忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1226]  [1225]  [1224]  [1223]  [1222]  [1221]  [1220]  [1219]  [1218]  [1217]  [1216
Das Leben der Anderen (The Lives of Others) (2006)

静かに事が進んで静かに終わる。
そんな作品だったな。
ベルリンの壁が崩壊する数年前の東ドイツが舞台で
シュタージ(諜報機関)の一人を主人公にしたお話。

原題通り、他人の人生、を聞く事(任務で盗聴をしている)を通して
大尉のかちこちの心が変化していくお話。
かといって大きな感動が待っている!とかそんな大げさなものじゃない。
終始静かに淡々と進んでいく。

その変化は「いつ」とかじゃなくて
「気が付いたら」とか「いつのまにか」って言葉が合ってる気がするな。
人間ってそういうところあると思うし。

ラストもよかったよ。じんわりときた。
こういった作品って地味っちゃ地味なんだけど、何故か忘れないんだよね。ずっと。

主演の大尉を演じたウルリッヒ・ミューエ(Ulrich Muhe)さんがとにかく素晴らしい。
表情が殆ど変わらないんだけど、
ほんの少しの表情でこちらに彼の心情の変化が伝わってくるというね。
それがこの映画の静かさにとってもあっていて、最後までじっくり観てしまった。
でもこの作品が公開された翌年、亡くなってるんだよね・・・。
まだまだ若いのに・・・・。

この作品を気に入った人はきっとミューエさんのほかの作品も観たくなるんじゃないかしら。
というか私は観たい(笑
善き~の次に公開されたわが教え子、ヒトラーに俄然興味が沸いたわ。

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]