忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1273]  [1272]  [1271]  [1270]  [1269]  [1268]  [1267]  [1266]  [1265]  [1264]  [1263
G
ギャングスターもの云々。
アンタッチャブルとかあそこらへんの時代背景の作品の登場人物、
実在の人物が絡む作品は横のつながりを考えずに完全なフィクションとして見てきたジャンル。
何でかというと、作品ごとに脚色されているし統一された人物像はあっても
やっている事がそれぞれ微妙に違うし○○がモデル、となると余計に混乱するから。
だから例え同じ名前でもこの映画のみ!って感覚で観ていたんだけど
でも最近ここら辺の歴史をかるーく読み漁る事があったのでね。
それを踏まえてから観ると、やっぱり知ってると知っていないとでは感想も変わってくるよなあ、と。

奴らに深き眠りを/Hoodlum (1997)
バンピー・ジョンソンが主人公のお話。
アメリカン・ギャンスターの前に見るべきだったな、と(笑
アメリカン~でデンゼル・ワシントンが演じたルーカスは彼の運転手だったんだよね、確か。

ローレンス・フィッシュバーンがバンピーを演じていて、ダッチ・シュルツをティム・ロスが。
ラッキー・ルチアーノをアンディ・ガルシアがやってるというね。
内容としてはバンピーvsダッチ。と、大物ルチアーノ。
バンピーがやたら格好良く描かれている点で評価が分かれるかもしれないんだけど
話はシンプルだしバンピー(この時代の黒人ギャング)が前面に来ている作品は
他で観た事が無かったので、その分興味も高まってするっと観れてしまった。
そしてティム・ロスがまた・・こういうキレちゃった悪役とか旨いよね(笑
アンディさんは役作りだろう右目が逆になんか違和感あったなあ。

あまり大掛かりな作品という印象は受けなかったけど私は楽しめたよ。
・・・フィッシュバーン映画に飢えてただけかもしれないけど(笑
CSIもいいんだけど、やっぱ正直彼は映画で観たい・・・。

コットンクラブ/The Cotton Club (1984)
この作品は大掛かりといえば大掛かりなんだけど、
何を求めてみたのか、で評価がかなり分かれるような。
場所柄、時代柄、ギャングものではあるんだけど、
そうするとリチャード・ギアグレゴリー・ハインズの恋愛パートがウザくてしょうがない(笑
コットンクラブのエンターテイメント、としてみると素晴らしいと思うけどね。
あのコットンクラブですからね。音楽・演出・ハインズさんのタップ、素晴らしいわよ。

オウニー・マドゥンをボブ・ホプキンスが。ダッチをジェームズ・レマーが演じております。
で、バンピーがモデルのキャラをこれまたフィッシュバーンが。といっても今回メインじゃないけどね。
個人的にはこっちの動きが気になって仕方なかったので、正直恋愛パート早送りしたかったわw

それと、主人公デキシーの弟役にはニコラス・ケイジ。これは叔父様のコネかしら(笑
それはともかく、成り上がりたい青年を好演していて、ありがちとはいえ中々面白い役柄だった。
兄いらないから弟の人生をもっとクローズアップして欲しかったなあ。
とすると完全なギャング映画になってしまうか(笑

うむ。マドゥンについてはもっと見てみたい人物なので彼主人公の映画見てみたいなあ。
この作品でビッグ・フレンチーと信頼関係をもっと見たいって思ってしまって(笑
でもとりあえず・・・次はバグジー辺りが妥当かしら?

 

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]