忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215
Season2-15 Revelations

ちうわけで後編。
メインはリードの拷問なんでしょうけど・・。
私にはコントにしか見えなかったなぁ・・・・・・(=_=;)
ドーソン・・じゃなくってトバイアスは別にいいんだけど、
なんかリード・・というかギュブさん・・もう少し・・こう(ry
観ながら、ブルース・ウィリスってすげえんだなあ、とか明後日な事考えてたよ(笑
彼の痛そうな演技、というか痛いけど痛くないぞ!っていう演技好きなのよ(笑
それと、足裏叩きについては・・。
ぷっすまの罰ゲーム、足ツボのがよっぽど痛そうなんですけど( ̄◇ ̄;
ともあれリード自身はかなり大変な目にあってたのは判るんだけど、
ゴメン、何度も笑い出しそうになったよ;いやほんとスイマセン;;

それと、リード父、出てきましたなあ。それと幼少のリード。
うん、見かけで判断してはいけないとは思うけど・・確かに虐められそうだわ(TДT)
なんかなあ。もうリードの不幸はお腹一杯だよ~
でも、やっぱり母親を施設に送り込んだところは見ていて切なかった。
なんか・・・本当に不幸の塊だなリードは・・。幸せになって欲しいなあ・・。

それと。今回は聖書がらみ。ヨハネの黙示録。聖書の御言葉。
聖書は旧約・新約と数回、読んだけども。
黙示録(聖書の中の唯一の預言書)に関しては、
言葉の意味は判るけど、真の意味は判らない。
研究者も沢山居て、でも、全て解明はされていない。
只でさえ人によって解釈が変わってしまう文字の世界(ブログやメールだってそう)。
そして聖書は世界一のベストセラーだけど、各国の翻訳だって大昔のもの。
本来の意味とは別の解釈で訳してある部分だって何処かしらあるはず。
新改訳が出版されている時点で、つまりそういう事だよね。

ともあれ解明されていないものを題材にするのは勇気が居る事だよなー。
今回は「聖書の言葉を曲解」という事なので特に突っ込みはしないけどね。
そうなんだよなあ。戦争の大本もここに通じてる所、多いよねぇ。
聖書については、面白い話も沢山詰まっているので興味がある人は是非。
有名所ではアダムとイヴ(エヴァ)、ノアの箱舟、バベルの塔、モーゼ十戒、等々。
ただ・・・個人的には詩篇や士師記などは・・3行で眠気がきます(ノ∀`)
でも黙示録以外を読んだのはかなり昔だから、今また読んだら面白いかも。

JJは痛々しかったよね。助かった方ってのは逆に辛いよね。
エミリーは気持ちを切り替えることが上手。
今回の事で少しでも強くなろうとしているJJ。
でも、恐れる事も大事なんだと思うの。JJには「平気」になって欲しくないな・・。
JJがエミリーみたいになる必要はないんだよ(/□≦、)

さてさて。
「僕はナルシストじゃなぃい(-"-)!!!」から始まって(笑
ユーモアのセンスが無い、偉そう、偶に鬼軍曹になる、女を信用していない。
以上、本人も認めた欠点です(*´艸`)
ともあれこれが突破口でリードを見つける事ができたね!流石ホッチ!

トバイアスの最期は素直に泣けた。辛かった。うん。
自分が作り出したとはいえ、その作り出した人格に支配されるなんて。
「あいつを殺したの?母さんにまた会えるかな・・?」
死ぬ事で平安が訪れる・・って悲しすぎるよ・・。

こちらも辛かったけど、いいシーンだったよね。リードとホッチの抱擁。
「判ってくれると思ったーぅ(ノД`)・゜・。 」
怖かったんだろうね。本当に。
心配かけすぎだお前は!とでも言いそうな涙目のモーガン、実はハグしたそうだったよね(笑
んで、ちゃんとJJにも「君のせいじゃない」って言えたよ!偉かったぞリード!

って!ちょ!リー・・Σ(゚д゚|||)!!!

「あらー。病み付きになっちゃったのねー」
という気の抜けた母の言葉と共にエンドロールですよ;;;
ををを;;;彼の不幸は何処までも続く;;;

そして前回・今回共にゲスト出演のドーソ・・じゃなくてジェームズ・ヴァン・ダー・ビークね。
ドーソンズ・クリークは正直しっかりちゃんと見た事はないんだよね。
母が見ていたのを横にご飯食べながら眺めてたぐらい。青春モノ興味ないの(笑
それでも顔に特徴があるのでしっかり覚えてしまった俳優さん。
去年You Tubeで見たギュブさんと彼の撮影現場裏らしき映像はこれだったのか、と納得。

トバイアス:ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク(James Van Der Beek)

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]