忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[837]  [836]  [835]  [834]  [833]  [832]  [831]  [830]  [829]  [828]  [827
IT
4冊。いやー、読みでがあったよ~~(笑
以下ネタバレ含む。

私はこの作品はドラマ化されたものを大昔に見たのが最初。
当時の私は日本の所謂「幽霊」ってのを何より恐ろしく思っていて、
この作品で言う所のピエロ、とかはっきりと具現化されたものに恐怖を感じなかったのね。
だからドラマを見た時になーんも思わなかった、ってのが正直なところ。
なんかピンと来なかったというか。だから殆ど内容を覚えていない。
一緒に観た妹は「ああ・・ピエロ怖かったやつだねえ」と言ってたので
感じ方は人それぞれ、な出来のドラマなんでしょうな(笑
今また見直したらまた違った感想が出るかもしれないなー。

さて原作という事で。
実際非常に楽しかった。どうもドラマのせいでピエロの印象だけが強かったんだけど、
ま、実際ピエロ、イットなんだけど、ピエロだけどピエロじゃないというかなんというか。
恐怖は、イットは人それぞれ違う、って事でもあるってかんじ?ま、読めば分かる(笑
そして流石原作、ドラマよりも断然気持ち悪いですわ;;
文字なのに臭ってきそうなぐらい気持ち悪かったよー;;

特に面白い、と思ったのが話の進行ね。
それと、この作品で大変重要な過去の記憶の存在。
1958年、11~12歳の主人公達と1985年の中年になった主人公達の行動が常に交差。
主人公達は子供の頃の重要な出来事を1人以外まったく覚えていなくて、
それを徐々に思い出していく事で物語が進んでいくの。それが最後まで。
うま~い事、58年と85年の出来事が交差してんだよ。

ってかさー。出来事が終わった事で、再び消える記憶。切なすぎるっつの!
力を合わせて戦った親友達なんだよ?でも、忘れてしまうんだよ?
大切な大切な仲間の存在を、忘れてしまうんだよ??
最後には忘れないように書き留めていた手記までが消えてしまうんだよ??
スパっと忘れるんじゃなくて、徐々に、でも短期間に無かった事になって行くんだよ?
こんな切ない事ってあるかよ?

キングの傑作のひとつ、として言われるだけの事はあるなあ、ってしみじみ。
デリー崩壊については(ついこの間キャッスルロック崩壊を読んだばかりなのにね・・
やっぱりキングのパニック表現って凄く力があるよな、って思う。
イットの後も、キングは色々世界を崩壊させてるけども(笑)作品が後になればなるほど
このパニック表現する力が増して行ってるのが凄い。

で、ここまで彼の作品を色々読むと、キャッスルロックやデリー絡みは
ちゃんと順番に読みたかったな、って今更ながら思った(笑
ま、これは追々読み直すけどね!

この作品はスタンド・バイ・ミーの要素が云々と例えられる事は多い。
確かに子供たちの頑張りや雰囲気は似ているけど、
子供たちの間での暴力的な表現がこちらの方が明らかに酷く、とても残酷。
読みながら顔を歪めてしまうぐらい。
今の時代では忠実に映像化する事は逆に無理だよな・・
というか、あんな目にあっている子供たちなんか態々映像で見たくないよ・・。

オッサンたちの頑張り(笑)という点ではドリーム・キャッチャーを思い浮かべたわ(笑

あ、そうそう、ハローラン(シャイニング)がゲストで出てましたw
なんかね、シャイニングの活躍を知ってるので、嬉しかった(`∇´)!

さあ次は・・・最近本屋に行ってないから自身のキングの在庫が、
ついに、ダークタワーだけになってしまったー!きたー!

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]