忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1881]  [1880]  [1879]  [1878]  [1877]  [1876]  [1875]  [1874]  [1873]  [1872]  [1871
偽りの人生 Todos tenemos un plan (2012/アルゼンチン/スペイン/ドイツ)
小児科医、妻もいるけど子供は出来ない。
妻は養子を欲しがるが自分は要らない。
自分の毎日にうんざりしつつある所に余命僅かの双子の兄が現れる。
冗談か本当か「自分を殺してくれ」ってのを本当に実行して兄になりすます男の話。

この兄ってのは決して裕福なわけではなく、
養蜂業と裏家業、両方こなしながらずっと地元で生活してきた男。
静かな生活を送れると思いきや・・・。

実際はすげー静かな作品。派手な展開はない。
静かに重く、でも着々と話が進んでいくのね。
このおも~~~い雰囲気に惹きこまれてしまったよ。
とても悲しい結末ではあるんだけど、
それでも主人公にとってはハッピーエンドなのかなあ、と思うとまた切ない。
彼女はきっと水の奥深くに葬るんだろうなあ・・・。

ウォーム・ボディーズ Warm Bodies (2013/アメリカ)
まだ少し意思が残ってるゾンビ、Rのお話。
ゾンビモノは沢山見てきているので、
彼らに意思があったり、人間との共存の兆しを匂わせたりした作品も見た事はあるけど
ちゃんと解決してハッピーエンド、ってのは初めてだな。

ここんちのゾンビは人の脳を食べるとその人の記憶を走馬灯みたいに感じる事ができて
それがぼんやりしか物事を考えられないゾンビにとってちょっとした刺激になるようで。
で、そこである女の子、ジュリーを好きになってしまって、と話が展開していく。
まあ実際彼氏の脳を食ったわけだからグロテスクっちゃグロテスク(ノ∀`)
 
で、何か(Rの場合はジュリー)に関心を持つ事で少しずつ思考が復活していく。
ということは・・?

骸骨の存在はよく判らなかったんだけど
あれはゾンビ状態を行き過ぎた結果?それとも単品の存在?
ともあれ展開は中々面白かったよ。ハッピーエンドが気持ちよかったわ。
まあ、破局寸前とはいえ彼氏の脳食った相手よ?
それ忘れてするっと受け入れちゃう??ってツッコミはあるけど(ノ∀`)

で、Rとジュリー、って最初は別にどうも思わず見ていたんだけど
バルコニーのシーンでロミオとジュリエットか(`ロ´;)!!と気づくわけで(笑
これ恋愛がメインだから割と軽いテイストになってるけど、
ゾンビと人間の対峙がメインだったら人間ドラマとしてもっといい話になったろうなあ。

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
↓Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8
12
22 23
24 25 26 27 28 29 30
↓Profile
HN⇒Carni
Movie⇒トランスフォーマー大変楽しかった!

Drama⇒最近どのドラマも平熱気味。数はたくさん見てるんだけどね・・。

Game⇒龍が如く極2早く遊びたーい(`∇´)

Book⇒特捜部Qドハマリ中。

MUSIC⇒Freshgod ApocalypseのKingが凄すぎて(ノ∀`)
  
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]