忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1167]  [1166]  [1165]  [1164]  [1163]  [1162]  [1161]  [1160]  [1159]  [1157]  [1156
CSI:Miami Season8-11 Delko for the Defense

走るカリー。走るウルフ。ホレイショまでもが走る。
ウルフだけドタドタと擬音をつけたくなるのは何故だろう。それはさておき。
いややっぱ少し絞ったほうがいいぞウルフ。それもさておき。

弁護士の鑑定人。デルコ。
CSI側とは反対側、容疑者の弁護側。なるほどダークサイドね(笑
でも確かにダークサイドだろうがそれはそれで必要な立場だよね。
ただ、カメラ片手にああもひっつかれると、流石にちょっとね(´□`;)
相手がデルコだからまだ皆穏やかだったけど、別の人間だったら険悪間違いナシよ(笑

それと、裁判を早める、ってのも立派な戦法なんだなーと今更ながらに。
確かに証拠がさっさと揃う前に、有利なうちに終わらせてしまえるもんね。
いやはや。

カリーとデルコ。
デルコはプエルトリコに行ってたんだねー。
そしてこの二人はなんだかやぱり微妙な雰囲気・・・どうなるのかしら・・・。
でもデルコはカリーのお勧めで州検事のタルボットの所にお世話になる事に決めたみたい。
タルボットの所だったらこっち側に近いよね。ふふふ。

それからデルコとホレイショ。
立場は違ってもホレイショはデルコの味方よ!
カメラ片手に申し訳なさそうにしているデルコ、気にするな、と声をかけるホレイショ。
うんうん。うんうん。うんうん(´∇`)

物理的に無理。アンドロゲン不応症(Androgen Insensitivity Syndrome)
病名は初めて聞いたけど、こういった疾患がある事を知っていた自分自身が判らない(ノ∀`)

で、彼のやった事を見ていてぼんやりとクリミナルマインド的思考が。
彼にとっては女性を殺す事は結果で、ナイフを刺す事、に意味がありそうだな、とか思ったり。
もうすぐ新シーズン始まりますなあ(関係ない(笑

今回の吃驚。
マイクロチップ付の箱。箱ごと中のデータを読み込む。
すげえ!と、思ったけど、結局チップに情報を入れるのは人が頑張って情報入力したからだよな。
そう思ったら、凄いというより入力した人大変だったね、と苦労が目に浮かんでしまったw

最後に。
「ホレイショっていっつも綺麗な女の人とハグしてていい役よね!」
事件解決で被害者の女性とハグする彼を見る度に母が騒ぐのどうにかしてください(`ロ´;)!
っつか、ハグされてる女性を羨ましいと思ってる人の方が多い気がするんだけどね(笑

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]