忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1

最終回でした。
なんだかなあ。するっと終わってしまったような・・・。
なんか不思議なドラマだったなあ、というのが全体の感想。
ただ・・・このドラマを見はじめたのが3話ぐらいからなんだよね。
つまり肝心のところを逃してると言うね(=_=;)
ま、そこはハナっから見てる母にフォローして貰いつつ。
シャオチュン役の彼の演技は・・・触れないことにしつつ(ノ∀`)

このドラマ、毎回いきなり終わるという印象。
一般的に連ドラってのは「ぉうら!ひくわよ!!!(゚ロ゚ノ)ノ 」
ってぐらい盛り上がって続くもんだけど、このドラマは普通に次回続く、となるんだよね(笑
え!CMじゃなくて?来週?ここで!?みたいな(笑
なんか最後もそんな感じだったなあ。するっと終わってしまった。
でもね、最後さりげなくジャン先生が出てきたのがちょっと嬉しかったよ^^
で、気になるのが・・・リーリはどこへ?(>_<;)
(リーリの去った部屋を見て母が一言。
「何も荒らして出てく事ないじゃないねえ?」・・・ごもっともです…)

それと、裁判。
あれだけ条件が揃ってるのに、フェイ兄さんが勝ってしまうなんて。
育ての親であり、仕事も持っていて、シャオチュンに良くしてくれる奥さんもいて、
何よりシャオチュンがリュウさんを父と認めているのに、
いくら変わったとはいえ、定職がなく、シャオチュンと母親を捨て(自殺に追いやり)、
シャオチュンからは「一生フェイ兄さんだよ!」(つまりは父親ではなく、親友)
なのに・・・フェイ兄さんが勝訴とは・・。
血縁というのがとても大切な国、という事なのでしょうか。
このへんのくだりは興味深いものを感じたなあ。

にしてもリュウさんいい味だしてたね~。
結構間延びしてるというか、かといって強引な展開とか、
なんだかな~な印象の残ったこのドラマ。個人的にはリュウさんで持ってたような・・・。
ライディおばさんもなんか好きだったな~。
シャオチュンに是非弟さんを作ってあげて欲しいものだ^^
やっぱ映画版見てみようかな。

リュウさん:リュウ・ペイチー(劉佩琦)
シャオチュン:ジャーヤン・サンジュ(嘉央桑珠)
ジャン先生:ワン・ズーフェイ(王志飛)
リーリー:ニュウ・リー(牛莉)
フェイ兄さん:チェン・チエン(程前)
ユー教授:リュウ・ウエンズー(劉丈治)
ライディおばさん:チャン・ズーホァ(張芝華)
リン・ユー:ジェン・ニン(簡寧)

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]