忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
Heroes Season3-23(Volume4-10) 1961

コヨーテ・サンズ。
能力者の収容所であり、人体実験施設でもあったわけか。

何で墓を全部掘り返えす必要が?
なるほど予知無でここで死んだはずの妹が夢に出てきたから遺骨を確認したい、と。
でもペトママ、理由は先に告げておくべきだと思うよ・・・。

1961年。
モヒパパと・・・ジマーマンもいたんだなあ。
ボブやらリンダーマンやらチャールズも。・・・創立メンバーにペトパパは居なかったんだね。
なんだろうねえ、コールドケースを見ているような気分になったよ(笑

当時アンジェラが見た予知無。モヒパパが皆を殺す夢。
現実は結果的にアリスを置いていく形になったアンジェラ達が切欠でもあり。
モヒパパに怯えたアリスが切欠でもあり。
なんだか見ていて寂しくなる結末。それとアンジェラ達のパパも能力者だったんだな・・・。

んで、妹アリスは天気を操る事が出来るんですと。
・・・この能力ってもしかしなくてもすっげえ驚異的な能力だよな?
雨とか晴れとかそんな暢気なもんじゃなくて嵐竜巻雷暴風台風全てだろ?;;
ともあれ、突然嵐が起こった、という事は、アリスが生きているという事でもあるわけで。

「ここに居れば絶対安全」
・・・アンジェラのこの言葉を信じて一人で50年か・・・。
だがしかし。50年もこの言葉を信じていたアリスにあっさり嘘だったと知らせるって(´□`;)
嘘と明かして怒らせて、止めに入ったのがモヒパパの恐怖再現的な息子登場、火に油。
そのままアリスは消えてしまったよ( -_-)

靴下。そういえばパイロット版で靴下万引きしてたっけなあ。
ついこの間も靴下片手に車に乗ってたよね。深いな・・。

さて。
ペトママが考えた事は、新たなメンバーで組織再建。
能力者はやはり存在を隠しておいた方が安全という事で。
でも以前母の作った組織のやり方を思い浮かべて一旦は拒否するピーター。

ピーターの言う事も判らなくもないよね。
そして飛び去ったお陰で久し振りに兄弟の会話を楽しめたわ(笑
二人がちゃんと話すのは久し振りだよね。
で。ピーターが何を話すのかなーと思えば子供の頃の野球観戦の話。
言いたい事は判るけど、例えが稚拙だよ・・・だからガキ扱いされんだよ(ノ∀`)

途中参加のモヒ。
自分の父親が人体実験をしていた、って知るのは辛いところ。
というかノアはともかく他の皆、モヒがここに居ることに違和感なさすぎだろ(笑
飛んで帰ってきた兄弟、何の躊躇いもなく一緒に行動しているのが(笑

クレアとパパ2人。
クレアがひたすら可愛かったねーw
クレアにあんな事言われちゃったらパパ達、例え火の中水の中ー!!!だよな(笑
ほんと、この3ショットたまらんわ(`∇´)!

まあ色々あったけど。
新しく作ろうとしている組織は以前とは違い、今回は家族だから。
勿論、それにはモヒ、マット、ヒロ、アンドウ、一緒に乗り越えてきた彼らもも含まれてるよね。
・・・うまくいけばいいけどなあ。

それとね、50年前と同じ店、同じ場所で家族が食事をしているところを見ているアンジェラ。
すっごく素敵な表情だったね。
早く彼らが安心して暮らせる世の中を作れるといいよね。
んでもTVにはネイサンの姿になったサイラーが。・・・平和はまだ先のようね・・・。

入手したイカロス計画のフィルム。
モヒはここに残るのかな。フィルムの中身はなんだろうね。気になるなあ。

最後に。コメンタリーで吃驚よ。パイロットから今迄、たった9ヶ月の出来事ですってよ(゚-゚;)
それと・・・嵐の中、俳優さん達お疲れ様(ノ∀`)

拍手

PR
Heroes Season3-22(Volume4-9) Turn and Face the Strange

ヒロとアンドウとマットJr.
どうやら赤ちゃんの機嫌次第で物が動いたり止まったり。
っつかアンドウ変顔!もー和む和む和むーー!
ネイサンとクレアニアミスしてるのがまた面白い(ノ∀`)

マット。
ダフニを失った怒りの矛先はダンコ。
ダンコに同じ目にあわせてやる、って事だったんだろうけど。
彼の恋人のアレーナを突き止めてダンコの目の前で・・・って殺せるわけないよね。
マットが無実の人を殺せるわけないよね。でも見ていて切ないったら( ノД`)

何よりダンコに銃を向けられながら、もうどうでもいいみたいになってるマットがさあ・・・。
でもそこで間一髪、ヒロの登場よ!もう!心から嬉しかったわよ(`∇´)!
騒動の後、マットとマットの初対面。
今回唯一ほっとできたシーンだね。くるくる回るオモチャに心温まったわよ(笑
でもこの件で一番の被害者はアレーナだよね・・。
ダンコについてはそらみた事か!って感じだけど、アレーナには流石に同情・・・。
彼女は何ひとつ悪くないもんね・・・。

ノアとサンドラ。
クレアが行方不明のまま詳細を教えてもらえず。
いてもたっても居られなくなってノアを訪ねてハッキリする迄こちらに滞在する事に。
んが。ダンコに化けたサイラーとうっかり握手してしまって・・・。
お陰で今回のこの夫婦、見ていて本当に辛かった;;ベネット一家ファンとして本当に;;;

離婚届。もう愛してない。
もーどうしようかと思ったけどサイラーだったよー;;;悪質すぎだよもう!
二人の関係が微妙な時なだけに心底吃驚しちゃったじゃないか!!
離婚と聞いた時のノアの顔見たかよ!もうなんて悲しい顔させんのよもう(ノД`)・゜・。

ノアはサイラーが生きている事は既に確信していたけど、
更にシェイプシフターの能力を手に入れてんだって事実を知って。
更に離婚届のサンドラの筆跡に気が付いて。

ってノアが本物のサンドラをサイラーと思い込んで脅す羽目に;;;
なんて・・・なんて辛い、辛すぎる映像なのー;;わーん;;
ナイスタイミングなライルとマグルスのお薬万歳だわよーー(/□≦、)
お陰で誤解は解けたけど!でも!でもでもー;;

正直一番泣けたかもしれない;;;
ただでさえサンドラの気持ちが揺らいでいる時にさあ;;;
というか自分がベネット一家が本当に好きなんだなあと思い知らされたわよう・・・。
過ちに気が付いた時のノアの表情。
判ってるし理解するしでもすっごいショックを受けたサンドラ。
ドアの鍵の音が本当に心から悲しかったー(/□≦、)
きっと乗り越えてくれると思ってるけどさ・・・。今回ばかりは私自身も堪えたわ・・・。

そして心底怒ったノアはまんまとダンコとサイラーの罠にはまってしまったよ。
サンドラとの和解どころではなくなってしまった・・・嗚呼・・・。

コヨーテサンズ。
どうやらここが全ての事の始まりらしい。
モヒパパも当時ここに居たらしい。ペトママも、なのかな。
妹に会いに、って事だったけどここにあるのは廃墟ばかり。
土を掘り返せば・・・あれはロボトミーの痕跡?ともかく人骨ばかり。
ピーター、ネイサン、クレア、アンジェラ、遅れてノア。きっとモヒも辿りつくんだろうな。

というかさ・・・なんか今回のエピは非常に疲れた(笑

拍手

Heroes Season3-21(Volume4-8) Into Asylum

今回はペトレリ家親子二組とサイラーとダンコの関係に絞った回だったね。
特にアンジェラとネイサンについては、
いつも強くあった(強く有るしかなかった)彼らの本音を聞く事が出来たというか。

カウンターでしょぼーん。
テキーラ合戦でこてーん。
娘に助けて貰ってがくーん。
服脱ぐの手伝って貰いながらクローゼットがたーん。
本音吐きまくってベッドにごろーん。

・・・クレアでなくても女だったら全員ここでネイサン落ち、だろ(笑
いや全部素敵なシーンなのよ?それだけは絶対よ?

ネイサンとクレアのメキシコ二人旅については
こちらが望んだ親子関係を見せて貰えた気がして嬉しかったなあ。
あとね、さりげなくノアの存在を出しつつ、そのノアを蔑ろにしていないのもいい。
ノアのネックレスの件、それをちゃんと買い戻したネイサン。
なんだろうね、クレアとネイサンとノア一家の関係って揺らぎがないよね。
クレアが物凄くしっかりしているってのが一番だけどさ。
あとやっぱ役者も勿論なんだけど、脚本がうまいというか。
何かね、二人のパパ、まったくタイプも違えば立場も違うんだけど、
どちらも認められるというか。どちらにも頑張れ!って言いたくなるというか。
なんかほんとクレア絡みって皆応援したい気持ちになるんだよな。

ピーターとペトママ。
何のかんの家族が一番のピーター。やっぱいい子だ(笑
アンジェラに(だけじゃないけど)怒りを感じながらも感情的にならなかったね。
流石に色々体験して大人になったって事でもあるんだろうけど。
キリスト像の前で語るピーター、静かだけど切羽詰っていて何とも言えない雰囲気がいい。
直後に蝋燭の火が消えて追っ手に気が付くって流れもよかった。
初めてピーターをかっこいいと思ったよ(55話目でやっとかよ(笑

ノアの助けもあって予知無を見る事ができたアンジェラ。
次の目的は・・・妹に会いに行くって?
過去の事もちらつかせていたよね。
能力についての謎がぐぐっと解かれて行きそうですなー。

アンジェラについては前回あっての今回、感情移入し易かった。
それにアンジェラが中心に来る時って能力者の謎に迫る時でもあるしね。
何より彼女の目力ってすげえよな。

ダンコとサイラー。
そうか、あの時サイラーは部屋には居たけど接触はしてなかったんだね。
にしても雨にぬれたサイラー。濃いけど、すっげ濃いけど美しいですなあ・・でも濃いけ(ry

で、出てきた能力者がシェイプシフターですよ。
この言葉を聞くとどうしてもスーパーナチュラルが思い浮かんでしまうわ(笑
それと。シェイプシフターがダンコに化けた時だけども。
楽しそうなサイラーと不快極まりないダンコの表情の違いが笑えた(*´艸`)ププ
んでも、うまい事考えたよね。
サイラーの姿になった所で殺し、そのまま遺体を提出。うむ。なるほど。
ともあれ完全に手を組んだわね、この二人・・・。

そして真面目にあくせく働くノア。
ダンコによって差し出されたサイラーの遺体。
ものすご~~~~~~く納得いってないよね、あの表情。
いいぞノア・・・そのまま疑ってダンコの思惑に辿り着け!頑張れー!

DVDコメンタリーは今回の脚本家と監督。
あまりにもカットしないといけないシーンが多いっちう事から。
HBOは56分枠。こちら42分枠。HBOが羨ましい、とぼやいてたよ(笑

因みに今回使われた音楽。雨とサイラーのシーンはデル・シャノンRunaway
クロージングはエリック・バードンWe Gotta Get Out of This Placeでございます。
どちらも大好きな名曲よ!

拍手

Heroes Season3-20(Volume4-7) Cold Snap

おうちでくつろぎ中のダンコ。
嗚呼・・・ドイル・・・・・・サイラーに捕まっちゃったのね・・・。
前回の終わりから考えるとダンコはサイラーを手を結んだかしたって事だよな。
今回はそこらの詳細語られなかったけど、次回あたりやってくれるでしょう。
それにしてもこの二人が組むのか・・・。

そして今回はダフニとトレイシーの最期の回でもあったね。

マットとダフニ。
そりゃね、個人的に二人は似合いではないなあとは思ってたけどさ。
でも撃たれてから数話引っ張っといて、これがオチ?ちょっと酷くない?
しかもジャニスの登場と入れ違いでだよ。
マットの横に並んでしっくり来るのは断然ジャニスなんだけど、
ダフニの最期はちょいと強引だった気がするなあ。
マットの能力のお陰で苦しまずに逝けたのは良かったけどさ・・・。
あと些細な事だけど、マットの傍にモヒがいてくれたのは何か嬉しかったなあ。
ダフニが逝った後、マット独りきりって切な過ぎるもん;;
二人を置いて逃げずにずっと一緒にいてくれたモヒ、見直したわ!

トレイシーとレベル。
自分が助かるにはレベルを差し出す事。
でもレベルの正体はマイカだったよ。なるほどねえ。今の時代、マイカが一番怖い能力かも。
で、3-3よりも更に育ってる気が(笑

トレイシーの取って来た行動、マイカの真直ぐな意見、心苦しい所だよね・・・。
というか、ああやって言われてしまうと罪悪感ばかりが生まれてしまうよな;;
だからこそあの最期だったんだろうなあ。

ニキ、トレイシーは死んでしまったけど・・・確かあと一人、バーバラってのがいるんだっけ。
どこでどう登場してくるのか、どんな能力なのか気になるわ。
でもこの回の脚本家はトレイシーは死んでないって言ってるんだよなあ。
確かに砕けた氷の顔、動いたけど。水となって流れて・・・復活?すんの?

ヒロとアンドウ。ジャニスとマットJr.
ヒロはヒロママの最期を思い出してしんみり。アンドウもしんみり。
でもしんみりしきれないのが彼らの宿命(ノ∀`)
能力者狩りは凄い勢いで拡大しているようで、早速ジャニスんちにも!
で、思うんだけど。アンドウのあの構え、まさにドラゴンボールでしょ(笑
でも日本人で「手から何かを発動する!」としたらきっと大半があのスタイルしそうだよね(笑

で、謎の赤ちゃんは能力者。ママはジャニス。正真正銘マットの息子ですな(笑
そんな触って発信赤ちゃんのお陰でヒロの能力が戻った!と思ったら何て中途半端(笑
汗だくでアンドウを運ぶヒロが楽しいぜ(`∇´)!
暫くはこの3人での珍道中が楽しめそうね(笑
気になるのは連れて行かれてしまったジャニスの行方だなあ・・・。

ピーターとアンジェラ。
静かに黙々と歩いてるだけなんだけど、凄い緊張感だったよね。
エレベーターん時はネイサンが来るのかな?と思ったらピーターだったよ。
さてどうなるんだか・・・・。

拍手

Heroes Season3-19(Volume4-6) Shades of Gray

クレア。アレックスの後釜でコミックショップの店員に?
ともあれ掃き溜めに鶴状態なのが面白い(笑

ドイル。
心底散々な奴だったけど、絶望的な逃亡生活を送ってたんだろうなあ。
人って変われるの?ってクレアに聞かれたときの笑顔がぐっときたよ。
うまいこと逃げ切れればいいけど・・・。

議事堂前。
ダイナマイトぐるぐるのマットに間一髪で駆けつけたネイサン。
間に合ったよ・・・。っつかダンコお前容赦ねえな・・・。

ダンコはネイサンが能力者ではないか、それと証明できないか、と着々と事を進めてるよ。
まぁ・・・あんだけ移動が早けりゃね、傍にいて気がつかない方がおかしいよね(ノ∀`)
ペトママとダンコについては、流石アンジェラ。
余裕かましまくってて、見ていてちょっと気持ちがすーっとしたよ(笑

そこでやっとダンコの解任。ノアが後任と話が進んだところで・・・。
ああ・・・ネイサン飛んじゃった・・・。いやほんと容赦ねえな・・・・。
というわけで、ネイサンも能力者って事でクレアにも被害が。
どうなる事かと思ったけど、ここはネイサンがクリア。
空飛ぶパパ。ちょっとかっこえがったぞ(笑

でもネイサンこんなんなっちゃってこの後どうすんだろうなあ。
ノアの立場も気になるところよ。

サイラーと本当のパパ。
殺す予定の父親、出会ってみれば死にぞこない。
んで、サイラーの能力は100%遺伝だねえ。
親子で剥製作りなんかしちゃっていい雰囲気に見えたんだけど。
やっぱこの能力が引き起こす欲求が全てをダメにしちゃったよね・・・。
サイラーは愛情に無縁だなあ・・・。
で、やりたい事を見つけた、というサイラー。訪れたのはダンコの部屋。一体何を・・・・?

ヒロとアンドウ。
マット・パークマン違い・・・っつかこの赤ん坊は誰w

今回は吹替版に挑戦してみた。
いやもう無理なんだけど、なんとか我慢して最後まで来て・・ヒロとアンドウで撃沈。
吹替の二人の日本語があまりにも流暢過ぎて(笑
やっぱ多国籍に言葉が飛び交うのがHeroesの良さのひとつだと思うんだよね。
勿論、時々おかしなヒロとアンドウの日本語もね!
それとサイラーの声があまりに爽やかすぎて吃驚よ(ノ∀`)<無理!

拍手

Heroes Season3-18(Volume4-5) Exposed

今回はクレアママ大活躍だったね!
まさか偽造免許書を作れるとは。昔やんちゃしてた、ってレベルじゃないでしょう(笑
マグルスもサンドウィッチパクリですっげ可愛くてもう満足よ(≧∇≦)

しかし・・ママの「嘘はもう沢山」って台詞、本当に重かったねえ。
でもクレアとはちゃんと分かり合えたし、ノアとの写真を眺めてる所をみると、
ノア自身と仲直りする日も近いかも?というかこの家族には幸せになって欲しいよ!

アレックスは無事に脱出出来たけど、今後出てくるのかなあ。出てこなさそうだなあ(笑
演じたのはジャスティン・バラドーニ(Justin Baldoni)でしたw

マットとピーター。
レベルからのメッセージはここにも。ダフニ奪還作戦ってわけだけど。
監視カメラに向かって(`∇´)ってなってるマット・・・だから簡単に捕まっちゃうんだよ(笑

彼らを拉致った時の映像を条件にダフニとマットの身柄を渡せと迫るピーターだけど。
結局脅しは効かず。ダフニもマットも身柄は返して貰えなかった・・。
ノアは味方だねえ。でもネイサンを思って、じゃなくてアンジェラを思ってな気がする。
でもマスコミに情報は流れたよ。これどうすんだろ。

捕まったマットは・・・ダンコがまんまと予知絵通りに・・・。
ダイナマイト体中に巻きつけられてポイされたよ;;;こういう展開かよ;;

ネイサンとピーターとペトママ。
あれだね、3人揃うのって本当に久しぶりだね。
結局兄弟喧嘩(笑)の和解は無く、ピーターは反勢力として進む事に。
んでもペトママには考えがあるみたい。
本と、この兄弟はこの母親に一生敵わないんでしょうね(ノ∀`)

サイラーとルーク。
そういえばサイラーは過去を辿る力も持ってるんだっけね。
なるほどここで彼は売られ・・・母親は父親に殺され・・・その手法はサイラーと同じ。
辛すぎる過去ばかりだね・・・・・・・。
ところでルークは今度こそ置いてけぼり?おしまいっぽいね?
ルークの存在ってサイラーに語らせる相手が欲しかっただけっだったみたいだな(笑
演じたのはダン・バード(Dan Byrd)。ずっと思ってたんだけど、濱田岳ににてない??

で。
エリック・ドイル登場ですな。なんとか逃げ延びてたんだねー。
レベルはクレアの事情はどうでもいいらしい(笑

DVDのコメンタリー。
「前回までのあらすじ」ナレーションをした事のないマイロ(ピーター)とグレッグ(マット)。
予想通り、関係ない話ばかりで・・・マグルス役のワンコはレスタトっつうそうよw
もー、話が方々に飛ぶ飛ぶ。Band from TVの宣伝もバッチリよ(笑
エイドリアン(ネイサン)が参加しているのは知ってたけど、
まさかカメラマンとしてマイロも参加したってのは初耳でした(笑

ところでコメンタリーって自己紹介をせずにいきなり始まるから
吹替で見ていた人は誰が喋っているか判るまで時間かかるだろうなあ。
さらにスタッフなんかは誰がどれだか(笑
DVDにも載せてないんだよね。これは不親切だと思うなあ。
私はこのドラマは最初から字幕で見ているので苦労は無かったけどさ。

拍手

Heroes Season3-17(Volume4-4) Cold Wars

事を知りたいならノアへ聞け。うむ。
確かにノアは色々と複雑に知ってるよね。現場状況も含め、一番知ってんじゃない?
というわけでマットがノアの記憶を辿ってみる事に。

5週間前。組織壊滅の後、アンジェラから退職金と退職祝いの時計を貰う。
カンパニーは無くなって、能力者開放、問題は山積みだけどね。
でもまあ今は受け入れるしかないって感じか。
気になるのはノアが組織に入った真の理由。
組織が無くなってもその理由は消えない、って。これって詳細まだ語られてなかったよね?

4週間前。ネイサンが自分の計画への協力をノアに求めに来る。
なるほどクレアを盾に持ってきましたか。ま、そうだろね。
でもクレアの件がなくても遅かれ早かれ動いてたんじゃないかなあ。
というわけで政府にお勤めとなるわけだ。

3週間前。ダンコと対面。
んむ、いつだってムカつくわねダンコ(笑
そしてノアがモヒンダーに計画の協力を申し出ていた。断られちゃったけどね(笑
と、この記憶のせいで『んで黙ってたんだコラ(-"-)』ってんでモヒとマット、大喧嘩。
君ら、ピーターが帰って来なかったらノア逃げられてたぞ(笑

1週間前。ダンコ宅を訪ねる。というか探りいれるって感じだね。
2日前。ダフニは生きているという事実。

ともあれ新エピのまとめ的エピだったよね。
ネイサンの計画は能力者を隔離し、能力を消し去る薬を開発し、能力を消して開放する。
それを政府に持ちかけた事、ネイサンがその組織をうまく動かせないので事がややこしく。
一番の要因はダンコの存在だろうね。考え方が違いすぎる。

大体さ、今回はマットは大人しく捕まったけどさ?(その後ピーターが助けたけど
前回マットは兵士達を混乱させて同士討ちさせてんだよ?
その事実があるのに普通に突撃を指示するってさ。
能力者確保計画の指揮官としては無能としか思えないんですけど?

ノアとアンジェラ。
退職祝いで貰った時計をノアは返して行ったよ。
なんだろね、この静かに始まりましたよ感。たまらんよね(笑
アンジェラはダンコのファイルを見ていたし、何れドカンと来るんでしょうな。

モヒは捕まってしまったけど
そんな彼をネイサンは使いたい感じだったね。
元々ノアを使ってオファー出してた訳だし。どうなるんかねえ。

で、お絵かきマット。
ダイナマイトを大量にまいた自分。炎上するホワイトハウス・・・マジか(´□`;)

DVDコメントは今回はモヒとノア。これは純粋に楽しかったw
撮影スタッフコメントよりもキャスト同士の方が楽しいに決まってるよな(笑
ノアの「ぜたいにいうものか(絶対に言うものか)」絡みの日本語で一同爆笑とか
タクシーでエアコン使えないとか、マイロ(ピーター)の運転が荒くて首を痛めたとか
グレッグ(マット)は本当に怪力で大変とか、狭い部屋で男4人でもーこらまいったとか
いや本当に楽しかったよ(笑

拍手

↓Calendar
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
↓Profile
HN⇒Carni
Movie⇒ドクターストレンジ大変楽しかった!

Drama⇒最近どのドラマも平熱気味。数はたくさん見てるんだけどね・・。

Game⇒アサシンクリードが楽しすぎ(`∇´)

Book⇒特捜部Qドハマリ中。

MUSIC⇒Freshgod ApocalypseのKingが凄すぎて(ノ∀`)
  
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]