忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
Maleficent

原作については他の姫様物語とごっちゃになってるのよね。
なので眠れる森の美女にたいしてはぼんやりな記憶。
元の話は気にせず、ハマリ役のアンジェリーナさんを楽しんできたよ。

この世界観は好き。
妖精の森とか美しかったし妖精たちも個性的でよかったし
子供の頃のシーンはマレフィセント含め、観ていてほんと微笑ましかった。
ストーリーもとっても判りやすかったんだけど、
いかんせん無駄が無さ過ぎるというか。ちゃっちゃと進んでっちゃうのよね。
マレフィセントが翼を無くした時の悲鳴は本当に悲しかった。
悲しすぎて耳を塞ぎたくなるような悲鳴、ってこういうのを言うのよね(´;ω;`)
でも話はちゃっちゃと進んでいく(笑

個人的にはカラスのディアヴァルとマレフィセントの関係がお気に入り。
なんのかんの、仲良くやってんじゃん!って感じがとってもイイ。
オーロラも含めて3人のシーンは和んだなあ。

ディアヴァルはカラス以外の生き物に変身されられたりするんだけど
それが犬だったりドラゴンだったりしても、
どっかカラスらしさが顔に残ってるんだよね。これが一番のツボw

今回は王様が悪い人。3人の妖精もなんか感じ悪い人。
王子はマヌケさん(でも彼に罪はない・・・
真実の愛のキスうんぬんについては
状況の違いはあれど、予想もついていたけど、アナとまったく同じオチ。
もっかいいっとく。アナとまったく同じオチ。
何故同時期公開、どちらもディズニーで同じオチを持ってくるかね・・・。
確かに、いいオチではあるんだけど、それ以外にやりようが無いのも判るけど
でもやっぱ立て続けでやられるとちょっね・・・。

パンフレットは通常サイズで720円。
メインキャスト・監督インタビュー、
ディズニー版・眠れる~とのストーリー比較などなど。
普通のパンフレット、という感じ。
うん・・・ディズニーアニメの方も普通のパンフにして欲しいわ・・・。

拍手

PR
ブラインドマン その調律は暗殺の調べ À l'aveugle (2012/フランス)
カンは鋭いけどやさぐれ気味な刑事にジャック・ガンブラン(Jacques Gamblin)
対する盲目の男にランベール・ウィルソン(Lambert Wilson)
最近時々見かけるようになったジャックさん。
マトリックス以来のランベールさん。こちらはマジ久しぶりだわ・・・。

内容は猟奇殺人鬼と刑事のお話。それ以上も以下もなく。
何よりこのやさぐれ刑事とワンコの雰囲気がなんとも言えないのよ~。
別に犬が目立つ映画ではないんだけど、
雑な飼い主、勝手な飼い犬、という空気がなんともいえなくてね(´∇`)
それだけで満足感を味わえる簡単な私(笑
でもこのウザい邦題だけは頂けないな。

ザ・ディープ Djúpið (2012/アイスランド)
本当の話かコレ!!マジか!!
人ってすげーーー!!!!!と只々吃驚よ。
しかし、こちらは映画とはいえ、海のシーンや波打ち際のシーンとか
観ていてほんとに辛いのよ。痛い~~!寒い~~!!
にしても助かった後に研究所の実験台になったりとか容赦ないわね・・・。
何より漁師さんって大変・・・。

ヒプノテスト-催眠- Hypnotisören (2012/スウェーデン)
ストーリー自体は面白かったんだけど
離婚の危機の夫婦とかありきたり過ぎてちょっとな。展開も遅いんだよなぁ。
117分なんだけど、100分ぐらいだったらもっと入り込めたと思う。
っつか昏睡状態の人に(今回は結果違ったけど)催眠で話が出来るってマジ?? 
いやそれより運転しながら箸で飯食って携帯電話ってこれが一番凄ぇよ(`ロ´;)!

チャイルドコール Babycall (2011/ノルウェー/ドイツ/スウェーデン)
夫の暴力から逃れて息子と新生活を始めた母子。
息子が心配で堪らない母親がチャイルドコールを設置するんだけど
そこから息子じゃない子供の叫び声が聞こえ・・・ってお話。
以下、これから観る予定の人は絶対読まないでね。

統合失調症+幽霊の話、ととれば非常に簡単な話なんだけど
森の先の湖と駐車場、幻覚のはずの湖でどうやって濡れたのか。
湖の最後の自分達親子は彼女の理想としても、
最初の親子は?あれは自分が子供の頃の事実?理想?
電気屋の多くは語られない過去とかも含めて
観ながら「ということは?」って常に思いながら観ていた感じ。
勿論最後にすっきりした所も多いけど、
自分の中でちゃんと消化できない部分も残ってしまった作品だったな。

ザ・ドア 交差する世界 Die Tür (2009/ドイツ)
気軽に近所の浮気相手んとこ行って戻ってきたら
娘がプールに落ちて死んでいた、という悲惨な男の話。
それから5年、あるドアを見つけるの。
そのドアの先は娘が事故に遭う直前の世界、つまり5年前の世界。
勿論そこで娘を助けるんだけど
その後、その当時の自分と鉢合わせて成り行きで自分を殺してしまう。
そして当然娘と離れる事が出来ず、そのままこの世界で生活を始める。
タイムスリップ、というよりは5年前の別世界という感じ。
オチも含め、中々面白怖い作品ではあったんだけど、
5年後に逃げた母子はどうなったんだろうなあ。これが気がかり・・・。

いやそれより蝶々の羽音よ!蝶嫌いからすれば短時間の生き地獄だったわ;;;

拍手

ついでに新スタートレックの方もいっといた。

ジェネレーションズ Star Trek: Generations(1994)
パトリック・スチュワートといえば私はX-MENなのよね。
なので走り回ってアクションこなしている彼がとっても新鮮だったわ。
M・マクダウェルとかW・ゴールドバーグとか。グレン・モーシャワー何て髪フサフサだったよ。

新しいエンタープライズ号(Bがつくらしい)の進宙式に参加したカークさんたち。
でも試験航海中にトラブルに巻き込まれ、
カークは皆を救う為に爆発起こしてそのまま消息不明に。
それから78年後、ピカード率いる「新」のチームが登場。こちらメインで話が進む。

しかし・・・折角キャラに馴染んた矢先に総入れ替え状態。
ドラマを見ている人にはお馴染みでも見てない私にはまったく馴染みがない。
『出来上がっているチーム』を途中から観るのってほんと辛いのよね・・・。
いやそんな事より。カークさんの最期がまさかこんな結末だったとは(´;ω;`)

ファーストコンタクト Star Trek: First Contact(1996)
ピカードさん、過去にボークとかいう機械生命体になんかされた事があるらしい。
ええ。なんの事だかさっぱりですとも(ノ∀`)
それと、エンタープライズは現在『E』なんですって。
ともあれ、やつらのやらかした事を無かった事にする為、
21世紀(2060年代)にタイムトラベル。

歴史上の憧れの人に会えて嬉しいのは判るが、未来の事ぺらぺら喋りすぎだろう・・・。
で、この当時の交信で来・・なんつうの?来星?
とにかくこの最初の交信で地球に来た異星人ってバルカン星人だったのね。

スタートレック 叛乱 Star Trek: Insurrection(1998)
成長が終わるとそれ以降年をとらない。
外部の人間もここにいれば怪我や病気も治癒、老人は若返りハゲも直ると思われる。
つまり、皆があこがれる星ですな。
ピカードさんが恋に落ちてたりクリンゴンは思春期になってたり。
で、それを若返りの為に色々やってるソーナ人とか惑星連邦とかが狙っていたり。

流石にキャラに慣れてきたのでそこら辺の葛藤はなく、素直に楽しめたかな。
皺伸ばしだけがやたらと印象に残るソーナ人と(皺伸ばし機怖ぇえよ!
この星に住んでる人々が実は同じ民族だった、ってのは物悲しさを感じたなあ。

ネメシス/S.T.X Star Trek: Nemesis(2002)
顔はデカイが身体の線がやたらと細いトム・ハーディがいた・・・。
で、ロン・パールマンはヘルボーイより判別難易度高かったよ;;
いやそれよりライカーさん、トロイさん、結婚おめでとうございます。

今回はクローンだったりデータの旧バージョンが出てきたり。
いやピカードさん、一人で行動するなら転送装置持ってきなよ、とか
突っ込みどころは色々あってもまあまあ面白かったかな。
最後はこれはチームの円満解散って事なのかな?それぞれの道に進んでおしまい、と。
ドラマもあわせて本当の最終回ってとこなのかしら。

で。ロミュランてバルカンの人相を悪くした感じだなーと思ってたら先祖が同じなのね。
個人的には髪型もバルカンと似ている本作のロミュランよりも
2009年版のスキンヘッドの方が好きだなー。

◆◆◆
オリジナル作品を好きになるかは好みの問題だけど、
JJTrek(11・12)が好きなら観といて損はないね。例え『何故』が多くても(笑
今回11・12を見直してから10作を観てまた11・12という観方をしたんだけど
常に「あーそうかー」な発見がちょいちょいあって
そういった意味で楽しい時間を過ごせたよ(´∇`)

拍手

子供の頃、初めて観た生身の俳優が演じているSFがこのドラマ。
数回観かけて数回とも惹かれる事なく途中放棄、寧ろ拒否反応が。
そっから10年以上SFというジャンルを無視する切欠を作ったドラマ(笑

11作目で初めてスタトレに興味が沸き、結局12も心から楽しんだんだけど
かといって過去作品に特別興味が沸いたわけでもなく現在に至ってたんだけどね。
でも映画版一挙放映とかいうからつい・・・。

スタートレック Star Trek: The Motion Picture(1979)
初映画化だからなのかエンタープライズやら宇宙やらドッキングやら
そこにやたらと時間をとっていた印象。そして面白みを感じず・・・。
スポックさんとスールー(カトー)は観ていて楽しいが他に魅力を感じない。
やばい、やっぱり私これ向いていないかも;;;と・・・。

スタートレックII カーンの逆襲 Star Trek II:The Wrath of Khan(1982)
当然ドラマは観ていないので逆襲とか言われても特別な感情は沸かず。
スポックさんがお亡くなりになる経緯で
ああこれが12作目で逆(カークがやばかった)だった件かーぐらいしか。
でもここんちのカークになんか愛着出てきた(笑

スタートレックIII ミスター・スポックを探せ! 
Star Trek III:The Search for Spock (1984)
クリンゴンの悪玉にクリストファー・ロイドがおったよ。
っつかどゆこと?実は生きてたとか生き返った、んじゃなくて再生した、って事?
このスポックさんはクローンみたいなもの??
え??カークの息子があっけなく死んじゃったよ?;;ええ;;;;
そしてエンタプライズも大破。あああ;;;

スタートレックIV 故郷への長い道 Star Trek IV:The Voyage Home (1986)
Ⅲで色々やらかしたせいで軍法会議です。当然です。
さておき、またしても地球の危機。ザトウクジラを過去から連れてくれば云々。
マジこんな事で危機が回避??とそれ以外にも疑問だらけの回だが
まあそこらは無視の方向で。でないと楽しめません(笑

今回は過去(当時の現代・80年代)へ。タイムスリップの鉄板ですな。
メインキャラ全員に愛着が出て来た頃だったので、
そんなキャラ達が過去で奮闘するのが素直に面白かったよー。
一番大好きなシーンはカークが前にマッコイから貰った眼鏡を質に入れて
その僅かな資金を皆に「えーと」って感じに分けているのがすげー和んだw
キャラ好きには堪らないエピじゃないかしら(`∇´)!
この鉄板は新作の方でもやって欲しいなあ。

スタートレックV 新たなる未知へ Star Trek V:The Final Frontier (1989)
前作が非常に楽しかったので期待してみたんだけど、
冒頭とシメのキャンプ(皆の休暇)はほんと楽しかったんだけど
本編の方はなんか特別どうというものはなかったな・・・。
でもカーク、スポック、マッコイが楽しすぎたからそれだけでいいわ(笑

スタートレックVI 未知の世界 Star Trek VI:The Undiscovered Country (1991)
所謂「宇宙大作戦」メンバーが揃うのが最後の作品なんですって。
クリンゴン星人との和平会議とかあってね。
その会議の後、クリンゴン宰相の船に向かってエンタープライズから魚雷が発射。
そしてクリンゴンの宰相が亡くなってしまう。
カークは息子をクリンゴンに殺されているし・・・誰が?何故?真相は?なお話。
裁判とか犯人探しとか、内容は刑事モノみたいだったなー。
これはこれで楽しめたかな。
そうそう、主要バルカン人としてキム・キャトラルが出ていたよ。
一瞬だけどクリスチャン・スレーターが出てたのは驚いたな。

◆◆
ドラマ版を観ていないので常に「何だかよく判らない」がつきまとう。
でも思った以上に楽しめたわ。Ⅳはマジで面白かったし。
そして思ってた以上にカークさん大暴れでしたw

拍手

アフター・アース After Earth (2013/アメリカ)
へえ、シャラマン監督だったんだー。
彼はファンタジーもそうだがSFもダメだな。つまらなすぎて吃驚した(ノ∀`)
というかウィル・スミス親子、眉間に皺寄せ系は不向きよ!

アイアン・フィスト The Man with the Iron Fists (2012/アメリカ)
RZAが監督やら脚本やら主演やらをこなした武術映画という事で。
香港映画の70年代風なんだけど、もう酷いったらないの。
チープな映画にはそれなりの良さってのはあるけど、なんかそれとは違うのよね。
このジャンルが好きなんだろうね、ってのは判るけど如何せんゆるすぎ。
武術はともかくワイヤーアクションのレベルも低いし
何より主演がほんとにアンタ主役か??ってぐらいオーラ全然ないしさあ。
タランティーノをゆるっゆるにした感じ。俳優さん達に同情しちゃったよ。
っつか何故これにラッセル・クロウが出演を決めたのかが一番の謎だわ・・・。
趣味は趣味に留めておきなさい!の典型。なんか腹立って来た!

スリーパーズ Sleepers (1996/アメリカ)
映画館で観た以来、すんげー久しぶりに観た。やっぱ作品の完成度は高い。
何度も観たい作品ではないけど一度は観といた方がいい作品よね。
皆が皆、いい仕事してる。そして何よりケビンさんが憎い(ノ∀`)

ゾディアック Zodiac (2007/アメリカ)
これも映画館で観た以来。
この作品も何度も観たい内容ではないけど、人には勧めたい作品。
最近ボリュームのあるミステリーに飢えてるから
今回余計にいい時間を過ごさせて貰ったわ。満足満足。

レイジング・コップス Ambushed (2013/アメリカ)
麻薬組織に絡んだ若者、汚職警官、麻薬取締局、の3方で話が進んでいくんだけど、
如何せんこの若者二人は私が一番嫌悪するタイプの二人な上に
この二人のシーンが比較的多く、しかも無駄時間が多いのよね。
正直なところ、麻薬取締局(ドルフ)と汚職警官(ランディ)の
エクスペンダブルズコンビを中心にやってくれたらもっと入り込めたよなー。
最後に残った若造一人、ぜんっぜん感情移入できないもんだから
「ふーん」で終わりよ。

25年目の弦楽四重奏 A Late Quartet (2012/アメリカ)
第1バイオリン:マーク・イヴァニール
第2バイオリン:フィリップ・シーモア・ホフマン
ヴィオラ:キャサリン・キーナー
チェロ:クリストファー・ウォーケン
というキャストでね。
25年目で柱であったチェロ奏者がパーキンソン病で引退する事になって
この先どう活動していくか、というお話。
メンバーを交代するか解散するか、そして24年分の鬱憤がここでどーんと。
柱が無くなると、今迄保っていた均衡もあっという間に滅茶苦茶なのね、的な。
特にバイオリンの君達よ(笑

ラストのステージ途中での引退宣言とかぐっと来たんだけど、
交代要員のあのプレイはプロだよなあ。一人だけ違った意味で浮いてた(笑
個人的には最近のお気に入り、イヴァニールさんが観れたのは嬉しい。
勿論、敬愛する久々のウォーケン様もねw
好きな俳優が競演してくれるとほんと嬉しさ倍増だわー(´∇`)

拍手

闘魂先生 Mr.ネバーギブアップ Here Comes the Boom (2012/アメリカ)
すっかりやる気の無くなった教師が頑張る話。
主人公が最初に登場した時はダメで不誠実な教師の話か?と思ったんだけど
話が進むうちに、なんだいい人じゃーん?って感じでね。

学校の予算不足だか借金だかの為に音楽クラスが廃止、顧問もリストラに。
その時に音楽教師が言った言葉に感銘を受けて立ち上がった!的な。
というかそりの合わない校長との売り言葉に買い言葉ってのも手伝ってね。
学校の為、同僚の為、ひと稼ぎどころか大量稼ぎする事に。

じゃあ音楽で何か頑張るの?と思いきや。
本人がUFC(総合格闘技)に参加する!(負けたファイトマネーでも目標達成)という。
彼が教えている別のクラス(市民権を得る為の大人のクラス)の教え子との流れで
そういう事に、ってちょっと強引な展開だけどでも面白かったから気にしない(笑

当然初戦は場末のリングからスタート。で、瞬殺(秒ももたない(ノ∀`)
でも技術はまだ低いけどタフなのよね。
なので回数をこなすうちに、いつの間にか目標額まで目前となるんだけど、
実はそうは問屋がおろさない、というやつで。

で、教え子であり師匠でもあり、教えたり教わったり、中々ややこしくて面白い。
ホンモノさんも多数参加、皆さんいい味だしとりました。
結果の予測はついていても最後の試合は手に汗握って楽しめたよ~。
で、兄貴がいるんだけど、兄弟としても雰囲気似てるしいい空気だなあと思ってたら
これリアル兄貴なんだってね?素直に納得w
全てにおいてハッピーエンド。これってやっぱり気持ちいいなあ。

エンド・オブ・ウォッチ End of Watch (2012/アメリカ)
ジェイク・ジレンホール(いつからジに・・・)とマイケル・ペーニャが主演。
殆どが誰かが持ってるカメラ映像で展開していく制服警官の話。
そういえば、どこでも誰でもいつでもカメラってホラー以外では初めてだな。

アクの強いキャラなのでこの二人のノリが好きになれないと完走は厳しいかもな。
キャラ以前に二人共好きな俳優なので私は最後までするっと行けちゃったけどね。
で、性格も人種も違うがかなり息の合ったバディでいい感じなのよ。

何より警官が刑事の真似事をする話じゃなくて
そういいつつもやっぱり制服警官の日常の枠内を超えていない。これが気に入った。
他の警官たちも出すぎず引っ込みすぎずで丁度いい。
彼らの彼女や奥さんとの関係もなんかいい感じなのよね。
だからこそ、あの展開はとっても悲しかったよ・・・(´;ω;`)

久しぶりにサード・ウォッチが観たくなったな(3以降もDVD化してくれよ・・・

拍手

Starbuck (2011/カナダ)

カナダ映画、言語は英語じゃなくてフランス語。さておき。

若い頃、人工授精の為の精子提供をスターバックという偽名で655回も行い、
結果533人の子供が。で、20数年後。
うち142人が『父親として名乗り出て!』と訴訟を起こす。
訴訟を起こされ正体を明かしたくない反面・・・と悩む42歳の男が主人公のお話。

コメディとは言ってもバカコメディじゃなくてほんわかコメディ。
主人公を演じたのはパトリック・ユアール(Patrick Huard)
ピーター・ストーメアからちょっとアクを抜いた雰囲気で私好み(笑
私好みがどうとか置いといても、とっても魅力的な主人公なの。
 
このスターバック⇒ダヴィッドってのが、借金取りに家ん中上がりこまれたり
家族でやっている精肉店の配達の仕事も満足に出来ない
彼女ともはっきりと責任ある態度がとれない、とほんとダメ度が高い中年男。
でも、なんだけど、凄く気持ちが優しい人なのよね。
物語が進むのと一緒に彼の良さが少しずつ出てくるの。
だから観てるこっちも最後まで微笑ましく見守れたんだろうな。

訴えられた時は驚きすぎて(そりゃそーだ)無視しようと思うも
好奇心から142人の書類から1枚抜き取って見てしまう。
で、結局一人ずつ訪ねて行くようになるのよ。
サッカー選手、俳優志望、プールの監視員、路上ミュージシャン等々子供達も様々。
脳性麻痺(多分)の子もいれば薬に手を出してしまったけど負けずに頑張っている子も。
そこでのやり取りも微笑ましいものばかりなんだよね。ギスギスしてないの。

で、ある一人の様子を見て後を追っていった先が・・・自分の集団訴訟の会場に。
勿論正体は明かさないまま、成り行きで交流会にまで参加する事に。
とてもいい時間を過ごし始めた彼ではあるんだけど、やはり正体は明かせていない。
 更に訴訟の件が新聞沙汰にもなって大騒ぎになってしまって・・・。
 
ウッカリな親友の頑張り、彼の家族、とくに父親のシーンは特にグッと来た~。
BGMもほんわか切ないい感じだし、そして結末も素直にじーんとさせてくれた。
で、655回も頑張って、そのお金の使い道って直接言ってないけど
両親に旅行をプレゼントしたって事だよね。
とにかく観終わって良い時間を過ごせたなあ、とかなり満足感を得た作品だったよ。

監督・脚本のケン・スコットがハリウッドでセルフリメイクしているものが
ヴィンス・ヴォーン主演のDelivery Man。そうか・・・彼ですか・・・。
 

拍手

↓Calendar
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
↓Profile
HN⇒Carni
Movie⇒ドクターストレンジ大変楽しかった!

Drama⇒最近どのドラマも平熱気味。数はたくさん見てるんだけどね・・。

Game⇒アサシンクリードが楽しすぎ(`∇´)

Book⇒特捜部Qドハマリ中。

MUSIC⇒Freshgod ApocalypseのKingが凄すぎて(ノ∀`)
  
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]