忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[603]  [602]  [601]  [600]  [599]  [598]  [597]  [596]  [595]  [594]  [593
Red Crif Part2 赤壁 決戦天下

小喬ぽーん、周瑜キャーッチw
フ・ザ・ケ・ン・ナ(ノ≧∇)ノ

「色々と聞きたい事がある」というのが映画を観終わった第一声(ノ∀`)
今回も三国志ファンの友人と参戦したのでね(笑

映画の方は前回同様、最初に日本語でしっかりと簡易講座が開かれるので、
Part1の記憶がぼんやりの人でも大丈夫(笑
パンフレットは600円。最初と最後のページは観音開きになる仕様。
中々凝っていたし、読み応えもあったんだけど、指紋が目立ちそうな仕様はやめて;;
それとさ。洋名入れちゃった俳優はともかく、それ以外はちゃんと漢字も載せましょうよ。
中国・台湾の俳優さんをさておいて日本人俳優だけ漢字有りっておかしいよ(ノ∀`)

Part1の後半の勢いからすると、赤壁決戦までかなり長い。
個人的にはそこら辺は全然OKだったんだけどもね。
まあ、断然劉備軍のファンとしては「劉備まだー(´ー`)?」って感じだったけども(笑

それからねえ。周瑜の剣舞なあ。・・・酷いもんだよ;;
トニさんはアクションの人じゃないんだからやらせちゃダメだ(´□`;)!
アクション俳優カモーンって感じでね・・・ドニー・イェンあたりがやってくれれば...orz

今回はワイヤーもあざとかったというかねえ。こんななら無くても良かったわ・・。
ワイヤーは他の作品で堪能するからさ・・。
なんつうかね、不自然な趙雲の走りを見ていて切なくなったのよ(ノ∀`)

あとねえ。如何せん小喬が!いけねえよ!全てをダメにしたよ!
前回はまだ我慢できたけどね、今回は無理だよ!!
あんな決戦間際にほんわか小喬とお茶してる曹操も判んねえよ・・・。
今まで放っていたカリスマが台無しよ(/□≦、)

それからね。小喬ぽーんの直後で超憤ってる時に
「この戦いに勝者はいない」なんていわれてもね。フーン(`L_` )てなもんですよ。
そんなこたあ判ってる!戦争は無意味!残酷に人口を減らすだけのもの!
判ってんだよコンチクショウ!!(イライライライ(ry

ともかく、硬派を求めていた私としてはかなり不満の残る作品だったわ。
私好みのキャストが結構多かっただけに余計に残念でならないよ。
とにかく脚本がダメだ!!!!!!!

なんつーかね、劉備軍メインで今回のキャストで別の脚本作品が観たいわ!
趙雲と関羽と張飛と孔明と劉備と!!曹操と!!!
今回のキャストで!(断じてアンディ・ラウではなく!!

え?戦闘シーンはどうだったのかって?
そら凄かったですよ!ドカーンでバーンですよ!
あんな豪炎の傍でせっまい箱状に篭って中がどんだけ高温なんだっつのはあるけどな!
前回の亀といい今回といい、本当に有効なのかしらね?特に今回あの場所であの戦法は??
かー!!!もうだめー!なんか褒め言葉が出てこないー!
やっぱ最初の2行で止めとくべきだったー!あーもう助けて趙雲ー!!

とりあえず男前な胡軍と巡り会わせてくれてありがっとー!それだけは感謝なのよ!


・・・・・もう何がなんだか(笑

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
うむ。
赤壁が周喩(呉)メインになっちゃうのはしょーがないと思うので、
むしろ問題は、その周喩のキャラクター造形にあったと思います!

周喩を人格者にしちゃうから、後半になればなるほど話がガタガタになっちゃうんだよ!
周喩は嫉妬のあまり憤死するような人物であってナンボです!
魏には勝っても孔明には勝てないの!引き分けじゃダメなの!!

ついでに、現代の感覚で余計なメッセージ入れるから、三国志の面白さが失われちゃうんだよ!
三国志はちゃんちゃんばらばらしてナンボです!そういう時代だったんだから!
赤壁の勝者は「いる」んだよ、いなきゃならないんだよ今後のために!!

あと個人的には小喬より尚香の扱いが我慢ならんかった……。
呉の孫策の娘にして、未来の漢中王の正夫人ですけど、アナタ……。

Part1は、正史のめんどくさい部分、堅い部分をうまく抑えて、
三国志演義の面白いトコばっかりどーんと出したカンジで、
もうホント、このテンションでぜひ孔明が死ぬあたりまで!と思ってたのに、
Part2はなんでこんながっかりなブツになっちゃったの……(号泣)。

ちなみに、今回のキャストで別脚本というなら、赤壁以前がオススメw
周喩出てこねえしな!
りょう。 2009/04/20(Mon)18:01:31 編集
Re:うむ。
周喩をトニさんにした事でこうなった気がするよ。
最初のキャスティング、周喩を私の嫌いな(笑)ユンファな兄貴、孔明をトニさん、でやっていたらかなり違ったものが出来上がったと思うんだ。
相当( ゚д゚)ゴルァ!な周喩になってんじゃないかしら・・・。
ユンファな兄貴も色々やるけど、どーもジョン・ウーと兄貴のコンビ!となると挽歌を思い出してしまうので(笑
うーん、観たかったなあ。
でも金城孔明がよかったので別にもういいです(笑

尚香に関しては、若き日の青春、ってかんじで先を知っていてもそんなに気にならなかったな。そう思えたのは私がヴィッキーさんが割りと好きだからかもね。

それでも先を知っていようが知らなかろうが。
小喬に関しては、歴史・原作うんぬん以前にひとつの作品として生理的にダメだったわコンチクショウ(笑
あーでも女優さんには罪はない(笑

しかし・・・ユンファな兄貴・・・亀仙人なんかやってる場合じゃないだろ、みたいなね(ノ∀`)

ともあれPart1が良かっただけに残念な結果だったよねー(´□`;)
2009/04/21 01:58
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]