忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1301]  [1300]  [1299]  [1298]  [1297]  [1296]  [1295]  [1294]  [1293]  [1292]  [1291
運命のボタン/The Box (2009)
なんか短編小説を無理矢理映画尺に引き伸ばしたくせえなあ、と思ったら。
原作はリチャード・マシスン。短編小説の死を招くボタン・ゲームだそうで。
ヒッチコック劇場とかミステリーゾーン、日本的に行くと世にも奇妙な物語。
そういった短編として映像化してたら評価がぐっと上がったと思うわ。
内容は面白い。だからこそ、長さを感じさせちゃいかんと思うのよ・・。
個人的に、ジェームズ・マースデンが出てなきゃ観なかったよ(ノ∀`)

映画版 ねこタクシー (2010)
猫は可愛い。でもそれだけだわ・・・。
 
チャーリー/Chaplin (1992)
当時観た以来だな。約20年振りだわ(笑
私はこの作品でロバート・ダウニーJrの存在を知ったんだけども。
私の年代(3~40代以上)のファンはこの作品が出会いって人多いんじゃないかしら。
 
作品については。
自分の好きな俳優の伝記映画ってのが初めてだったので凄く新鮮だった記憶がある。
チャップリンの短編が好きでよく観ていたけど、だから「放浪者」のイメージしかなくて
メイクを落としたチャップリン、人としてのチャップリン、って考えた事なかったのよ。
だからそれ自体が新鮮、当時のハリウッド事情やらなんやら、凄く楽しく観させて貰ったのね。
で、観返してみて、デイヴィッド・ドゥカヴニーミラ・ジョヴォヴィッチが出ていた事に気づけたw
あと聞き手、あれアンソニー・ホプキンスだったのねえ・・・。
 
ドライビング Miss デイジー/Driving Miss Daisy (1989)
これも当時観た以来だわ。
映画に限らずだけど、最初見た時と数年あけて観た時とで
感想が変わるもの、変わらないもの、それ以上に深く感じる事が出来るもの、がある。
後者は自分が年を重ねる事で得たささやかな経験のお陰で
作品に共感する所が増えていたり身近に感じるようになっていたりするから。
これは後者だわ。当時もいい作品だ、と思ったけどその頃よりもより一層ぐっと来たよ。
 
やっぱジェシカ・タンディって凄いなあ。
老婆から更に年を重ねていく演技が本当に自然で、主演女優賞に素直に頷ける。
モーガン・フリーマンも良かったねえ。
彼の作品はこれが初だったっけなあ・・・・いやグローリーだったかねえ・・。
ともかくこの二人の掛け合いがなんともいえないのよね。
そして年を重ねるのは素敵な事だけど、でもやっぱ少し切ないよね、としんみり。
でももう一度観てよかったと思ったよ。

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]