忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1370]  [1369]  [1368]  [1367]  [1366]  [1365]  [1364]  [1363]  [1362]  [1361]  [1360
Harry Potter And The Deathly Hallows Part2

つまり・・・私は10年かけてスネイプ先生の恋の話を観て来たわけなのね?

ハリーシリーズも正真正銘の最終回を無事迎えたという事で。
このシリーズは1を観た時に自分向きではない、と判断。
が、一緒に行った母が気に入り、それ以降は自分の為ではなくて
母のお付き合い、として観て来た作品なのよね。
なので話が雑だろうがCGがしょぼかろうがそのあたりに無関心で見ていたという、
そういう意味では私にとってはある意味珍しいシリーズとなったねえ。

さて。
シリーズは大好きだがロンをどうしても好きになれない母。
今回も案の定、ハーマイオニーとロンはやはり不自然!と(笑
私もそう思うけどね・・ここらの作り方は原作ファンの方はどうなのかしら。
それと、以前原作ファンの友人がハリー父がいい!と言っていた記憶があるんだけど、
映画作品を見た限りでは、どこら辺に魅力を感じたのか不思議なくらい影が薄かった(笑

ともあれキャストの降板はともかく、変更ナシでここまで作ったのは純粋に立派。
イギリス俳優を沢山使ってくれたのもよかったよね。
私の好きなイギリス俳優達はあまり起用してくれなかったけども(笑
3Dついては、確かに綺麗だけど殆どが夜のシーン、暗いったらありゃしなかったわ。
でもまあ、何のかんの、一度1作目から一気に観ようと思わせるぐらいには楽しませてもらったよ。

パンフレットは800円。
インタビューなし。キャストについては紹介のみ。扉ページがあるけど、過去作品の紹介だけ。
もうネタは完全に尽きたと思われる(笑

観終わった直後の母と私。
まずは上記、冒頭の一文をを私が呟きなるほどと返され。
「あの親子(ドラコんち)が一番要領よかったわね。さっさと逃げちゃってさ」
「確かに・・・・あ、あと19年後って私と年ほぼ同じだよね。メイクに違和感ないのが不思議(笑」
「・・・そんな大きな娘がいる自分が嫌だわ・・・」
「そこかい。あ、それよりあのハリー達が乗ったドラゴン、私の部屋のさあ・・」
「思った!あんたの部屋の人形(マクファーレン・ドラゴンシリーズフィギュア)そっくりね!」
「あとさーハリーって眼鏡はずすと顔のバランスおかしくない??」

・・・つまり、親子で気軽に楽しんだ、っちう事よ(笑

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]