忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
Criminal Minds Season7
第1話 家族の絆 It Takes a Village

観ると疲れるドラマの新シーズンが始まってしまったわ・・。
ってまた皆して上から怒られてるよー(ノ∀`)
 
まだ捕まえていなかったイアン・ドイルの件。
ちょっとあっけない感じはしたけどすっきりきっぱり片付いた、という所だね。
というか前シーズンではかなり時間をかけてやっていたくせに
逃亡後の結末はすんげーあっけなかったよな。
あの母親も復讐とは言っても、実際何をどうしたいのかの表現があっさり、
全てにおいて薄味で、え?え?って思っているうちに片付いていたという(ノ∀`)
 何より息子が気の毒すぎよ・・。絶対トラウマ抱えたまま育つと思うわ・・。

というわけで。
エミリーがするっと戻ってきましたな。
ガルシーやロッシはするっと受け入れ、モーガンは心中複雑(そらそうだよなあ・・
リードはちょっと思う所があるらしい。
でもって彼は唯一チームへの復帰を希望していないとな。
ううむ・・。前シーズンでは影が薄かった分、今シーズンでは色々不幸が訪れそうな気が・・。
最後に我らがリーダー、ホッチ。
ジャックに不評と髭を剃ったのはいいけど、また随分痩せたなあ!でもって急に老けたなあ(/□≦、)!
 
第2話 愛の虚構 Proof
この手の犯罪は本当に本当に本当に本当にムカつくというか怒りしか沸かないわ(-"-)
犯罪録画中の弟の笑顔に心から悪寒が走ったっての!それ以上はもう何も考えたくありません!
前回もそうだけど、大人のせいでその子供に被害が及ぶ、って最悪な気分になるよ(-"-)

ところでJJはプロファイラーになったのね。
って事は以前のJJのポストはガルシアが事務の方、JJがマスコミ、と半々でやるのかな?

そんなJJにリードはぎっすぎす。判りやすいぐらい感じ悪いったら(ノ∀`)
何でホッチやエミリーじゃなくてJJかっちうのは彼女の家に通ったから、ってのが一応正当な理由。
それでもJJに当たるのはお門違いとは判ってんだろうけどね。
モーガンは相変わらず大人対応で自己消化に努めているっぽい。流石だわ・・。
ロッシは実はもう予測していたという、こちらは流石年の功w

そしてこんな時はイタリアン番長の出番!最高よ!っつか家広っ!
ともあれお陰で仲直り出来たのもあるけど、ホッチの笑顔も見れたし嬉しいわー(´∇`)
ホッチが気ぃ抜いて笑ってる時ってロッシがいる時ぐらいなんだよなあ。
ロッシはチームの宝だね・・。

拍手

PR
Criminal Minds Season6-23 Supply & Demand

普通に車の事故から始まって何事かと思いきや
トランクからは遺体が2体、なるほどシリアルキラー御本人かと思いきや
人身売買組織に繋がって。
そしてオーナーは若い女、取り調べる事もなく銃殺でおしまい。
ちゃんと話を聞いてみたいと思う相手がいつも銃殺で終わってしまう気が・・・。
んでも人身売買特捜班のスワンの雰囲気は好きだったな。もっかい出てくれないかなー。
スワン:エイミー・プライス・フランシス(Amy Price-Francis)

というわけで最終回。シーズンを振り返ってみる。
毎度残虐なので眉間に皺寄せながら観るってスタイルは変わっていないんだけど
年々各エピソードが印象に残らなくなってきている。キャラクターじゃなくて事件の。
ネタ切れなのか脚本が雑になったのか私自身が飽きて来たのか。
いやいや、長年続いているドラマでも飽きないやつは全然飽きないもんな。
うむ、やっぱ全体的に簡単に済ませすぎてるような気がするなぁ。
「じっくり」と考えながら観るエピが少ないというかね。ここらは次回に期待だなー。

キャラクター的には色々動きが。
JJがいなくなり。エミリーがいなくなり。シーヴァーが登場し。
んでもシーヴァーは今期限り。そしてJJ復帰。
リードの頭痛の件はその後放置。・・・今シーズン一番印象が薄かったかも。
モーガンとガルシーは今回やたらイチャっとしていた気がする(笑
最終話にケヴィン(やっぱ君は良いヤツだぜ・・)が久々登場したのは
ちゃんと彼らの位置を見る側に勘違いさせない為の念押しと思われ(´∇`)
ホッチとロッシは相変わらず。決めるところは決めるというね。
んでも個人的にはロッシ不足だ!!お天気オジサンぐらいじゃ足りないよ!

うむ!次シーズンはロッシの大活躍に期待だー!

シーヴァー:レイチェル・ニコルズ(Rachel Nichols)

拍手

Criminal Minds Season6-22 Big Sea

モーガンの従姉妹って行方不明だったんだね・・・。
前後にストーカーが絡み、既に数年も経ってるとなると、ただの音信不通とは言い難い。
遺族は結果を求めてしまうよな・・・モーガンも伯母(叔母)さんも本当に辛いところ。
最後に告げたモーガンの嘘、嘘も方便とは言うけれど、なんだか切ない気持ちになってしまったよ。

事件そのものについては。というかな。
こんなに簡単に片付いていいんだろうか、ってぐらい簡単に片付けてったわね。
いや、それはいつもの事なんだけど、いつも以上にと答えが簡単に出てきて( ゜Д゜)ポカーンでね。
彼ら1チームいれば全国の未解決事件も行方不明者もあっという間に片付いちまうね・・・。
・・って時々、ふと目を瞑ってる事を思い出してガッカリしちゃうのよね・・。

拍手

Criminal Minds Season6-22 Out of the Light

性的サディスト。
「露出」するアホはそうなる事は少なく、「覗き」するアホはそうなる可能性があるんだと。
ともあれ、今回は一番嫌な題材だわ・・・(良い題材なんかひとつもないけどね・・

元性犯罪者の過去を利用。
証拠となるものをそいつんちに仕掛けて逃れようとするわけだけど、雑な仕事で即バレ。
まあこれは単純によかったね、って所だけど
この濡れ衣着せられた元性犯罪者、
やっちゃいないが「趣味」は断ち切れません、って事が判ってクローズ。

すっぱり我慢して生活している元性犯罪者もいれば
するっと私達の生活に紛れて「続行」してるやつもいるぞ、っていう警告だよな。

そして事件の犯人は大量殺人をしといて、死んじゃってお終い。
・・・・地獄の業火に永久に焼かれろ、だわマジで。
今回の事件については全部後味悪い・・・。

今回のチーム。
車に対抗して足で勝負のモーガン、まさかの水中戦(ホッチ付き)を見せて貰えるとは思わなかったけど(笑
それよりちびっ子サッカーのコーチにホッチ、ってだけでも楽しすぎるのに、
アドバイザーとしてロッシ参戦よ?こんなハッピーな絵、ある?w
実際ホッチ親子もロッシもとっても楽しそうで、彼らの笑顔に心から癒されたわ。
これがあったお陰で気持ちが少し軽くなったよー(´∇`)

拍手

Criminal Minds Season7-21 The Stranger

今回は偶に見かけるケースだったけども。
殺したい相手がいるけどその前に予行練習!とか。
自殺したかったけど出来なかったから通り魔やてみた!ってのと同じぐらい意味判んないわ。
結局怒りの原因も矛先も間違えてたし最悪すぎ。
歪んだ愛、ってより間違いだらけ、って感じ。
ホッチが正解言わなきゃ最後まで愛とか恋とか気付かずに逝ってたよな。
自覚が無いって怖ぇえなあ・・・・。
何より殺されたベビーシッターの彼女達が報われなさ過ぎる。

で。
ストラウス相変わらずうぜー。と思ったら休職ですって?
ホッチ後釜候補ですって??マジか。そうか・・・・・・。
しかし、何でホッチの負担を増やす事しかしないんだろうな、ストラウスは(笑
ともあれ、ここらの動向はちょっと気になる所だな。

さて!今回の冒頭は皆で映画鑑賞の帰りというね。
なんかこういうの久し振りだなあ(ノ∀`)<ナゴム~♪
で、リード曰く、ホラー映画が人気あるのは生存欲求を刺激するから、なんだそうな。
・・・いやいやいや。アメリカンな方達は大笑いしたいから観るんでしょうよ(笑
「クローゼットに隠れていて(≧∇≦)キイテキイテキイテ!」
「こわいなー( ゚д゚)フーン」
後日、興奮しすぎのリード、無関心すぎるロッシの回答、2人の温度差に和みまくったわw
最近減ってきた「こういうの」、もう少し増やして欲しいなぁ・・。

拍手

Criminal Minds Season6-20 Hanley Waters

緑のワゴン。グレーにしかみえんかった事はさておき(ノ∀`)

状況とか精神破綻とか。
判らなくもないけど、この手の押し付けタイプの女は事情はどうあれどうしても受け付けない。
銃社会にイライラ。身勝手な殺人にイライラ。行動全てにイライラ。終始イライラ。
今回はほんと精神衛生上よろしくなかった・・・。

さて面談。
ホッチはエミリーの真相を知っているからなあ。
その上での面談、どちらの立場も辛いな、と・・・。
モーガンは怒りの段階。ここらは上記の事件とかぶせてんだろうな、とは思ったけども
モーガンはちゃんと話を聞いてくれる人達が回りにいるから安心よね。
でも、やっぱ心から安心させてやってくれ、とも思う(´;ω;`)

でも考えてみたら埋葬時はともかく、葬儀の時って棺の蓋開けて最後のお別れするよね。
チームは当然葬儀に出ているはず。
特に顔に損傷があった訳でもないので、葬儀の時に棺の中を見れない、という状況は不自然。
ここらってどうしたんだろう・・。まさか精巧な人形を棺に入れて見せたとか?
うむー。

拍手

Criminal Minds Season6-19 With Friends Like These…

3人の人物の幻覚を見る、と言われると統合失調症のひとつの症状、と思い浮かぶ。
んでも彼の場合は発祥するといわれている年齢よりもずっと幼い頃から見ているもの、
なのでそれとは違うんだそうな。んじゃこの症状は何ていうんだろう?

幼い頃から持っている殺人というか破壊衝動の表れがこの3人って事よね。
顔が確定したのは自分が起こした火災で初めて人を殺めてしまった罪悪感から。
あの3人は結局昔から存在する自分の一部。
・・・多重人格の全員が外に出てきて指図しまくってる状態みたいな?
表現が難しいわ。そしてどっちにしたって辛い(。_。;)

精神がちょっと、ぐらいでは殆ど同情する事がないんだけど、
今回の事件の場合は素直に病院で穏やかに過ごせ・・と同情してしまったわ。
でも結局3人再出現しちまってるしなぁ。本人は勿論だが頑張れお医者さん、としか・・・。

さて。
エミリーはしっかり殉職者のところに写真が飾られてしまってた・・・。
本当の所を知らない面々はほんと辛いところ。
特にガルシーには本当の事を伝えてあげたい(´;ω;`)
そしてこんな時でもカップケーキの和みを有難う。ケヴィンgbよ。

エミリーの事もあり、今回の事件の事もあってリードは凹み気味。
彼の状況が状況だけに見ていて辛いもんあるわ。
んでも何か起こったらモーガンが助けに来てくれるからね!
(しでかしてからじゃないと動いてくれないらしい(笑

で。欠員補充をするそうな。
JJにエミリーまでも抜けたら流石にちょっと辛い。
新人だけじゃ心もとない、というかシーヴァーには他でもっと経験をつんで欲しい、
という事でベテラン募集中らしい。誰が入ってくるのかちょっと楽しみw

距離減衰式。うむ。アレってちゃんとした関数名ついてたのね(当たり前だ

拍手

↓Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
↓Profile
HN⇒Carni
Movie⇒ドクターストレンジ大変楽しかった!

Drama⇒最近どのドラマも平熱気味。数はたくさん見てるんだけどね・・。

Game⇒アサシンクリードが楽しすぎ(`∇´)

Book⇒特捜部Qドハマリ中。

MUSIC⇒Freshgod ApocalypseのKingが凄すぎて(ノ∀`)
  
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]