忍者ブログ
海外ドラマと映画と音楽と。自分のメモを兼ねての独り言。
↓Search Yonaga
Recommended CD
Red
Of Beauty And Rage

Alternative rock/Metal
Christian rock/Metal・HR/HM

フルアルバム5枚目!

◆捨て曲ナシ。感無量。
◆でも歌詞カードは欲しかった(ノ∀`)

◆◆◆◆

Gavin DeGraw
Blue-eyed soul/ pop rock/ rock

初のBestアルバム来ましたよ。
既存7曲、別ver2曲、新曲2曲。


念願の5枚目♪
Best I Ever Hadかなやっぱ!


誰もが納得の1枚目
I Don't Want To Beは外せないねー。


割と個性的な2枚目
In Love With A Girlよいですな。


静か過ぎる3枚目
Mountains To Moveが沁みるのよ。

売れ線な4枚目
Soldierいいよねえ。

ヴォーカルもピアノも素敵!
全てお勧めよー(≧∇≦)!
Recommended DVD
パーソン・オブ・インタレスト
Person of Interest

セットで出ましたな。
Season1-3
[390]  [389]  [388]  [387]  [384]  [386]  [385]  [383]  [382]  [381]  [380
出会いは、20年程昔にTVでやっていた映画版。
私のキング作品の原点がこのデッド・ゾーンなんだよね。
そして敬愛するクリストファー・ウォーケンとの出会いもコレb
この作品で、見事ウォーケン様に落ちました(笑

で、やーっと原作に手を伸ばしてみました(ノ≧∇)ノ

映画の方は切なすぎるラブストーリーが中心。
とても白黒がはっきりしたストーリーだった。

原作の方だって勿論、とても分かりやすいお話。
でも、読んでみて思ったのは映画より連ドラ向けかなーって事。
ジョニー自身の能力は世間に知れているし、いくらでも話作れるよなーって。
私は見ていないけど、実際ドラマ化されて、Season6まで続いてたしね!
まぁ・・6で完了、じゃなくて打ち切り、ってのが悲しいところだけども(ノ∀`)

原作の率直な感想は、うん、非常に面白い。
なんだろう、文章感覚はキャリーを読んでた時と近いかな。
キャリーもそうだけど、キング初心者向けじゃないかな?

私は映画の印象がとても強くて、
マーティン・シーンの演じるスティルソンが核爆弾のスイッチを押す、って未来のシーンね。
これありえないほど分かりやすく映像化されてて(笑
でも、分かりやすいからこそ、怖かったんだよね。

原作でははっきりとこういった事は言ってない。
いや、言ってるんだけど、核戦争についてはかなり後半で少し触れてるぐらい。
これは映画→原作の順番がいいんじゃないかな。
映画でしっかり世界を堪能して、原作で更に内面を読んで行くって感じで。
大きな違いはラブストーリの部分ぐらいかなー。
んでもあながち間違いではないので、違和感はあまり感じないんじゃないかな。

ホントね、キング作品の中でも数少ない映像成功作品なんだよね。
だから、コレを読む人には是非両方楽しんで貰いたい!

主人公ジョニー=ウォーケン様のイメージについては。
もう、ぴったり。誰も文句言わないでしょ!ってぐらい。

でね、結末分かって読んでても、やっぱり最後は切なかったよ・・。
嗚呼、ジョニー~~~(TДT)!!!
って絶対なります・・。

ともあれとても満足な作品なのでした(`∇´)!
次はトミー・ノッカーズを読ぞー!

拍手

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]