忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1633]  [1632]  [1631]  [1630]  [1629]  [1628]  [1627]  [1626]  [1625]  [1624]  [1623
ロシアン・ルーレット/13 (2010)
ジェイソン・ステイサムの無駄遣い。ミッキー・ロークも無駄遣いだねえ(ノ∀`)
闇社会のひとつのお遊び、的な恐怖を扱ったとするのは別にいいんだけど
いかんせん、主人公の結末がアレじゃ納得いかないわ。
キャラ全体が薄っぺら。設定も薄っぺら。観終わって「で?」となる作品。

センチュリオン/Centurion (2010)
のっけ。「残るのはこの一人だけね」
森で女が登場。「最後は彼女んとこに戻って暮らすのよ」
全て母の予測通り。つまりはストーリーに面白みもなんもないというね。
まあ、売りは「ソード・アクション」との事なので、確かにバッサバッサとやってくれちゃってます・・。
それだけよ・・。

ザ・マーダー/The River Murders (2011)
レイ・リオッタとクリスチャン・スレーターが出とりました。
40まで独身、それまでに関係を持った女性が次々と殺される、というね。
女性歴?100人はいるよ!な男が主人公という。
まあそれは人それぞれなのでいいとして、
FBIが無能すぎて泣けた。裏では色々頑張ってんだろうけど怒鳴ってた印象しかない(ノ∀`)
でも意外と考えさせられる作品だったのよね。
犯人が、経緯が判った上で、あのラスト。
赤ん坊を見つめる主人公の表情がとっても重い・・・。

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ/Exit Through the Gift Shop (2010)
ストリート・アートは眺めるのは好きだけど流石にアーティスト名までは知らないのよね。
今回の主人公にあたるティエリー・グエッタの作品には興味は沸かなかったけど
このドキュメンタリーの監督でもあるバンクシーの作品には凄く惹かれるものがあった。
んで、あのオバマさんはジェパード・フェアリーという人の作品だったのね。
スペース・インベーダーのやつはどれも可愛くて好きだったなー。
なるほどなあ、と思いながら観させてもらった。
そしてどうやてあんな所に?の謎もいくらか解けたという(笑
でもどうなんだろうね?ティエリーさんて。
最初は他のアーティストは皆彼に好意的だったのに最後には不穏な空気が。
まあ、観れば判るけどね。苦いねえ(ノ∀`)

◆◆
イグジット~以外は沢山人が死ぬ作品だったな・・。

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
↓Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
↓Profile
HN⇒Carni
Movie⇒ドクターストレンジ大変楽しかった!

Drama⇒最近どのドラマも平熱気味。数はたくさん見てるんだけどね・・。

Game⇒アサシンクリードが楽しすぎ(`∇´)

Book⇒特捜部Qドハマリ中。

MUSIC⇒Freshgod ApocalypseのKingが凄すぎて(ノ∀`)
  
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]