忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[299]  [298]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289
Season2-22 Legacy

今回の犯人の動機やその殺人描写に関しては、
質の悪いSAWを観ているようで気分が悪いので触れません(笑
SAWは大好き(殺人描写が好きという意味ではないよ?)な作品なので、
そのランク落ちしたようなものを観るというのは違った意味でキツイ(´-`;)

冒頭のギデオンとホッチとモーガンはもう超和み!(ノ≧∇)ノ
私もチャップリン好きなんだよ~。
泣ける長編も良いけど、笑える短編がね、またなんともいえない。
初めてチャップリン作品を見た時は、目が釘付けになってしまったのを覚えてるよ(`∇´)
そしてモーガンにとってはホッチも「おじいちゃん」になってしまうのか(笑
3人の穏やかな空気がとっても好かった (≧∇≦)

ドヤ街の聞き込みシーンも和みましたなーw
娼婦全員に声をかけられたリードについては相変わらず期待を裏切らないですな(笑
でもやっぱモーガンよ!見せてくれるじゃんね!
season1はリードに惚れ落ちてたけど、
今やすっかりモーガンにやられっぱなしよ(*´艸`)<モッテカレタ~

最後は皆でチャップリンの上映会。彼らが楽しそうでなによりですよ(笑
さー。ついに来週はseason2の最終回。例の続きだね。楽しみだぜ!

ヨークシャーの切り裂き魔=ヨークシャーリッパー=ピーター・サトクリフ
75~80年イギリスで娼婦ばかりを13人殺害。重軽傷7人。終身刑。

マクギー:クリストファー・ライアン・ウィンターズ(Kristoffer Ryan Winters)

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]