忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[612]  [611]  [610]  [609]  [608]  [607]  [606]  [605]  [604]  [603]  [602
Season3-16 Elephant's Memory

集会に参加したリード。
3-12を見た時そんな気はしてたんだけどね。
でも今回の一件でもう本当に大丈夫そうでよかったよ。
預かったメダル、ちゃんと今年中に返せそうだよね(´∇`)

まぁそんな事もあって、更には自分の(苦い過去ばかりであろう)学生時代を思い出させるような人物が犯人という事でピリピリしっぱなし。
ホッチにまで怒られてしまったよ。いや怒るよね(´□`;)
ここら辺りはやっぱリードって子供なんだなあと思うよ。
でもつくづく思うのはホッチの言葉選びの巧さ。
ここでは役に立たないという言葉じゃなくて、役に立つからそっちへ行け、とかさ。
ラストの飛行機での会話もそうだけど、ちょっとした言葉の端々に巧さを感じる。
日本語は特に言葉表現が多すぎるので翻訳する人も巧いんだろうね(笑

で、モーガンの所にやったってのも計算のうちなのかもと思ってみたり。
モーガンは2-12の過去事もあるし(リードは詳細知らないよね?)、兄貴(笑)だし、
だから、リードをさり気無く落ち着かせる事が出来るんじゃないかと。
個人的にリードとモーガンは男同士の友情をがっつり築いて欲しいので
今回嬉しかったよ(笑

にしてもリードといえばいじめ。
ちらほらと他エピでも出ていたけどやっぱりどの話でも聞いていて辛いよね。
普通に同級生でも年齢差が凄いからね、彼の場合は。
私はいじめの経験はないけど、平和に過ごした訳でもない。
学生時代の嫌な事なんかはいつまでも覚えている。
でも、思い出そうとして初めて思い出すぐらいで、引きずってはいない。
モーガン自身さらっと流すように言ってた自身の体験、つまりそんな感じで流せる。
思い出して深刻に悩むぐらいなら思い出さない、ってね。
「記憶力がいいってのも問題だな」
でもこればっかはモーガン(私も含め)とリードの性格の違いもあるよなー。
リードの場合はそれに加えて一人で過ごす事が多かったと思うからね。
なんか色々切なくなるっちうの。
ともかくねえ、リードの痛い話を聞くたびに早く幸せになるのよ!って思うの(ノ∀`)

ところでさ。
「友達を守りたいならこれは最後の手段よ?ジョーダンの為よ?」
この作戦ってどうなの?
もしかしたらオーエンがジョーダンの傍でメールを見る可能性だってある訳じゃん?
結果として助かってたけどさ。この展開は有り得ねえだろーとか思ってしまったよ。

それとw
ハルム保安官役のクリス・マルキー(Chris Mulkey)が今回もいい人だったw嬉しいw

以下音楽の話(笑
今回はジョニー・キャッシュ特集と言う事で(笑
The Man Comes AroundHurtが使われていたね。
元がカントリーの人なので日本ではリアルタイムでは知らない人のが多いんじゃないかな。
それでも2005年に公開されたホアキン・フェニックスリーズ・ウィザースプーン主演のウォーク・ザ・ラインというジョニー・キャッシュの伝記映画で知った人は多いはず。
アカデミー賞に2人ともノミネート、リーザは受賞までしたしね。

私もジョニさんの音楽を知ったのはこの映画。勿論、動機はホアキン目当て(笑
で、この映画を楽しむ為に彼の音楽を色々聴いてみた時があってね。
私はカントリーはガッツリ聞き込むものではなくBGMとして軽く流して聴くのが好きなので
メッセージをどうのとか深く考えて聴く事は滅多にない。
今回使われた2曲は映画では使われてない。(映画の内容の時代の作品じゃないからだろね)
それはともかく、その色々と漁っていた当時に辿り着いたのがHurt。
これはねー。いきなり私の音楽ランキングに登録ですよ(笑
彼のオリジナルではないけどね、素晴らしいんだよね。(原曲はNine Inch Nails
PV見た時なんか、なんか時が止まってそこだけ動いているような錯覚を起こしたぐらい。
映画を見る前でもそれだけの印象を持ったこの曲。
2002年のもので、その翌年に最愛の妻が、数ヵ月後に彼自身亡くなってしまってるのよ。
で、映画で彼の人生を学んだあと、このHurtの歌詞を調べて。
改めてPVを見直したというか聴きなおしたというか。
涙が出たよ。
それぐらいね、素晴らしいの。納得してしまうの。
今も聴きながら記事を入力してんだけど、もう、今にも泣きそう(笑

とっても愛しい音楽をね、使ってくれたのが嬉しかったのよね。
クリミナルを通して、この曲の存在に気が付いてくれる人がいるんだな
と思ったらもっと嬉しくなったのよ。

力いっぱいこのアルバムをお勧めするわ→ The Man Comes Around
コレで勉強してから聴くともっと泣けるのよ!→ウォーク・ザ・ライン 君につづく道

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
↓Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
↓Profile
HN⇒Carni
Movie⇒ドクターストレンジ大変楽しかった!

Drama⇒最近どのドラマも平熱気味。数はたくさん見てるんだけどね・・。

Game⇒アサシンクリードが楽しすぎ(`∇´)

Book⇒特捜部Qドハマリ中。

MUSIC⇒Freshgod ApocalypseのKingが凄すぎて(ノ∀`)
  
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]