコレでいくぜ4649!とか出てきたらとりあえず気ぃ失うもの(笑

ゲスト。ダンテ役。バンパイアコスより普通にしてた時のが全然かっけー。
イギリスのバンド、ブッシュ(Bush)ギャヴィン・ロスデイル(Gavin Rossdale)という事で。
いつかじっくり聴いてみたいな、と思っていたバンドではある。
今回のドラマのを聴いた限りでは好みじゃないなあ、と思ったのでちゃんと本家をヨウツベってみたよ。
数曲聴いた感じではグランジすぎないグランジ系?ポストグランジっていうのでいいのかしら?
購入しよう、とまではいかなかったけど、音もボーカルもメロディも聴きやすかったよ。
と、バンドの話をしてるけども、個人的に彼で印象に残っているのはコンスタンティンというね(笑
というか久し振りにコンスタンティンを観たくなってきたぞ・・・。

それから再登場、キム警部補。イアン・アンソニー・デイル(Ian Anthony Dale)
1-18が初登場。これ以降、他の作品でちらほら見かけるようになったので今ではガッツリ認識。
見かけるたびに嬉しい俳優さんの一人なのよね(`∇´)!

最後に。
時計じかけのオレンジとベートーベン。この例だと第九。
後ろ暗い所なんかあるもんかぁあ(`Д´)!!!
ホワイトアルバム?大好きだ!!気が合うなホッチィイ(。`Д´。)!!!!!

落ち着け自分。

拍手

Criminal Minds Season5-6 The Eyes Have It

剥製か・・・。
私が小さい頃って親戚の家とかで雉とか小動物のを見かけた気がするけど
最近はTVぐらいでしか見かけないなあ。
でも、剥製や標本って昔からどうしも好きになれないので
見かける機会が減ったってのは個人的には嬉しいけども。

ハーバート・マリン⇒記事をぐぐって最高に気分が悪くなったわ・・・ぐぐ様便利すぎよ・・。

今回の事件の方は人間の目を動物の剥製に。とか。なんかもー・・・。
やめ!やめやめ!話を切り替えよう!

今回はモーガンファンにはたまらんエピでもあったな!
おう!たまらんかった!(正直だな(笑

モーガンがチームリーダーになっての初仕事。
なるほどそれでスーツね(笑
初仕事だしチームの為にも失敗は出来ないし、という事で表情がホッチ(-"-)になってたけども。
プレッシャーもあるしでストレスぱんぱん、ってのは明らかだったけど、初だしそこはいいとして。
ホッチとはまた違ったリーダータイプだな、と思ったわ。
ま、某警察署の署長の話が来るぐらいだから、当たり前っちゃ当たり前だけども(笑
「持ち前のリーダー気質が開花されたら、降りろと言われた時どうなると思う?」
ロッシが楽しそうな事(失礼)言ってたけど、まぁこれはモーガンの事、まーるく収まるよね。きっと。

「応援を待たなきゃだめだろ?」
って立場逆転しとりますがな。
笑いを堪えるエミリー。そのエミリーにニヤリなホッチ。・・・和むじゃないかw
特にロッシとホッチはモーガンのサポート、見守ってる~って感じでほんわか(いや、私がね(笑
ホッチも書類仕事減って少しは息抜きが出来るだろうなあ。というか少し気を抜いて欲しいよ。
(とかいっもホイエット残業は日課みたいだけどね(ノ∀`)
(報告書が無くても残っているのはここに住んでいるから、でしょ?w

「あたしのモーガンはどーお?」
さてさてさて。今回の一番の和み。JJの機転でのモーガン部屋の準備とかも。
ほんとねー、このコンビ大好きなのでね。ありがと~~ってかんじだったよ。
恋人同士じゃないってのがまた素敵さを増してるんだと思うんだなー。
シーズン毎に1回はこういうの入れて欲しいわ!

さてさてさてさて。前々回のラスト、モーガンと被害者遺族の女性の件だけども。
結局続いてたんか!と思ったら今日は裁判に参加、という事はええと。
これから始まるようなもう始まっているようなどこで線引きがされているんだか
というかひらがな多めの説明が長々と続きそうなもやっとした感じでしたな(笑
今後進展があるのかしらね?(*´艸`)ワクワク

事件はさておき、モーガンファンな私、最近見所が増えて嬉しいぞ!
でもちょっとリードの影が薄すぎる気もするぞ!

拍手

Criminal Minds Season5-5 Cradle to Grave

妊娠・出産・直後に殺害。
出産させるのは自分の為。殺害するのは夫の欲求を満たす為。
今回のプロファイリングは最後の方まで全然辿り着かなかったなあ。

でも、純粋に自分の子供を、って事での犯行であれば
妻の方は既に理想の男の子、マイケルを手に入れて育ててる。
何故第2、第3のマイケルも望むんだ?
殺人は夫の欲求。契約がどうとか言われても・・・。
子供が欲しい、んじゃなくて出産後の赤ん坊を抱いてその何かを実感したい、という事なのか・・。
いや・・・もうこういう人達にはまともな事は当てはまらないか・・。

里子に出された子供。
うん、これはガルシーの意見ももっとも。
経緯はどうあれ知らずに受け入れた両親、子供、幸せに暮らしてる、となると
いきなり実はこうだったので親権はあっちです、っておかしな話よね。

殺された娘の残した子供、自分たちの孫。
生きていると判れば是非手元に置きたいよな。
だけど、その子供の幸せを一番に考えると・・・って、この老夫婦の優しさに泣けたよ(ノД`)・゜・。
娘を失った、奪われた、という経験をした母親だからこそ身を引けたのかな、とも思ったり。
最初は自分達が引き取る!と息巻いた夫も妻の気持ちを尊重することに。
娘を失った後、お互いを大事に、2人支えあって、生きてるんだな、と思ったらもう(ノД`)・゜・。
実はもう一人子供がいました、ってのは出来すぎだな、とは思ったけど
すっごく素敵な老夫婦だったので、ベタだろうが何だろうが彼らの笑顔が見れて、嬉しかったよ・・・。
里子関係の絡んだ話しでぐぐぐと、いい方向に気持ちを持ってかれたのって久し振りだったわ。
 
さてストラウス部長。
久し振りの登場ね。で、嫌な予感。そして的中(ノ∀`)
ホッチの報告書に見つかった問題点ってなんだろう・・・いや、思い当たる事は多々・・・。
で、ホッチからメールで資料をガンガン送りられてくるモーガン。普通に笑っちゃったけど(笑
流れからしても、ホッチはモーガンに引き継ぐ準備をしてるんだなーってのは判ったけども。
やー、ホッチとモーガンのやり取りは以前から好きだけど、
ある意味BAUの危機なんだけど、今回は全部に渡って和んでしまったわ・・。
あーでも終始和んじゃったのって声優さんの演技のせいかもしれないな。
しかし今回字幕版観てないからそっちで和むかどうかは比べられない(笑

結局モーガンは「一時的」という事でホッチの申し出を承諾。
そうすればホッチとモーガンの立場が変わるだけでチームは残る。
うんうん、モーガンはチームリーダーに。うんうん、書類仕事まみれになるんだね!
頑張れモーガン!きっとホッチが手伝ってくれる(`∇´)!

ゲスト。
ハリー・ハーシュ(Hallee Hirsh) 、ついに出産の演技が出来る年になったか!
そしてやっぱり見る度に「コアラ」を連想する。何故かは判らない(笑

カール・セーガン⇒天文学者・SF作家

拍手

Criminal Minds Season5-4 Hopeless

今回リード出てた?(出てたって(笑

で。事件だけども。
胸っ糞悪ぃったらねえな。
動機の根拠があっても最悪なのに、まったく無いからほんと、ほんと気分悪いだけだわ。
殺害された当人達も遺族もそりゃ悲惨だけども。
せっかくの新居、子供部屋に遺体を隠されて、ってこの夫婦も気の毒すぎる・・・。
ほんと、コイツ等のやった事ってまったくまったく何も生み出さない。
ラストも結果として2人は自殺同然。一番楽な道。
をー!何かムカムカするー!スッキリしねえー!

ガルシアが気にしていたこと。
モーガンと被害者遺族。
ガルシアが注意したことで逆に気がついちゃった?という気もしたな(笑
ラスト、あんな時間に態々、となると、結局がるしーの予測通りになっちゃったのかなー。
ま、事件の結果からして裁判がどうの、には影響ないと思うけどもね。

で!今回のゲストには触れておかないとね!
アンドリュース刑事:ウェイド・ウィリアムズ(Wade Williams)
「ウェイド」をちゃんと認識してみたのはPB以来初めて(それ以前は気がつけてない役ばかり(ノ∀`)
で、BAUに大人しく従うんじゃなくて、中々一筋縄ではいかない刑事だったのが嬉しかったぞ。
ああ、最悪の3人のうちの1人としてブレイク・シールズ(Blake Shields)も出ていたけど、
彼はHeroesとこの作品の印象だけ・・・となると頭の悪そうな印象がついてしまうな;;

そうそう、製作総指揮:エドワード・アレン・バーネロのインタビューも見たよ。
監督・製作のチャールズ・S・キャロルもだけど、君もサード・ウォッチ関係者か!なるほど!
というか警官10年やってたのね。そしてその経験は十分生かされていると思われる。
関わった作品一覧を見ると警察関係モノばかり。評価の高いものも多々。
ブルックリン74分署もなんだね。観てたよー。面白かったのにシーズン1で終わっちゃったけど(笑
今後も是非いいものを作り続けて欲しいと思ったよ!

拍手

Criminal Minds Seaason5-3 Reckoner

人の身体を刻んでいるところを朦朧としながら見ている。
正気だって朦朧としてたってどっちだって一生見たくない光景だわ。

ロングアイランド。ロッシの故郷での事件。
帰りたくない理由って何かしら、と思ったら。なんとも切ない理由だったんだねえ。

今回の首謀者であり、ロッシ初恋の女性の夫であった判事に嘘の事実で動揺させた訳だけども。
エマを妻に迎える事が出来た「男」に対する意地悪もあった気がするなー。
それに悔しいじゃんか。愛した女性が伴侶として選んだ男が彼女を理由に犯行を重ねてたなんてさ。
でもこの夫であり判事であった犯人、最期まできっちり自分のシナリオ通りだったよね・・。

ロッシの旧友レイ。レイが息子のように可愛がっていたショーン。
結構こっちのストーリーに心を持っていかれてしまったよ・・。
確かにレイは犯罪を色々やってるんだろうけど
・・ロッシが協力をお願いしたせいで殺されてしまったとなるとさ・・。
最後の親父さんの仇、ホゾラとのシーンは短いんだけど、
でもホゾラって殺しを20年やってる超ベテランだろ?でもたどり着いて、ってさ。
なんかね、本編じゃないからあっさりやってくれちゃったけど、
義理人情モノに弱い私としてはその短いシーンでもグっときてしまった(/□≦、)

レイ:ウィリアム・サドラー(William Sadler)
ショーン:グレン・キーオー(Glenn Keogh)
「イイモノ」役をやってくれると私が非常に喜ぶサドラーさんだけども(笑
映画にも色々出ているはずなんだけど最近はドラマで会う事が多い気がするなあ。
個人的にはいまだにショーシャンクの空にの彼、何か好きなんだよね。また観たくなっちゃったw

あと印象に残ったのはカウンセラーの人ね。
判事もそうだけど、こういった立場の人ってよっぽどの精神力が必要とされるよね。
一線を越えるか、堪えて司法制度を信じるか。今回前者が判事、後者がカウンセラー。
言葉だとするっと聞き流せてしまうけど、この差は雲泥以上の差。
・・・カウンセラーの人ってどうやって自分を維持しているのかなあ・・・。
カウンセラー:リース・M・バーク(Leith M. Burke)
1-7でも別人役で出ていたらしいがこのブログ始める前に観たきり、まったく覚えておらん・・。
やっぱ書き留める、って大事だな(笑

ジャックとヘイリー。
監視映像をガルシにハックしてもらってそこからお誕生日おめでとうジャック。4歳。
切ねぇ・・・絶えろホッチ・・きっともう少しの我慢だよ・・。

さて和んどこう。
ズルしようとドクターを偽ってみるもドクター違い(笑)ホッチを騙せるわけが無くw
今回はガルシーと一緒にお留守番なリード。
そしてセカンドオピニオン、今回は非常に邪魔な模様。ガルシー気の毒に(ノ∀`)
クレーターについてはgjだガルシア。うん、もっと凹ましてやれ(笑
因みに私の公式⇒アークタンジェント⇒タンジェント⇒三角関数⇒助けてチャーリー(Numb3rs)

あ、日本では考えられないぐらい短いエンドクレジット、BGMが今シーズンから変わったね(遅
それとジョー・マンテーニャは現場までゴルフカートで出勤しているんだって。
で、「芝と道路と切り替えができて・・・」とか言われても(笑

拍手

Criminal Minds Season5-2 Haunted

うーん、映画チェンジリングのチェンジリングされなかった版という印象。
この映画は1920年代に発生したゴードン・ノースコット事件(連続少年誘拐殺人事件)の
被害者の母とされるクリスティン・コリンズをメインにした話なのね。
子供を攫われた親・子供すり替え・警察の腐敗を描いたイーストウッド監督の映画。
今回のクリミナルもメイン所は違うもののモチーフは同じだよねきっと。展開が似てる。
で、確かにこのドラマの個性を出してはいるけど、
あのひたすら重い映画を観てしまっているからなあ・・・正直薄味に感じてしまったわ・・・。
でも40分でこのシナリオの作りこみ、相変わらずハイレベルだなー。

それ以外に触れますか、となるとホッチしかないよな(´-`)
イラつきすぎて攻撃的になってますなあ。
いつもならば当たり前の地元警官への気遣いなんかは二の次に。
大昔の映画に出てきそうな「嫌なFBI」状態に( ノД`)

「守るものがない」んじゃなくて「安らぎがない」って状態だよね。
益々リーパーの思うツボってところだな。皆も心配しているよ。
でもリーパーが捕まらない限り、ストレスが増える一方なのは予測がつく。
仕事を休んでいようが出勤していようが同じよね。
じゃ、出勤しときますかね、とか気軽な職でもないだけに、彼の今後が気になるところ。
とりまくチームも気になるところ。リーダーがああも終始張り詰めた状態だとね・・・。
早く解決して欲しいよほんと・・・。

それと・・・瞬きぐらいはしようね、時々でいいから(ノ∀`)

そうそう、地元警官として、ゲストにグレン・モーシャワー(Glenn Morshower)が出とりました(´-`)

拍手

Criminal Minds Season5-1 Nameless, Face

4-25の翌日であり、4-18の続きでもある。

息子を差し出さないと毎日身代わりを殺す。
てっきりリーパー絡みかと思ったらこっちはまったく別件だったのね。
ほんと、相変わらず大忙しだよ。
 
既に2人殺害されているわけで。
だからって心当たりがあってもなくても大事な息子を差し出す親はいない。当たり前だ。
じゃあ、親が自分を保護したせいで無関係の人が無差別に殺される、と聞いたらどうする?
普通、どう行動するかは人それぞれだけど、じっとはしていられないよな。
親に「学校行く!」と直接宣言せずに既に学校に出かけてから連絡を入れる息子。
頭の回転の速い、正義感の強い息子だなあ、と感心してしまったよ。

結局ターゲットは父親の方。
リードの活躍でこちらも大事にはならなかったけど、足を撃たれてしまったよ。嗚呼( ノД`)
が。足撃たれたぐらいがなんだ!って状況なのがホッチ。
9回刺されたって;;;をーい;;;うぉーい(/□≦、)!!
 
リーパーのSっぷり、切れっぷり、相変わらず。
意識朦朧とした中で致命傷にならない箇所をじっくり刺されるって拷問中の拷問よ…。
家族への危険やらも心配しないといけない状況を作ったり、確実にホッチ壊しに入ってるね。
で、暫く息子には会えないという事でどーんと気落ちするホッチだけども
そこでぐいっと引っ張りあげるのはやっぱりロッシ。うん、今シーズンもホッチをよろしくなb
 
ホッチの部屋で血溜りを見つけたエミリーも不安だったろうなあ。
流石はガルシア、速攻で見つけてくれたけど、重体な上にリーパー絡みとくりゃね。
しかし…あえてすぐに見つかるようにしたのも、この状況を部下に見せたかったからだよな、きっと。
リーパーって本当に「プロ」だよね。心底恐ろしいわ。
 
モーガンのバッジ。なるほどこういう使い方してきますか。
モーガンは逆に冷静に受け止めてたけども(腸煮えくり返ってるのは確かだが(笑
次に糸口を見つける事が出来るのは次の殺人が起こった時。
チームとの対決、事件の解決、本当に楽しみだわ。
 
今回のゲストで気になったのはU.S.マーシャルとしてD.Bスウィーニー(D.B.Sweeney)が出てた事。
最後に数秒だったんだけどね。彼を使って数秒のはずはないので今後出て来るんだろうなあ。
という事は、保護先、ホッチ元妻とジャックに何か起こってしまう布石よね、とか思ったり(T△T)
 
WOWでのインタビュー。今回は監督・製作のチャールズ・S・キャロル。
すまん、5年目にして初めて名前知った(ノ∀`)
で、今回のインタビューでサード・ウォッチに関わっていた事が判明。調べてみたら5話ほどやってた。
なるほどねー!それでTWキャスト多用に納得が行ったわ。
今シーズンは某俳優が、既に一度出たのに、別人としてまた登場予定。ふっふふふ。
 
それからスピンオフも始まりましたな。Criminal Minds: Suspect Behaviorだけどもね。
キャラが被っているのはガルシアだけ。ま、同部署・別チーム編、ってとこらしいね。
こっちの評判もよければWOWで放送してくれそうね。クロスオーバーもあるようだし。
 
そいえばギュブさん初来日してましたな(何が彼をああまでお花畑にさせるのか(笑
髪型すっきりさっぱり。やっぱリードは短い方がいいー。あれが反映されるのは6からかしら…。
リードの髪、いい加減うざいので早くさっぱりして欲しいのよね(笑

ともあれ無事に新シーズンスタート、個人的目標は録画したら数日以内に見る!
おし!これから半年、堪能するぞー!

拍手

↓Calendar
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
↓Profile
Carniと申します。
Movie
⇒ソー・バトルロワイヤル大変満足!

Drama
⇒最近どのドラマも平熱気味。数はたくさん見てるんだけどね・・。

Game
⇒龍如極2早く遊びたーい(`∇´)

Book
⇒特捜部Qドハマリ中。

MUSIC
⇒Redの6作目!Goneループ中♪♪
  
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]