忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1719]  [1718]  [1717]  [1716]  [1715]  [1714]  [1713]  [1712]  [1711]  [1710]  [1709
Oz: the Great and Powerful

原作も映像作品も色々あるけれど、本作はそこらを掻い摘んだオリジナル、となるみたいね。
気球に乗って吹っ飛ばされてきた、とだけあるオズ。
そのオズが「オズの魔法使い」となるまでのお話。
以下ネタバレ含む。

オズの魔法使(1939)を観ておくと、「おw」となる部分が転々と。
オズの国に到着からカラーになったり、黄色いレンガ道のスタート地点の町とかまんまよね。
でも逆に東の魔女(エヴァノラ)は吹っ飛んできたドロシーん家で圧死だろ??とか
西の魔女(セオドラ)はオズの命令で退治しろとか言われてたよね??とか矛盾も出るけど(笑
因みにこのミュージカルで一番好きなのはトト。しっぽぐるんぐるんでついてくるのがもーたまらん!

さて。
映像はたしかに綺麗だったし、ストーリーも悪くはないんだけど、なんか盛り上がりに欠けた感が。
なんというか、後半の盛り上がりに辿り着くまでを長く感じてしまったんだよなあ。
陶器人形は可愛かったけど(足音がすげー可愛いw)猿好きになれなかったし。
こういう作品なんだからもっとキャラクターや世界で遊べばいいのにねえ?
突き抜けた感が全然ないのよ。安全なところを行ったのか的な。
セオドラが緑になる件は切なくていい感じだったのになんか中途半端というか。
設定も発想も悪くなかっただけに、もう一声欲しかった・・。
あ、レイチェル・ワイズ、衣装効果もあってとっても素敵だったよ(´∇`)

原作について。
子供の頃絵本っぽいのを何冊か(全部同じ話ね)読んだ事がある(当時アリスとよく混同した・・
その挿絵のせいでオズって小さいハゲ男、ってイメージが(ノ∀`)
なのでジェームズ・フランコと聞いたときは正直「え?」って感じだった(笑
で、当初はRDJが候補だったらしい、と知って・・・うむ、そっち観たかった!
フランコ君も悪くなかったけど、でもやっぱ!
別にチビでハゲが想像しやすいとかじゃなくてボブさん大好きだから!(余計な事言うな(笑

パンフレットは700円。
オズ、3人の魔女、監督のインタビューが掲載。それぐらいかなー。

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]