忍者ブログ
海外ドラマと映画、音楽にゲームやら。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
Mediun Season6-4 The Medium is the Message
 
逃げ切るも何も、無実なんだから・・・。
最期の最期までノンフィクション作家に付き纏われたわけだろ?
死んだら死んだで作家のホラで「罪を認めた」ことにされてしまって。
散々な目にあったのはこのボートナーだよね。腹立たしいったらないわ。
でも天罰は下った。シーンは描かれては居ないけど、真犯人は見つかったんだからね。
彼がやった苦労は全て水の泡、となる。すっきりよ。
 
アリソンが書いた象形文字的なメモ書き。
まさかあんなに重要な意味を持っていたとは。ゴミの日が来ていなくてよかったよね、ほんと(笑
にしても、なじみの文字が突然見知らぬ文字に見える。これって困るよね。
看板・道路標識、ナビに頼らず運転している身としては非常に辛い。
やー、先日町田の田舎道をドライブしてて、思いっきり迷ってね。
標識頼りに、や~~~っと帰還できた経緯があったので、うん、なんか染みたの(ノ∀`) 
 
ジョーの面接。
なんと。予算確保の為の採用とな。年末の道路工事的なものかしら(笑
特にやりたい事が無い、この自由時間を使って自分の研究を進めたい、って人にはいいけど
一緒にやっていきたい!と思って来たんなら辛いよね、とても。
でもトレードの話が出てきたので、この上司とはすぐおさらばか?と思ったらそうでなく。
ジョーも開発者。この上司の才能だけにはほんとに惚れこんだ模様。
この先、この上司とどんなやり取りが展開されるのか、本当に楽しみw

そうえいば。今回左利きがキーだったけども。
ニールも作家も上司も左利き。狙ったのか偶然なのか(笑
でも今回のエピって作家で話が進むのかと思ったら中盤以降は完全にニールに話が移って
作家の存在自体、忘れされられてたよね。ボートナーのフォローも全然なかった。
こういうのってミディアムでは珍しい。脚本の失敗か、それとも尺の問題か・・・。

ニール:フィッシャー・スティーヴンス(Fisher Stevens)
作家:マーカス・ジアマッティ(Marcus Giamatti)
ボートナー:リック・サラビア(Ric Sarabia)
上司:ジョエル・ムーア(Joel Moore)
マーカスさん、誰かに似てるなあ、と思ったら。
ポール・ジアマッティのお兄さんなんだねー。で、マーカスさんのがスマートだねw

拍手

PR
Medium Season6-3 Pain Killer

アリソンを救ってくれた優秀なスタットラー医師。
実は死の天使というな。
結局真相は掴めてもどうにも出来ずに見逃す事に。
久し振りに完全犯罪なお話だった・・・。

スタットラー:オデット・フェール(Oded Fehr)
・・・・どうしてこの人こんなにカッコいいのかしら・・・・。
いやほんと、すっかり白髪が当たり前になったけども、素敵さが年々増してるのに変わりわない。
あと、年々ジョージ・ハリスンに似て来てもいるw
ともあれ。正直、彼はTVじゃなくて映画で観たいんだよなー・・・。

ヘアスタイルがきちっと面接仕様(笑)のジョーと我が道を行くブリジット。
ブリジットはリアリティーショウにはまってる模様(笑
あーいうのは本当に信じ込むか、割り切るかで観ないと全然楽しめないよなー。
私はあんまり興味ないジャンルだわ(でもアプレンティスは面白かった(笑

そしてブリジットの企画書。夢発信の企画書。
まさかの、もっとも身近なリアリティーショウの出来上がり(笑
でもお陰でジョーは自分が何で面接に落ちたか、納得できたようで何より。
真相が判ったところで相手を蹴落とそうとしないところがジョーらしいなあ、とは思うけど
いい加減職につかないとね・・・・(´□`;)

それと、アリソンは杖要らずとなった。よかったよかった(´-`)

ずっとかかっていた曲はCSI:NY(6-11)でも使われてたTrainHey, Soul Sister
エンドレスでずっと聴いていたいほど耳心地がいいのよね。大好き!

拍手

Medium Season6-2 Who's That Girl

有名な凶悪殺人犯をご紹介。いったい何事よ??

自分の娘に「この子は私の娘じゃない!!」って怒鳴り散らす妻に泣きじゃくる娘。
判っているアリソンはいいけど、判ってないジョーには相当キツイ現場よね(ノ∀`)

にしたって自己中もいいところ。
殺されたのはそりゃー気の毒だけど、半分は自分のせいじゃん。
そのくせ無関係なアリエルに、デュボア一家に迷惑かけやがって。
最後には気の毒なんて気持ちは遥か彼方にいっちまったわよ(`Д´)!

冒頭のリアル殺人犯達と今回のエピ。
絶対何かが乗り移ってるに決まってる!ってささやかな願望かしら・・。
ま、何かに取り憑かれてたのは確かだとは思うけどさ・・。

で。最終的に皆の協力の下、ハッピーエンドにはなったけど、
アリエルから霊が抜けた所はなんかあっけなかったなー。
もうちょっと感動的にして欲しかった(笑

そしてバーで一瞬流れたウォーレントのチェリーパイ、懐かしさのあまり逆に動揺(笑
やー、不意打ちはずるいよー(意味不明(笑
エアロスミスのクレイジーも懐かしかったぜbb

お、そうそう。アリソンはまだ万全ではないけど、
少しずつだけど、順調に手とか動くようになってるみたいでよかったよ(´-`)

拍手

Medium Season6-1 Deja Vu All Over Again

安全装置を止める夢。
よかった;;;ジョーの夢で心底よかった;;;
でも。妻が昏睡状態、ってのを3ヶ月も体験したジョーたち。
仕事を辞めてずーっとよりそって。本当につらい3ヶ月だったと思う・・・。

昏睡からさめて約一ヶ月のところから話はスタート。
右半身は麻痺が残っていて、歩くのも杖が必須と痛々しい。
何より能力がなくなってしまった。

という事だったけど、
ま、とにかく、いつもどおり、色々あってもちゃんと前に進んでいる彼らに会えて嬉しいわ。
そして起きてるのに夢を見て起きるビジョンを見るってのは個人的にツボだった(笑
↑言葉にするとややこしいな(笑

事件の内容や持って行き方、ほんと構成が面白いよなあ。
今回はアリソンが本調子じゃないだけにビジョンもいい意味で判りにくくて。
それから術後4ヶ月って事でアリソンはかなりのショートカット。
今までで一番好きな雰囲気だなー。で、次はジョーも切るらしいね(笑

つまり。とっても満足な第1話だったわ。今後が楽しみ。
待ちに待ったシーズン6だけど、7で打ち切りが決定、本国では終了、だけどそれはそれ!
日本では6が初放送、22話、まだまだ楽しめる!がっつり堪能してくわよ!

ドクターハウス⇒医療ドラマの主人公。杖ついた医者(口の悪ぅ~い感じ悪ぅ~い医者w

拍手

Medium Season5-19 Bring Me the Head of Oswaldo Castillo

な・・なんと;;;;
なんて;;;こんな;;;;;これで半年待てと?;;;;;
いやストーリー上助かるのは判ってるけどね?でもね?こんな終わりって;;;;

自分の家族が殺されてから丸一年。
なんて夢から覚めて吃驚のアリソン。
どうにかしなくては!と頑張るわけだけど・・・。

今回は本当に、今迄の中で一番ジョーがカッコよかったよもう(/□≦、)
ジョーとアリソンって夫婦であり恋人同士であり親友であるってのがよーく伝わった!
でも、だからこそジョーを思うと、心底辛い終わり方。
立っていられずに座って呆然と先生の話を聞くだけのジョーがさぁ・・(TДT)・・・。

一家が殺されて復讐に燃えるアリソン。
この夢が伝えていた事は、腫瘍を即取り除いた為に予知が出来なくなった事、
よって事件を解決できなかった事が原因、という事に辿り着いた。
それでアリソンは無理をして手術の予定を延長して頑張ったけど、
事件は解決する事ができたけど、手術直前に卒中を起こす、というはめに・・・。
そして手術は成功したものの、意識不明の状態に。

夢を一回見ただけならば見間違いかも、と思うけど、
その夢と現実がどんどん近くなっていく恐怖、ほんと堪らないよ;;
もう早く解決してくれ!!ってかんじでずっと見ていたよ。
でもその結果が、これ。
早く新シーズンを観たい・・というか本国では7もやってんだから
ちゃっちゃと6もそのまま連続放送せい!!と心から思ったよー(_ _|||)
でも大人しく待つしかないのがなんとも;;

今回のゲスト、カスティーヨ役はホセ・ズニーガ(José Zúñiga)
色々見かけるけど、最近は本家CSIでキャバリア刑事としての印象が残り始めた俳優さん。
他の作品で会えるのは嬉しいけど、まさかこのエピでの犯人とは;;もう;;憎い;;
でもキャバリア刑事は大好きなので、なんとも複雑な気持ちよ・・。

それと、今回使われていた曲ね。
ナターシャ・ベディングフィールドソウルメイト(Natasha bedingfield/Soulmate)。
こちらに収録⇒ポケットフル・オブ・サンシャイン

今回のシーズンを振り返ると『家族』ってのはいつもの事だけど、子供達の成長が印象に残ったなー。
思春期アリエル、子供特有の狡賢さを発揮しまくったブリジット。
終始穏やかだったのはマリーだけ(笑
それと、リーとリンについて掘り下げてくれたのも嬉しかったな。
この二人の今後がほんと楽しみだよね。
ジョーとアリソンのやりとりも相変わらず身近なものばかりで微笑ましい。

そして、つくづく思う。
ジョーって本当に女の思う『理想の夫』なんだな、って。
これは私だけじゃなくて、恐らくミディアムを見た女性全員思うんじゃないかしら。
こんな人いないかしら!と夢見るか、いやいるわけねえ!とぶった切るかはそれぞれだけど(笑

うん、やっぱりなんのかんの楽しませてもらったな。
大人しく半年待つよ!お疲れさん!

拍手

Medium Season5-18 The Talented Ms. Boddicker

たかだか3日。
うん、子供達のがすっぱりさめてておもろかった(笑
でも、車がしゃーん、は、笑えないぞ。
ほんと、これで済んだから良かったけどさ。笑って流すとこかもしれないけど笑えなかったわ・・。

夫婦離れ離れ、初日。
1日目で既にトラブルってある意味すごい(笑

リーとリン。
もうすぐ生まれるね!パパとママになるんだなー。
しかしリーは中々、というかまだ踏ん切りがつかない。
ただのマリッジブルー・・じゃなくてパパになるブルー(なんだそりゃ(笑))にしてはちょっとしつこい。
子供にリーの名前をつけるとまで提案してくれたのに、ちーとも嬉しそうじゃない。
これは何かあるなーと思ったら。

なるほどなあ。リーは父親と同じ名前だったんだね。で、父親は暴力を振るう男だったんだ・・。
親がそうだと子もそうなりやすい、ってのはたまに聞くけども。
だから心配だったんだね・・・自分がそうなるかも、って。
なんかボスコ(サードウォッチ)も同じように自分の行き着く先に怯えてたっけなあ・・。
統計って時として余計な心配事を増やすよね・・・深刻なさ・・。
でもきっと大丈夫だ!リーとリンならやってけると信じよう!
やっとひと段落だね(`∇´)!

で、事件の方だけども。
なんて事ない、事実を言ってただけ、っちう(笑
んでもさ、キャラクター的に面白キャラにしてるけど、案外悪質だと思うんですけど?
腹いせとはいえ銀行強盗を利用して大金を自分のものにしようとしたりさ。
夢を装って嘘の似顔絵描かせて捜査を混乱させたりさ。
なんか普通に仕事復帰してるのがちょいと疑問が残ったんだけども。
まぁ・・犯人逮捕に協力、ちょいと魔が差しただけだから、
命を狙われるって恐怖を味わう天罰も下ったし、って事でアリソンが気を利かせたんでしょうな。

今回のゲスト。ライバル(笑)を演じたのはアリス・ビーズリー(Allyce Beasley)
他の作品は見た事ないんだけど、常々観たいと思っているトミー・ノッカーズに出てたらしい。
原作はキングで、マーグ・ヘルゲンバーガーが主演の一人なんだよね。
観たいなあ・・というか久しぶりに原作読み直したくなってきたなあ(笑
あ、それと、銀行の上司にウィリー・ガーソン(Willie Garson)が出とりました。
ほんと、この人変わらないよねw

拍手

Medium Season5-17 The First Bite Is the Deepest

どう繋がってくるのかなーと思ったら。
そうか・・・復讐劇だったんだね・・・。

過去の誘拐事件。
身代金目当ての誘拐、実際支払って犯人は逃亡、でも命は助かった。その後。
身代金を支払った為、裕福な生活からの転落。父の自殺、母の酒・麻薬、とどめが事故死。
その後娼婦として過ごしていたベサニー。
そしてたまたま取った客の手に自分が当時犯人につけた歯型を、
両親を死に追いやった男を見つける。

ここで会ったが100年目!!ってやつだな。
復讐は何も生み出さない。
でも、実際その場で出会ってしまったら、理性のまま行くとそっちに心が持っていかれるよな。
こいつのせいで不幸のどん底に突き落とされたんだから。
だからこそ、シンシアが適任だった。
彼女は実際に復讐をしたから。復讐をした『後』の気持ちが判るから。

久しぶりの登場、シンシア。
その後が見れたのは純粋に嬉しい。ちゃんと刑期を勤めてる所をね。
ベサニーと対峙したシーンはぐっときたよ。すっげー迫力。流石、ってかんじ。
ベサニーの気持ちとシンシアの気持ちと両方考えたらもう切なくてさあ(/□≦、)
ほんと、ベサニーが罪を増やさなくてよかった・・・。

でも今回の一番の被害者は、何も知らずに生き埋めにされかけた犯人の妻だよな・・・。

ジョーの事業。
買取ができるか?いやいやいや。200万ドルなんて無理無理。
で、社長はジョー込みで別の経営者にまるっと売ってしまったよー。
つまり上司が変わるってこった。

んでもその新しい上司、いい人だ。そのまま雇ってくれるって。
但し、家族共々引っ越して来い。無理なら単身赴任。無理なら週3日だけの出社。
かーなーりー条件はいいよね。この不景気に。ものっそ妥協してくれてる。
だがしかしこんな好条件でも渋るジョーとアリソン。
ま、ジョーはアリソンよりも乗り気だけどね(笑

たかが週3日で何を騒いでるんだ?4日は丸々家にいてくれるんだぞ??
と、思うのは私が日本人だからかそれとも性格の違いか考え方の違いか(笑
だってさ?普通に週5日仕事をするのと大して変わりは無いよね。ベッドが3日別だけども。

3日もベッドが別になるなんてありえない!寂しくて堪らない!
3日も一人のんびり過ごせる時がある!自由万歳!

さー、あなたはどちら?って心理テストみたいだけどもさ(笑
観ていた母に「3日で何言ってんのよねえ?てゆうか清々するよね?」と同意を求められ、
何の抵抗もなく「そうだよね」と答えたけれども(笑
これ見た人達の意見を聞いてみたいもんだ(笑

ともあれ二人がいつまでも仲良しさんなのは嬉しいけども、
実際この生活が始まったらまた色々ありそうな雰囲気だねえ・・。

拍手

Medium Season5-16 The Man in the Mirror

心暖まる話をありがとう、だな。心から(笑

いやね、笑っちゃいけないとは思うの。
殺人事件が絡んでいるし、アリソンにとってもジョーにとっても悲劇が起こってるんだから。
でもな、うん、いや、ごめん、笑ってまった(ノ∀`)

今迄ありそうでなかった、inおっさん。いや、ジジイ(笑
でもお陰さまで、デュボア夫妻ファン、ジョーファンにはたまらんエピのひとつとなったよ(*´艸`)フフフ
もー、どこをとってもジョー満載で、いちいち素敵なのよねー。
超和んだーー!ほんわかしたーー!このエピをありがとー!ってところよ!
やっぱアリソン、ジョーに心から愛されてるね!やっぱここの一家大好き!

オチとしては。
アリソンのお陰もあって、トッドがかなりの好印象、
どうか犯人じゃありませんように~~!!と願いながら見ていて、
実際かなり性悪な妻が犯人だった、トッドが犯人じゃなかった事が素直に嬉しかった!
ほんと、楽しませてもらった!

トッド・エモリー:ジェフリー・タンバー(Jeffrey Tambor)
あちこちで見かける色んな役をこなす俳優さん。
一番最近見たのは本家CSI(9-3)の芸術家だな。ちょいキレ気味の(笑
で、今回は吹替版しか観れなかったんだよね。
アリソンの喋り方をまねしてたんだろうな、と思ったら
吹替えしか観れなかったのがいつも以上に惜しくて悔しくて(ノ∀`)
ともかく次はどんな役で会えるのか楽しみ!

怒りまくってたアリエル。
うん、アリエルの反応は正しい。私だってそうする(笑

マリーの衣装。
幼稚園児って皆同じような事させんだねー。私の甥っ子達も似たようなのやってたよ。
この年頃子供の母親って大変だよね。衣装に限らず色々裁縫しないといけないんだから。
因みに私達姉妹は料理は好きだが裁縫は徹底して避けてきた派。
んじゃ妹はどうしたか、ってえと・・・持つべきものはプロ並みの腕を持つ偉大なる母、万歳よ(笑
小学校の頃から家庭科の宿題だけは母が・・わざと下手に作ってくれてたという。
罪悪感?人間不得意分野ってのはあるもんです。無理は身体によくありません!!
で、手伝ってくれた母には親孝行で返せば皆ハッピーです!(罪悪感ナシ!

拍手

Medium Season5-14 How to Make a Killing in Big Business, Part3

やっと!続き!待ってました!

夢は会社の知的財産。
まあ契約を結んだ以上は、とくにこういった契約社会のアメリカ、仕方ないっちゃあ仕方ない。
で、なるほど息子の犯行に心当たりがあったってか。
だからアリソンを手元に置いておこうというわけね・・・考えるなあ・・・。

でもまさかライデッカー自身が殺されるなんてなあ。
しかもライデッカーの座をケイトリンが狙ってた、ジャスティンを唆してたとはねえ・・。

アリエルの夢、臨時教師の件がいずれアリソンの方に繋がるとは思ってたけど、
判っててもきっちりとピースが収まると気持ちがいいよね。すっきりしたw
ただ、やっぱり、大人でもきついと思うあのビジョン、この年頃には厳しいよね;;
処方された薬とうまく付き合っていけるといいよな。

今回は身動きがとれずに苦労したアリソン。
でもアリエルのお陰で無事に解決、アリソンもライデッカー社から開放!
ケイトリンは最後も強気だったけど、でも終わりだよね。
この件が露見したら会社がどうなるか、ってのは自分で言ってよな。うん、終わりだ(笑
ただ、ケイトリンのゲームに巻き込まれたライデッカー社の社員・株主達はたまらんよな・・。

で、ケイトリンvsアリソンでは同等かもしれないけど、
ケイトリンvsアリソン&アリエルならこっちのが有利よね!うん!すっきりした!

ダグラス・ライデッカー:デヴィッド・モース(David Morse)
ジャスティン・ライデッカー:ベン・フェルドマン(Ben Feldman)
ケイトリン:トレイシー・ポラン(Tracy Pollan)
モースさんはいつどの作品で見かけても、いつだってでっけーなあ、と思う(笑
モースさんを見る事が出来たのは勿論嬉しかったんだけど、個人的に吃驚はトレイシーよ。
自分で女優の名前調べるまで気づかなかったよ!トレイシー!老けたなあ!!!(失礼(笑
いや全然気が付かなかったのよね;;;;
まあ、大昔にマイケル(J・フォックス)と結婚した時以来、
スピンシティぐらいしか見た事なかったから仕方ないっちゃあ仕方ないと・・・(言い訳(笑

で、今回の3話、本国では1と2を連続放送、3を翌週、でいいのかしら。
気になったのは3はいいんだけど、IMDbによると、1と2のトータル放送時間が120分。
・・・約20分はどこにいったんだ、っちう話よ(ノ∀`)

拍手

Medium Season5-14 How to Make a Killing in Big Business, Part2

お・・・終わってない;;;
なるほどPart3まであるのね;;;;
あっという間の40分だったよー。早くPart3が観たいー!!

リーの同僚、ライデッカーの息子、え!マジ!!?ってかんじだったよね!
アリエルの夢、同級生の霊、血まみれな臨時教師、もー!早く次ー!!

如何せん思いっきり途中なだけにこれ以上の感想が出ない(笑
アリエルの薬の件がどうやら丸く収まったみたいなのは良かったけどね!
撃たれたのがリーじゃなくて良かったけどね!
は、早く来週来ぉーい!!

拍手

↓Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
↓New ∑(゚ロ゚〃)
↓Profile
Carniと申します。
Movie
⇒ソー・バトルロワイヤル大変満足!

Drama
⇒最近どのドラマも平熱気味。数はたくさん見てるんだけどね・・。

Game
⇒龍如極2早く遊びたーい(`∇´)

Book
⇒特捜部Qドハマリ中。

MUSIC
⇒Redの6作目!Goneループ中♪♪
  
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]