忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1223]  [1222]  [1221]  [1220]  [1219]  [1218]  [1217]  [1216]  [1215]  [1214]  [1213
真夜中のカーボーイ/Midnight Cowboy (1969)
主人公がテキサスからNYに出てきた理由って今考えると凄いよね。
ジゴロになるってのを理由に上京なんて出来ねえよ、普通。時代かしら(笑

都会に暮らす若者達のお話。
んでもこの作品に限らず、自分の居場所・存在意義・夢・希望を扱った作品は沢山あるよな。
そのうちの埋もれないひとつ、なのかな。
あのラストをハッピーエンドだと思うか否かは人それぞれだと思うよ。
私はハッピーエンドなのかな、と思う。切ないけども。

というかね、昔からジョン・ヴォイドの若い頃の顔ってど~も生理的にダメなのよ(ノ∀`)
色んな作品に出ているけど、若かりし頃の彼の作品はことごとく避けてきたというね(笑
で。ダスティン・ホフマンの、あの圧倒的な存在感って一体なんなのかしらね?

コララインとボタンの魔女/Coraline (2002)
なんとなく録画して、パズルゲームをやりながら何となく観たんだけども。
とくにここが!ってのはなかったなー。
でも世界観は私の好きな微妙に不気味系、キャラクターも時々魅力的だったよ。

ただ、子供に観せるには年齢を考慮しないとな、とも思ったよ。
甥姪1~3号に観せたら1号(小5・男)はあんまり興味無さげ、2号(小1・女)はガッツリ、
3号(年少組・男)は所々怯えながら観とりました(笑

野のユリ/Lilies of the Field (1963)
つい観ちゃうんだよなあ。この作品はダントツにお勧め。
やっぱいいものは何度観てもイイ。
いちいち説明するのも野暮なぐらい無駄がない。

スミスの心情、シスターの一見身勝手に見える言動、
観た側で色々感じ取ればいい。
黒人霊歌のAmen(アレンジ:ジェスターヘアーストン)も
とっても効果的に使われてるんだよなぁ。
観終わった後、つい口ずさんじゃうぐらいよ(笑

歌いながら去って行くスミスがとても印象的。
同時にそれを感じ取るシスターの表情。
じーんと来るよ。

心から大好きな作品、誰にでも勧めてしまう一品。
観た事ない人は是非。白黒映画かー、って躊躇している人も
騙されたと思って是非。本当に心から是非な映画なのよ。
.  . 

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]