忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
Harry's law Season1-1-12

面白かったなあ。法廷モノのドラマで一番好きかもしれない。派手すぎず重すぎず。
ゲスト扱いになる検事局のキャスティングもドラマに流れる選曲もいい感じだった。

ハリエット・コーン/キャシー・ベイツ(Kathy Bates)
両頬にアイスパック、ぷーっ表情でオチました。大好き(笑
お相撲さんみたいな歩き方もたまりませんな。
何より、じわーっと染み出る雰囲気が素敵、って思うのはやっぱキャシーさんの魅力よね。
常にぶすーっとしてても性格が悪いわけじゃない。
ぶっきらぼうだけど彼女の人生の積み重ねからくるものの考え方は共感できる事が多い。
登場するキャラクターの殆どがハリーの事が好きになるのも頷ける。
ハリーが色んなタイプの人達と話すのを聞くのがこのドラマの一番の楽しみかなー。

アダム・ブランチ/ネイト・コードリー(Nathan Corddry)
なんかコアラっぽい。口を閉じるとむぐって感じになるのがよし。
レイチェルとよりが戻る方向で話が展開するとは思わなかったけど楽しいからよし。
んでもチュンホアとはこのままで済むんかなあ。ともあれ、すべてにおいて、よし。
つまり、大好きだ!

マルコム・デーヴィーズ/アルム・アミーン(Aml Ameen)
ハリーの上に飛び降りてくれて有難う!

ジェナ・バックストローム/ブリタニー・スノウ(Brittany Snow)
最初は特に何も思わなかったんだけど、中盤以降はダメ。正直ウザい。
マルコムとの恋話も無用だったな。このドラマの中で唯一好きになれなかったキャラという・・。

デミエン・ウィンズロウ/ジョニー・レイ・ギル(Johnny Ray Gill)
アダムって背が低めだなあ、と思った矢先、彼のが更に低くて吃驚したよ(笑
しかし不思議な立ち位置だよなー。

トーマス・ジェファーソン/クリストファー・マクドナルド(Christopher McDonald)
大っっっ好き。時々出て来るリサとのやり取りも楽しい(゚∀゚)!
彼の投げる直球、変化球、いや、有り得ない位置からの直球、
とにかく「変」なんだけど、ちゃんとこっちがキャッチできる、という不思議なキャラよ。
元カノとのやりとりも楽しいったら。というかあそこまで行くと全てが清々しいw
今回全て吹替で観たので実際の台詞は判らないけど(無礼者!虫!(虫って(笑
アダムに対する暴言に始まって、全ての台詞、彼のものの考え方、楽しすぎよ!
これからもトミーには「自称」ハリー達のファミリーでいて欲しいものだわw

そいえばクリスさん、ボードウォークエンパイアに出てたらしいが役は覚えていても顔の印象がない。
なんだろうね、この温度差は(笑

ジョッシュ・ペイトン/ポール・マクレーン(Paul McCrane)/内田直哉
ありがとう!ありがとう!ありがとう!!
この俳優!この声優!このキャラクター!すべて!!ありがっとー(≧∇≦)ーぅ!!!!!
で、最後ペイトンが歌っていたのはIs It Okay If I Call You Mine? という曲。
内田さんの歌もよかったけど、これは流石にご本人様のが素敵でしたなー。
フェーム(1980)の劇中歌で出演していたポールさん本人がオリジナルになるのかな?
や、ミュージカルらしいので観る予定はないんだけどね(ノ∀`)φ...メモメモ

本国ではシーズン2が放送中、全22話になるのかな?
なんか結構キャストが変わるようなのでちょっと心配しつつ、長く続くことを祈りつつ。
ともあれ、とっても楽しい時間を過ごせたよ(´∇`)

拍手

PR
イギリス系や単発ドラマは観てその場で満足、ってのが殆ど、
態々感想は残さないんだけど4はキャストがいつも以上に楽しかったのでメモがてら。

まずマープルがジェラルディーン・マキューアンからジュリア・マッケンジーに交代。
ジュリアさんはちっちゃくて可愛いおばあちゃん(でも押しは相当強いw)って感じで
彼女は彼女でまた違った良さがありますなあ。
声は藤田弓子さんで、また雰囲気によく合ってたよ(´∇`)
んでもジェラルディーンさんで新作観たかった、ってのもあったのでちょっと寂くはある・・。
(ジョーン・ヒクソンバージョンは昔過ぎて殆ど覚えていない(笑

で、NHK的に?ジェラルディーンさんの続編扱いらしいね。『4』となるらしい。

ポケットにライ麦を/A Pocket Full of Rye (2008)
ニール警部にマシュー・マクデファン、ランスにルパート・グレイブス。
マシュさんがほんわか警部だったので余計に嬉しいったらw
ルパートに関してはどんな作品でも見かけるたびに心躍るワタクシ(*´艸`)フフフ

殺人は容易だ/Murder Is Easy (2008)
ルークにベネディクト・カンバーバッチ。神父様にスディーヴ・ベンバートン。
カンバーバッチさんがほんわか元刑事。嗚呼嬉しいw

なぜエヴァンズに頼まなかったのか/Why Didn't They Ask Evans? (2009)
どっかで観たことが!⇒ボビー:ショーン・ビガースタッフ⇒ハリポタのクディッチのキャプテン。
どっかで観たことが!⇒トム:フレディー・フォックス⇒三銃士(2012)のルイ13世。
ふふふw

魔術の殺人/They Do It with Mirrors (2009)
スティーブンにリアム・ギャリガン。
次こそは恋にハッピーな役とかやれるといいね(ノ∀`)

以下ミス・マープル5
青いゼラニウム/The Blue Geranium (2010)
チムニーズ館の秘密/The Secret of Chimneys (2010)
蒼ざめた馬/The Pale Horse (2010)
鏡は横にひび割れて/The Mirror Crack'd from Side to Side (2010)

案の定、とくにこれといった感想はありません。とっても幸せです。楽しゅうございましたw

私ねー、マープルシリーズって毎回変わる警部さんが大好きなのよね。
なのでたとえどんなタイプの人でも『ほんわかさん』呼ばわりしてしまう(笑
4~5で俳優の贔屓目をなくした場合で行くと、
チムニーズのフィンチ警部(スティーブン・ディレイン)がたまりませんでしたなー。
次はライ麦のニール警部。和んだ~(´∇`)
んでも今回一番のお気に入りは鏡のマープルさんの友人、ドリー夫人(ジョアンナ・ラムレイ)。
下世話っちゃ下世話なんだけど、あの能天気さ、楽しすぎよw

マシュさんとリアムさん、大聖堂と声優が同じ。カンバーバッチさんはSherlockと同じ。
最近はドラマでも声優さんを合わせてくれる機会が増えてるので嬉しいかぎり。
ご本人(特にマシュさん)とは声のタイプが違っても、毎回違うよりは全然いい。

で、いつも思うんだけど、アメリカ娘は割りと覚えるのにイギリス娘は何故か覚える事が出来ない。
何故だ・・・。

拍手

Shameless Season1-1-12

第1話、先に観たと思われる母に感想を聞いた所
「きったないから途中でやめた!」
との事で、再生させてみたらなんと人物紹介、フランクの所で早々放棄した事が判明(笑
で。

なるほど汚いですなー(笑
どちらかと言うと私も、とくに現代劇できったない(風呂入らないとかそういうね)のが苦手。
なので最初の方はほんと、いや実際はそこらはかなり我慢して観ていたかんじ(ノ∀`)
更に大家族モノ、苦手要素が大量にあったドラマなんだけどね。

我慢するぐらいなら観るなよ!と思うんだけど、実際いつもならそうするんだけど
このシェイムレスは兄弟姉妹がとっても魅力的なんだよね。
父親は最低ってのはそらもう疑う余地ナシだけど
子供ら魅力的なのよ。ただ騒がしいだけじゃなくて協力しながら頑張ってんだよね。
仲がいいだけじゃなくてちゃんと認め合っていて尊重しあっていてね。
やっている事は軽犯罪ばかりだけども、それを認める気も更々ないけど
それ以上にこの兄弟姉妹が逞しく健気というか。微笑ましいというか。
だから我慢するところは我慢、楽しむところを大いに楽しめ!的に行かせてもらったw
やっぱキャラクターって大事だよなー。

ギャラガー家以外でいくと、お隣のケヴィンとヴェロニカ夫婦(仮)がお気に入りかな。
お試し養子縁組で更に面白い事になってるというね(笑
私の和みカップルですわ(`∇´)

ジャクソン一家については、シエラが外に出れた時はぐぐっと来たけど
実はギャラガー家以上に凄い事になってるよな。何よりパパが・・・(´;ω;`)

ともあれシーズン2、現在本国で順調に放送中。続きが楽しみよ!

拍手

兵聖 (2008)

全41話との事で、15だか16話ぐらいから観始めたんだけども、吹替えだったのね。
で、なんかぜ~~~~んぶ声があっていなくて
最初てっきりバラエティ系の再現ドラマだと思い込み(再現ドラマってなんか声浮いてるよね
最後まで観て「続く」となってまあ吃驚てなもんです(笑
まあ、流石にな慣れたけどねw

以下、朱亜文版を兵法、張豊毅版を大伝としときましょ。

孫子≪兵法≫大伝の方を先にきっちり観ていたので
それとの違いを楽しみつつ最終話までお付き合いさせてもらったかなー。
大伝の方が金かかってんなー、俳優も渋いのばっかそろえたなーってとこなんだけど
こちらの兵法の方は全体的に若い。アクションはこちらのが派手目かな。
大伝の方は年齢的な意味で最初に違和感、あとでしっくり
兵法の方は最初しっくり後違和感、ってな。こっちの孫武の老けメイク、泣ける(笑

孫武の歴史っておおまかな事ぐらいしか判っていないせいか
どちらも遊べるところは遊んでいるという印象。
なにより夫差の描き方、伯嚭の活躍っぷりなんて違いすぎて本当に楽しかったw
大伝の方は女性の活躍が多く、それが正直ウザかったりもしたので
それがない分、こっちの方が話的にシンプルに楽しめたかもな。
ただ、兵法の方は前半孫武の幼馴染が結構幅きかせてたみたいなので
最初から観てたらまた違った印象を持ったかもしれないけど。ま、いいやw

で、両方の観て思ったんだけど、私どうやら孫武が怒ってんのが好きみたい(笑
朱亜文と張豊毅、どちらの孫武も案外プンスカしてるシーンって多いのよね。
毎回そら怒るだろー、ってとこではあるんだけど、(`Д´)!ってなってる孫武、なんか和みます。
まあ、本人達には申し訳ないけど(笑

最終話については大伝の方がファンタジーっぽくはあってもきっちりしてたかな。
兵法の方は大伝を観てからだともう少し先見せてくれよーってかんじ。
あと兵法の方は演技が全体的に大げさ(舞台っぽいというか)なのよね。
でもなんかそれが慣れると心地いい不思議(笑
翟芊の正体が明かされた時の孫武のうろたえっぷりがまた凄いのよ。
「狼狽」と「憔悴」を思いっきり身体を使って表現!みたいな(笑
・・・実際翟芊の最期はほんと、切ない以外の何者でもないんだけどね(´;ω;`)

ともあれねー、あっちはあっち、こっちはこっちで楽しませてもらったよー。
何年後でもいいからまた作ってほしいなー。で、新たなぷんすか孫武で和みたいもんだわw
因みに三国志とかもそうだけど、この手の題材にこだわりがまったくない私。
なので素直に楽しめます(笑



拍手

Lie to me Season1 1-13

ティム・ロスだし。
それだけの理由で観てみたんだけど、どうなのかしら。微妙だわ・・・。

勿論表情を研究している人達はいるだろうし
人種に関係なく、人として共通している表情も当然あると思う。
でもここまで旨い事行かないと思うのよ。
なんかこう、人種が違うせいかイマイチ信憑性を感じないというか。
この仕草は共通だ!って言われても「えー?そう?」って(笑
で、そのままごり押しされてしまうのでこっちが納得いかないまま解決されちゃうというか。
何より問題となる仕草や表情、演じる俳優が皆不自然という(ノ∀`)
いや、指摘されてからその表情を出されるから余計に不自然に思うのかも(笑

私が首に手をやる時は首が痛い時か風呂ぐらいよ。何かを思って触った事なんかないわ。
内緒ごと、でも言いたい!なんてときに指を口に当てたりしません。
そうやってね、観ながらそんな自分との矛盾を感じつつ、ってとこなのよね。
んー、微妙だ(笑

でも後半は慣れた(笑)のか、それなりに楽しめたかな。
ここんちのパパと娘の関係いいよね。面白い。

ゲストも「お!」と思わせてくれたキャストがちらほら。
ラブリーガルのボス~♪って所から始まって
ティム・ギネー(Tim Guinee)モリー・プライス(Molly Price)
アンソニー・ルイヴィヴァー(Anthony Ruivivar)
アンクレジットでマシュー・デル・ネグロ(Matthew Del Negro)も出とったよ。
あとメキ・ファイファー(Mekhi Phifer)が単発レギュラーとして出てたのは嬉しかったなー。

ともあれ続きを放送してくれたら挑戦してみよう。
因みに3で終了、全48話らしい。

拍手

Criminal Minds:Suspect Behavior 1-13

長官直々とは言っても内容は本家とさして変わらない。
ルールはありません!とは言うものの、言うほど派手な事やってないし。
制約のある中で四苦八苦やってる本家の方が正直見ていて楽しい。
それと本家シーズン2の頃みたいに残酷なシーンばかりが目立っていた気がする。

キャラクターについては、
クロスエピん時に「やばい、ミック生理的にダメだ」と思ったんだけど
本編始まってそれより更にベスもがダメだ、と(ノ∀`)
5人チームで2人がダメ、って(ノ∀`)
もうちょっと続いてたら判らないけど終わってしまったものは仕方ない・・。

母に聞いてみたところ。
「あっち(本家俳優陣)は皆素敵だけど、こっちは魅力がないもの。見た目も大事よ(´∇`)」
ほんわかとバッサリ斬って下さった・・・。

ウィテカーさんがとても紳士的な役ってのが新鮮だったけど、それだけだったかな・・・。
視聴率が落ちての打ち切りってのも納得かなあ、という。
思い切りクリフハンガーな終わりだけど
打ち切りになったのを先に知ってたってのもあるし
結局このドラマにはまれなかった私としては「ふーん」という所。
こう感想を述べてても全然気持ちがあがってこないのよね(ノ∀`)

ともあれ私には全然合わない作品だったー。

拍手

Boardwalk Empire Season1 1-12

アメリカのエンターテイメントってマジすっげえなあ、と時々思うんだけど
この作品もそのひとつ。ほんとすごいよねえ(しみじみ
舞台セット・衣装・音楽、作りこみにまったくスキがない。
OPもシンプルだけどカッコいいのよー。好きだなー。
うむー、そらー色々受賞するってもんです。

話は1920年代、禁酒法直後のお話なので今までの私だったらちょっと敬遠しがちな題材。
でも今年はここらの映画を数本こなして、ちょっと興味が沸いてるとこ。以前よりはいけるハズ!!!
久し振りのちゃんとたブシェミさん(Steve Buscemi)に会えるのよ!!
でも念の為1話でポイしないように溜め録りしてまとめて一気に観よう!!!
と、積極的だか消極的だか判らないかんじで鑑賞(笑

案の定、第1話、確かに「凄さ」は伝わってくるんだけどキャラクターに興味がいかなくてね。
やっぱダメなのかしらと焦りつつ、でも投げずに大人しく6話続けて鑑賞、
ちゃんとはまれましたw7話からは毎週きっちり最後まで楽しんだぜ!

ぶしぇみさん。
最後に見たのはアダルトボーイ・青春白書で全身複雑骨折、全身ギプス姿でね(ノ∀`)
って悲しい記憶はさておき、今回は主役、ナッキー役という事で。うんうん(´∇`)

この主人公、ナッキー・トンプソンってのがまたとっても魅力的。
最初はこの人なんだろなあ、って感じだったんだけど(いかに興味が薄いかバレる発言ね(笑
回を重ねるごとにちょっと出しされてくる彼の思いや感情。
そのちょっとずつにちょっとずつはまっていく自分がいたという(笑
マーガレットとの今後も気になるところよ~。

もうひとりの主人公。ジミーについては、彼の立ち位置が非常に面白い。
演じてるのはマイケル・ピット(Michael Pitt)っちう事で。
私は初めて見る俳優さん。なんか不思議な顔だよね。
いつでも遠く見てるような雰囲気なのは瞳の色のせいだと思うけど、やっぱ口でしょ。
なんかアヒル口、いや、ヒヨコだよねえ?(・◇・)ピヨ
いや、そんな事はどうでもいいか(笑
次はナッキーの敵になるのかそれとも。ふふふ。楽しみすぎる。

オルデン:マイケル・シャノン(Michael Shannon)
怖ぇえよ!存在自体が怖ぇえ(`ロ´;)!!!

ともあれ魅入る事が出来ればもう楽しむ事がいっぱい。
まだヒヨっ子なカポネやラッキー・ルチアーノがどう成長していくのか。
黒人グループボスのチョーキーってのはオリジナルなのかな。
約10年ぐらい後に登場するバンピーに繋がるのかしら?とか。
ロススタインや提督、政治や身内、今後ナッキーがどう勝負していくのか。
それと、女性陣がそれぞれどう絡んでくるのか、とか。

今シーズンはナッキー周囲の整頓、次ジーズンは身内の整頓、となるのかな。
まずはひと段落、お疲れ様!次シーズンも大期待してまーす(`∇´)!

拍手

↓Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
↓Profile
HN⇒Carni
Movie⇒ドクターストレンジ大変楽しかった!

Drama⇒最近どのドラマも平熱気味。数はたくさん見てるんだけどね・・。

Game⇒アサシンクリードが楽しすぎ(`∇´)

Book⇒特捜部Qドハマリ中。

MUSIC⇒Freshgod ApocalypseのKingが凄すぎて(ノ∀`)
  
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]