忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1854]  [1853]  [1852]  [1851]  [1850]  [1849]  [1848]  [1847]  [1846]  [1845]  [1844
子供の頃、初めて観た生身の俳優が演じているSFがこのドラマ。
数回観かけて数回とも惹かれる事なく途中放棄、寧ろ拒否反応が。
そっから10年以上SFというジャンルを無視する切欠を作ったドラマ(笑

11作目で初めてスタトレに興味が沸き、結局12も心から楽しんだんだけど
かといって過去作品に特別興味が沸いたわけでもなく現在に至ってたんだけどね。
でも映画版一挙放映とかいうからつい・・・。

スタートレック Star Trek: The Motion Picture(1979)
初映画化だからなのかエンタープライズやら宇宙やらドッキングやら
そこにやたらと時間をとっていた印象。そして面白みを感じず・・・。
スポックさんとスールー(カトー)は観ていて楽しいが他に魅力を感じない。
やばい、やっぱり私これ向いていないかも;;;と・・・。

スタートレックII カーンの逆襲 Star Trek II:The Wrath of Khan(1982)
当然ドラマは観ていないので逆襲とか言われても特別な感情は沸かず。
スポックさんがお亡くなりになる経緯で
ああこれが12作目で逆(カークがやばかった)だった件かーぐらいしか。
でもここんちのカークになんか愛着出てきた(笑

スタートレックIII ミスター・スポックを探せ! 
Star Trek III:The Search for Spock (1984)
クリンゴンの悪玉にクリストファー・ロイドがおったよ。
っつかどゆこと?実は生きてたとか生き返った、んじゃなくて再生した、って事?
このスポックさんはクローンみたいなもの??
え??カークの息子があっけなく死んじゃったよ?;;ええ;;;;
そしてエンタプライズも大破。あああ;;;

スタートレックIV 故郷への長い道 Star Trek IV:The Voyage Home (1986)
Ⅲで色々やらかしたせいで軍法会議です。当然です。
さておき、またしても地球の危機。ザトウクジラを過去から連れてくれば云々。
マジこんな事で危機が回避??とそれ以外にも疑問だらけの回だが
まあそこらは無視の方向で。でないと楽しめません(笑

今回は過去(当時の現代・80年代)へ。タイムスリップの鉄板ですな。
メインキャラ全員に愛着が出て来た頃だったので、
そんなキャラ達が過去で奮闘するのが素直に面白かったよー。
一番大好きなシーンはカークが前にマッコイから貰った眼鏡を質に入れて
その僅かな資金を皆に「えーと」って感じに分けているのがすげー和んだw
キャラ好きには堪らないエピじゃないかしら(`∇´)!
この鉄板は新作の方でもやって欲しいなあ。

スタートレックV 新たなる未知へ Star Trek V:The Final Frontier (1989)
前作が非常に楽しかったので期待してみたんだけど、
冒頭とシメのキャンプ(皆の休暇)はほんと楽しかったんだけど
本編の方はなんか特別どうというものはなかったな・・・。
でもカーク、スポック、マッコイが楽しすぎたからそれだけでいいわ(笑

スタートレックVI 未知の世界 Star Trek VI:The Undiscovered Country (1991)
所謂「宇宙大作戦」メンバーが揃うのが最後の作品なんですって。
クリンゴン星人との和平会議とかあってね。
その会議の後、クリンゴン宰相の船に向かってエンタープライズから魚雷が発射。
そしてクリンゴンの宰相が亡くなってしまう。
カークは息子をクリンゴンに殺されているし・・・誰が?何故?真相は?なお話。
裁判とか犯人探しとか、内容は刑事モノみたいだったなー。
これはこれで楽しめたかな。
そうそう、主要バルカン人としてキム・キャトラルが出ていたよ。
一瞬だけどクリスチャン・スレーターが出てたのは驚いたな。

◆◆
ドラマ版を観ていないので常に「何だかよく判らない」がつきまとう。
でも思った以上に楽しめたわ。Ⅳはマジで面白かったし。
そして思ってた以上にカークさん大暴れでしたw

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]