忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
Criminal Minds Seaason6-18 Lauren

ドイルは逃亡したのか・・・。
とするとエミリー・プレンティスとしての結末はああするしかないんだな・・・。
何より殉職じゃなくて良かった・・・ほんとよかったよう(T△T)

正真正銘降板だったらそらもう(T△T)(T△T)(T△T)を埋め尽くしてる所だけど、
JJん時より複雑、大人の事情で降板したり復帰したりまた降板したり。
一応今回エミリー降板エピではあるんだけど気分は複雑。
本国よりシーズン遅れの放送、でもニュースは粗リアルタイムで入ってくる。避けてるつもりでもね。
なんかそういった大人事情なニュースのお陰で
無心で作品を楽しむ、というシンプルな事が出来なかったわ・・・嗚呼・・・。

拍手

PR
Criminal Minds Season6-17 Valhalla

今回もエミリーの件を交えつつ、いつもの職務をこなしつつ?
と思ったら今回の事件は全部イアン・ドイルの仕業だったよ(`ロ´;)コワ!

新しく判った事は自分を捕まえた奴らに復讐して回ってる、という事ぐらいか。
で、最後の仕上げがエミリー、という事で。
何でこんなに怨まれて、となると・・恋に落ちて騙し騙され、ってとこだろうなあ、きっと・・・。
そして元同僚の女性も殺されてしまった。嗚呼・・・。

チームの事で脅されたエミリーは結局自分もターゲットになっている事は言えずじまい。
言った方が早期解決に繋がるじゃん!とは思うものの
事がでかくなりすぎた上にイアンのやり方の冷酷さ、言うのも逆に招く結果が恐ろしいって雰囲気。
アメリカだけにあらず、あちこちの国も絡みすぎ。そりゃーマスコミも黙るっちうもんです。
そしてチームは様子がおかしすぎるエミリーが気になりまくり(そらそうだ

国際機密区分情報施設=スキッフ(SCIF:Sensitive Compartmented Information Facility)
初めて聞いたよこんな機関。一般人が知ったら命狙われそうな情報を沢山持ってそうね・・・。

ストラウスは休暇中。おし。
リードは頭痛が続いている模様。こちらの件はまた後でどーんと来そうだな・・。

てゆうか何で録画溜め込んでた時は全部単発エピ、
やっと週1話ペースにおっついたと思ったら前後編なのよーう!続き早くー(ノ∀`)

拍手

Criminal Minds

第15話 善意の罠 Season6-15 Today I Do
あくまでも善意。
本人は陥れた気がない。あくまで人助けのつもり。
勿論彼女がやった事は犯罪だらけなんだけどさ。
こういったケースの場合は捕まった方にも問題有ると思うけど、そう簡単に言い切れるものでもないし。
私は精神弱りきっても人に頼りきるって経験がないので、もやっとした感情だけが残ったな。

んでもね、自己暗示ってのは結構有効だと思うのよね。
前々から言ってっけど、「病は気から」ってのは案外本当なのよ?(笑
それより何より犯人の女が会社の人にそっくりで違った意味で参りました(ノ∀`)

エミリーの件はまだお預けらしい。
ローレン・レイノルズ。エミリーの別の名前。潜入捜査か。
んで、昔の同僚の婚約者が殺されたり、もうすぐ会える、と不審且つ心当たりありまくりのメール。
ううむ・・・なんか大掛かりな予感・・・。

第16話 哀しきメロディー Season6-16 Coda
不景気・失業・金欠・離婚・親権。
どうにもならなくて身近な顔見知り(しかも裕福ってわけじゃない)を拉致誘拐。
どんだけぎりぎりの精神状態か、ってのがもうね。
今の時代が時代なだけにテーマ自体が切ないったらないよ・・・。
ちゃんと屋根のある所でちゃんと仕事があってご飯が食べれている事を感謝しないといけないな。

誘拐から無事開放、父は亡くなってしまったがどうにか無事に対面できた母子だけど、
それより音信普通だった兄妹の悲しすぎる再会が見ていてほんと辛かった(´;ω;`)
後悔しない為にも、特に身内とは喧嘩はいいけど絶対仲直りしないといけないなと思ったよ。
年を取っていればいるほど音信普通になるのは容易だからね。気をつけないと。
ま、うちはお気楽仲良し家族だからいいんだけどね(笑

エミリーの件、またまた保留。
インターポール時代のどうのこうの。昔の仲間と連絡取りあったり。エミリーかっけーなあ(笑
とか思ってたら最後にご対面。
チームの事もしっかり見張られてる。どうなるんだ・・・。

今回の。
「音楽って基本数学ですから(´∇`)」
私自身、奏でる音色は数学ではないが楽譜は数学、というか算数だ、と小さい頃から思っているクチ。
複雑な楽譜ほど音符が数字に見えるんだよなあ。
拍の決まった小節にその範囲内で様々な音符がつまってると頭で勝手に数字に変換、
足したり引いたり、小節内での辻褄合わせが超楽しい。
上手い下手は置いといて、お陰さまで楽譜の初見は得意だったよw

「ほんとごめんなさい。聞いちゃって・・・(。_。;)」なんかありがとシーヴァー!

拍手

 Criminal Minds
 
第13話 殺人カップル Season6-13 The Thirteenth Step
あまりに使い古された内容なので正直退屈だったわ。
例えばキャスティングとかさ、よっぽど魅力がない限りそう何回も同じようなものは観れないって(ノ∀`)
で、どうせ王道通で両方死んで終わりでしょ?ってまったくもって期待通り。
面白くもなんともない。

まあどうせ生き残って捕まった所で責任能力がどうのこうのともやっとした結果になるんだろうけどね。
彼らの通りすがりに殺された人々遺族の事を考えると怒りしか沸かないっての。
というかこの手の題材って大っ嫌いなのよね。当事者だけでやれ、っていつも思うわ。

で。
初登場、ショーン・マカリスターさんが言うに、イアン・ドイルってのが姿を消したって?
エミリー、危険なの・・・?

第14話 タクシー・ドライバー Season6-4 Sense Memory
CSI:NYのタクシー・キラー+パフューム(2006)というわけね。
・・・ネタ切れなんだろうか(ノ∀`)

それよりエミリーの方が気になるところ。
金庫の中の黒線だらけの書類。玄関に一輪の花の贈り物。そこからの回想。
潜入操作でもしてたのかしら?もう疑問だらけ。早く続きが観たいー!

今回の。
がるしーのデスクの日本製を装ったウサギ、板が横になってて和んだ(´∇`)
「1290.6ぅ・・・」ありがとな、リード(´∇`)

拍手

Criminal Minds Season6-12 Corazon

宗教とか儀式とか。信じるか否かはその人次第。
興味深い分野なのでついつい入り込んで観てしまったけども。
情報が多すぎてもう、え?いまなんて??の繰り返しだったわ(笑

ぱろまよんべ。死者の魂をねじ伏せる的な教え・考え方らしい。
色々あるよなあ。馴染みのないものに殺人も絡んで薄気味悪さ倍増。
終始(-"-)こんな顔しながら観てたわよ。

で。まさか本の売り上げの為(´□`;)!?と思わせつつ、そんな単純なわけがなく。
結局は父親に対する思いからくるもので。
更に儀式が絡んでやっぱり怪しさ満載だったわ・・。

貧乏ゆすりなリード、病院にて。
光・頭痛・幻覚。
ママが出た時点で何れこういった話は出てきそうだな、と思っていたので
ああ、ついにきちゃったか、始まっちゃったか、と思いつつ。

死者の魂・亡霊がどうの、と言うのは、別のものに置き換えれば納得。
これはリードだけに限らずこういった特殊な仕事に就いている人は全員当てはまるんじゃないかしら。
現実でこんな事件に携わってたりしたらたまらんよ。
人は色々記憶に残してしまうからね。その記憶がね・・・。
でもリードはそれプラス遺伝があるからなあ。今後の展開が心配だ・・。

頭痛。
頭痛持ちな私だけども、頭痛といっても色んなタイプがある。
私自身ここ数年はいつもの偏頭痛の他に眼球から奥に来るような頭痛が出るようになったのでね。
薬が呑み遅れると今回のリード状態になるのよね。目が開けられなくて光がほんと辛くなる。
私の場合は特に電気系(PC、ネオン、TV)の光がキツイ。他人事に思えなかったわ。
あ、でも怪しい幻覚は今の所見た事ありません。単純にドライアイから繋がった現象です(笑
(目医者行け

拍手

Criminal Minds Season6-11 25 To Life

25年前の件。
罪状は妻と娘を殺害。仮釈放審査。仮釈放は有か無しか。
判断を任されたモーガンは面談の結果、仮釈放を認めた。
仮釈放後、殺人事件発生。

結局冤罪だったというね・・・。
真犯人は政治家、と話はどんどん大きくなっていき。

久し振りに見ごたえがあったなー。
こういうのをさ、いっそ映画とか倍の時間でじっくり観たいのよねー(ノ∀`)<ネェヨ
せっかく政治家絡んできてもあっさりになっちゃってもったいないったら。
それでも最後までじっくり楽しめた。息子ともちゃんと会えてよかったよー!

さてチーム。
アシュレイは研修生として参加する事になり、エミリーが面倒みてくれるみたい(´∇`)
ストラウスvsロッシ。楽しいねえ。もっともっと見たいねえ(´∇`)
で、ホッチは今日はお休み。うんうん。お陰でモーガン散々よ。うんうん(´∇`)

拍手

Criminal Minds Season6-10 What Happens At Home…

常々やって欲しいと思っている加害者家族側の話。
まさかこういった形で持ってくるとは。いやはやー。

タイトル通り、シリアルキラーの娘、アシュレイ・シーヴァー。
昔ロッシとホッチが彼女の父親逮捕に携わったようで。
そんな過去があるアシュレイは現在FBIアカデミーで研修中。
色々背負って成長中の彼女、この時点でもう泣きそうよ(´;ω;`)

どうやら新メンバーに加わりそうな彼女。(ホッチの言動がそう言ってる(笑
その彼女の紹介もあったせいかちょっと都合がいい展開だったけど
また違った視点が加わるなーと今後の活躍が楽しみになったよー。

「可愛いと思ってるんだー(^∀^)?」
「そんなん事言ってないよ(`ロ´;)!」
ふふふな感じだったけど、アシュレイ、リードにだけは聞いちゃいけないと思うの。
相当無神経にきっちりガッツリ教えて貰えてしまうと思うの。気をつけてね(ノ∀`)
アシュレイ:レイチェル・ニコルズ(Rachel Nichols)

あ、最後の方に流れてた曲。
Five Finger Death PunchFar From Homeでございます......φ(..。)メモメモ
というかバンド名にウケたw

拍手

↓Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
↓Profile
HN⇒Carni
Movie⇒ドクターストレンジ大変楽しかった!

Drama⇒最近どのドラマも平熱気味。数はたくさん見てるんだけどね・・。

Game⇒アサシンクリードが楽しすぎ(`∇´)

Book⇒特捜部Qドハマリ中。

MUSIC⇒Freshgod ApocalypseのKingが凄すぎて(ノ∀`)
  
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]