忍者ブログ
海外ドラマと映画、音楽にゲームやら。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
Criminal Minds Season5-20 ...A Thousand Words

生まれた赤ん坊には罪はないからな。
あったかい家庭に貰われて
ほんとの両親情報なんぞ一生知る事の無い生活を送って欲しいわ。
一番キツイのは生き残った拉致監禁被害者。
生きて帰れてよかったけども、心の傷は大変なものだよな・・・。

相変わらず事件は最悪だったけども、
地元刑事の地道な積み重ねが解決の糸口に繋がったり
チームのやりとりはなんか和みが多めで見所がちょいちょいあったなー。
地元刑事:ディーン・ノリス(Dean Norris)

『僕は予定ないよ(´∇`)』
モーガンに何アピールなんだろうなリード。どっかつれてって欲しいのか(笑
帰りの飛行機の中、ホッチとロッシに赤ん坊の未来について相談するJJ。
何故かホッチとロッシが並んでる図だけで笑えた。何故だかは自分でも判らない(ノ∀`)
あと!エミリー、リードにポーカー勝った!おし!おし!おし!!!(ノ≧∇)ノ
背徳のギャンブルツアー万歳!(詳細不明(笑

んが、一番印象に残ったのは実はタトゥショップ店員だったりする(笑
店員:Jf Pryor

拍手

PR
Criminal Minds Season5-19 A Rite of Passage
 
サブマシンガンを携帯するなんて珍しい。そして有効に利用。
「大丈夫か?」
「ああ(`∇´)!」「ああ、じゃないっっっ(`ロ´;)!」
車内からぶっ放さないでね、とちゃんと確認しあった離婚コンビ、
確認て必要?な勢いコンビ、素敵ね!エミリーとモーガン、楽しすぎる(笑
というか無事で何よりよ(ノ∀`)

で。今回の犯人の目的はなんかちょっと判りにくかったような。
この国が抱えている大きな問題も絡んできたのでそっちに意識がいっちゃったというか。
 
体格(足も)のコンプレックスはあったと思うけど、
それの発散を自身の仕事(警察)にある矛盾や苛立ちに向けた、でいいのかしら。
違法移民に麻薬、これらの問題を大量に抱えているのに
結局法ではどうにも出来ないというか放置状態と変わらない現実。
だったら俺がやる、『片付け』ちゃえばいい、俺だったら出来る、的な。
 
事件は確かに酷い話なんだけど、
今回はそれだけの問題じゃなくて、国としてどうなの、とも取れたな。
ず~~~~っと言われてる問題だよね。
ここらをしっかり取り締まれない何か特別な事情があるんだろうなあ。

ストロング・セイフティ⇒言葉のまんま、アメフトで攻撃的な守備担当。ふふふ。

拍手

Criminal Minds Season5-18 The Fight

「あらーボスコちゃん、大きな娘さんねぇ(´-`)」
母、違うから!でも言いたいことすっげー判るけど、でも違うから!

ベン:ジェイソン・ワイルズ(Jason Wiles) 声:佐久田修
もー、この回待ってたのよ~~。
クロスオーバーとかよりもね、私としてはこっち、ジェイソンよw
2-4でゲストした時は面がぎりぎりまで割れない犯人だったのでね、
ファンとしてはもっと~~!ってとこだったのよ。
そしたらジェイソンの作品欄にまたしてもクリミナルのタイトルが上がってるじゃないのよね。
役名も違う、前回は犯人、だから今回はきっと犯人じゃないな!何の役だ!
と、この一年、ず~~~~~っと待ちわびてたのよ~~(≧∇≦)
で、上記の母の台詞が今回の私の感想でもあるかな(笑
ともあれ娘の為に頑張る父、なんかほんと、ふふふなのでしたw
1シーズンで終わってしまったけど、Persons Unknown、WOWで放送してくれないかなあ・・・。

ジェーン:アレクサ・ニコラス(Alexa Nikolas)
彼女で一番印象にあるのは私の観た中ではHeroesなのよね。
ペトママの若い頃を演じたんだけど、目力がね、とても印象的だったのよ。
とっても美人さんだし、今後が本当に楽しみな女優さんだよ(´∇`)
でも流石に14歳には見えなかったわ(笑

さてクロスオーバーにも一応触れておこう。
まだ邦題はついてないので原題、Criminal Minds:Suspect Behaviorという事で。
こういった番組紹介的なクロスエピは新キャラクターの説明がやたら多いもんだけど
うん、やっぱりこれも例にならっとりました(笑
WOW放送決定しているので、じっくり語るのは本放送が始まってからにしておこう。

気になったのはこのチームのボス役、フォレスト・ウィテッカーがえらく痩せたというところかなー。
武道の達人役らしいので、それでトレーニングしてすっきりできたのかしら。
ともあれ映画俳優、何本も観ている俳優の吹替つきはきつい・・。
CSI本家は吹替鑑賞が長すぎて今更切り替えられなかったけど、これはまだ間に合う・・。
でも、吹替のが台詞の情報量が断然多いし俳優の表情もしっかりみれるんだよなぁ・・・悩む;;
あ、あとキャラ的に気になったのは元囚人の彼かなー。

で、本家チーム(ついにこのドラマでも“本家”を使う時が来るとは(笑))は完全にホストでしたな。
いつもの彼らならばもっと動けるよね。でもまあ今回ばっかは仕方が無い(ノ∀`)

あ、今回の犯人?迷惑甚だしい!アホか!って感じよ。ったく(-"-)!

拍手

Criminal Minds Season5-17 Solitary Man
 
むかーしむかし、あるところに。王様とか王妃とか。
そう置き換えるだけで穏やかな話に聞こえる不思議(逆を言えば御伽噺が実は残酷ってな(笑

ほんと、子供の環境保護が厳しいよね。アメリカは。
でも、こうやって親子愛が成立しているのに引き離すのはどうだろね、といつも疑問に思う。
お父さん大好き!な状態で引き離して今日からこの人がお父さんとお母さんです、って言われても。
でも子供にとって、生涯に渡って非常にデリケートな問題だからね。
だからこそ、もっといい方法見つけないといけないんじゃないの?とも思う。
子供にとっても、当然手放さなければいけなくなった親に対しても。
 
でもこの犯人に同情はしないわ。
確かに気の毒。でも同情はできないわ。
 
で。後半からリードの存在がまったく消えてた件はさておき。
結局一人で登れるくせにロッシの手を借りようとしているのがずうずうしいったら(笑
そりゃー、おにゅーのブーツのが大事に決まってるじゃないのよさ( ´_ゝ`)

拍手

Criminal Minds Season5-16 Mosley Lane

助かった子供、助からなかった子供、昨日殺されたばかりの子供。
その、親。
エピとしては一応解決はしているけど、一日違いで出会えなかった両親。
なんかもー・・・辛すぎて久し振りに泣けた・・・。
犯人は銃殺と自殺。まったくもって納得できねえよ・・・。

子供の入ったダンボール、焼却炉、炎、鼻歌、挿入曲にIllabye。
怖い怖い怖い怖い怖い怖いっつのー;;;;;;;;;

TipperIllabye(小文字入ると判りにくいね。大文字で⇒ILLABYE)、オルゴール調のやつね。
これ、別エピ(1-7。あの大嫌いなキツネの回だよ!)でも使われてたよね。
流石にどのシーンか覚えて無いけどすっげ不安な思いをした記憶がある(あのエピ相当重いし
今回また使われてて、ふとそんな事を思い出したわ。

あと後半にかかったのはFredrikOmbergだけどもさ。
どちらの曲も、こういうドラマで使われるとトラウマになるよな。
残念な事に、聴くと不安になる曲、ってのはやっぱりある。
それの仲間入りだわ・・・なんかあんまり聴きたくない曲になっちゃった。

で、ギュブさんが監督としてクレジットされてたよ。初監督おめでとー(´∇`)
でも曲と一緒でこのエピももう二度と見たく無いエピの仲間入り(´□`)
だって悲しすぎるんだもん・・・。

拍手

Criminal Minds Season5-15 Public Enemy

また痛いラストだったなあ・・・。
刑務所に入っても、最大の目的、父親も殺せたて結局このコイツの思うがままじゃないか・・・。
今回も犯人に対して終始ムカっ腹立ちっぱなしだったけども、
このエピは妹と観たので横がもう煩くて(ノ∀`)

妹は洋画は見ても、海外ドラマは滅多に見ない。
「え!なんでこの発想が沸くよ?」
「プロだから」
「え!なんで答えが即答なのよ?」
「プロだから」
「え!おしまい!っていうかすっげ都合良すぎじゃない???」
「40分だから」
「え!・・・なぁ~る(`L_` )」

私は40分ドラマに関してはもう流石に慣れすぎてるので今更だけども。
やっぱり、普段見ない人がみると、特にミステリーやサスペンスはあっけないと思う。
連続で観ていなければ主要キャラクターや世界観に思い入れが無い分、
レギュラーも今回限りの地元警察も全員同じ新キャラ。となると事件の展開に目が行くよな。
となると、非常に簡単に事が進む、すっげー都合よく展開が進む部分が目立ってしまう訳で(´□`;)
40分でも優秀なエピはいくらでもあるけど、そう多くは無いからね。ま、仕方ないか(笑
話思いっきりそれたけど、これも今回は仕方ない(ノ∀`)

で。カトリックは聖体拝領というんだね・・・φ(。。 )
因みにプロテスタントでは聖餐式(せいさん式)といいます。
子供の頃、牧師さんが配るパンのようなもの、すっげー食べたかったw
ま、実際食べたらそう美味しいもんではなかったけどね(そういう目的じゃないから(笑
あと「血」はワインじゃなくて葡萄ジュースみたいなのだったなー。

モアランド刑事:フランク・ジョン・ヒューズ(Frank John Hughes)
 久し振り!最後に見たのはキャッチミー・イフ・ユーキャンかな??
もっと会いたいぞー(ちょい役でも出来れば映画で!

拍手

Criminal Minds Season5-14 Parasite

ツキが落ち始めた詐欺師。
自分の世界の崩壊が始まってしまった詐欺師、という所か。

作り上げたものが見事であればある程、崩れ始めたら早い、修復するなら速攻で。
修復が間に合わなければ落ちるスピードは増す一方、
崩れた後の代償は計り知れなくでかい、って考えを私は思ってるんだけどね。
それをそのままドラマにしてくれた感じだったな。オチは見えても目が離せなかったよ。
でもさっきの私の考えにはもうちょっと続きがあって、
壊れたんなら一から作り直すか全く別のものに目を向ければいいだけの事、とね。
なので死んで終わりにされてしまうとどうもすっきりしないんだよな。
ちゃんと償わせて欲しかったなあ。

特に詐欺師の場合はダメになりだしらたら
ま、実際その当事者だったらザマミロコンチクショウだけど、
ドラマや映画で観ていると、その落ちてく様は何とも虚しい気持ちで眺めてしまうんだよなぁ。
そして見終わった後にドッと疲れが来るという(笑

でも、これだけの詐欺をやってても専門部署(ホワイトカラー犯罪課)からしてみれば
優先順位が低い詐欺師なんだね。怖ぇえ・・。
 
書類でうきうき。書類でいらいら。今回の和み(´∇`)

仮にビルとしておこう:ヴィクター・ウェブスター(Victor Webster)
ゴールドマン捜査官:デヴィッド・エイゲンバーグ(David Eigenberg)
ヴィクターさんについてはサロゲートに出ていたらしいが
如何せんあの映画はあんな顔の人が大量に出ていたのでどれか覚えておりません(ノ∀`)
デヴィさんは見かけすぎて、逆にクリミナルまだだったんだ??と勝手に吃驚してたという(笑
いい加減レギュラーものでちゃんと会いたいもんですなー。
 
バーナード・マドフ
ポンジースキーム(Ponzi scheme)っちうネズミ講のようで微妙に違う、
まぁ、結局のところは金融詐欺をやった男。現在服役中。
というかポンジースキームについて学んじまったじゃねえかよ(笑
ネズミ講ってピラミッドみたいなイメージがあるんだけど、
こっちはイメージ的には中心から外側に徐々に範囲が少しずつ広がっていく感じかなあ。
手を広げつつ、ばれない程度の資金を回しつつ。このエンドレス。
そして資金回しがうまく行かなくなると、ジ・エンド。
・・・・・・文章力プリーズ(ノД`)・゜・。 

カサノヴァタイプ。
vsドンファンタイプ、という所かしら。どっちも嫌だけどな(笑

拍手

Criminal Minds Season5-13 Risky Business

子供の自殺、第一発見者が親。
もうこの映像だけ泣きそうだったわよ・・・。
 
で。窒息ゲーム、なんじゃそら!と一瞬思ったけども。
性的にそういうのが好きなのもいるようだしな。
そういうのがいるってのも割りと一般的に知られてるしな。
どっかのバカがゲームとして発展させるってのはありそうだよな。

「ゲーム」って言うと気軽な感じがしてしまうけど、
ほんとに、判断を誤ると大変な事になる。酒の一気飲みだってそうよ。
判断するのは自分。ノリも大事だけど、ちゃんと後を考えないといけないよね。
 
で。まさかオチが代理ミュンヒハウゼン症候群だったとは・・・。
全てをあきらめたように父親の言うがままの息子がなんつーかもう・・・・。
今回頑張ったガルシーとは凄くいい感じだったので(ガルシー、ほんとよく頑張った!
退院して、いずれネット仲間とかになっててくれたら嬉しいなぁとか思ったよ。
クリストファー:マイケル・ボルテン(Michael Bolten)

突然の愛情表現。
チームのメンバーが一斉にJJから目線をそらしたのがなんか怖かったわ。
事実詳細とまではいかなくても事情が読めちゃうんだなこの人達・・って・・・。

JJはお姉ちゃんを亡くしてたのか・・・。
自殺は家族にとって一番辛い亡くなり方だよな。
今自分の家族にそんな事があったら、なんてチラっと思うだけでも本当に恐ろしいわ。
道は沢山あるんだから、寿命はまっとうしないといかんよね。家族の為に、勿論自分の為に。
そしてホッチとJJのやりとりにしんみり(´;ω;`)
 
スターパズル。ポーカー。チェス。囲碁。言わずもがな(ノ∀`)
・・・ん?足全快か?

拍手

Criminal Minds Season6-12 The Uncanny Valley

がんばって・・・!
手に汗握る、とまでは行かないけど、今回はず~っと心で唱えながら観ていた気がする(笑
最後の3人、3人とも助かってよかったよ。

チェスとリードと少年と。
名前は出ずともギデオンの事よね。
ギデオンは今どこで何をやってるのかなぁ・・・。
ともあれリードは確実に成長しているのでね。
久し振りに再会して酒酌み交わした、とかいう話聞きたいなあ。

遊園地の警備。
普段動いているものが止まってるってなんか怖いよな。大掛かりであればあるほど。
そういった機会って関係者以外で遭遇する事はあまりないけども。
昔、深夜に清里に行った事があってね。
完全に眠った状態の観光地。季節はずれでもあって私と友人以外誰もいない状態で。
昼間や夜でもライトアップされてればきっと楽しい気分になれるはずの建物全部が真っ暗で
今もあるか判らないけど、でっかい時計の振り子だけが動いるという。
なんかホラーな世界だなぁ、と思いながら散歩したんだけどもね。
こういう誰も居ない遊園地とかのシーンを見るといつも夜中の清里を思い出すんだよなー。
まぁこれは清里に観光として未だ一回も行った事がないからだと思うけど(笑

話それた(´-`)

拍手

Criminal Minds Season5-11 Retaliation

今回は冒頭がきつかったわ。
犯人の行動がまったく謎な上に名前が飛び交うわで、何度「ええと~?」と口から出た事か。
頭の処理速度、年々落ちてんだよう(´;ω;`)

犯人がムカつくのは毎度の事なんだけど、
今回のように銃殺してしまったが故に情報が聞き出せなくなった、ってのはよくある。
犯人に発砲する時、絶命させる為じゃなくて動きを止める為、って選択肢もあるんだろうけど、
そっちが選択される率は結構低いよな。ニュースでも警官発砲、犯人死亡、偶に耳にする。
銃社会ってほんと嫌だね・・。

というかエミリーがまた顔に痣を。結婚前なのに(/□≦、)

で。潜入捜査官。
ついにクリミナルでもお会いしちゃったわティム・ギネー(Tim Guinee)
ほんと私の観るドラマ登場率高いわ(笑

拍手

↓Calendar
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
↓Profile
Carniと申します。
Movie
⇒ソー・バトルロワイヤル大変満足!

Drama
⇒最近どのドラマも平熱気味。数はたくさん見てるんだけどね・・。

Game
⇒龍如極2早く遊びたーい(`∇´)

Book
⇒特捜部Qドハマリ中。

MUSIC
⇒Redの6作目!Goneループ中♪♪
  
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]